「人間の進化の方法」



[PR]



2009年06月16日(Tue)
「人間の進化の方法」


宇宙哲学「人間の進化の方法」 著者記事 

人間は如何したら覚醒して進化する事が出来るでようか。一般人の方々は日々のパンを得る為のみに自身のエネルギーの大半を注ぎ込み裕福な生活を手中にして安堵して満足していますが、果たしてそれだけで人間は目覚めて進化が出来るでしょうか。答えはNOです「人間は自分自身が思う通りの者になる」と言う宇宙の法則があり、貴方が一日に想念感情を表した通りの人間

として形成されて行きます。求道的な人はイエスや釈迦のような人間に進化したいと思いますし、また女性であれば聖母マリア様のようになりたいと思ったりします。それで貴方が本当に進化をしたいのなら基本的に自分の自我(エゴ心)の諸々のエゴ(貪欲、利己主義、嫉妬、支配欲、拝金主義、裁き、非難、不和、恐怖等)を自身の心中から想念観察方法によって取り除き
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/3sounenkansatsunohouhou.html
、宇宙的な想念感情(慈しみ、奉仕、感謝、信念、勇気、謙虚、忍耐、誠実、許し、調和等)に切り替えて、これ等の宇宙的な想念感情を自分自身で積極的に思わなければなりませんし、それらの行為を行い実践しなければなりません。この地球上においても宇宙的な想念の実践者は多く輩出されています。宇宙的な前述の想念感情を貴方が思うことは自動的にその人を進化させ

ます。何故なら想念は行動(言動)が伴うからですし、それが想念の働きだからです。さて自身の想念観察と想念コントロールは貴方の内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂、潜在意識等)の印象類や指示(直感、ささやき声、閃き、警告、アイデアー、映像、魂の知覚、衝動、信念等)も貴方の心によく聞こえて見える事を意味します。貴方の本体と言う鏡は自身のエゴの為に

汚れていて綺麗に光や波動(想念波や印象、映像等)を映さなくなっていますし、貴方の喜怒哀楽や激しい感情や短気な気持ちの持続の為に宇宙の意識の指示が聞こえなくなっています。本当に貴方が内奥の魂(神)の声を聴きたいと思うならば自身が心底、反省して前述のエゴ想念を取り除かなければ貴方の進化は望めません。自分の心の中の想念感情に対して寝ずの番をして

見張っていて、そして反省する事。まず進化の第一歩は万物や万人や大自然や家族や生活物資等、そして創造主(父)に感謝の生活をすると良いでしょう。タダの空気が無かったら5分間と生きれませんし水が無かったら数日の命でしかありません。大自然の宇宙の万物は全てが創造主の体現ですし生命の意識の海で繋がっています。・・まず心中を静寂にして心配や気苦労を考

えない事と空しくする事です。そして自分がこれ等の自分の欲望やエゴ等と決別したいなら次の様な考え方があります。貴方が他界する時に自分が来世まで持ち運べるものは何であるかを考える事です。貴方が財産をいくら持っていようが来世まで持って行けるでしょうか、貴方は自分の体でも置いておくのです。来世まで持って行けるのは宇宙的な前世の記憶、信用、才能そし

て自分の宇宙の意識のみです。他界する時はたった一人で転生するのです。立派な家族や愛しい妻や夫がいても辛いかも知れませんが離別があるのです。これは真実で事実です。これ等を貴方が認識して真に悟った時に本当に自分のものは自分の魂、以外に無い事を悟るでしょう。そうすれば自動的に今迄、物質の蓄積や財産やお金にキュウ々としていた自分というものに別れる

事が出来て進化の道を歩く事が初めて可能になります。貴方は自分の進化の為にその事を早く悟るべきです。・・次に大切な進化の道は、まず「人間は二人の主人には仕えれない」ので貴方の財産やお金や家族を主人にしない事です。貴方の心(目、耳、鼻、舌の細胞の意志)の全ての精神と思いを使って貴方の内部の魂である宇宙の意識とその各種の印象や指示の為に働きそし

