「永遠の命」世界の夜明け - 2008/11

人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書

[PR]



2008年11月27日(Thu)▲ページの先頭へ
8阿弥陀如来(高貴な宇宙人男性、賢者)のメッセージ


8阿弥陀如来(高貴な宇宙人男性、賢者)のメッセージ
            宇宙人文明(金星)からのメッセージ。
「魂を知るには」

さて本日のメニューは何じゃろうな明日は明日の風が吹くとて思い煩う事は無い。明日は明日自身が思い煩うであろう。さて今日はどうしたもんじゃ、どうしたら皆が悟る事が出来るかと言うと自分の我というものを捨てるのが先になるのだが、如何したら自己の我が取れるかと言うとまず自分を捨ててしまう事にあるが自分を捨てるとは自分の思い自体を捨ててしまう事に

コツがあると言うものじゃ、それは如何したらよいかと言うと明日の事を心配しない事にコツがある。しかし地球人はぺーパーマネーに毒されているので万事、金々じゃが本当は人間は金で生きている訳では無いのだ。実に空気、水、大地、酸素、そして太陽によって生かされているのであってペーパーマネーで生きている訳では無いのだ。だから君達は紙の紙幣に毒されている

のであって真の人間が生きているという実態が判っていない。よいかな明日は明日の風が吹くとて貴方の魂の命は生きているとは限らない。一番、大事なものを忘れているのだ。だから習慣によって紙幣なんかが最大の命なのだと錯覚をしているのだ。だからそこが大問題なのだ。貴方方は自分の命を取るのか、それとも只の紙である紙幣を取るのかと貴方が死ねば紙幣は誰が

使うのか、あの世迄、持って行けまい、その後はどうなるのか、貴方の心は死んでしまうが通常は貴方の魂は生きていて転生するものだ、しかし今まで貴方の内部の神である宇宙の意識の指示や印象の通りに生きていなかった者は自己の魂というものとドッキングをしていないので心自体は何処へ行くのかも知らないし魂と心と分離している証に自分の過去世を見出す事が出来な

いのだ。それでだ貴方は自分の生命である魂を探し出す事に全力を尽くすのだ。どうしたら自己の魂が見出せるのかと・・明日は明日の風が吹くとて貴方方は明日が無い癌患者と同じだ。どうしたら自己の魂が探せるのか、それは心の浮かれ騒ぎを静めて空しくする事だ。心自体は何時も話中で明日の事を知らないし貴方の本体では無い。心を空しくし心に囚われるな宇宙の意識

の印象や指示に心は何時も見つめている癖を付ける事だ。どんな指示や印象が来るのかを待ってみるのだ。すると色々なフイリングや印象が内奥から発せられている事が判るだろう。ある時は夢の映像である時はささやき声や閃きや不可思議な印象でだ。だからそれらに心は何時も聞き耳を立てている癖を付けるのだ。それが貴方が貴方の内奥の魂でもある創造主に仕える事に

なるのだ、解かったか。それが貴方が創造された目的でもあるのだ。心は神に仕えてその召使になる為に創造されたのだ。いずれわがままな心は消滅する運命にある永遠なのは貴方の内奥の魂である宇宙の意識なのだ。この事に気付き実行する人は生き残るであろう。このままでは島流しの流刑星へ送還されても今の生涯の内に魂が消滅してしまうであろう。つまり15〜16回

目の転生でザエンドなのだ。以上のことを心によく留めて自己の想念観察を励むべし。さて、それでじゃ貴方が何時も思っている想念が問題なのだ。自分の事しか何時も思っていないという思考では多くの万人の為に善くならないので、その想念を変える必要がある。万人への奉仕の経路に変換するのだ。そうすれば全体が良くなる。その事に気付くべきなのだ。ところが多くの

人々は自分さえ良ければ他人はどうなっても良い等という考えでは父(創造主)の考えに遠く及ばない。それが問題なのだ、だから貴方方は心底、考え方を変える必要があるのじゃ。よいかな明日は明日の風が吹くとて貴方の魂の命は無く寂しい限りである。そこでじゃがどうだろう中尾氏の言うように他界する時は何も持っていけぬので考え方を変える必要がある訳じゃ、貴方

が持っている紙の財産(紙幣)は他界する時に持って行けない訳だから持って行ける物をよく考える事なのじゃが持っていけるものは貴方の魂と記憶、才能、信用等々じゃが凡夫はその事に気が付かない中尾氏も言っているが自分の体も置いて行く訳じゃから一般人はそこの所をよくよく考えて欲々というものを取り除かねばならない、つまり財産、生活物資、家族等々じゃが

他界する時が誰でも来るのでよく考える事なのだ。誰も明日の事は解らないのでまず自分の欲望を無くする事が先決なのだ。そうすれば皆さん方の心の汚れの大部分が取り除けるというものだ。それが自分の心を清くする第一歩なのだ。聖母マリア様も言われたように貴方の心を綺麗な真水のようにする事が大切なのだ。そうすれば貴方もこの地球上の住人として残留する事が

許されるであろう。貴方方の心が清らかな真水のような透き通った心になる事を祈っている。

9高貴な宇宙人男性(賢者)師のメッセージ
「未来に備える」警告 

私達は明日の事を思い煩わないが貴方方は大変な事になるぞ天が裂けて地は轟き明日が来るのか心配の日々が続くだろう。さて驚かす訳ではないが明日は明日の風が吹くとて貴方方は泣き叫ぶがよい。そして明日の食料や燃料すら心配をする事になろう。本当に貴方方の事は心配じゃ今まで貴方方が何もして来なかった報いだとしても、仕方が無い事かも知れないが本当に困った

