「永遠の命」世界の夜明け - 2012/02/06

人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書

[PR]



2012年02月06日(Mon)▲ページの先頭へ
今年中に地球のポールシフトが発生する。

 img56e4bb80zik4zj.jpeg



今年中に地球のポールシフトが発生する

◎世界中を襲う大津波、大地震と全建築物倒壊と国土の沈没 
     
  イエスキリストのメッセージ41

地球上の貴方方の各国は今後、発生します地球のポールシフトの為に今後は各国の沿岸地帯を今後に大津波が襲う事と成りますし、その間の期間は地球上は毎日、震度3前後の地震が毎日引き続き襲う事と成ります。その後には大きな大地震が地球上の各地を襲う事となり最終的には地球の北極は北大西洋のイギリスとキューバの中間地点に新しい北極が構築されますし南極はオーストラリアの西南位の位置に新しい南極が構築され

ます。イギリスなど西ヨーロッパの国々の多くの国々は沈没の憂き目に遭い地図上から姿を消す事と成りますし貴方方の国、日本の西日本やオーストラリアの西部の大部分も同様に海中に姿を没します。大切な事は大津波にせよ国土の沈没にせよ多くの方々の尊い人命が掛かっておりますので今後、安全地帯への食料や燃料などを持参の上、命懸けで海抜35m以上の安全な高台や山地等への御避難が欠かせません。これ等の

事は各自が自主的に自己責任で行うべきですし自分の命は自分で守るしかありません。聖書には「世の終わりには海は大波が轟く為に諸国民は逃げ惑う」と記載されていますし。「たちまち星は地に落ち新しい時が来るであろう」と記載されています。この事は今後、発生をします地球上のポールシフトの事を指しています。私達は多くの地球上の人達の人命を惜しむ為に、この様に中尾様のブログやHP等を通じてお知らせを致して

おります。地震や今後起きるであろう10m〜25m高の大津波の大難を避けられて先ほども申しましたように各自の命懸けの実行を御願い致したいと存じます。今後は多くの方々のワープ設備での救助やいわゆる最後の審判が実行されます。何度も言っておりますが爬虫類人や間の子等は処分されますし、多くのエゴの強い方々は宇宙の遠方の流刑星へ強制連行される事となります。地球上における爬虫類人の支配下にある軍は全て

我々の3600惑星にも上る強力な空軍の艦艇や陸軍により殲滅されます。我々に抵抗する軍は一瞬に消し去られる運命にあります。多くの各国の爬虫類人側の軍や爬虫類人や間の子等が一掃され落ち着いてきたらワープされました方々に各種の宇宙的な教育を施した後に地球上に降ろされて地球上に新しい文明の始まりが産声をあげる事となります。それから次の様に新しい文明の段取りが予定されています。まず最初の仕事は

地球各地でポールシフトの後始末として沿岸の破壊された残骸(瓦礫)の整理がありますし又、多くの死体の処理があります。各地には集団的に新しい地球人の住いを構築を致して頂き集団で住んで安全策を採って頂きます。最初の内は多くの惑星からの食料等は給食等が当事者には配達される形を執りますが、何れかは農業、工業等も順次、発達させて行きます。新しい地球文明には通貨制度も無く病気も万病治療器に依りまして

発生しません。多くのDNA2束の方々はこの万病治療器に依りまして本来の人間のDNA12束に回復されます。(注意DNAが12束になると遠隔透視やテレパシー能力が発露する)これ等の事は我々3600箇所にも上ります空軍や陸軍そして賢者連等によって保障されます。ですから今後は宇宙的な学習にも再度、力を各人が注がれて今一度、ワープをされますように頑張って学んで頂きたいと存じます。さて現在、我々48箇所の

銀河系のいわゆる宇宙人文明は爬虫類人や同類人達との戦争は一応一区切りが付いた現状となり爬虫類人や同類人達のゲリラの残党狩りの段階に成っております。我々の多くの尊い人命をも省みず。此処まで宇宙を安全にされて参りました事に対して我々は彼らや多くの関係者に感謝の謝辞を申し上げます。今から思い起こしますれば2年半前は毎日、爬虫類人達の殺人の日々を過ごして失命の憂き目に遭っておりましたが実に

多くの銀河系宇宙人達の命懸けの結束や団結に依りまして今日ここに平和を構築する事が出来ました。今後は爬虫類人等の残党の処理が続く事となりますので御承知置き下さい。さて私達は今後は貴方方、地球の方々の事に本腰を入れる事となりますが現在、地球上のマスコミは殆んどが爬虫類人側の支配下にあります。この記事を読まれた方々は是非、多くの方々に伝えて頂きまして一緒に安全地帯へ御避難下さる様、御願い致します。
        
天主様、マリア様、イエスキリスト様、賢者様 連名メッセージ



「日本沈没の地域の境界線・詳細」

東海西部地方の一帯地域、近畿地方全域、中国、四国地方全域、九州地方全域、沖縄、奄美諸島全域の全ては国土が沈没しますので2012年1月上旬、発生の千葉沖M8,4クラスの大地震を確認され見聞きしたら東日本の安全地帯へ食糧、燃料を手当てされ命懸けで大至急、避難して下さい。自己責任で。(著者注意)



