「永遠の命」世界の夜明け - 2009/06/08

人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書

[PR]



2009年06月08日(Mon)▲ページの先頭へ
25宇宙人類、賢者のメッセージ「最後の審判と空中携挙」 


25宇宙人類、賢者のメッセージ「最後の審判と空中携挙」 

    宇宙人文明(金星)からのメッセージ、

「最後の審判と空中携挙」賢者様

私達は貴方方にとっては迷惑な存在かも知れませんが私達は貴方方の未来の大災害や人命を守る為にと願い、こうしてメッセージを送らせて頂いておりますが仕方があるまい。さて、この程、私達の惑星の金星では多くの太陽系の人類の方々に来て頂きまして地球の未来の為の色々な準備の為の会議が開かれる事になりました。この事は最後の審判の実際的な行動計画等や前後策等を含む議題でありますが、その前に多くの太陽系の

賢者会議の御メンバーの方々には地球上の文明の現状や地球人の方々の生活の実際等の視察の為に地球上に現れます。それで宇宙母船等の数が増えます事が予想されますが詳
しい日時や時期に付いての発表は安全上の理由により控えさせて頂きます。相変わらず地球上の人々は他人や万人の為では無くお金の為にのみ毎日、働かれて、おられま方々が多いのには驚かされていますが私達、金星に住まう者達にとっては心の心痛の種

となっています。私達の文明では通貨制度がありませんので労働は万人の為の愛と奉仕の為に行われるのであって自分さえ良ければ良い他人が死のうが構わない等と言うような考え方では到底、創造主様の高邁な御心には遠く及ばないであろう。私達の金星の者達の多くは地球人の方々のこういった不毛の考え方や生活を心を痛めて見ておるのが現状です。私達の文明と地球の文明との大きな違いは愛(慈しみ)に生きる文明なのか、

他方、通貨制度による悪癖に生きる文明なのか、また貪欲、利己主義等に生きる文明なのかと言う大きな隔たりがあります。しかし今の地球文明も今、現在も流刑星なのだが創造主様の御計らいで2010年の7月を持ちまして新しい宇宙的な高邁な文明に昇華する事が決定しました。私達、3000以上にも及ぶ惑星連盟の賢者会議の大宇宙母船団が最後の審判(2010年7月)に際して地球上の悪人達を新しい流刑星へ送還する

事になるでしょう。最後になりましたがイエス様も言われましたように地球上に残留されます立派な宇宙的な方々は2010年3月〜4月末日頃までに私達の惑星連盟の賢者会議の御メンバーの宇宙母船等に上げられるであろう。この事は少し宗教的な表現になるかも知れないが「空中携挙」されると言っても良いじゃろう、この事は宗教団体とは関係がありません。今後の地球人の方々の宇宙の理解、或いは宇宙的な生命の法則の学

習(エゴ心の撲滅)等を学習する時間軸は2010年の3月末日までなので皆様方は必死で頑張って合格ラインに到達される事じゃ。
             以上じゃ 賢者様


生命の科学「人間の進化と宇宙の意識」著者記事

宇宙の意識とは生命そのものでありまして、それは元素を形創る状態に凝集させるパワーでありまして、その形あるものの中に知覚(触覚等)と生気とを発生させる知性的な力です。それは創造物の中にパワーとして宿っている住人で不断の活動により創造物である形あるものを成長させ永続させています。そして形ある物質的な全ての万物を存在させています。人間の思考や感性、感覚そして願望が貴方自身の進化の道の世界を創り

上げて行く素材となって行きます。創造の力(宇宙の意識)はあらゆる被造物の意識的形態の中に存在し宇宙の意識は全体の存在であります。人間はその叡智を地上世界や多くの現象の世界に流出しせしめるものに過ぎないと言う事を知るべきです。私達が自身の激情や貪欲、怒り、渇望、虚栄心、物質への執着等を全体としてコントロールされる時に生命や文明は飛躍的な発達をする事になりますし覚醒と進化と氣付きのレベルを高