事じゃ。明日の食料の事じゃが日本の食料の自給率は39%とな、後の残りの人々はどうすれば生きていけるのかが心配なのだ。貴方方は紙の金等に目が眩んでいるから、その事にも気が回らぬようじゃが何とかせねばならないだろう。政府はそんな事知った事では無いので各個人が用意を周到にしなければ生きては行けまい。其処でじゃ明日の事は大切じゃがそうだなどうだろ

う。個人々が各自で10ヶ月程の食料の備蓄を行ったらどうかな来年の夏の終わり頃に主食や水やその他の備蓄の利く食料を準備すべきだと思うがどうじゃそうしないとその後の冬が越せまい冬期は寒いし大地は揺らぐ(振動)し自分の家に国民全体が住む事が出来まい、なので冬の暖房の準備も必要じゃ、車の中に住めない人はテントが必要だ。日本という国は海岸線が長いの

で海の大波が轟くと大変じゃ大地が揺らぎ(振動)始めたら直ぐ奥地へ移動する事じゃ。津波で死にたくなければじゃ、まず20〜30mの高さの津波は覚悟したほうが良いじゃろう。以上の事を信じる者だけでも、くれぐれも怠らないようにしなさい。
       2008年12月の記事、金星の賢者様のメッセージ


10高貴な宇宙人男性(賢者)師のメッセージ
貴方が悟って生き残るには

明日は明日の風が吹くとて貴方方は流刑星、行きじゃ、だがのう貴方方とて天の父の御子には変わりない、そこでじゃ、如何かなどうしたら地球に残留が出来るかという事を考えねばならないが、それでじゃ明日は明日の風が吹くとて貴方は何時かは他界する訳だから中尾氏が言うように自分の体をも置いて行くのだから自分のものは何も無い事を早く悟る事が賢明なのじゃが

その事を早く悟って自分のものにするのだ。だから貴方方は悟るためにはどうしたら良いかというと貴方方のものは何も無いのだから明日の事を思い煩う事も本来無いはずじゃが貴方方は物質文明に毒されているのだから直ぐには自分のものが何も無い事を悟れないのだから、其処に問題があるのだ、つまり物々、金々に縛られていてそれらに後ろ髪を引かれている訳なのじゃ

スッキリと自分のものは何も無い事を自分で悟れない処に問題がある訳だが中尾氏のように物や金への執着を一遍に断ち切れない凡夫の側にも問題があるというものじゃ、だから凡夫は心底、自分の金や財産や家族、または生活物資が自分が転生する時は絶対持って行けない事を理解する事じゃ、よく考えてみよ貴方が生まれた時は裸で生まれて何も持っては来なかったであろう

そして他界する時はまた自分の体ですら残していく訳なのだ。それが真実であり事実であるのに何故、貴方が悟れないのかが私には不思議に思っているところだが貴方方は本当に今生に悟れずに、また自分のエゴを取り除けなかったのなら本当に貴方の魂ごと全てを失って無になるのじゃ、だから今生の内に、そして2009年の4月末日、迄に何とか以上の事を皆が自分の身に

付けて自分の魂の存続と流刑星行きを自分の力で阻止して欲しいのだ。ザエンドになってからは何億円、持っておろうが買い戻す事は出来ない。だから今、今しか無いのだ。自分を救う者は自分しかいない。貴方の内部に永遠の方(宇宙の意識、「叡智、命、神、魂等」)が内在して何時も貴方を各種の印象や指示で教え導いておられるからだ。私達は貴方の命を惜しんでいるからだ。


11高貴な宇宙人男性(賢者)師のメッセージ

愛と奉仕

我々は貴方の為に述べているのだが愛とは慈しみであり所有欲では無い慈しみだが、愛とは悲しむべき事ではなく暖かい育むもので生きとし生きる者に与えられている事であるが、本当に愛しいと思える感情が真の愛である。しかし地球人は所有欲や自分の者にしたいと思う考えが先にたち独占欲というものになってしまっているので、これは間違っているが地球人のレベルでは

仕方が無いのかも知れない。そこでだ提案だが、どうだろう愛は慈悲と慈しみと提起してみては如何かな、愛は愛しいものだが慈しみであって独占欲ではないものだ、愛とは難しい定義だが愛とは、はかないものでもあるが実は愛、以上のものは無いのだ。この世(地球)もあの世(他の惑星)も愛に

よって繋がっていて、お互いに引き合って影響を与えあっているのだが、愛は、はかないものであるが、これ以上のものも無い、しかし宇宙は愛で出来上がっていると云っても良いのだ。愛は引き合うもの愛は全ての創造の根源であり愛しいものであるし何時までも続くものである。宇宙は、これによって出来上がっていて全ての命ある生物は、これに頼って生きていて永遠に

続くものである。しかし貴方の(中尾の事)も私も知っているがいるのだが所有欲は、はかない悲しいものだ。これは偏愛であり偏見愛と言ってもよいだろう。愛は無作法はしない。愛は愛しい愛は全体的で全ての命あるものに与えられるものだ。愛は、はかないものでは無く愛は悲しいものでもない。愛とは永久(とわ)に続くものだ。生きている限り続く、それは創造物、

特に人間に与えられた非常に嬉しく楽しいものだ。創造主に感謝するが良い全ては、これによって生きているのだ。そして生かされているのだ。


「リンクのネットワークへの参加者を募集しています」
中尾達也(著者)

