「永遠の命」世界の夜明け - 2008/02

人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書

[PR]



2008年02月17日(Sun)▲ページの先頭へ
宇宙哲学「生命の意識の海との一体化」
宇宙哲学「生命の意識の海との一体化」

万人の内部に存在する創造主(父)の似姿である貴方の半身(宇宙の意識、叡智、命、神、魂等)を貴方の心が認めて、それと共に言動する必要があります。聖書には「偽りの神を持つな」と似姿とは宇宙の意識と全く同じ純粋な意識そのものであるからです。他人を惑わしトリコにするような死者の霊魂や霊媒は存在しません。貴方の肉体と心を創造したのは貴方の宇宙の意識

ですので心は両親(宇宙の意識)を探し出し一体化する義務があります。すると人間は生命の意識の海との一体化を感受し、あらゆる生命体と同一性を認識、出来るでしょう。個人的なエゴ心は宇宙の計画の中で自身の占める場所は有りませんが、個人々の宇宙の意識は、その場所を占める権利を有しているのです。一人の宇宙の意識は一滴の水滴のようなものです。

あらゆる生物達は生命として宇宙家族の一員として宇宙の意識を有していて、一滴の水(個人の意識)は万物の生命の意識の海へ同化し一体化します。丁度、一滴の水が海洋の水に吸収されるのと同様です。この事は「自身のエゴを捨てて永遠の生命を得る」とも言われています。例えば大きなハメ絵パズルの様なものの内の一片が個人の宇宙の意識のようなもので、各片は絵、

全体としての感じを持つようになりますが一部分としての固体性は残っています。貴方と同じ生命である宇宙の意識は全ての生物(動植物達や万物等)にも存在しますので、生命の意識の海を知るようになると、それらとも同一化する場合もありますし、勿論、他人とも同一化し意識の生命の海を共有します。例えば貴方の親しい友人がいるとします。それでお互いに身近なので

いつも意識をし合っていますので意識の生命の海を共有するのでお互いの体調や気持を知る事も出来ます。私の体験談を話してみましょう。ある日、私は知り合いの家の現状はどうなっているのだろうと思い心を拡張して自分の宇宙の意識で、その家に行ってみました。すると老女と犬がその家の近くに、いる光景が意識眼に見えて来ました。私の宇宙の意識は上空3〜4mで

生命の意識の海と合流していましたので、老女と犬の宇宙の意識とも同一化をしていましたので、私の気持ちを犬にも伝える事が出来ると確信しました。確かに生命の意識の海を共有していたのです。そして、その光景は心のスクリーンでカラーでピントが合わされたテレビ映像を見ているようでした

又、別の体験談では今から20年位前の夜に自宅の寝床で寝ていますと自分が暗い穴の様な場所にいて外の土間のような映像をキョリョ々、見ている場面を体験したのです。又、そして茶色系のマダラ模様の蛇の映像を見たのです

翌日になり、裏の土間の所へ行くと昨夜、脳裡で見た蛇を発見したのです。私は蛇は嫌いですので見ていると妻が棒で追い払ってくれましたが家の床下に入ってしまったのです。よく考えると何と前夜、私の宇宙の意識と蛇の宇宙の意識と同化して共有状態であったのです。床下に蛇の穴とねぐらがあったようで、それで暗い穴の映像を見ていたようなのです。

以上、体験談を、お伝えましたが御自分の宇宙の意識の全体から自分の嫌いな生物や地上の万物や宇宙の惑星等、全てを排除してはいけません。宇宙全体を含む自然界はあらゆる生命、意識の海(動植物等)で、ハメ絵パズルに成っていて、

何処の一片が欠けても巨大なハメ絵は完成しないからですし、あらゆる生命界が無くては自然界は成り立たないからです。御自分の宇宙の意識から好き嫌いによって一部を取り去ってはダメなのですし万物を意識として認めるのです。以上の事は貴方が外国や月面や火星、金星等を自己の宇宙の意識眼で見てみたいと思い遠隔透視する時に同じ事が出来ます。貴方の心が自分の

宇宙の意識を見出して自然界の一部分になれるのです。貴方の宇宙の意識眼は外国や他の惑星の現状を知る事が出来ます。イエスは言われています「見ずして信じる者は幸いである」と肉眼は遠方は見えませんが意識眼にはそれが出来るのです。遠方の光景を遠隔透視する場合に前頭部の中にある心のスクリーン上に意識によってピントが合わされ映像が見えて来ます。