めていく事が可能となります。私達の現在の文明は通貨制度の元にあり恐怖、不信感、不平等等の根本的な原因を発達させており、また大きな社会問題も多く発生させています。お金が多くの殆んどの問題の根底にあるのは権力者(裏側の連中)が大衆の支配と
コントロールの道具としてそれを使用しています。通貨制度が無ければ大衆をコントロールが出来ません。 万人の内部には宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)が宿り、魂の

知覚、直感、ささやき声、閃き、衝動、警告、アイデアー、映像等で心を教え導いていて、それは宇宙の叡智(宇宙の意識で創造主父)の声であり印象や無言のフイリングの指示です。その事を人間は早く悟る事です。人間がこの親切な内なる懸命な声を聞こうとしながらも一方では、その宇宙の意識の各種の印象や指示が自分を何処へ導こうとするかが解らない為に、その声や指示に従う事を怠ったり無視しているのです。全く人間

の心は神の意志というものを知らずに反神的になり不信心者に成り下がっています。人間の心がこの神の意志に従わない限り心と宇宙の意識が一体化が出来ませんので自分の生存の宇宙の法則に反する戦士として生きていますが、いずれ自己の魂の命の抹殺となり現われるでしょう。「人間は自分が想う通りの者になります」から人間の中に潜んでいる信念や天性が、それが自分自身を支配し自分の運命を形成して行きます。それは聖

なる人間の特権でもあります。大切な事は人間の心は見えるもの聞こえる者などによって多くを裁いており、物事が現れていて活動している原因を知る事も無く他を裁いています。心は全く無知であり知る者ではありません。人間の心が静寂になり話中を止めて自分の心の中の想念感情に対して何時も寝ずの番をして見張っていて、そして反省をする事です。自身の貪欲、利己主義、身勝手な意見、その他のエゴ(悪習慣等)を取り除

いた時に自分の内奥の静かな各種の印象の指示が聞こえるようになるでしょう。私達が自身の肉体の細胞の働き(携帯電話のような機能等)を理解して心の意志である、目、耳、鼻、舌の感覚器官の細胞の意志をコントロールして自分自身に対する興味を捨てて自然な無我のリラックスの状態にある時、人体はテレパシー等の各種の印象の波動を感受します。この事は自身のエゴ(自我)に対する激しい集中を緩める必要があります。

人間がエゴを取り除き感覚器官(心で細胞の意志)をコントロールして宇宙の知識の流れに自らの心を開く時に透視、予知、意識の旅行、等の全ての能力が自身の内部で自然に発露し発達して来ますし私達がこれ等の知覚作用が展開する程に成長した時は個人的な欲望を越えて発達しているでしょうし、その時私達の関心は宇宙の啓示(予知、遠隔
透視等)にあります。どうか皆様方が万人に対して慈しみと同情と哀れみを持って進化

の道を歩んで頂きたい、また諦めずに希望と勇気と明るい未来を信じて生きて進化して頂きたいと念願しています。


宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

過去記事集「宇宙哲学、人間の目的と義務」ブログ

http://blog.oricon.co.jp/eien3/

「聖母マリア、イエスキリスト、賢者のメッセージ」 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログ

http://eien333.meblog.biz/

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

http://eien3.jugem.jp/

映像「金星の丘陵地の建築物群と林、映像」

金星探査機の金星のクローズアップ映像だがよく観察すると右側の矢印の付近に飛行機型の建造物が見える。右側の上部は丘陵地で斜面には坂道が数本、確認出来る。斜面の近くには植物群が写っている。更に左側の中央から下部に長方形の金星のビル群が確認出来る。衛星画像を見慣れた人にはよく解かる映像だ。

皆様方の宇宙哲学に対する真摯で真面目な御質問や御意見を下記の

アドレス楽天ブログ「永遠の生命」のBBS掲示板でお待ちしています。

http://plaza.rakuten.co.jp/nakaotatsuya3/

「参考文献」
 新約聖書、旧約聖書、新アダムスキー全集、著者Gアダムスキー訳、久保田八郎 元、日本GAPニューズレター著者、久保田八郎(絶版、)仏典、ムー、学研 その他


   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2009年6月
 
8
       

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:175
昨日:353
累計:1,378,420