2012年問題、世界の終わりと聖書預言の実現



[PR]



2011年06月06日(Mon)
2012年問題、世界の終わりと聖書預言の実現


映像は月面の宇宙人達の住宅街


2012年問題、世界の終わりと聖書預言の実現

2000年前にイエスキリスト様が世界の終わりの時に気をつけるように言われた言葉で「貴方方が放縦や泥酔や世の煩いの為に心が鈍っている内に思いがけない時、その日

が罠のように貴方方を捕らえる事が無いようによく注意していなさい。その時は全面に住む全ての人に臨むからである」この言葉の真の意味とその時期を知っている人々は世界に何%の人が理解しているの

でしょうか。世界の終わりの日の前兆に付いてイエス様は私の名を名乗って多くの者が現れると言われています。過去には多くのエセ宗教団体の教祖が自分がイエスであると

称して来ましたが本物のイエス様は現在、金星にお住まいで聖母マリア様とも金星で暮らされています。つまり聖書にも記載されていますが「私は明けの明星である」と・・これは金星を意味しています。

そして世界の終わりの前兆として「また大地震があり、あちこちに疫病や飢饉が起こり色々、恐ろしい事や天からもの凄い前兆があるであろう」とあります。中国の四川省大

地震やスマトラ大地震と大津波や東日本大地震と大津波、阪神大地震が発生していますし、そしてエイズ、鳥インフルエンザ等の疫病とアフリカ等の慢性的な飢饉が起こっています。フォトンベルトの影響

で太陽活動等にも変異が起きていますし、今後、地球の自転が3日間ストップする時には暗黒日が3日間続くと言われております。この事は金星の賢者様の過去記事にも述べ

られています。それからイエス様は彼らに言われた「民は民に国は国に敵対して立ち上がるであろうと、この事は現在、中東や地中海南部の諸国で発生している。インターネットを悪用したフェイス

ブックやツイッター等による各国の騒乱や内乱を意味しています。リビアやシリア、エジプト等の現状は正に第三次世界大戦に持って行こうとする裏側の爬虫類人達や傀儡政

権の連中の画策を意味しています。次にイエス様が宮の建物の見事な石などで飾られていて建てられているのを話されていた人々に言われた言葉「貴方方はこれ等の物を眺めているのか、その石、一つでも

崩されずに他の石の上に残る事も無くなる日が来るであろう」と言われておられます。そして「その日は地球の全面に住む全ての人に臨むからである」と、この事は全地球規

模で建物や構造物の崩壊を意味しています。これ等の事は今、貴方方が読まれている当ブログの過去記事やHP「永遠の生命」でイエス様やマリア様や金星の賢者様等がメッセージで何度も述べられています

ように地球のポールシフト(極地の移動)に伴う地球の振動で発生する大地震と大津波の発生を意味しています。つまり、その地震や津波で地球上

の全ての構造物や建物の崩壊を述べられたのです。地球上の新しい北極はキューバとイギリスの中間位の位置に固定すると言われています。そして日本は岐阜県大垣市付近より西の西日本は海中に沈没する

と予想されていますし西ヨーロッパは全体が沈没してオーストラリアは西半分が沈没する。米国は北極に近くなり人間が住めなくなる。そして20〜30年後には新しいムー

大陸が隆起して来る、つまりフイリッピン〜ハワイ〜イースター島〜ニュージーランド〜フイリッピンを線で結ぶ広大な新大陸である。新しい大陸が隆起により水蒸気が大量に発生して再び新地球文明は

雲に全体が覆われて太陽からの有害なガンマー線、X線等が地上に届かなくなるので人間の寿命はノアの時代のように300〜600歳位になる。「そして地上では諸国民が悩

み海と大波との轟きにおじ惑い人々は世界に起ころうとする事を思い恐怖と不安で気絶するであろう。諸々の天体が揺り動かされるからである」この事は地球上で発生する沿岸地帯を襲うであろう10m〜

25m高の大津波の発生で諸国民が逃げ惑う事を意味しています。地球上の諸国民が金星にお住まいのイエス様や聖母マリア様や金星の賢者様等の今迄私がブログ等で発表し

て来たメッセージを知らずにいるからです。これ等に対する心の準備や食料の備蓄や事前の避難等の予備知識や心構えが無いからです。是非、多くの方々が海岸地帯から無事に事前に御避難をされまして