賢者様の深い御思慮の地球人救済の為のリンクの輪、運動の参加者を求めています。当ブログに賛同して頂きブログ等をお持ちの方は当方への申し込みや手続きは一切無用ですので、お気軽にリンク付けをして頂ければ有難いと思います。貴方の愛と勇気が多くの方々の人命を救いますので宜しくお願いします。当ブログのどの記事をコピぺして使用してもOKです。

**人間の進化と生き残り運動への参加リンクの輪、協賛**

当サイト名「  」URL http:// と御記入して下さい。注、このブログのサイト名とURL」です。


宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中
人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログ
http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/

「阿弥陀仏、イエスキリスト、聖母マリアのメッセージ」
        宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログ
http://eien333.paslog.jp/

映像は「*アポロ11号が月面で葉巻型宇宙母船と遭遇」

アポロ11号は月面で宇宙人達の葉巻型宇宙母船のアダムスキー型、小型機の離発着を目撃させられていた。又、宇宙人側に監視されていた。


2008年11月25日(Tue)▲ページの先頭へ
「疑心暗鬼な人達への緊急予告」賢者


12阿弥陀如来(高貴な宇宙人男性、賢者)のメッセージ2008年11月25日の記事
        宇宙人文明(金星)からのメッセージ。
「疑心暗鬼な人達への緊急予告」賢者
明日は明日の風が吹くとて我々は貴方方の事を何時も心配していますが貴方方は疑心暗鬼であるので明白な証拠が欲しいのだと解っているので次の事が貴方方の未来の歴史として確認が出来れば私たちの事を信じて欲しいし最後の審判や地軸の傾斜等の事も信じるように、そうじゃな貴方方の明日は非常に暗くて明日が無いし全く理解力も無いようじゃ。それでじゃ貴方方の地球上では近々、全く貴方方が想像も付かない事が発生す

る、その事とは明日の朝の空を見るがよい空は茜色じゃが元気のない色になるじゃろうしかし明日は日本で特別な事が起こるぞ、それは何と空に虹色の大きな橋が関東地方で幾重にも発生するじゃろう。それを貴方方が自分の目で確認したら貴方方は信じる事が出来るじゃろう、しかしじゃ、もうひとつ大きな事も予言しておこう明日は明日の風が

吹くとて日本は火の海じゃ火の海と言っても火事ではない空の色の事を言っているのじゃ。今年(2008年)12月3日に関東地方の空が真っ赤な空の色に私達が染めたら信じる事じゃ。何を言っても信じない疑心暗鬼な人々も信じるであろう。 以上じゃ

映像は宇宙母船と発進する小型UFO


2008年11月21日(Fri)▲ページの先頭へ
4イエスキリストのメッセージthe Jesus Christ message


4イエスキリストのメッセージthe Jesus Christ message
        宇宙人文明(金星)からのメッセージ

カテゴリー イエスキリストのメッセージ 国際ニュース 永遠の命

「心のエゴの滅却と宇宙の意識との一体化」

*皆様方には失礼をしていました。私も色々と忙しいのですみません。さて賢者様からの御要望もあり次のメッセージを送ります。*

貴方方が進歩、出来ないのは自分の利益のみに働いてパンを得る事のみにあまりにも集中しているからです。心は全くそちらの方ばかり向いていて肝心な自分の内奥の魂つまり神の意見を心が感じない所に問題があります。その事に心が気が付くには如何したら良いのかというと心自体を空しくして自分という者の意見を持たない事に徹するのです。するとマリア様も言われ

たように心というものが静まってドブ川の水でも静かになると、つまり流れないと泥が沈殿して綺麗になるのと同様で少しは心が綺麗になり真水に近くなるのです。だから地球人の場合はとにかく心を騒がせずに静かに静寂にして話中にしない事です。すると、その時、貴方の心の興味が貴方の内部の宇宙の意識の各種の印象や指示というものに気付ける事になるのです。

宇宙の意識の指示や印象は微妙で静かな色々な表現で伝えて下さる訳です。それを心が見逃さない事であると言えます。その時に人間の心は、それらの印象を創造主の意見であると感じて協力する事を学ばねばなりません。貴方方、地球人はその事を心底、信じて言動する必要があるのです。その印象を疑うのは貴方を創造した父を疑う事になるのです。ですから中尾氏が何時も

言っている各種の印象や指示を信仰心を持って心は受け入れるべきなのです。そうでないと人間の進化は望めません。地球人の心はあまりに横柄でコントロールされていない悪たれ坊主と変わらないからです。ですから貴方は神を信じるように貴方の内部の静かな内なる者の声や印象をひざまずいて受け入れるべきです。何故なら貴方方は明日の命をも知れない人達だからです。

残された時間は2008年11月の初めから半年間と限られていますので魂の命が惜しくて生き残りたいのなら、また最後の審判で流人星へ行きたくなければ死ぬ物狂いでエゴを自身で取り除き貴方の宇宙の意識と、その意志と心と一体化しなければ貴方の明日は無いのです。本当に貴方方はラストチャンスになります。我々は数千年間も貴方達の為に努力し教えてきましたが、この程

創造主(父)御自身の御計らいでこの地球は新しく生まれ変わり素晴らしい文明(御国)となる事が決定されています。全くこの地球を受け継ぐ者はごく少数ですが素晴らしい文明となります。心ある者は頑張れとエールを送りたい。  
                  金星のイエスより アーメン


「リンクのネットワークへの参加者を募集しています」中尾達也(著者)

賢者様の深い御思慮の地球人救済の為のリンクの輪、運動の参加者を求めています。当ブログに賛同して頂きブログ等をお持ちの方は当方への申し込みや手続きは一切無用ですので、お気軽にリンク付けをして頂ければ有難いと思います。貴方の愛と勇気が多くの方々の人命を救いますので宜しくお願いします。当ブログのどの記事をコピぺして使用してもOKです。

