「永遠の命」世界の夜明け - 2008/12

人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書

[PR]



2008年12月27日(Sat)▲ページの先頭へ
6イエスキリストのメッセージ the Jesus Christ message


6イエスキリストのメッセージ the Jesus Christ message
  宇宙人文明(金星)からのメッセージ   年末の御挨拶を兼ねましてメッセージを送ります。

今後の生活を続けるには

私は貴方方に言う、貴方方は明日をも知れない癌患者と同じですが明日は貴方方にとって非常に困った事になります。それで私(イエス様)としましても良き方策が無いものかと思っていますが、やはり一番は食料の問題と燃料の問題と寒さ対策が大きな日本人の問題となって来ますので賢者様も言われましたようにその準備を怠らないようにして下さい。一番の問題は貴方方の内奥の魂である神に対する心の信仰の足りなさにありま

す。貴方方が自身の内奥の魂の印象に気付く生活を以前からしておれば、これ等の事は前々から貴方の心に知らされて下さっていた事でしょうが貴方方が紙の紙幣等に目が眩み神の事などそっちのけで生活を続けていた事に根本の問題があります。しかしこの後に成ってからは何を言っても始まりませんので仕方がないでしょう。明日の貴方方の生活は根底から覆されるでしょう。食料、燃料、水の不足やそれの奪い合い等の犯罪も多

発しますので十分に気を付けられる事です。以上ですが今後も何かありましたら連絡をしますので御心配なく。

        金星のイエスより アーメン

私イエスとしては貴方方の魂の命の存続を非常に願っています。ですから今後共に宇宙の法則や宇宙哲学をよく学んで下さい。貴方方の命は本当に明日をも知れない癌患者と同じなのですから、だから中尾様もいつも言っておられますように貪欲と利己主義と拝金主義を取り除かれて大切な貴方の魂である神の各種の印象と指示をよくお聞きになり頑張って下さる事を切に願っています。賢者様が言われました地球の地軸の変化は私達

の科学の機器が正確に予測した結果ですので間違いなくその時期に発生しますので今から多くの方の認識を新たにして欲しいのですし、この事を信じて頂きたいのです。貴方方の命が懸かっていますので食料や燃料また車に住めない人はテントが必要等の事もよく考えて大津波が来ても直ぐに逃げれるように心構えをして頂きたいハッキリ申し上げましょう地球上の地軸の変動は2010年の初めに発生します。また最後の審判は同じ

年の7月に起こりますので、貴方方は自分のエゴを取り除く事を2009年の4月末日までに頑張って行う事、それ以降は改心しても間に合いませんので御自分の命を懸けてその事を行うようにして下さい。そして自分の内部の各種の印象や指示に聞き耳を立ててそれを行うようにしなさい。その時に貴方は「私は父と一体になる」のですから・・貴方方の明日は大変な時を迎える事になりますが人間らしさを失わないようにして下さ

い。天主様(創造主)は何時も貴方方の事を気に掛けていらっしゃいます。自分の良心に恥じないように今後も生きるように・・

       金星のイエスより アーメン

金星の賢者様の御成婚の式典が開催

日本時間2009年12月31日に金星の指導者の賢者様の御成婚式典が開催の予定で金星では祝賀行事が行われる。

新しい文明に付いての考察」 著者記事

現在の文明への反省から新しい宇宙的な御国は基本的に宇宙哲学、生命の科学、テレパシー(Gアダムスキー著)の宇宙哲学等を中心思想として、また金星文明や土星文明の思想等を取り入れたものにしなければ新しい文明には成り得ない。まず諸悪の根源である通貨制度の徹底した廃止と餓死者、文盲者を無くし食料、資源、生活物資の平等な分配と全ての人類の真の平等と万人は創造主の息子や娘である事の認識を徹底させる必要が

ある。その事は最後の審判で残留が許された地球人側が相互理解と話し合いで実践主義を実現しなければ絵に描いた餅に過ぎないので高邁な宇宙的な思想も今迄のように語り合うだけでは何の意味も無いので金星文明のように実践主義を旨としなければならい。地球人は明日の心配をし過ぎる傾向が強いので明日の食事の心配を取り除く必要を感じ

ている。食料の平等な分配が始まれば、これ等の心配が無くなるので心身が安定し基本生活が善くなる、2000人〜3000人規模の集合生活の形成による職種の集合する事により色々な才能奉仕活動や助け合いが進み一層の生活の安定が増すだろう。まず金星文明のシステムと金星人達の生き方や宇宙的な思想をお手本に見習うべきだ。この事は地上に残留が許された者達の責務となる。二度と戦争を起こしてはならない事も肝に