て心の意思の全てをその為に提供しなさい。御自分の真自我(宇宙の意識、創造主父、潜在意識)を見出す為に、また貴方の心と宇宙の意識を一体化(融合)する為に心の意志を生きたまま、そして心の持てる全てを惜しみなく投げ出して宇宙の意識の為の犠牲にしなさい。そしてそれに対して心を生贄にするのです。つまり心の意志を持たないと言う事です。聖書にも記載され

ていますが、人間の心はライオンのように強く強大ですし宇宙の意識は子羊として譬えられていますし、また人間の心は放蕩息子が天の父の家に帰って行く譬え話で表されています。人間のエゴ心は全くイエス様が言われましたように悪たれ坊主と同様ですので、まず自分の心のエゴを取り除き心の自尊心やプライドを無くし心の主導的な支配権を貴方の内部の宇宙の意識とその

指示類に譲り渡さなければ貴方は今迄と同じ心の領域でしか暮す事が出来ないばかりか自分の過去世の記憶を思い出す事や、いわゆる超能力への道も閉ざされる事に成ります。貴方は心を静寂にして内部の宇宙の意識とその印象類や指示に聞き耳を立てなさい。そしてその指示に心の意志の全てを任せて委ねるのです。自分の心の意志の全て(精神と思い)を尽くして自分の内部

に存在する宇宙の意識(父)の為に犠牲として、それを捧げるのです。よく妊婦さんが自分の好まない食べ物を内部の宇宙の意識からの無言の印象の指示で酸っぱいものを摂取しなさいとの印象が来る事がありますが、これ等の印象を無視して不完全な子供が出来たとしても貴方の神(宇宙の意識)には責任はありません。それは心自体の責任となります。人間の心は宇宙の意識

の召使たる為に創造されたのです。心の意志を持たないようにして何時も内部の各種の印象や指示に聞き耳を立てているように、人間の心は心自身にだけ役立つ為に心が創造されたのではありません。貴方は内部の宇宙の意識の指示を心が行う為に知覚し理解して、それを行い言動するのです。そしてそれを実践するのです。大切なのは実行主義ですから、その時「私は父と一体

である」と言えるでしょう。この事が貴方が実行が出来るようになったら貴方は大自然の全体の宇宙の意識と自分の宇宙の意識を一体化させなさい。宇宙の大自然の生命の海との一体化を行いなさい。夜空の星々と一体化をしても良いでしょう。自分の意識を生命界の全体に広げる事に挑戦して見て下さい。そうすると大自然界の大宇宙の万物(生命界)が創造主の体現で一体である事に気付くでしょう。全てが一体であるのです。


宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

過去記事集「宇宙哲学、人間の目的と義務」ブログ

下記のサイトは生命の科学、テレパシー、宇宙哲学の学習目的の専用ブログで皆様方の覚醒や進化向上と、また心と宇宙の意識(命)との一体化や超能力等を促進させるもので自己の過去世を思い出したり新しい文明への残留者を目指す方々の指針となる啓蒙書です。

http://blog.oricon.co.jp/eien3/

「聖母マリア、イエスキリスト、賢者のメッセージ」 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログ

http://eien333.meblog.biz/

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

米国NASAや欧州宇宙機関等の惑星探査衛星の映像による太陽系内惑星に宇宙人達の文明があり証拠となる火星や月面等の宇宙人達の建築物や住宅街、UFO,湖、植物群、ピラミッド、河川等の衛星映像を満載。
http://eien3.jugem.jp/

映像は「葉巻型宇宙母船」
1957年10月16日、米、ニューメキシコ州のホローマン空軍基地上で撮影された。数万ボルトのイオン化されたフォースフイルドの雲に包まれた葉巻型の宇宙母船の映像だ。
聖書での記述の「雲から声がした」という語句等はこの雲に包まれた宇宙船と地上の会見と会話であったという事実で2000年前のイエスの時代の地球文明の現地人では到底理解が出来ないので聖書で宇宙船の事を雲と表現をされていた。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2009年6月
 
16
       

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:80
昨日:495
累計:1,369,467