**人間の進化と生き残り運動への参加リンクの輪、協賛**

当サイト名「  」URL http:// と御記入して下さい。注、このブログのサイト名とURL」です。

宇宙哲学「心と宇宙の意識(神)との一体化の重要な要訣」著者記事
           
イエスは言われています。「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただの一粒のままである。しかし死んだなら豊かに実を結ぶようになる。自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者は、それを保って永遠の命に到るであろう」と言われています。この事は人間の心の意志であるエゴ(自我)が自分の意志を自身の宇宙の意識(叡智、命、神、魂

等)に支配権を渡すことによって発生する恐怖を意味しているのではないでしょうか。またこの事はエゴ心(自我)、自体が無知で知る者ではないのに宇宙の意識を信頼しない事を意味します。「自分の生命を捨てる者は永遠の生命を得るだろう」この言葉の意味は心のエゴを取り除き心の意志や支配権を自分の内部に存在する宇宙の意識とその各種の印象や指示である神の意思

に委ねる者は永遠の生命に預かるという事です。宇宙の意識は永続する命で永遠であり自然界の万物の生命を支え育んでいるからです。ですから宇宙の意識が無くなれば死を意味します。人間が自分自身の内部に存在すると思い探している幸福は自らのエゴ心(自我)の精神や意志とを自己の内部の宇宙の意識とその各種の印象や指示の声の意思とを融合させて初めて見つかるの

です。人間は本当に長い間、宇宙の意識(神)の各種の意志を無知の為に無視して来ました。この事は自分の魂の命の消滅する危険性をも無視するものです。宇宙の意識は自然界の万物の生命体の意識の海と同体ですから一滴の水滴が海洋の広さを知ります。そして万物が生命(意識)であり一体である事を悟るでしょう。その時、自己の真の本体(新自我)を知る事に

なり嵐が吹いても動揺する事も無くなるでしょう。しかしこの事を行うには不動の信念と決意とを必要とします。自身の自我のプライドと利己的な自尊心を捨てて自己に持たされる新しい全てのものに直面しなければならないからです。宇宙の意識は裁きや、えこひいきや差別を知りません。宇宙の意識の海の中へエゴ心たる自身の自我を滅却させるには断固たる決心と信念が必

要となります。この事はイエスが言われたように心(自我)を新生させ新しく生まれ変わる事を意味しています。何故ならエゴ(自我)の自尊心とプライドが創造主(父)の宇宙の栄光の意志の中に生まれ変わりたいと願望する時に実際にはエゴ(自我)は支配権を宇宙の意識に返上して死ぬことになるからです。(肉体の死を意味しない)この事は海洋の水と一滴の水が一体化

する事によって海の大海の水と同化するからです。皆さんが多くの講座や教師や宗教を遍歴しようとも自我の自尊心やプライドを捨てて宇宙の叡智の意志の中に生まれ変わり心の意志の支配権を宇宙の意識とその印象や指示等の意志に譲り渡さなければ真の生まれ変わりにはなりません。そして自然界の生命体に内在する命そのものを意識眼で見るようにするのです。全ての

生命体は万物を通じて現われている創造主の生命であるからです。この真実の生き方をするには忍耐力と不動の信念や決意を必要とします。先駆者は岩盤の上に基礎を築くべきで強固に立って進化の道を歩くべきです。この事を実行すれば永遠の生命と真の幸福をもたらします。ですから貴方の強固な意志で貴方の心の自尊心とプライドを捨て、また人間は「二人の主人には

仕えれない」ので貴方の財産を心の主人にしない事、貴方の心(目、耳、鼻、舌の細胞の意志)の全ての精神と思いを使って貴方の内奥の宇宙の意識(神)とその各種の印象や指示の為に働き心の意志の全てを提供しなさい。自分の新自我(宇宙の意識、創造主父)を見出す為に、また貴方の内部の宇宙の意識と心を一体化(融合)する為に心の意志を生きたまま、そして心の

もてる全てを惜しみなく投げ出して犠牲にしなさい。そしてそれに対して心を生贄にするのです。宇宙の意識とその印象や指示に聞き耳を立てなさい。そしてその指示に心の意志の全てを任せて委ねるのです。自分の心の意志の全て(精神と思い)を尽くして自分の内部に存在する宇宙の意識父の為に犠牲としてそれを捧げるのです(緊張は不可、リラックスする事)。

人間の心は宇宙の意識の召使たる為に創造されたのです。決して心のエゴ(自我)の為に心自身だけに役立つ為に心が創造されたのではありません。貴方の内部の宇宙の意識とその各種の印象や指示(直感、ささやき声、閃き、警告、映像、魂の知覚、アイデアー、衝動、信念等)に聞き耳を立てて
知覚し理解し、それを行い言動するのです。大切なのは実行なのですから。

その時「私は父と一体である」と言えるでしょう。この事が身に付き出来るようになったら少しずつでも自分の宇宙の意識と全体の宇宙の意識の自然界の生命の意識の海との一体化を行うように努力しなさい。その時、宇宙の創造物の全体の命と一体化が出来るでしょう、そして万物は一体である事が理解、出来るでしょう。被造物は創造主の体現であるのです。これ等を行う

以前に各人は心のエゴ(貪欲、利己主義、怒り等)を除去し全体への愛(慈悲)と慈しみと奉仕、感謝を行う事が前提となります。どうか皆様方の魂の命の永続性と永遠の生命がかかっていますので真摯に御尽力されます事を念願しています。最後の審判も近いと思われますので・・