命じる事だ。トラブルはテーブルを囲みよく会談をする事で解消するだろう。残留者の最初の仕事は建造物の瓦礫の山の撤去や農産物等の生産や宇宙的な思想の研鑽や話し合いと実践主義の徹底が行われるであろう。また住宅問題等も討議されるだろう。他の惑星文明との交流も自由になるので新しい自由エネルギーや万病治療器等も利用される時代になるので希望を持つ事だ。多くの近隣惑星の援助も期待されるであろう。

リンクのネットワークへの参加者を募集しています」中尾達也(著者)

賢者様の深い御思慮の地球人救済の為のリンクの輪、運動の参加者を求めています。当ブログに賛同して頂きブログ等をお持ちの方は当方への申し込みや手続きは一切無用ですので、お気軽にリンク付けをして頂ければ有難いと思います。貴方の愛と勇気が多くの方々の人命を救いますので宜しくお願いします。当ブログのどの記事をコピぺして使用してもOKです。

**人間の進化と生き残り運動への参加リンクの輪、協賛**

当サイト名「  」URL http:// と御記入して下さい。注、このブログのサイト名とURL」です。

宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/
「阿弥陀仏、イエスキリスト、聖母マリアのメッセージ」宇宙人文明(金星)からのメッセージ 

http://eien333.paslog.jp/

映像は「カマボコ型の建物は円形都市にある宇宙母船の格納庫なのか、」

月の裏側でアポロが撮影したものだがガッセンデイクレータの内部映像でよく見ると左側にカマボコ型の建造物大小(複数)が見える。宇宙人達の葉巻型宇宙母船の格納庫なのか、道路も数本確認が出来て円形で都市のようだ。月面に宇宙人達が住んでいる証拠だ。右側の円形都市の中央部の構築物はどうもNASAが写真を修正したらしく隠蔽されたようだ。


2008年12月22日(Mon)▲ページの先頭へ
5イエスキリストのメッセージ the Jesus Christ message


5イエスキリストのメッセージ the Jesus Christ message

      宇宙人文明(金星)からのメッセージ

中尾様より御要望がありましたクリスマスメッセージを述べさせて頂きます

 カテゴリー イエスキリストのメッセージ 永遠の生命 宇宙哲学

貴方の命の存続を得るには

貴方方は私に何時も自分達の願いを申し述べて来られるようですが本当に困っています。貴方方の願いは私達には心地良いものではありません。何故かと申しますと貪欲と自分達さえ良ければ良い等という考え方や望みが多いからです。貴方方が是非、全体への奉仕や愛(慈悲)に満ちた願いなら天の父

も貴方方の願いを叶えて下さると思うのですが貴方方の考え方はいまだに幼くて利己主義に満ちたものが多くて本当に困っています。皆が全体の為に尽くす行為をすれば全体が良くなるものを全体への奉仕という事を心底、考えない限り貴方方の進化は望めません。私達には貪欲、利己主義なるものを貴方が取り除かない限り、私達としても困るのです。何故かと申しますと、

この事は天の父の法則に背くものですし貴方がこれ等の道を進む限り、自分で自分の首を絞めている事になるのです。古代から天の父が「愛と奉仕に生きよ」と言われた事を地球人は忘れているのです。貴方の主人をお金や財産にしては絶対いけないのです。何故なら2000年前に私が言った言葉「愛に生きなさい」また「人は二人の主人には仕えれない」等の真理に反する

からです。貴方方は2000年間も経過したのに宗教団体は形骸化し、また
ほとんど人間的に進化をされていない事に私達は失望しています。マリア様や賢者様等の御意見や御考えをよく読まれて参考にされて進化の道を歩かれます事を望んでいます。貴方方に残された時間はもう、ほとんど残されていません。貴方、自身の魂の存続を懸けて命懸けで頑張って下さい。

命を取るのかお金を取るのか二者択一の御判断を各自が選ばれる時なのです。是非、天の父への道を選んで、この地球への残留や貴方の魂の存続を勝ち取って頂きたいと願っています。
               金星のイエスより アーメン


地球人の古代史と犯罪者」 (宇宙からの訪問者)より抜粋関連記事


大昔、多くの惑星でも少数の人が個人的なエゴと貪欲と侵略思想を持って他人に権力を振るっていた犯罪者がいて、それで大昔、多くの惑星の賢者達の会合で、このような利己主義者を生存可能な新しい惑星へ送るように決めました。こんな場合には多数の太陽系中の最低段階の惑星がこうした罪人の追放場所として選ばれたのです。そこで、今述べたような理由からこの太陽系

内外の多くの惑星から来たこの始末におえぬ者達の新しい住家として、太陽系内の地球が選ばれました。この罪人達は、地球のいわゆる厄介者でした。私達は彼らを殺す事も監禁する事も出来ませんでした。というのは宇宙の法則に反するからです。しかし彼ら追放者は全て同じ傲慢な性質の者ばかりでしたから、誰も他人に譲歩しないと思われるので、結局は自分自身の調和を