食料、米、カンズメ等、一年分位、備蓄をして頂きたいと念願しています。そして車等に食料を積んで頂いて東日本の奥地へ御避難をして頂きたいと思います。その後、悪し

き者(貪欲、利己主義、拝金主義者、支配欲の強い者、犯罪者)等は宇宙の遠方の流刑星へ送られます。又、自己の悪想念や悪い行いを正して心と宇宙の意識の一体化した者や愛(慈悲)と奉仕や自然に

対する感謝等を言動する者は現在もそうですが小型機(UFO)による空中携挙が現在でも行われています。彼らは一定レベルに達した宇宙的な生命の学習や宇宙の法則を学んだ

人々をオーラの色等で選んで小型機に乗船させて上空の宇宙母船で一定期間、教育を受けさせて又、新しい地球上に降ろされて黄金時代の住人となります。

それらが地球上で発生する時に我々の銀河系や他の銀河系の宇宙母船や小型機の大軍団でイエスキリスト様や諸々の聖者の方々(地上での聖者であった方々)と一緒に人の子

(イエス様)が宇宙母船(雲、ホースフイルドに包まれた)に乗って地球上に来られるのを人々は見る事になります。「その時、大いなる力と栄光を持って人の子が雲に乗って来るのを人々は見るであろう」のイエス様の聖書預言が成就します。


宇宙哲学HP「永遠の生命」 

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


「心の浄化と命への道,アセンション」

http://eien333.269g.net/


「大地震の予知と天変地異」

http://eien33.eshizuoka.jp/


「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

http://eien3.jugem.jp/


#8 アレックス・コリアー:アルファ・ドラコ二ス レプティリアン

http://www.youtube.com/watch?v=vtq0VnAR9vM


NASAが隠していたUFO 映像

http://ufo.bijual.com/Entry/52/


「イエスキリストのメッセージブログ」

http://blog.qlep.com/blog.php/170389



詳細は当ブログの過去記事とHP「永遠の生命」で・・(引用は新約聖書、ルカの福音書21章より)


映像は上が月面の宇宙人達の住宅街で下が金星の川と建造物、植物映像 The Horizon提供写真 







「宇宙の意識と永遠の生命」著者過去記事再録

宇宙の意識とは創造主(父)が叡智、力、形で創造をされた、全宇宙の万物(無数の銀河系や太陽系や全生物等)の創造物、全ての生命の基盤でありま

す。宇宙の意識(叡智、命、神、魂)は肉眼には見えない力あるもので叡智であり、宇宙の万物の生命を支えていて、各種の形態物を通じて配分され体現しています。

宇宙の意識とは命そのもので創造物の住人でもあります。宇宙の意識とは宇宙の原子や分子や無機物や細胞等を一箇所に集め凝集させるパワーであり、生命ある万物の中に知覚や意識的な生気を発生させる叡智あるワンパワーで、それらを維持管理して成長させています。

生命ある全ての創造物は丁度、葡萄の木の枝葉のように宇宙の意識という生命の海(全包容的な意識)で繋がっています。聖書では聖霊と言われています。それは全ての生物

の生長を促し永続させている力(動力発生部でエンジン)です。創造主は自分の姿に似せて、人間という創造物を叡智と力で形あるものとして創造されました。それらに創造主(父)が生命の息として人間や全生物に化身したので知覚的な意識体となり、神の精

気が宿って知性的な活動力を持つに至ったのです。これらの宇宙の一大家族としてのワンパワーは全宇宙的な活動力であり、全体的な宇宙の意識の体現です。ですからそれら

に尊敬感を持たねばなりません宇宙家族の一員であるからです。それらは全生物の万物の魂であり宇宙の叡智(父)の父性原理と物質の受容的な母性原理の現われで一体で現われています。これらの原因と結果を同時に見るようにしなければ、なりません。人間

は創造主(父)の息子や娘として無限の進化の可能性を秘めているのです。宇宙の意識は人間の話す言語という言葉を話しませんが、各種の無言の印象や指示や想念や映像と

いう形で人間の心を指導しています。人間の心はこの事を悟り、理解をしなければなりません。何故なら貴方の本体はこの宇宙の意識が真の貴方であるからです。貴方の肉体や心を創造したのは貴方の宇宙の意識(叡智、命、神、魂)であるからです。