想念観察の関連記事、宇宙哲学HP「永遠の生命」のURL
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/3sounenkansatsunohouhou.html

「愛と奉仕」人間の目的と義務、投稿記事集ブログURL 
http://d.hatena.ne.jp/eien3/20070711 

−用語解説ー 「心とは」

人間の普通の心で、いわゆる自我の事で、怒り、憎悪、貪欲、嫉妬、物欲、等を起こします。よく分析を、しますと、目、耳、鼻、舌、等の細胞の勝手なエゴ細胞の意志で、聖書では肉欲と訳されています。いわば、俗人の普通のエゴ心の事です。

 「宇宙の意識とは、」
人間や大自然の全ての生物に宿る命のパワーで、宇宙の叡智、全知者、神、生命、潜在意識、人体の触覚の感覚、魂、でも、ありますし、そのワンパワーは、大自然の万物や心や肉体をも、創造しています。また、その感覚は、直感的、警戒的な知覚状態です、また、人体の宇宙的細胞の記憶分子で、DNA(ディオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)の知識や印象の働きです。

中尾の助言(アドバイス) 「進化と生存の方法」心の思いを見つめる
the Nakao advice the evolution survive way
悪い事を思わない 貪欲、怒り、利己主義、拝金主義、エゴ、支配欲自己保存等

善い事を思うこと 慈しみ、奉仕、感謝、誠実、信念、勇気、謙虚、信仰調和、忍耐等

主人にしてはいけないもの 貴方のお金、財産、自尊心、生活物資、家族等

主人にすべきもの 貴方の内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)とその各種の印象や指示等・・(直感、閃き、警告、映像,ささやき声、アイデアー、衝動、魂の知覚、信念)       
心と宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の一体化(結ばれる)をする事         
        心を静かにして心の話中を止める、そして内なる宇宙の意識とその印        象や指示に聞き耳を立てて聞いて、それを理解して、それらを神の意        思と信頼してそのまま行う。心は自分の内部の宇宙の意識の召使とし        て仕えること、すると両者は一体化(結ばれる)する。 
「聖母マリアのメッセージ」 
宇宙人文明(金星)からのthe Virgin Mary messageメッセージブログ
                        
イエスキリスト、聖母マリア、賢者の各、師から著者、中尾達也に直接、連絡して頂いたメッセージを当ブログを通じて皆様にお伝えするもので地球史上で初めての内容の記事もあります。彼ら宇宙人文明の金星人達によりますと新約聖書の「最後の審判」が近未来に発生すると言明されています。新しい宇宙的な文明(御国)も近いようですので皆様方がエゴ、貪欲、利己主義、怒り等を取り除かれて心と宇宙の意識を一体化を実現して覚醒と進化されます事を念願しています
http://eien333.sublimeblog.net/

宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ
http://eien3.jugem.jp/

映像「土星上空を飛行する巨大葉巻型宇宙母船の映像」
         イタリア「ネクサス」誌 提供写真


2008年11月11日(Tue)▲ページの先頭へ
4聖母マリアのメッセージ(the Virgin Mary message)


4聖母マリアのメッセージ(the Virgin Mary message)
           宇宙人文明(金星)からのメッセージ

カテゴリー 聖母マリアのメッセージ 国際ニュース 永遠の命

「生への努力」

我が子よ貴方方は何時まで目を覚まさないでいるのですか。我が子よ私達は数千年も前から貴方方の事を暖かく見守ってまいりましたが、もう何時までも眠っている時では無いのです。時は過ぎようとしています。貴方方は幾年も睡眠の寝椅子で寝ている訳にはまいりませんよ。賢者様の御意見をよく、お聞きになってもう目を覚ましなさい。何時までも寝ていては永遠の死の床

に付く事になります。天の父(創造主)も、何時までも貴方方に恩寵を与えている訳にはいきませんので真に貴方が生き返りたいのなら貴方方、地球人も個人的な努力と協力をしなければ進化は望めません。私達の援助にも限界がありますが私達も協力を惜しみませんので、何時でも私に色々な事を申し付けて下さい。如何にしたら多くの方が目覚められるでしょうか。貴方方は

心の意志だけで生きているので、人間の内部の創造主の一部分である魂の部分すなわち宇宙の意識という部分に気付き、その意志の御指示に従う癖を付ける必要があります。それで人間としては心の意志で生きないで神つまり貴方の宇宙の意識で生きる必要があるのです。それに気付くには心が自分の内奥の各種の静かでささやかな印象や指示に聞き耳を立てて、その指示に心が

協力し従う必要があるのです。それが人間が創造された目的ですし貴方の真の生き甲斐で内部の神の意志に従う事になるのです。その時イエスが言われた「私と父とは一体である」事になります。重ねて言いますと心は静まる必要があり、また浮かれ騒がないで話中にしない事です。中尾様はよく私(マリア様)の心は真に澄んだ清らかな真水のようだと言われておられましたが

本当に、そのような澄んだ心を必要とします。それには各種のエゴや習慣を取り除かなければ人間の心は何時までもドブ川の水のように汚れたままになってしまいますので皆様方には御自分の魂の命の存続がかかっていますので
各自に御努力が欠かせません。是非頑張って天の父の道を歩いて下さいませ。このサイトの言葉の意味を軽んじないで真摯に受けとめて熟達をして頂きたいと存じます。  金星の聖母マリアより アーメン