完成せざるを得なくなるでしょう。この人々が地球の元の12種族の真の源泉です。これ等が貴方方の聖書に出てくる堕落天使です。つまり高度な生命の状態から、落ちて、この世界に今、存在する悪環境の種を蒔いた人間達の事です。この新来者達はお互いに平和と幸福の中に住み始めましたが、これは他の惑星群の喜びでもあった訳です。ところが聖書に述べてあるように、

人間は善悪の知恵の木の実を食べたのです。それまでは存在しなかった分裂が起こって来て、貪欲と所有欲が再び人間の間にはびこり彼等はお互いに敵対し合うようになったのです。年月が流れ、人口が増加するにしたがって、この原種族の中からうぬぼれた人間達が立ち上がって数種族に分裂し始めました。この人間達のいずれもが他の誰よりも遥かに進歩した惑星から来たの

だと称し、その資格により支配権が与えられているのだと言って全人類の支配権を要求したのです。私達は常に彼らを同胞愛に目覚めさせようと願いながら、この迷える兄弟達を訪問し続けました。しかし年と共に自称支配者達は益々強力になり、私達の努力は空しくなったのです。分裂は続き、増大し、ついには今日いわゆる国家群の発生になった訳です。国家群の成立は

さらに同胞を分裂させ、全人類はもはや創造主の法則どおりに生きなくなりました。この分裂の結果、多くの異なる様式の礼拝の仕方が起こりましたが当時でさえも私達は地球の兄弟を救う為に他の人々を送り続けました。この人々が救世主として知られている人達です。彼らの使命は地球の兄弟を助けてその本来の理解に返らせる事にありました。どの場合でも少数の信奉者が

この賢者の周囲に集まりましたが、いつも賢者達は救おうとした相手によって殺されました。 このような奉仕的仕事を志願した男女によって発達させられた別の惑星群の人々は堅実に進歩しています。彼等は無限の創造主がその子達を生きさせようと意図したとおりに生きています。彼等は父の意志を遂行しながら成長し発展しています。地球以外の太陽系内の惑星では過去100万年間程は戦争は行われていません。

詳細は各地の図書館のGアダムスキー氏の関連図書、及び「第二惑星からの地球訪問者」Gアダムスキー著、中央アート出版で


「イエスキリスト、のメッセージ」
宇宙人文明(金星)からのメッセージブログ          

http://eien333.iza.ne.jp/blog/

宇宙哲学HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

http://eien3.jugem.jp/

映像は「火星の人工的ドーム型の建築物」で米国のマーズ、パスファインダー計画で火星のシド二ア近くへ着陸したソジャーナの映像で最初に写されたドーム型建築物が3個写っている。驚愕の映像で人類がいる証拠だ。」その後にNASAの隠蔽政策の為に、このドーム型の建築物の映像は除去された。画像の操作だ。他の惑星等の真実を知らせる立場にあるNASAが米国民だけでなく全人類を盲目にしているのは犯罪だ。


2008年12月15日(Mon)▲ページの先頭へ
「創造主の愛と人間の愛」

創造主の愛と人間の愛

無限の過去から永遠の未来まで宇宙の諸万物を創造されて来た創造主(父)の創造の愛歌は宇宙にこだまして創造に次ぐ創造物の広がりの中に万物を形創りあらゆる生き物の創造の愛歌として発現されて来た。全ての創造物はこの愛の宴を通して永遠に続くものである。宇宙的な創造の愛は相互に引き合うものであり親和力でもあるが根底に慈しみと無私の愛があるもので永久に

続くものである。よく創造主の愛は太陽の働きに例えられるが今日は創造物である空気に付いて述べておこう。我々、人間は話をしようが夜、寝ていようが自分の意思とは無関係に体の中に空気が出入りしている。それで全く空気のような存在等と言う訳だが、あらゆる生き物はこの空気たる酸素、窒素

、エーテル等によって生かされている。そしてこれ等は善人にも悪人にも金持ちにも貧しい者にも全く差別が無く与えられている。創造主(父)の愛は人間の愛のように偏る事が無い。我々、人間は偏愛、所有欲愛、独占欲愛などというものに偏っているのだ。それで我々、地球人が進化して新しい文明を見据えて考える時にこれ等の愛は避けなければならないだろう。どうした

ら善いのか愛は愛しいものではあるが偏らなくして全体への奉仕と愛に切り替えなければならない。実は愛と奉仕は全体への奉仕活動で、ならなければ意味が無いものである。貴方方が新しい宇宙的な文明(御国)の残留者になった時の心構えが必要なのだ社会への全体への奉仕活動を行うには前述したような愛(慈しみ)が必要なのだ。何故なら万人は創造主(父)の息子や娘

