「永遠の命」世界の夜明け - 2011/05/09

人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書

[PR]



2011年05月09日(Mon)▲ページの先頭へ
キリストの警告「空中携挙と北極の移動と最後の審判」


 キリストの警告「空中携挙と北極の移動と最後の審判」       

宇宙人文明からのメッセージ

「空中携挙と北極の移動と最後の審判」キリスト様38

さて私達は次のように貴方方、地球人の為の最後の審判に付いて予定をしています。

1、貴方方の内、多くの者が流刑星へ送還される。この事は夜間、地球人が就寝中に行われる。その為に巨大な我々の艦船が使用される。

2、貴方方の内、かなりの人々は爬虫類人とその混血人種(魂はトカゲ)でありますので、その殆んどは処分されます。

3、貴方方の内、空中携挙されました方々の内、多くの方々は再び地球上に戻されて新しい地球黄金文明の担い手になられる。

4、私達は多くの惑星からなる文明星の方々の御援助により地球上の残務整理を行い新しい文明の発展に寄与する。

5、貴方方の内、多くの方々を金星文明に招待をして色々な分野の最先端の技術や哲学、科学分野を学んで頂きます。

6、今後、貴方方の地球人の方々の生命の分野や哲学の勉強を一生懸命に学んで頂きまして空中携挙の栄を得て小型機(UFO)に御乗船下さい。

7、最後に申しておきます。今後、地球上の歴史は第三次世界大戦や地軸の傾斜に向かって行きます。自然災害もますます多くなりますので最後の最後まで人間らしく天主様(創造主)の御子であります自覚を持って御暮らし下さい。 イエスキリスト様


「アセンション後の新しい黄金地球文明」キリスト様39

さて私達は今後、次のような考え方と予定を考えています。

1、貴方方の内、多くの方々を金星へ御招待をして科学的な宇宙とその構成や自然界の営み等をつぶさに見学をして頂く予定です。

2、これ等の金星を視察して頂いた方々を金星の現状と今後の予定と対策等を知って戴く。

3、今後の地球人文明の予定に付いて貴方方の内、多くの方々を科学的な設備での知識の習得をして頂く、この事はあらゆる職種に渡る。例えば農業、牧畜、漁業、機械分野、通信分野等々です。

4、貴方方の内、今後、地球上の治安維持の為の軍、空軍、陸軍、海軍等を創設します。

5、地球上の今後の文明の大発展の為の御援助を多くの太陽系の宇宙の惑星の方々の御協力を得てあらゆる分野の進歩や進化を援助して頂きます。

6、貴方方の多くの方々の精神的又は宇宙的な高貴な思想を身に付けて頂く為に金星、土星等から先生を招き伝授させる。

7、私、イエスとマリア様がそれらの宇宙的な原理、法則等の普及のお手伝いをします。
 

「聖母マリア様の東海東南海大地震の最新地震情報と浜岡原発の停止を中電が発表」

聖母マリア様の最新情報によれば5月8日付けで自然発生による東海東南海大地震は7月末頃までは発生しないとの著者へ連絡がありましたが中部電力の浜岡原発の停止が政治決着するのを待って5月9日夕方にこの件を発表させて頂きました。尚、アラスカの地震兵器のハープによる地震の攻撃は別の事ですので安心は出来ません。


「過去世を思い出すには」著者過去記事再録          
誰にも過去世は存在しますので過去世の記憶を思い出す事はさほど難しい事ではありませんし各人の宇宙の意識(叡智、命、神、魂、潜在意識)の中に特に潜在意識と呼ばれるものの中に過去世の記憶が映像として存在しています、丁度、子供の時代を思い出すように・・各人の心の意志や興味が前世を思い出したいと念願する場合に心の浮かれ騒いでいる喜怒哀楽の状態や話中の状態を心静かに貴方の魂の記憶の糸を手繰り寄せる時

に静かでハッキリとした映像と感情を伴って各、生涯の一場面を思い出すことが出来ます。前世の記憶を思い出すコツは気楽な自分の過去世に対する興味の持続と心の静寂さを保つ事に有ります。ある時は就寝中などの夢としてまた、覚醒時の宇宙の意識(潜在意識)からの映像の印象として与えられます。自身にエゴがあると過去世の記憶の部屋のドアーはチラリとしか開きません。私の過去世の記憶を思いだした体験談を申し上げましょう。2回程の前の生涯で映像や感情として思い出したのはペルー人女性としての