宇宙の意識は心を教え導く為に警告、映像、閃き、ささやき声、衝動、アイデアー、直感等の各種の印象や指示で心を指導していますが、人間の音声の言葉では、ありませ

ん。時々、誰かが貴方に小さな声でささやいて話しているように聞こえる時も、ありますが、それは貴方の宇宙の意識が貴方の心に説明をしているのです。それらの指示や指導を拝領して学ぶ事を心は理解すべきです。人間の心は各種のエゴや悪習慣を取り除い

た後に後記のようにイエスが言われた様に宇宙の意識との一体化(融合)をして支配権を宇宙の意識の意志に渡さなければ進化進級には、なりません。宇宙の意識とは大自然

の全ての生物に宿る命のパワーで、とくに人間の宇宙の叡智、神、潜在意識、人体の触覚の感覚等でもありますし、そのワンパワーは大自然の万物や肉体や心をも創造していますし、その感覚は直感的警戒的な知覚状態です。又、人体の宇宙的細胞の記憶分子で

DNAやRNAの知識や印象の働きです。ですから人間の心の意志を宇宙の意識の意志に譲り渡す事の重要性を認識しなければ、なりません。イエスは言われています、一粒

の麦が地に落ちて、死ななければ、それはただの一粒のままである、しかし、もし死んだなら豊かに実を結ぶようになる」。この意味は人間は創造主の宇宙の意識の一粒の麦の種のような者で、何時までも種のままでは成長は無く、そのままですが、しかし貴方

の内奥の宇宙の意識という教師の教え導く、様々な印象類の学習の授業を受けて心は聡明に成長するうちに心は神の意志を言動し行うのが大事だと悟るように、なるもので

す。心は無知蒙昧だから、それが嫌になり、心の意志を捨てて離れようと思うようになるものです。何故なら宇宙の意識は全知者で宇宙の万物の全てであり命の大海であるからです。実際、人間の心の意志を宇宙の意識の意志に譲り渡す時、一粒の麦の種は発芽

して死ぬ事(肉体の死を意味しない)になりますが、その時が真の生まれ変わりで、種は発芽して日々、成長を始めるのです。そして創造主(父)の意志を日々、受け継ぐの

で創造主の息子や娘として、慈悲深く、清廉に礼儀正しく賢哲者として、テレパシー能力や前世の記憶や意識の旅行等の超能力等も発露しだして、永遠の生命に至るに値する立派な真人間に成長して豊かに美しい親切な実を結ぶ事になります。

映像は上が月面の宇宙人達の住宅街で下が金星の川と建造物、植物映像


writebacks(1)
地球大掃除の大地殻変動が切迫した Posted by たつまき さん at 2012/02/27 19:56
地球大掃除の大地殻変動が切迫した
 5月西日本沈没の前兆現象:
 琵琶湖の広域の底がマグマの熱で沸いて泡を吹き上げている
              たつまき
週刊現代2012.2.7
http://gendai.ismedia.jp/articles/print/31725

 2012.1.11の新たなM9.2東日本大地震と、1.15のM9.2西日本連動大地震が創造主らの宇宙ブロックス管理界により阻止されたこととの関連で、マグマが出口を求めており、宇宙情報によれば、富士山大噴火が4月に起きる。また4月には新潟県糸魚川−静岡の糸静構造線が巨大地震と共に断裂して、本州を2分する大地殻変動が起きる。
 さらにM8.5の大阪直下大地震・大津波と同時に、名古屋−敦賀の線以西の沖縄を含めた西日本沈没が5月に起きる。次いでM8.5の東京直下大地震・大津波と同時に、東北・北海道を含めて東日本沈没が6月に起る。
 その前に、米国でシカゴ−FL半島左岸の線の東側=米東部が3月に海中へ沈没する。4月にはイスラエルが沈没する。
 英国ブリテン島の沈没・EU諸国の沈没が、これらに続く。さらに…。
 宇宙情報によれば、これらは創造主らの宇宙ブロックス管理界による地球大掃除の過程である。
 http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/89.html
 http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/90.html


トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2011年6月
     
6
   

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:270
昨日:334
累計:1,343,112