であり皆が兄弟姉妹であるからだ。ましてや自分の兄弟姉妹から金を取る行為など考えられないのだし創造主の愛の行為を考えた時に天の父は差別してお金を要求されていないではないか、全くお金は諸悪の根源なのだ。創造主の愛には程遠いものである。ましてや現在の地球人のように金の為なら他人が死のうが飢えようがお構いなし等という考え方では天の父の御意思には

比べ物にはならない。愛とは理解であり信頼であり慈しみであり全体への奉仕でもあるのだ。宇宙的な愛は全体的で偏らないものであるし生き物の根源的な創造の愛歌でもあるのだ。それによって万物は発現し永続しているのだ。愛ははかないものでもないし、形骸化すれば永続は出来ないし創造の愛のパワーは受け継がれるものであるのだ。

リンクのネットワークへの参加者を募集しています」中尾達也(著者)

賢者様の深い御思慮の地球人救済の為のリンクの輪、運動の参加者を求めています。当ブログに賛同して頂きブログ等をお持ちの方は当方への申し込みや手続きは一切無用ですので、お気軽にリンク付けをして頂ければ有難いと思います。貴方の愛と勇気が多くの方々の人命を救いますので宜しくお願いします。当ブログのどの記事をコピぺして使用してもOKです。

**人間の進化と生き残り運動への参加リンクの輪、協賛**

当サイト名「  」URL http:// と御記入して下さい。注、このブログのサイト名とURL」です。

宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ
http://eien3.jugem.jp/

「阿弥陀仏、イエスキリスト、聖母マリアのメッセージ」宇宙人文明(金星)からのメッセージ 

http://eien333.paslog.jp/

映像「*スクープ月面の宇宙人達の住宅街、映像」

月面の探査衛星画像のクローズアップ映像だが、月面に居住している宇宙人達の住宅街が写っている、驚愕の映像だ。


2008年12月08日(Mon)▲ページの先頭へ
「創造主の恵みに感謝する事」


創造主の恵みに感謝する事」  著者記事 

私達、人間は創造主(父)の宇宙起源の限りない遺産を受け継いで生まれて来ました。つまり天の父の似姿と同じ能力を潜在して頂いているのです。貴方方、人間は父の栄光を受け継いでいる天の父の息子や娘です。全ての生き物は創造的父性原理(生命の息)と母性原理(物質の受容的形態)に現されています。全ての万物は命ある生き物として全宇宙にこだまして発現しています。特に人間は天の父から受け継いだ限りない遺産を

十分に命の限り表現をし尽くすという「生得権」に生きなければなりません。私達は「宇宙の多くの家」について十分に理解し生命の限りを尽くして生きるという人間の創
造の目的をまっとうしなければなりません。ですから人間は宇宙との一体感を何時も持続させねばなりません。この事は夜空の星々と一体感を得る事によって実践が出来ます。また人間は他のあらゆる生命への依存無くしては生きられない事や全ての形態の生

命は自らの「宇宙起源」の表現である事を忘れずに理解しなければなりません。そして創造主が万物に愛を与えられておられるように私達も全ての被造物に慈しみと哀れみとを与え自分がして欲しいと思う、同じ方法でもてなしてやるべきです。全、被造物は原因である父母性起源の体現であるからです。ですから私達はまず生き物の外形を肉眼で見るではなく、その命を支えている創造主(父)の現れである「宇宙の意識」を自分の

意識眼で見なければなりません。それによって全ての被造物が生きているからです。その時、原因と結果を同時に見る事になります。さて創造主(父)の愛の一例として太陽系の中心の太陽を例として挙げてみましょう。太陽は数十億年という超古代から太陽系惑星等の生命体に奉仕活動の熱や光やエネルギーを与え続けています。これはあらゆる形態の生命体へ無報酬で差別無く与えられています。しかも太陽系の惑星や衛星全てに

です。貧しい者にも富める者にも善人にも悪人にも動植物にも全く平等に差別がありません。全ての生き物はこれによって成長し命が育まれ喜びの日々を過ごしています。これは創造主(父)の無限で無償の愛の象徴です。我々人間は天の父の子供として太陽活動の恵みに深く感謝の気持ちを持って暮らさねばなりません。この事は空気、水(雨)、大地、等の恵みに対しても天の父に深い感謝の念を持って暮らさねばなりません。貴方が5分間、息を止めてみなさい貴方が一ヶ月、水を飲まないで生活が出来ます

か考えてみれば創造主の大自然の恵みによって人間や生き物が生かされている事が解るでしょう。決して紙のお金で生きている訳では無いのです。ですから自身の内部の命(神)とその指示に心は従う義務があるのです。人間は二人の主人には仕えれないからです。ですから創造主とその被造物、全て(万物)に感謝をしなければ、なりません。そして前述しましたように私達人間に与えられている宇宙の意識(命)に対しても深く

