「エゴ心の撲滅」



[PR]



2007年03月02日(Fri)
「エゴ心の撲滅」
「エゴ心の撲滅」
テーマ:永遠の命 宇宙哲学 アダムスキー
エゴ心のエゴを取り除く道は容易では、ありません。自己の本体に、こびり付いているエゴは丁度、苔やペンキの汚れのように、こびり付いていて、エゴを取り除くのは容易ではありません。除去すれば貴方の本体は鏡のように全ての波動(映像、光、音、想念)を写す事が出来ます。そして貴方の過去からの悪想念や悪習慣という惰性(考え方や行為等)を撃破しなくては、なりません。

エゴ心のエゴの撲滅を譬えるならば、「アルコール中毒者やニコチン中毒者が酒や煙草を止めるようなもの」です。利己主義、貪欲、憎悪、嫉妬、支配欲、物欲、怒り等、又、不和、分裂、非難等の不快な感情や想念を抑え、通り越え、悪魔細胞の意志を柔軟な穏やかな宇宙的な細胞に変化せしめなければ、ならないからです。

アルコール中毒者やニコチン中毒者は舌(喉)や鼻の細胞が中毒になっていますから、不足すると酒や煙草を呻き声を出して要求します。そしてイライラします。中毒になっているので、断酒や禁煙をしなければ病気で体が破壊されますので、これらを止める必要がありますので、断固たる決意と信念を持って沸き起こる細胞の不快の念と戦わなければなりません。

悪魔細胞の意志は習慣(中毒細胞の意志)に支配をされていて容易に折れ合おうとはしません。忘れかかった頃に自己主張をしはじめて、古い習慣的な考えやサガを一方的に押し付けようとしますが、負けては、なりません。それがエゴ細胞の意志なのですから。・・我々はこの様な立場にあるのです。我々は、あまりに誘惑物(金銭、資産、女(男)、酒、大邸宅、宝石、新車、宝石等)が多過ぎて、これらの

多くの欲望に打ち勝つのは容易ではありません。人間の肉体の物欲細胞(目、や耳の細胞の意志も同様)がこれらを過大に欲しがるからです。そして入手が出来ないと不平、不満や怒る訳です。強欲ではなくて、小欲であるべきです。貴方が一時的に誘惑物の大邸宅や宝石や新車等を自分の所有物としたとしても、貴方が他界し肉体を脱ぎ去る時、それらは持ち運べません。ましてや我々は

たかが肉体の寿命は60〜90歳位です。前記の誘惑物を貴方の主人にしては、いけません。何故なら「人間は二人の主人に仕えれない」からです。真の貴方は御自分の内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂)である事を忘れては、いけません。貴方の肉体や四つの感覚器官(目、耳、鼻、舌の細胞の意志が心の意志や指示です)を創り、貴方の過去世を記憶したり又、超能力を表現しているのは

貴方の宇宙の意識に他なりません。ですから貴方の宇宙の意識が一番大切なのです。宇宙には永遠の生命を得る可能性を示さない人は15〜16回の転生で魂が除去されるという、宇宙の生命の法則があります。現在の地球人は、これに当てはまる人々が多いのです。何故なら御自分の過去世を思い出せる人は少ないからですし利己主義と貪欲に生きていて宇宙の意識を理解していないからです。

心と宇宙の意識との一体化(融合)の目安としては直感がよく当たる、又宇宙の意識の印象や指示が理解が出来る、そして自分の過去世の一部を思い出した等が一応の目安となります。とりあえず、これらのレベル迄、到達して欲しいのです。現在の邪悪な文明も、もう先は長くは無いかも知れませんが、最後まで慈悲深く耐え忍ぶ者は助かります。ですから貴方の心中のエゴを取り除き、

貴方の内部の宇宙の意識を神と認めて、その各種の印象に(警告、直感、ささやき声、映像、閃き、衝動、アイデア等)従う癖を付ける事を人間の心は学ばなければなりません。貴方の心が話し中の状態や喜怒哀楽の状態でなければ、それらの各種の印象や指示は、よく聞こえ、見えるものです。そして、それらに信頼と確信を持たねばなりません。

貴方が貴方の内部の宇宙の意識を取るのか、エゴや誘惑物を取るのか、二者選択です。イエスも言われていますように「人間は二人の主人には仕えれない」からです。万人に宇宙の意識が内在しており、貴方が御自分の内部に宿る宇宙の意識を神と認めて、それらの印象や指示に従うのか、又はエゴまみれに、なって貪欲や利己主義や誘惑物と共に滅びるか、どちらかを選び選択する時なのです。

是非、御自分のエゴを取り除き、沸き起こる、心の細胞の不快感や悪習慣と戦ってでも、御自分を純化して永遠の命へ入って進化進級の道を歩んで頂きたいのです。今なら間に合うからです。貴方の魂の命は宇宙の生命の法則によって除去されてからでは、取り返す方法は無いのですから。大宇宙の自然界には創造主(父)の宇宙の生命の法則が厳然と行使されているのですから・・。

是非、貴方の心の想念の思いを慈悲(愛)、奉仕、感謝、信念、同情、誠実、勇気、忍耐、信頼、謙虚等で満たして下さい。何故なら貴方の想念は貴方の全ての言動の大元になるからです。それが貴方を進化進級させるからです。それが想念の働きで作用であるからです。貴方の第二の死(肉体の死)は転生の法則に沿って行われ貴方が過去世の記憶が蘇ったとき、過去世から存続する命を

与えられていることに気ずくでしょう。第二の死は進化した惑星でも行われていますが、意識の移動の理解であるという事です。永遠の命とは御自分の過去世(複数)を思い出し心と宇宙の意識と一体化(融合)をして永遠に転生する事です。宇宙の意識の指示を行うものは誰でも永遠に生きられるのです。前述の事を行えばその時、貴方の本体は見事にエゴが削り取られダイヤモンドのように、あらゆる光を反射して純化しているでしょう。

(過去世を思い出す方法やテレパシーの受信方法はHP「永遠の生命」に記載されていますので、御熟読をして下さい。)皆様方が創造主(父)の似姿と栄光と永遠の命が得られて父の御加護が有ります様に。
HP「永遠の生命」
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
>「月面と火星等に生命と文明がある」ブログ
http://air.ap.teacup.com/nakaotatsuya3/
映像は土星の衛星のタイタンの映像で土星の衛星タイタンに降下した小型探査機カッシーニーの映像で山脈から河川が大河に流れる映像。

writebacks(4)
rge6dCc7 Posted by Carolina さん at 2013/08/16 18:39
Tip top stfuf. I'll expect more now.

fXvNXOJ5Lru Posted by Fearless さん at 2013/08/24 16:09
Your thiinkng matches mine - great minds think alike!

Kd0616CSXk5P Posted by Julie さん at 2013/08/25 06:22
Dag nabbit good stuff you wheirprsnappeps! http://vxkvfo.com [url=http://pffyjpv.com]pffyjpv[/url] [link=http://mhoyjigcoaj.com]mhoyjigcoaj[/link]

bl2v3MJ7P Posted by Abdallah さん at 2013/08/27 20:55
Whoa, things just got a whole lot eaesir.

トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2007年3月
        2

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:343
昨日:952
累計:1,468,206