「禅と瞑想」



[PR]



2010年11月12日(Fri)
「禅と瞑想」


「禅と瞑想」 著者記事

現代の人間は巨大な欲望の世界に生活していて、それを毎日、追及して生きている。例えば衣、食、住、車、宝石、名誉、社会的地位等々、金が出来れば権力への欲望、そして社会的な名士への限り無き欲望への道を歩んで行きます。釈迦も言われたであろうに「ヒマラヤを黄金と化して二倍にしても人の欲望は満たす事は無い」と貴方や家族が他界する時には有形物は一切が

来世に持ち運べない事を肝に命じるべきである。人間は裸で生まれ裸で他界して行くのである。貴方に立派な親族がいたとしても、たった一人で他界して行きます。愛する伴侶や子供や孫がいても独りで全てを捨てて来世へ旅立ちます。むしろ貴方が貪欲、利己主義に生きた事が貴方の魂の光を曇らせて自身の魂の命を削り短命にさえしています。この事は日々の生活で楽しんで

いる趣味等を捨てなさいと言っている訳では無いのです。それはそれで楽しめば好いのです。まず小欲でいなさい。毎日の生活や仕事中等で自分の心の想念を静かに見つめなさいと・・そうすると自分の心(視覚、聴覚、臭覚、味覚の細胞の意思)が見えるもの聞こえるものに対して反応して欲望の為に騒いでいるのが判るでしょう。あの車が欲しい、あの服やカバンが欲しいな

又、大邸宅が欲しいなと欲望の炎で大騒ぎしています。まず心のエゴの自我のコントロールから始める必要があります。貪欲、利己主義、拝金主義、支配欲等の想念は貴方の魂の寿命を縮じめてしまう毒薬と同様です。釈迦も言われたではありませんか貪欲、怒り、愚痴は三毒であると・・これ等は実は心の意思の反応であって、これ等の思いや想念(欲望)は見えた視覚や聴覚の細胞の反応なのです。その反応は通報者に過ぎないのです。それは真の

貴方ではありません。実は貴方の内部に生命である宇宙の意識(叡智、魂、命、神、潜在意識等)が真実の貴方なのですし、その宇宙の意識が意思を持っていて毎日、貴方の心に話しかけているのです。貴方の心の意思が何時も話し中状態で喜怒哀楽の権化に化していなければ貴方はその宇宙の意識の意思が心に伝わるでしょう。貴方の内部の神の意思でもあるこれ等の印象は

人間の言葉では話しかけて来ません。つまり直感、魂の知覚、警告、閃き、アイデアー。映像、囁き声等によって貴方の心に話しかけて印象付けます。貴方の心が話し中で無ければ、そして静かな池の水面のように波だっていなければ、これ等の各印象が貴方の心に伝わるでしょう。貴方の心を静寂にしなさい。それは貴方の内部に存在する神の意思に他なりません。この事は

真に「人はより良く心を調御された時には得難い拠り所を得る」と云われている事を意味します。人は良き才能を隠しています。それは透視、テレパシー等の超能力です。万人は創造主の子供であるからです。これ等は全ての人に潜在能力として賦与されています。貴方は自分の心を澄んだ清らかな真水のような心にする必要があります。そしてすべての生き物を生かしている

大自然の恵みに感謝する事です。この記事の題名を「禅と瞑想」と致しましたが決して結跏趺坐を毎日して瞑想を強要する訳ではありません。これ等の作業は毎日の普通の生活の中で行って自分の想念の観察を(想念観察URL
3sounenkansatsunohouhou.html target=_blank>http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/
3sounenkansatsunohouhou.html

行った上で心を静寂にして自己の内部の宇宙の意識の意思を知って実行すべきです。その時に貴方はイエスが言われた「私は父と一体である」のです。
神は万人の内部に存在します。心と宇宙の意識の一体化と融合は50%ずつ溶け合わせるべきで心は捨ててはいけません。私は禅を行いなさいとは云いません。真の禅は生活上において心のエゴを見つめ取り除く事にあります。