感謝すべきです。「万物に感謝」URL
http://d.hatena.ne.jp/eien3/20070523宇宙の意識という生命の息が与えられていなかったら人間の心である目、耳、鼻、舌の細胞の意思は生きてはおられません。全く人間の心は宇宙の意識という親から生まれたのに親の意見(印象や指示の事)を聞こうともしていません。全く親知らずで放蕩息子です。地球人はまず自分に命を与えて下さった創造主と宇宙の意識に感謝を深く持つべ

きです。そして人間は他のあらゆる形の生命体への依存無くしては生きられない事を忘れずにいなければなりません。万物に対する等しく尊敬の念を抱いている事を習慣にしなければなりません。この態度が非難、裁き、身勝手、貪欲といったものを追い払い無駄な労力と時間を取り除いてくれるでしょう。まず人間は創造主(父)が与えて下さった宇宙の万物(多くの住み家)や自然界の万物に感謝する事、貴方に宇宙の意識(叡

智、命、神、魂等)のエネルギーを与えて生かさせて頂いている事に対して天の父に感謝する事。万物が相互に奉仕し合っている事に感謝する事。貴方がこの宇宙の多くの惑星の学び舎で学生として学習させて頂いている事に感謝する事。一番、肝心な事は古代に創造主、ご自身が言われた「愛(慈しみ)と奉仕(全体への)」に生きよ、それから貪欲と利己主義、拝金主義に生きるなという事につきます。貴方は心を空しくして、あ

れこれ考えずに自分の意見を持たずにエゴを取り除き、貴方の内部の宇宙の意識(創造主)の各種の印象や指示に従い自己の宇宙の意識に対する強い信頼と確信を持つ事が貴方の心と宇宙の意識との一体化に繋がり貴方に永遠の生命への道を歩かせますので、「永遠の生命を得るのは」URL
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/8eiennoseimeiwoeruniha.htmlどうか、この事を忘れないようにして下さい。貴方の内部に創造主(神)が内在し貴方の心を教え導いているのですから自分を救うものは自分自身です。


リンクのネットワークへの参加者を募集しています」中尾達也(著者)

賢者様の深い御思慮の地球人救済の為のリンクの輪、運動の参加者を求めています。当ブログに賛同して頂きブログ等をお持ちの方は当方への申し込みや手続きは一切無用ですので、お気軽にリンク付けをして頂ければ有難いと思います。貴方の愛と勇気が多くの方々の人命を救いますので宜しくお願いします。当ブログのどの記事をコピぺして使用してもOKです。

**人間の進化と生き残り運動への参加リンクの輪、協賛**

当サイト名「  」URL http:// と御記入して下さい。注、このブログのサイト名とURL」です。


宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ
http://eien3.jugem.jp/

「聖母マリア、イエスキリスト、賢者のメッセージ」 宇宙人文明(金星)

からのメッセージ、ブログ

http://eien333.meblog.biz/

映像は「金星の街並とピラミッド風の構造物」

金星、探査衛星画像のクローズアップ映像だが中央部には長方形の街並らしき建造物(複数)と手前にピラミッド風の構造物が見える。

一般の方は宇宙人というと欧米系の映画、テレビ等の影響で奇異な姿をした人間を想像されますが、実際は地球上の街中を宇宙の兄弟姉妹が歩かれても地球人のどこかの国の住民だと思うでしょう。肉体や顔姿は全く我々と同じであるからです。ただ彼らはテレパシーや超能力等の達人ばかりで宇宙の叡智(創造主父)と大自然の万物や人間等の関係や宇宙の法則に対する卓越した知識や認識と理解力を持っておられ地球人より遥かに

進化をされています。我々の太陽系の12個の惑星(冥王星の外側に3個の惑星が存在する)の中では金星と土星が特に宇宙哲学や科学が又、人間的にも進化した文明に成っていますし戦争や犯罪、病気等はクリヤーされて、宇宙母船等で自由に宇宙旅行をされています。実際上の天国となっています。戦争という野蛮な行為が残っているのは残念ながら地球文明だけです。1960年代での太陽系の(12個の)惑星の総人口(地球を含む)は1440億人程です。


2008年12月06日(Sat)▲ページの先頭へ
6聖母マリア(高貴な宇宙人女性)のメッセージ the Virgin Mary message


6聖母マリア(高貴な宇宙人女性)のメッセージ the Virgin Mary message 宇宙人文明(金星)からのメッセージ
カテゴリー 聖母マリアのメッセージ 国際ニュース 永遠の命