「賢者、師の談話」とリンクのネットワークの参加者募集の御願い
明日は明日の風が吹くとて貴方方の明日は黄泉の世界じゃ天の果ての流刑星じゃ、だがのうそういう立場の人間とて天の父の子供には違いがないので我々としては手厚い条件で生活が出来るように各種の心ずもりはしておる訳でな。流刑星と言っても極端な心配は要らぬ訳だがな、問題は流刑星に送還された後の精神的な生活が問題なのじゃ、現在と変わらぬ精神生活を続けた

場合は更に酷くなるというものじゃ、つまり精神的進歩を助けてくれる指導者がいなくなると言う訳だが本当に困ったものだ実は現在でもこの地球上では何の進歩も無い人間が15〜16回の転生の恩寵の法則が満期になって、まるで雪の一粒のように地に落ちて消滅して行く魂が無数にいるのじゃ、まあ学ばなかった報いと言えばそれまでじゃが人間の人情としては何か

悲しく感じるものもあってな何とか現在の地球上でも宇宙哲学や生命の科学等を学ばせる方法が無いものかと思案をしておるのだが現在のテレビ、新聞等のマスコミは全く裏側の連中の手中になっており全人類を盲目にしているのみならず自分達の悪行の数々や都合の悪い事は全部、伏せているのが実情なのだが現在、自由に表現するのが許されているのはインターネットの世界

ぐらいのものなのじゃ、そこで提案なのだが貴方のブログ記事を多くの人々に読んで頂く為にリンクのネットワークを多くの方々に呼掛けてはどうかなと思っている訳なのじゃがこれを行うには色々な方法があると思うが最初は貴方の多くのブログで呼掛けてみては如何かなきっとリンクをして欲しいと言って来る人々が多くあると思うでな、これは全く貴方、中尾の胸三寸と

言ったところなのだが多くの人々のリンクの輪が広まれば貴方の記事や私の記事やイエス様やマリア様の記事も世界に広まると思うのだが如何かなそういったところじゃがよく考えて欲しい。

「リンクのネットワークへの参加者を募集しています」中尾達也(著者)

賢者様の深い御思慮の地球人救済の為のリンクの輪、運動の参加者を求めています。当ブログに賛同して頂きブログ等をお持ちの方は当方への申し込みや手続きは一切無用ですので、お気軽にリンク付けをして頂ければ有難いと思います。貴方の愛と勇気が多くの方々の人命を救いますので宜しくお願いします。当ブログのどの記事をコピぺして使用してもOKです。

**人間の進化と生き残り運動への参加リンクの輪、協賛**当サイト名「  」URL http:// と御記入して下さい。注、このブログのサイト名とURL」です。

 
生命の科学「心の使用方法と分析」著者記事
          
人間の心は目、耳、鼻、舌の細胞の持っている意志や意見から成り立っています。それは見える、聞こえる、味、臭いの世界に人間を従属させますし大抵の場合、心の下す意見や結論は大宇宙(自然界)の宇宙の法則と一致していません。心は自然界や人間の生活等で起こっている、あらゆる現象や表われた結果(例えば意識の現われの法則や万物が奉仕し合っている事等)が起

こった理由も知識も知ることが無く好き嫌いの判断をしています。四つの感覚器官を裁く事に利用しないで奉仕の目的の為に心の各器官を結束させる必要があります。宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の中には好き嫌いが無く自然界等のあらゆる現象や創造物の目的を理解していますが心はそうでは有りません。人間の心が自らを訓練することなく  (想念観察の記事)http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/3suonenkansatsunohouhou.html 自身を自分の内部の宇宙の意識とその意志や指示に(魂の知覚、直感、閃き、衝動、アイデアー、映像、ささやき声、警告等)に支配させないのならその心の混乱と間違った状態は過去と同様に今後も続くでしょう。(例えばあの時に閃いた印象の指示を感受していたのに実行が出来なくて残念と思ったりする事等)人間の内部の宇宙の意識は貴方の生命の与え手であり宇宙的な

教師であり貴方の肉体や心の製作者でもありますし自身の過去世の記憶をも持っており、( 宇宙哲学HP「永遠の生命を得るには、」関連記事URL) http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/8eiennoseimeimeiwoeruniha.html 宇宙の大自然界の生命の海(宇宙の意識の海)とも同体でもあります。ですから人間の心は神を尊敬するように自らの宇宙の意識とその指示を

尊重し、それらの召使になるように、いつもそれらに聞き耳を立てていて、それに従う必要があります。何故なら、その指示や印象類は貴方の内部の創造主(父)の意志で全知者の意志であるからです。心の意志は間違った知識や混乱以外の何者でもありません。イエスは言われています「幼児のようにならなければ天国へ入る事は出来ない」と天国とは原因であって、あらゆる

万物の生命の宇宙の意識の事ですし幼児のように他を疑わずに純粋で両親である宇宙の意識とその意志や指示に従うからです。聖書には「隠されているものは必ず洩らされる」と述べられています。人間は進化向上をしようと思えば、まず想念観察等で反省をして忍従を味わってでも忍耐心を持って学び自身をコントロールして自身の内部の宇宙の意識とその意志に聞き耳を

立てている必要がありますし神を信じるようにこれに確信を持って言動する必要があります。短気な人は挫折しますがこれらに信念を持つ人は永遠の生命への至福が与えられるでしょう。人間の心である各感覚器官は目や耳等の機能が正常であっても宇宙の意識が肉体を離れたら機能しません。人間の目、耳等が無力であっても宇宙の意識が存在する限り人間は正常に生きていけ