宇宙人、賢者A様メッセージ9

愛知県北部は名古屋市西部、中村区より西側、東海道線JR線路より西側は一宮市等を含む全て沈没、愛知県南部は名古屋JR駅と半田市を結ぶラインより西側は全て沈没後に大津波がその地域を襲う。愛知県と静岡県をまたぐ地域の沈没場所の詳細は、まず糸魚川〜静岡線の断層が切れる時にほぼ同時に愛知県、東南部の安城、蒲郡、豊橋、静岡県の湖西市、浜松市の各海岸よりの地域は一斉に沈没しますので事前の御避難を御願い

します。北陸地方は敦賀市近郊付近より西側が全て沈没します。岐阜県の大垣市付近と敦賀市を一直線で結んだ地域の西側は全て沈没する。岐阜市の長良川の西側の堤防より
西側は津波に襲われる。西日本の小さな島々も全て沈没をする。これ等より東側の東日本の安全地帯へ食糧と燃料を手当てして避難して下さい。一部、関東地方が沈没。伊豆半島、先端の石廊崎周辺、房総半島の野島崎とその周辺地区と九十九里浜の南部地区。



「西ヨーロッパと西オーストラリアの沈没の地域の詳細」

*まず西ヨーロッパの沈没地域。宇宙人、賢者A様メッセージ

スエーデンとフインランド国境線の西側、全て沈没。ポーランドのポズナンの西側40キロ付近より西側は全て沈没。チェコスロバキア、プラハの西側より全て沈没。オーストリアの西半分から西側全て沈没。イタリアはユーゴスラビアの国境を境にして全土沈没。


*西オーストラリアの沈没の地域

オーストラリアの北部バークタウンにある川を境に西側は全て沈没。オーストラリア中央下部のエア湖の東岸より西側の全土沈没。そこから南へ真直ぐ南下ポートピリーより西側の全ての国土、沈没。


○私共は次のように貴方方に提案を致します。

1、明日の食料の維持の為に今から大至急、安全な米、乾麺、カンズメ、水等の主食等の備蓄をして下さい。

2、明日の防寒対策の為の灯油、薪などの冬季の数ヶ月分の備蓄を御願いします。

3、貴方方の今後の事ですが私達は魂が人間の方々の多くの方々をワープの機器で救助、致します。



◎「ポールシフトにおける世界の危険地帯からの避難」著者記事

*ダムの下流域や原発の40キロm以内地区は安全地帯にはなりませんし地球上の全ての建造物はポールシフトにより全てが崩壊しますので皆様の御自宅が崩壊しますので各人は野外での生活になりますので覚悟を決めてそれに備えて下さい。

*特に賢者A様が予知されましたが千葉沖大地震で被災を受けたのを見聞きしたら下記の方々は一目散で安全地帯へ避難する事。西日本地域、西ヨーロッパ、(英国、スエーデン、ドイツ、イタリア、スペイン、仏、ポルトガル、ノルウエー、スイス、アイルランド、を含む西側全体)西オーストラリア等にお住まいの方々は国土がポールシフトにより沈没しますので事前に安全な外国や他の地域に上記の食糧や燃料を手当てして避難さ

れたい、どちらにしても地球上の沿岸全てを25m前後の大津波が襲いますので世界中の小さな島々や海抜の低いバングラデシュやタイなどは国ごと水没消滅してしまう場合もありますので事前の他国への避難が必要です。特に西日本の方々は国土が沈没しますので岐阜県より西に住まわれる方々は岐阜県の岐阜市付近より東の東日本地区への早期の避難を自己責任で行って下さい。

*北極や南極の極寒地帯(−40℃位)の地上移動に伴う危険地区と対策に付いて。カナダ、米国、キューバ、中米各国、イギリス等新しい北極が通過もしくは近くになる場所は事前の外国への避難が必要になる。勿論オーストラリア、インドネシア、ニューギニア、ボルネオ、ニュージーランド等は新しい南極が近くになる為に寒くて住めない場所になりますので外国への避難が必要です。

*世界各国の港の倉庫の穀物や石油製品(ガソリン、灯油、原油)や雑貨、等の生活物資の倉庫内物品等の内陸部や高台への移動を関係企業の方々へ御願いしますと共に電力各社に世界の約1000機の原発の完全停止と安全管理を求めます。東電原発の二の舞は避けて頂きたい。


 詳細は過去記事で・・当サイトはリンクフリーで転載OKです。



宇宙哲学HP「永遠の生命」 

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

http://eien3.jugem.jp/


聖母マリアのメッセージ ブログ


http://eien333.sublimeblog.net/


映像や地図は上から

 
1、名取市大津波映像。

2、西日本の沈没の境目、境界線。

3、千葉沖震源域

4、西ヨーロッパの沈没の地域と境界線。

5、オーストラリアの沈没の地域と境界線。


   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2012年2月
     
6
     

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:270
昨日:334
累計:1,343,112