「貴方の明日」    聖母マリア
明日の事を思い煩うなと申し上げますが貴方方の明日は非常に大変になります。何故かと申しますと地球は天体自体が身をくねらせて新しい軸を基準にして回り始めるからです。貴方方は何の準備も心掛けもしていませんのは私としても非常に心配をしています。貴方方の国は食料の心配が非常に大きいので私達としても何もしてあげられませんので各個人が自分達でこの事を

解決するより仕方がありません。多くの方々が食料の不足に悩ませられるでしょう。しかし多くの騒乱や犯罪に巻き込まれる前に心ある方々は自分の身の安全を考え食料、水、燃料等の確保が欠かせません。私達は貴方方の明日の身の安全を非常に心配をしています。それで私達としても貴方方の身の処し方を申し上げますと、まず地球が振動し始めたら日本の場合は特に海岸

地方の方は賢者様も言われていましたが奥地へ移動をして下さい。この事は冬に起きますので寒さを和らげるように防寒服や燃料も必要になります。そして日本人全体にこの事は及びますので覚悟が必要になります。多くの騒乱や犯罪をも引き起こす事になります。貴方方の命にも及びますのでくれぐれも気を付けられます様に、私達は本当に心配をしています。この事は

最後の審判にも繋がっていますので今後は中尾様や賢者様やイエス様のお話をよくお聞きになられてエゴを取り除き進化と天の父への道を歩いて下さいませ。

貴方方は何時までも寝ていては天主様の事を思って考えてみると天主様との御縁の絆が切れる事になり大変な事になりますよ。何時までも睡眠の寝椅子で寝ていてはいけません。貴方方は明日の命をも知れない癌患者と同じですので今後もよく学んで宇宙的な学習を続けられます事を願ってやみません。

貴方方の御命そのものの最終の期限が迫っています。何故なら、あまりに貪欲と利己主義とに生きられた為に天主様の宇宙の法則に背いているからです。「神と富とに兼ねて仕える事は出来ない」と教えられているにも係わらず貴方方はお金を主人にして生きて来たからです。それだから私達は天国(金星)から何時も貴方方の事を垣間見ていますが真に残念な事ですが仕方が

無いかも知れませんね。自分で蒔いた種は自分で刈り取る事になりますのでくれぐれも多くの方が賢者様やイエス様や中尾様の御意見をお聞きになりまして真摯に学ばれますように願っています。
          アーメン 金星の母 聖母マリア
「命の覚醒」著者記事

人間は宇宙の諸法則に従う事や宇宙の大自然の全体の生命である宇宙の魂(生命の海)に自分の生命である魂(宇宙の意識)を没入させ、融合させなければ貴方は全体の生命と一体化する事は出来ません。この事はイエスが言われた言葉「貴方が他人を傷つければそれは私を傷つける事になる」と、この事は全ての生命界は一体で繋がっていて同体であるからです。全ての生命は

葡萄の枝葉のように繋がっていて宇宙の生命という魂で全ては生かされているからです。さてイエスの言葉で「私に繋がっている枝で実を結ばない枝は農夫(創造主父)が来て全て取り除かれる」とありますが永遠の生命を得る可能性を示さない者は15〜16回の転生で魂の命を取り除かれる事を意味しています。はたして貴方は御自分の過去世の記憶をご存知でしょうか

自分の過去世を記憶しているのは実は貴方の魂である潜在意識(宇宙の意識)であるのですがほとんどの人々は自分の過去世を知りません。宇宙的な記憶を持たない人は全くゼロに等しい存在です。永遠の生命を得る事とは各人が自分の前世の記憶を思い出す事です。「永遠の生命を得るには」記事URL
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/8eiennoseimeiwoeruniha.html

また宇宙の生命の法則に従うとは、イエス様が言われていますが「自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者はそれを保って永遠の命に至るであろう」と、この事は貪欲、利己主義、拝金主義、等のエゴで生きている者は宇宙的な生命の永続性を得る為の全てのチャンスを失ってしまいますが自分のエゴを捨てて自身の内部の宇宙の魂(宇宙の意思)に

従う者は永続する命を得られるという事です。また「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただの一粒のままである、しかしもし死んだなら豊かに実を結ぶようになる」と、この事は人間の心はわがままな坊主のような存在ですが心は自身が内奥の魂(宇宙の意識)の各種の印象や指示等に従う召使である事を悟り、心自身の意見や意思を持たなくなり、それらに聞き耳を

立てておられるようになれば(支配権を意識に譲り渡せば)人間は死んだ事になり全知者(父)の意思に従う事になり豊かに実を結ぶ事になるのです。
「心と宇宙の意識の一体化」記事URL
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/7kokorotoutyuunoisikinoittutaika.html 
その時、人は生命の法則(生存の)に従う事になり進化の道である愛(慈しみ)と奉仕に生きる事に繋がって歩いて行きます。