生涯での事でインカ民謡「コンドルは飛んで行く」の曲を私が聴きますと涙が止まらなくなる時がありますが、この生涯での人生はまだ30歳前後の奥様としての時にリマ市近くの山地に石造りの小さな7坪程の家に住んでおり子供が一人ありましたが当時の天候の不順な状態から主食のとうもろこしが不作になり食料が手に入らなくなり餓死の直前に自殺をしてしまった経験を思い出しております。ですから現在でも食料の不足に

対しては私はアレルギーが残っております。これらの過去世の生涯の記憶は現在の私の宇宙の法則の誤用としての戒慎にもなっています。その他にはアフリカの黒人女性であった過去世での時代にジャングルの中にいた時にワニに左足を噛まれて、そのまま死亡してしまった前世の記憶や1000年以上の前には今でいう北ヨーロッパのある領主の生涯の過去世では宮廷のホールで地方の領主として踊り子を踊らせ宴会をしていた

過去世等も記憶の映像として思い出しています。その他の宇宙的な過去世の記憶としてはイタリアのローマのバチカンの河川の隣に居住していた奥様としての生涯や中国での武と言う名前の生涯で中国風の庭園によくいた等の20回以上の前世の記憶を映像と共に思い出しています。一般的には初めて行った場所なのに建物や地形を知っているような場合や今生で初めて会う人なのに何故か親密に感じる人々などは過去世での友人

や知人や親族である場合が多いようです。世界の民族音楽や衣装や食物や各種の民族習慣や動植物などでも自分の過去世を思い出す場合があります。各人の前世の記憶は甘みだけでは無く辛い辛味や涙ぐむ場合もありますがこれらの真実の記憶は今迄の自分の進化の履歴書なので決して無視をされる事のないように、過去世の記憶を見せていただく時は神の面前で話を聞いているように謙虚にしているように決して雑念を入れないよう

にする事、心の希望やエゴが入ってしまう場合がありますので、また自分はクレオパトラとかローマ法王だったとか偉い人ばかり出てくる人はこれはまず真実ではありまん。普通人は農民や奥様や商人であった過去世が多いのが実態です。苦しい過去世ばかり思い出すのなら思い出さないほうが良いと思われる人もおられるかも知れませんが過去世の記憶の蘇りは貴方が宇宙の意識と心が一体化をした証明になりますし覚醒した

証でもありますし永遠の生命への道を歩く道筋ですので各人にどんな辛辣な過去世の記憶が蘇ったとしても、それは喜ぶべき事なのです。今迄、死んでいた人が蘇ったのですから・・よく催眠術者に自分の過去世を思い出す為に催眠術をかけてもらう人がいますが。これは自分の意思を弱める場合や危険が伴う事がありますので気をつけて下さい。そんな事をしなくても自分の潜在意識(貴方の宇宙の意識)は確実に自分の過去世を

記憶していますので自分で思い出したほうが安全で大きな収穫と意味があるのです。丁度、寝ていた人が目覚めたように生き返ったのですから、そうでなくとも永遠の生命を得る可能性を示さない人は15〜16回の転生で宇宙の法則(人間の転生と宇宙の法則URL http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/10262532.html

により貪欲、利己主義、怒りに生きているので魂が除去されるという法則に抵触している人が多い現代人にどうしても半分、死人の状態から魂の目が目覚めて生き返って頂きたいのです。イエスの言葉「死者に死者を葬らしめよ」の意味は棺を担いでいる人も過去世の記憶が無く半分死んでいると云う意味なのですからどうか多くの方々に魂の目が開かれて過去世の記憶を思い出して頂きたいのです。貴方の魂の命の存続が係っているのですから・・


宇宙哲学HP「永遠の生命」 

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

http://eien3.jugem.jp/


「人間の目的と義務」アセンションと地球の夜明け  過去記事ブログ

http://livingcity.jp/eien333


「イエスキリストのメッセージ」ブログ                
 宇宙人文明,からのメッセージ

http://blog.qlep.com/blog.php/170389/

映像下はイエスキリスト様が2000年前に地球上に滞在された時の肖像画で現在は金星にお住まいのイエス様に写真の掲載の許可を頂きました。

映像上は土星上空の巨大宇宙母船群




   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年5月
9
       

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:178
昨日:940
累計:1,428,677