仏像に前額部分に宝石が付いていますが透視力を現わしています。我々は清らかな水のような澄んだ心と宇宙の意識を合体させ一体化させればイエスや釈迦と同じような超能力をも持てるのです。

宇宙哲学「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログhttp://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/

映像は「土星の衛星タイタンに河川や市街地、防波堤等がある」
2005年1月14日土星の衛星タイタンに降下した小型宇宙探査機ホイへンスの8キロm上空からの映像で左側に巨大な橋状の構造物や前の海岸近くに道路や市街地の地形、又、防波堤等や右側には川がある。映像は欧州宇宙機関。


2008年02月04日(Mon)▲ページの先頭へ
宇宙哲学「万物や万人に感謝」



宇宙哲学「万物や万人に感謝」

まず宇宙の実態について考えてみましょう。旋回する太陽系や銀河系、それらは絶妙なタイミングとあの引力という親和力の法則により、お互いを確かめながら一太陽系や銀河系を維持しております。それらの多くの太陽系、惑星には人類が数多く居住しており、生命の各教室の科目を学びながら進化の

階段を体験を通じて学習しています。人間は何処の惑星に住もうと日々、太陽は輝き四季はあり天から雨や雪が降り、微風が吹き、生物達の命の営みを支えています。どの惑星にも山河や空気や海や陸地があり、人間の衣食住の基本的な営みを創造主(父)が育み支えられておられます。我々人間は

「お金で生きているのです」と言う人もおられますが人間は水、空気、食料、太陽等によって生かされているのです。決してお金だけで生きている訳では有りませんお金は紙に成る時もあります。空気が無かったら4分間位で死にますし水が無かったら数日の命です。太陽の陽光が無かったらどうなるでしょうか・・

私達は有形、無形のもので創造主(父)の被造物(複数)で生かされているのです。ですから大自然の万物や創造主に感謝の生活をするのは創造主(父)の息子や娘として当然の事です。又、世の中の生活や社会、家族をよく見渡しますと色々な職業や才能等が万人に関わってお互いが相互の奉仕を

し合っている事が理解、出来ると思います。農業、漁業、医療、サービス業ライフラインの関係者、教育関係等、色々な業界の人々が相互の奉仕活動を行っているので一個人の社会生活が成り立っているのです。万人は必要なのです、家庭内での家族関係でも同様ですね。家族がお互いに助けあって奉仕をし合っているので生活が成り立っているのですが感謝心を忘れがちに

なります。人間は万物や万人に対する理解力を増すたびに大自然の見事な宮殿に住まわして頂いている事に対して創造主(父)に感謝するようになるでしょう。それら必要物の太陽の陽光や雨、空気は途切れる事無く我々人間に平等に与えられておりますし、陸の恵み、海の恵み(穀物、果実、野菜、魚介類等)も与えられています。それ以上に我々、人間は創造主(父)から命

を与えられています。この事にも感謝する事です。人間を含む被造物、全ては宇宙の一大家族として兄弟として宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の一部分として生命を分配されてます。それで創造主(父)の息子や娘としての人間はかくも見事な宇宙の計画の一部として生かされている事に深く感謝

する様に成るでしょう。家族や社会や会社の職場でも万人や万物に対して感謝心を持って生活をしていれば不和、非難、分裂、憎悪、不信等の悪い想念感情は近ずけなくなります。自然界の全てに感謝です。感謝心という感情は素晴らしい想念ですので、これ等を理解した上で御自身の身に付けて下さい

貴方の人生観が変わります。人間はパンを得る為だけに生きているのでは無く宇宙の法則や原理を学び自身のエゴ(貪欲、利己主義、憎悪等)を取り除き内奥の宇宙の意識の意志(直感、閃き、映像、ささやき声、衝動、警告、アイデアー等)に従う生活を日々行い愛(慈悲)と全体に対する奉仕と感謝

に生きて創造主(父)の息子や娘として立派に成長進化し永遠の生命を得る事が目的ですので、その事をいつも心に留めて生きる事を忘れぬ様に・・「自分で蒔いた種は善、悪、共に自分で刈り取らなければならない」のですから。


宇宙哲学「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログ
http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/



映像は「月面の湖ツイオルコフスキークレータ映像」

アポロの映像で月面の湖でツイオルコフスキークレータで直径が40キロm位でカラー写真では青緑色をしている。


   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2008年2月
         
 

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:118
昨日:281
累計:1,322,815