私はこれ等の記事を御縁があって読まれておられます人々の全ての魂の命の存続を願っています。名も無い方々を必死で助けたいと念願していますので未来に希望と勇気を持って諦めないで進化して宇宙的な学習を学んで頂きたいと祈願しています。

皆様方の御質問や御意見や解らない事等の話し合いの掲示板を楽天のBBSで受け付けていますのでお気軽に御相談や御質問等をして下さい。
http://plaza.rakuten.co.jp/nakaotatsuya3/bbs/

「リンクのネットワークへの参加者を募集しています」中尾達也(著者)

賢者様の深い御思慮の地球人救済の為のリンクの輪、運動の参加者を求めています。当ブログに賛同して頂きブログ等をお持ちの方は当方への申し込みや手続きは一切無用ですので、お気軽にリンク付けをして頂ければ有難いと思います。貴方の愛と勇気が多くの方々の人命を救いますので宜しくお願いします。当ブログのどの記事をコピぺして使用してもOKです。

**人間の進化と生き残り運動への参加リンクの輪、協賛**

当サイト名「  」URL http:// と御記入して下さい。注、このブログのサイト名とURL」です。


宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/

「聖母マリア、イエスキリスト、賢者のメッセージ」 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログhttp://eien333.meblog.biz/

映像「*金星人達の都市のビル群が写っている」探査衛星画像

金星探査機の衛星画像のクローズアップ映像で中央の右側は金星の特徴のあるピラミッド映像だが何故かメキシコのチェチェンツアのピラミッドによく似ている不思議だ。問題は奥にある映像だがよく観察すると金星のビル群が写っている。金星人達の都市のビル群の風景であるこの映像に濃淡を付ければもっとよく見えるのだが・・


2008年12月01日(Mon)▲ページの先頭へ
5聖母マリア(高貴な宇宙人女性)のメッセージ the Virgin Mary message


5聖母マリア(高貴な宇宙人女性)のメッセージ the Virgin Mary message

宇宙人文明(金星)からのメッセージ
カテゴリー 聖母マリアのメッセージ 国際ニュース 永遠の命

「命の保障」 

私、聖母マリアとしましては貴方方の事を非常に心配しています。何故なら貴方方の命の絆がもう直ぐ切れてしまう事です。何の絆かと申しますと天の父(創造主)との絆の事です。貴方方が毎日の生活を放逸に暮らして来た
ツケが今来ようとしています。何故かと申しますと貴方方は今でもお金と資産を貴方方の主人にして生きているからです。何故そんなにお金を大切に

して貴方方の魂の命である内奥の貴方の命である神(宇宙の意識)の御意思や御意向というものを大切になさらないのか私達には解りません。何故、自分が盲目になるほどお金を欲しがるのかも理解が出来ません。全く貴方方は明日の命も知れないというのに私達には理解が出来ません本当に不思議に思っています。しかしもう今迄のような野放図な放逸な生活は許されませんよ

貴方方がこのままの生き方を変えないとすれば2009年の4月末日までに
貴方の運命は後戻りが出来ない事となりますので、よくよく考えて今日からの反省の日々と自分のエゴ(貪欲、利己主義、怒り等)を取り除く事に専念をして頂きたいと思います。よく賢者様やイエス様や中尾様の御意見やお考え方をよく理解されまして貴方の命の保障を得て頂きたいと思います。

時は迫っているのです。貴方の明日を築くのは貴方の努力とヤル気に掛かっていますので、どうか天の父の道を日々歩いて下さる事を願ってやみません。( )は中尾注          
            金星の母、聖母マリアより アーメン 
「人は神と富とに兼ね仕える事は出来ない」著者記事

聖母マリア様より中尾に「人は神と富とに兼ね仕える事は出来ない」とのイエス様の譬えを題名にした記事を書かれてはとの御要望がありましたので記載させて頂きます。

現代人の多くが人生や生き甲斐の全てを掛けて金銭や財産を求めて何故、渇望しているのでしょうか、その事はあまりにも自身の魂の命を永続させる事に対して急ブレーキを掛けているのです。明日の貴方の来世の命を失う事をも顧みずに自殺の道を盲目的に突進しています。イエスは言われたではありませんか「誰も二人の主人に兼ね仕える事は出来ない一方を憎んで他方を愛

し、或いは一方を親しんで他方を疎んじるからである貴方方は神と富とに兼ね仕える事は出来ない」と人間が金銭や資産等を心の主人にしている時に貴方自身の神である内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)は貴方の何処に居ればよいのでしょうか居場所が無くなるのです。貴方の宇宙の意識は貴方の命そのものであり創造主の分霊でもあり貴方の肉体や目、耳、鼻、舌の