ます。人間の心は世俗的で自己中心的で威張っていて何事にも立腹しますが一方、宇宙の意識は宇宙的性質を帯びていて習慣に左右されませんし、えこひいきしません。心は創造主を伴う宇宙的な自己の宇宙の意識と融合(一体化)する事を知る必要があります。あらゆる行為の背後にある原因に付いて心に考えさせて、それらの行為が心の欲望の表れなのか、あるいは宇宙的な

性質(慈しみや奉仕と同情、感謝、宇宙の法則に合致した等)のものかを分析して反省する必要があり、利己主義的なものや貪欲、所有欲、支配欲、嫉妬等、諸々のエゴが伴っていないかを知り、それらの想念感情や行為を取り除いて全体への愛(慈悲)や奉仕の経路に切り替えねば進化向上にはなりません。丁度、人間の心は幼児がストーブに触れると火傷をすると教えられているのに幼児は手で触れて苦しい目に

合うようなものです。宇宙の意識の各種の印象や指示に従わないと、この様になります。宇宙の意識の神の指導で学習が出来なければ自分の心の意志により学ぶ事になります。(例えば妊婦さんが酸っぱい食物を摂取するようにとの内奥の宇宙の意識の印象の指示を無視して不完全な子供が生まれて家族共に苦労する事等)ですから神は貴方の体験に責任はありません。

心は生命を支配している宇宙の諸法則に対する無知と理解力の不足によって恐怖が心の主人になっていますし自身の過去世を思い出したり転生の諸法則の完全な理解が無い為に恐怖を通じて人生を過ごしていますが(転生の法則の記事のURL http://d.hatena.na.jp/eien3/20070519
人間が人間の生命の諸法則を信念を持って完全に理解して信頼した時に恐怖は無くなります。

万物は創造主(父)の叡智を現わしていますし自身の宇宙の意識は万物とは独立していますが宇宙の意識は万物を生かしていて無言の指示という音声ではない言語で語っています。いかなる人間の言葉の音声よりも強大な影響力をもって働いていて人間は創造主(父)の最高(創造主の息子や娘)の表現で現われです。宇宙の意識が無ければ人間の心や肉体は存在しえません。
 
詳細は「生命の科学」Gアダムスキー著、各地の図書館のアダムスキー全集の蔵書で・・または中央アート出版で (この書籍は他の進化した惑星文明から地球人の進化向上の為に伝えられた生命の進化と知識と理解の為の特別本です、その他「宇宙哲学」「テレパシー」Gアダムスキー著等があります)

「イエスキリスト、のメッセージ」
宇宙人文明(金星)からのメッセージブログ 
         
http://eien333.iza.ne.jp/blog/

宇宙哲学HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/

映像は スクープ「火星人達の住宅街映像」

火星探査機マーズグローバルサーベイヤー撮影でオポチュニティ地点の付近のクローズアップ映像だが、これは火星の住宅街、映像で中央部分等の黒色の濃い部分は樹木群で、よく観察してみると小さく四角い箱型の建築物に多くの窓が確認出来る衛星画像だ。火星の街も過密な住宅街だ。


2008年11月03日(Mon)▲ページの先頭へ
「創造主の最後の審判」

創造主の最後の審判

 7阿弥陀如来(高貴な宇宙人男性、賢者)の緊急、大警告
        宇宙人文明(金星)からのメッセージ

     カテゴリー 国際ニュース ニュース 永遠の命
悪人の最期

我が道のりは遠い、よいかな我々の道のりは遠くて近い明日は我が身じゃ、何れかには行かねばならぬ、よいかな貴方の明日は真っ赤な日なるぞ、それは何かと言うと空の色の事である。明日の空の色は虹色とは限らない明日の空の色は明るい。明日は明日の風が吹くとて明日は何が起こるか解からない。西の空の色を見ているがよい。茜色になったら要注意じゃ天が音を立てて

崩れ落ちるであろう。この事は何を意味するのか解かっているのか、26000年の夜明けじゃ、全く新しい時代の夜明けが来るのだ。悪者の明日は無く天の父(創造主)が用意された全く新しい御国の夜明けじゃ空を見るがよい全ての悪人は宇宙の果ての流人星へ連れて行かれる。残りは全く善人のみ、よいかな全ては天の父の御計画である。貴方方は泣き叫ぶがよい。反省の

色も無く人間的に進歩をしようともしない。全く人間としての気概も無く無駄な人生を送ったつけだ。嘆くがよい、貴方が人々が苦しんでいるのを無視して貯めた財産は全く無駄になるのだ、泣くが良い貴方の生き甲斐が全て無に帰する。貴方が頼りにして来た金銭は全く貴方を守らなくなる。只の紙屑になるのだ。無理も無い、貴方は紙を拠り所に生きて来たのだから。貴方を

生かして来た貴方の神である貴方の命は何処におればよいと言うのだ。今迄貴方の肉体を創造して生かさせてやって生きる人間として何度も転生させ、生まれ変わらせて来た甲斐が無いというものだ。天の父(創造主)も嘆いておられるのだ。貴方方の生き様を見ておられて泣いておられるのだ。これが我が子かと我が子の所作なのかと悲しんでおられるのだ。人間の内部からの

奥深い神の御意志(宇宙の意識の印象や指示の事)を長い間、無視して来たつけが廻っているのだ。泣くが良い無知の闇の中で苦しむがよい。全ては今迄の貴方の無策が原因なのだ。釈迦も言われたであろう。貪、瞋、痴、とな貪欲、怒り、愚痴(愚かさ)は人を滅ぼすと、知っておろうがイエスも言われたであろうが「自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を

