「永遠の命」世界の夜明け - 2011/02/21

人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書

[PR]



2011年02月21日(Mon)▲ページの先頭へ
「心の浄化と命への道」


「心の浄化と命への道」 著者記事

人間の心の意思とは目、耳、鼻、舌の細胞の意見や意思である。人間の視力は新車や大邸宅や宝石を見ると私も欲しいと思います。必要も無いのに数億円、欲しいと思う事から人間の欲望の炎が燃え盛り不幸が始って来ます。人間の欲望には限りがありません。何処かの大統領夫人のように自分の靴を3000足も持ったりします。金の延べ棒が3トン持っていようが貴方が転生

する時には来世まで持って行けません。持って行けるのは信用、才能、宇宙的な記憶等です。そして人間的な進化の学位ぐらいのものです。これ等は皆無形のものです。人間の視覚、聴覚、味覚、嗅覚等の細胞は物欲細胞として知られています。必要以上の財産や生活物資を欲しがります。入手が困難になると怒りますし悲しみますしヒガミます。これ等は人間の心のエゴや性と

して知られています。これ等の心に付随する悪魔細胞を従順な宇宙的な細胞に変化せしめるには丁度、禁酒や禁煙をするように一大決心をして沸き起こる不快感と信念を持って戦わねばなりません。この事は誰かが貴方に代わってやってくれる訳ではありませんので貴方自身が苦労にもめげずに心の純化をして行くのです。そして進歩して命への道を歩いて行くのです。貴方の

愛しい家族が一緒に暮らしていたとしても、たった一人で他界しなくてはなりません。此れは真実です。人の世は移り変わる仮の姿に過ぎません。移ろい行くものです。貴方のものは何もありません。貴方のたった一つのものは宇宙の意識である貴方の叡智と命です。これは永続するものですし「永遠の者で知る者」です。貴方はどうしたら心の浄化が出来るのか一日中の自分

の想念や感情を一日の終わりにノートか手帳に記入していきます。貪欲、利己主義、嫉妬、憎悪、不和、分裂等の悪想念を左側に記入していきます。そして反対側の右側には宇宙的な良き想念を記入していきます。慈しみ、奉仕、感謝、調和、誠実、信念、理解等の良き想念を記入していきます。最初の内は悪想念が60%〜70%位はあるものですが次第に悪想念を思わなく

努力して行き良き想念だけ思うように努力しますと次第に心が浄化して行きます。全ての言動は想念や感情が元になって発露するからです。心が浄化されますと美男、美女の顔に変化して行きます。顔に美醜を吹き込むのはその人の想念感情で「人間は自分が思う通りの者になる」からです。何時も不平不満ばかり言動していると、そのような顔になりますし自然界等の恵み

に感謝している人は立派な人相になって行きます。この原稿の初めに述べましたように自分のものは一切が無いと悟りますと欲望の炎に左右されなくなって来ます。そして悟りの生活を続けて行けるようになりますが次にどうしたら命の道に歩む事が出来るようになるかと言う事ですが真の貴方は貴方の命でもある宇宙の意識(叡智、神、生命、潜在意識)です。これは貴方の

前世からの宇宙的な記録係であり教師でもあります。貴方の心に日夜、色々な印象や指示で貴方の心を教え導いています。直感、映像、魂の知覚、アイデアー、警告、閃き、衝動等です。人間の心はこれ等の各印象や指示に従うべきです。何故なら此れは貴方の内部の創造主である神の指示であるからです。或る時はこうしないと危険ですよ、又、こうすれば失敗しないよ、

あれを食べなさい。トイレに行きなさい等、数え上げたら限りが無いほどです。貴方の宇宙の意識は貴方の肉体と心を創造しました。これは転生し新しい肉体になる度に造り替えられていますが宇宙の意識は前世の記憶を保っていますので心は此れと一体化する必要があります。心を空しくして話中にしない事です。心を静寂にして自分の幼い頃の事を思い出すように前世の

各生涯を思い出す事が出来ます。(HP「永遠の生命」の過去世の記憶を得るにはを参照)その時に貴方は真の自分の宇宙的な過去世の履歴書を閲覧する事が許されますがエゴが多いと過去世の記憶の部屋の中をチラリと見る事しか許されません。命に至る道は容易ではありません。イエスも言われたではありませんか「命に至る道は狭くて細い」と何故なら自分自身で想念観察を

行い心のプライドを捨て全てのエゴを捨て去る事は大変な事であるからです。しかし現在、地球上の人々は15〜16回目の転生者が多くて来世へ転生が出来るかどうかの瀬戸際の人々が多いのも事実です。「永遠の生命を得る可能性を示さない人は魂が除去される」という宇宙の生命の法則があるからです。どうか多くの方々に自分の命の再更新を懸けて命懸けでGアダムスキー

氏の全集やHP「永遠の生命」又はこのブログ記事の過去記事等で一生懸命に学習をして頂きたいと念願しています。そして心の浄化と命への道を歩んで頂きたい。


*読者の皆様方へ、御意見や御質問等は下記のサイトの掲示板(BBS)で受け付けています。宜しく御願いします。

http://plaza.rakuten.co.jp/nakaotatsuya3/


宇宙哲学HP「永遠の生命」 

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

米国NASAや欧州宇宙機関等の惑星探査衛星の映像による太陽系内惑星に宇宙人達の文明があり証拠となる火星や金星、月面等の宇宙人達の建築物や住宅街、UFO,湖、植物群、ピラミッド、河川等の衛星映像を満載。

http://eien3.jugem.jp/


「覚醒」地球の夜明けと新しい文明ブログ、・・過去記事専用ブログ

地球と大自然と宇宙を愛して又、人生の目的と義務を探求し、大自然の生き物や広大な大宇宙の法則や原理等、そしてあらゆる生き物達とのコミニケイションを追求して行くものです。また人間として縛るものを離れて自由になる、悩みや迷いなど煩悩の束縛から解き放たれて、自由の境地に到達する事そして悟る事を目的としています。

https://iiiro.jp/blog/eien333/


「イエスキリストのメッセージ」ブログ    
宇宙人文明,金星からのメッセージ

イエスキリスト、聖母マリア、賢者(阿弥陀仏)の各、師から著者、中尾達也に直接、連絡して頂いたメッセージを当ブログを通じて皆様にお伝えするもので地球史上で初めての内容の記事もあります。彼ら宇宙人文明の金星人達によりますと新約聖書の「最後の審判」が近未来に発生すると言明されています。新しい宇宙的な文明(御国)も近いようですので皆様方がエゴ、貪欲、利己主義、怒り等を取り除かれて心と宇宙の意識を一体化を実現して覚醒と進化されます事を念願しています。(宗教団体と無関係)

http://blog.qlep.com/blog.php/170389/


スクープ映像「金星の丘陵地の建築物群と林、映像」

金星探査機の金星のクローズアップ映像だがよく観察すると右側の矢印の付近に飛行機型の建造物が見える。右側の上部は丘陵地で斜面には坂道が数本、確認出来る。斜面の近くには植物群が写っている。更に左側の中央から下部に長方形の金星のビル群が確認出来る。衛星画像を見慣れた人にはよく解かる映像だ。写真提供、The Horizon


   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2011年2月
   
21
         

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:254
昨日:370
累計:1,357,971