細胞の意思である心の製作者でもあり過去世の記録係でもあるのです。ところが人間の心はあまりにお金、財産や誘惑物や生活物資を得る事に集中し過ぎていて拝金主義になり貴方の内部の賢明なる神、御自身でもある宇宙の意識の各種の印象や指示(直感、閃き、衝動、警告、ささやき声、魂の知覚、映像、アイデアー、信念等)を軽んじて無視して来た訳ですしその声に耳を

傾けようともしません。今こそ貴方の内部の賢明なる神(宇宙の意識)の内なる静かな声や指示を心を静寂にして、また話中にしないで十分に聞き耳を立てる時が来ているのです。貴方方は明日の命をも知れない癌患者と同じだからです。あまりにも生き方を知らず宇宙の法則を軽んじ、また貪欲と利己主義と怒りや支配欲、権力欲等に生きて来たからです。それらは「全体の為

の愛(慈しみ)と奉仕に生きよ」と言われた創造主の宇宙の法則に反しているからです。イエスは言われています。「人の心の中から悪い思いが出てくる不品行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、邪悪、欺き、好色、妬み、謗り、高慢、愚痴、これ等の悪は全て内部から出て来て人を汚すのである」とまた「自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者はそれを保って

永遠の命に至るであろう」とつまり自分の心の内のエゴの意思を愛し貪欲や利己主義等のエゴで生きている者は永遠の生命を得るチャンスを全て失ってしまうが、それらを憎みエゴ心で生きない者は永遠の生命を得るという意味です。どうですか現代人の大多数の人々がどれだけ創造主の宇宙の法則に反して生きているかが解りますか?それで自身の魂の命を本当に救いたいの

なら命懸けで想念観察等を行い悪想念を心中の思いから取り除かなくてはなりません。この事は他人がやってくれませんので必死で実行しなければ後が無いのです。貴方が毎日を生きんが為にお金や資産に執着して集中している事が逆に貴方の魂の寿命を短くしているのです。何故なら人間はお金や自己のプライドや自尊心を主人にして仕えていては貴方の内部の命である宇宙の

意識は居場所が無くなってしまい宇宙の法則に反しているからです。貴方が真に執着すべきものは貴方の神でもある内部の宇宙の意識とその印象と指示類であるのです。貴方の心は知る者ではありませんので心自体を空しくして自分の意見を持たないで何時もそれらに聞き耳を立てていて、それらに従う習慣が必要なのです。イエスは言われています「天国(宇宙の意識)は良い

真珠、一個を探している商人のようなものである高価な真珠一個を見出すと行って持ち物を皆売り払い、そしてこれを買うのである」とつまり貴方の財産の全てを売り払っても貴方の宇宙の意識は手中にする価値があると言われているのです。ですから貴方方に言いたい貴方は自分の全財産を貴方の主人にして滅びる方が良いのか或いは貴方の内部の宇宙の意識とその意思に従い

来世の転生権や永遠の生命への可能性を取るのかを貴方自身が選ばねばならない時期が来たのです。正に貴方は神と富とどちらを取るのか生なのか死なのかを選ばねばならないのです。時は正に満ちようとしています。新しい宇宙的な文明(御国)は真近なのです。後、数年の内に新しい時代が訪れます。最後にイエスの言葉を申し上げます。「富んでいる者が神の国(宇宙の意

識)に入るよりはラクダが針の穴を通る方がもっとやさしい」と・・是非多くの方がエゴを取り除き自身の宇宙の意識と心が一体化(融合)出来ますように・・


「リンクのネットワークへの参加者を募集しています」中尾達也(著者)

賢者様の深い御思慮の地球人救済の為のリンクの輪、運動の参加者を求めています。当ブログに賛同して頂きブログ等をお持ちの方は当方への申し込みや手続きは一切無用ですので、お気軽にリンク付けをして頂ければ有難いと思います。貴方の愛と勇気が多くの方々の人命を救いますので宜しくお願いします。当ブログのどの記事をコピぺして使用してもOKです。

**人間の進化と生き残り運動への参加リンクの輪、協賛**

当サイト名「  」URL http:// と御記入して下さい。注、このブログのサイト名とURL」です。



「イエスキリスト、のメッセージ」
宇宙人文明(金星)からのメッセージブログ          

http://eien333.iza.ne.jp/blog/

宇宙哲学HP「永遠の生命」
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/

映像は スクープ金星の川岸に建築物と植物群の映像

「金星の探査衛星画像のクローズアップ映像だが、よく観察して画像を見ると手前に川が流れている。川の両岸あたりに植物群があり右側の川の向こう岸には灯台型の建築物が写っている。更に左側には優美な建物が数軒、建っていて周囲には林のような植物群が写っている。金星には高度な文明が存在する証拠になる探査衛星画像だ」


   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2008年12月
 
     

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:154
昨日:333
累計:1,333,356