生活物資は最低限のものがあれば良いのです。小欲でいなさい。瞑想は自分の内部の神(宇宙の意識)の意思を知り行い生活に生かして慈しみと奉仕、感謝、同情の生活を(愛と奉仕のURL)
http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/h/10364872.html
する為のものです。宇宙瞑想は宇宙の全ての銀河系の万物との一体感を計り全ての生命体との一体感やテレパシー通信や生命の海の理解というものが含まれています。(生命の海と万物一体感のURL)http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/k/10495997.html

今この機会に宇宙的な学習をされなければ多くの一般の方々は雪の一粒が地上に落下するように魂の命の消失を向かえるでしょう。以後、転生する事は無くなるでしょう。何故なら自分の前世の記憶の思い出せない、そして心と宇宙の意識の分離があり心のエゴだけで生きているからです。そして永遠の生命を得る可能性を示さない人は15〜16回の転生で魂の消滅が待ってい

ます。此れは宇宙の生命の法則です。(転生の生命の法則URL)
http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/10262532.html
この機会がラストチャンスです。是非、学んで頂きたい。永遠の命への道は細くて狭い道なのです。


映像動画、「宇宙戦争?関連下記のサイトの紹介」

(著者注意、かなり昔の映像のようです現在の地球上の宇宙空間ではこういった事はあまり発生しませんし完全に銀河系の賢者会議の艦船に守られています)
http://vids.myspace.com/index.cfm?
fuseaction=vids.individual&videoid=41023074



各国のリーダーらの悪魔サインでレプティリアンへの忠誠のサイン


http://www.jesus-is-savior.com/False%20Religions/Wicca%20&%20Witchcraft/signs_of_satan.htm


レプティリアン 爬虫類人関係の記事

http://blogclub.livedoor.biz/archives/51648927.html



宇宙哲学HP「永遠の生命」 

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


「覚醒」地球の夜明けと新しい文明ブログ、
・・過去記事専用ブログ

地球と大自然と宇宙を愛して又、人生の目的と義務を探求し、大自然の生き物や広大な大宇宙の法則や原理等、そしてあらゆる生き物達とのコミニケイションを追求して行くものです。また人間として縛るものを離れて自由になる、悩みや迷いなど煩悩の束縛から解き放たれて、自由の境地に到達する事そして悟る事を目的としています。

https://iiiro.jp/blog/eien333/



「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

米国NASAや欧州宇宙機関等の惑星探査衛星の映像による太陽系内惑星に宇宙人達の文明があり証拠となる火星や月面等の宇宙人達の建築物や住宅街、UFO,湖、植物群、ピラミッド、河川等の衛星映像を満載。

http://eien3.jugem.jp/


「聖母マリア、イエスキリスト、賢者のメッセージ」 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログ

聖母マリア、イエスキリスト、賢者の各、師から著者、中尾達也に直接、連絡して頂いたメッセージを当ブログを通じて皆様にお伝えするもので地球史上で初めての内容の記事もあります。彼ら宇宙人文明の金星人達によりますと新約聖書の「最後の審判」が近未来に発生すると言明されています。新しい宇宙的な文明(御国)も近いようですので皆様方がエゴ、貪欲、利己主義、怒り等を取り除かれて心と宇宙の意識を一体化を実現して覚醒と進化されます事を念願しています。
(宗教団体と無関係)

http://eien333.meblog.biz/



映像は
「スクープ火星の人工的ドーム型の建築物」

火星の人工的ドーム型の建築物で米国のマーズ、パスファインダー計画で火星のシド二ア近くへ着陸したソジャーナの映像で最初に写されたドーム型建築物が3個写っている。驚愕の映像で人類がいる証拠だ。」その後にNASAの隠蔽政策の為に、このドーム型の建築物の映像は除去された。画像の操作だ。他の惑星等の真実を知らせる立場にあるNASAが米国民だけでなく全人類を盲目にしているのは犯罪だ。


   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2010年11月
 
12
       

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:726
昨日:556
累計:1,431,415