憎む者はそれを保って永遠の命に到るであろう」と自分のエゴを保とうとする者の末路は哀れなものよ。明日の事を思い煩うな、明日は明日、自身が思い煩うとな。よいかな明日は明日の風が吹くとて貴方方の明日は暗くて無い。全く別の流刑星へ連れて行かれるのだ。本当に信じて本当に反省して心を入れ替えて貪欲、怒り、利己主義、支配欲、権力欲を取り除くのなら許して

やろう。残り、後、半年の内に心底、反省し、人としての生き方を変えて慈しみと全体への奉仕に生きるのなら許してやろう。本当に半年の期間の内にだ。これが最後通牒だ。以後は何を言っても許されない。悪人が改心する最期のラストチャンスだ。信じる者は行うとよい。信じない者は可哀相だが黄泉の世界へ行くのみだ。この地球が現在も昔の流刑星のまま存在しているの

だが、天の父(創造主)の新しい御配慮で、この地球は全く新しい宇宙的な時代を迎えるのだ。悪人は天の果ての厳しい流刑星へ行くがよい、泣くがよい悲しむがよい歯噛みをするがよい。仕方が無いのだ。天の父の御意志なのだ。そして多くの太陽系惑星の賢者会議の決定事項でもあるのだ。


(注)2中尾のアドバイス、エゴを取り除く想念観察の方法
下記に記載させて頂きましたので是非実行をして頂きたい。一般人の貪欲、利己主義、怒り等の想念を持っている人も悪人の仲間になりますので、心底、反省し自己の想念からエゴを無くすように念願します。HP「永遠の生命」の想念観察の記事を御参考にして、頑張って下さい。残された時間は後、
半年でしかないのです。
 
◇「想念観察の方法」
まず、手帳か、ノートに、一日の終わりに自分の想念と感情を思い出して右側のページには、非宇宙的な、悪想念を記入します。
 
最初の内は支配欲、権力欲、不和、分裂、非難、 猜疑、 利己主義、貪欲、怒り、愚かさ、憎悪、妬み、嘲笑、嫉み、差別、不信、自己の憐憫、拝金主義、理解力の欠如、嫉妬、物欲所有欲、傲慢、独占欲、無知、恐怖心、自己保身、反省の無さ等、驚く程の自分の悪想念の多さに自分ながら、落胆したり悲観したりします。感情も、想念の、塊ですので、本来、想念と同様ですし最初の内は一日の 70%以上は、非宇宙的な悪想念が多いのが実情です。

さて今度は、左側のぺージには、宇宙的な想念と感情を、記入します。

慈しみ、調和、許し、感謝、同情、信念、理解、分析、信頼、奉仕、誠実、謙遜、勇気、尊敬、謙虚、慈悲、信仰、思いやり、宇宙の兄弟愛、等を記入して行きます。初めの内は、一日間の約10%〜20%位の宇宙的な良き想念があれば、良い方です。

この想念観察は、自分の想念を客観的(第三者が見ているように )に観察する癖を付ける訳で、これを一定の期間続けますと、自身の悪想念の種類とパターンに気が付けます。これでは、いけないなと反省しますと次第に悪想念を、思わないように努力して来ますし手帳やノートに記入しなくても瞬時に想念の修正を行ったり出来るようになります。全ての行動は想念が大元になっていますので

この想念観察の方法は、非常に重要な事です。何故なら「人間は、自分自身が、思う通りの者になる」という宇宙的な原理が働くからです。自分の財産や自尊心を主人にしない事「人間は二人の主人に仕える事は出来ない」からです。自身の宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の居場所が無くなりますので謙虚にして実行されますように。参考記事URL「想念観察と人間の進化」
http://d.hatena.ne.jp/eien3/20070529

一般の方が宇宙の果ての鳥も通わぬ八丈島のような厳しい流刑星へ罪人として宇宙母船等で送還されるのは中尾としては見るに忍びないので、どうか心ある方々は心底、反省して御自分のエゴ心(貪欲、利己主義、怒り、拝金主義等)を取り除いて下さい。各自が自分の命運を今から6ヶ月以内

に決めなければ、ならないのですから。自己責任で想念観察を頑張って実行して、そして地球人として新しい宇宙的な文明(御国)の地上を引き継ぐ権利を獲得して頂きたいと念願しています。決して最後まで、諦めずに努力して下さい。各人の想念は記録用のUFOで調べられているのですから。

宇宙哲学HP「永遠の生命」

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ
http://eien3.jugem.jp/

「聖母マリア、イエスキリスト、賢者のメッセージ」 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログ

http://eien333.meblog.biz/

イエスキリスト、聖母マリア、賢者の各、師から著者、中尾達也に直接、連絡して頂いたメッセージを当ブログを通じて皆様にお伝えするもので地球史上で初めての内容の記事もあります。彼ら宇宙人文明の金星人達によりますと新約聖書の「最後の審判」が近未来に発生すると言明されています。新しい宇宙的な文明(御国)も近いようですので皆様方がエゴ、貪欲、利己主義、怒り等を取り除かれて心と宇宙の意識を一体化を実現して覚醒と進化されます事を念願しています

スクープ映像「金星の丘陵地の建築物群と林、映像」
金星探査機の金星のクローズアップ映像だがよく観察すると右側の矢印の付近に飛行機型の建造物が見える。右側の上部は丘陵地で斜面には坂道が数本、確認出来る。斜面の近くには植物群が写っている。更に左側の中央から下部に長方形の金星のビル群が確認出来る。衛星画像を見慣れた人にはよく解かる映像だ。



   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2008年11月
           
           

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:146
昨日:534
累計:1,410,887