「永遠の命」世界の夜明け/一覧

人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書

[PR]



2008年06月30日(Mon)▲ページの先頭へ
生命の科学「心の意志と神の意志」
生命の科学「心の意志と神の意志」
カテゴリー 生命の科学 ジョージアダムスキー

人間の心は四つの感覚器官の細胞の意志(意見)から成り立っています。それは目(視覚)耳(聴覚)舌(味覚)鼻(臭覚)の各感覚器官の細胞の意志から出来上がっています。心は経験等によって学習を続けながら創造されていきます。それらは見え、聞こえ、味、臭う世界にビデオ映写機で映像や音声等の情報を伝えるものに過ぎませんが、各感覚器官の細胞の意志からなる心の下す結論や裁きは

宇宙の自然の法則とは、異なり一致しません。イエスは「二心では何をしてもだめだ」と言っています。誰もが花を愛していますが目は綺麗な花を見て喜びますが、それが異臭を放っていては臭覚は、これを拒絶します。この事は一感覚器官があるものを好み、他の感覚器官がそれを嫌う場合に二心ある状態を示しています。イエスはあらゆる点で純粋であれと言われています。

各感覚器官を裁きに利用せず奉仕の目的の為に結束させるべきです。これ等は自分の内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の各種の指導や指示(魂の知覚、直感、アイデアー、閃き、衝動、警告、ささやき声、映像等)によって心が従う事によってのみ可能になります。宇宙の意識は好き嫌いがありませんし、あらゆる万物の現われや現象の目的や原因を理解し納得している

のですが心の意志は無知で知る者では、ないからです。心が自身を想念観察で訓練しないで(宇宙哲学HP「永遠の生命」3想念観察の方法 アドレス下記http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/3sounenkansatsunohouhou.html) 又、自分の内部の宇宙の意識の指示類に支配させないのならば心の苦難の状態は過去の状態と同じ事を繰り返すでしょう。自身が幸福でありたいのならば各感覚器官も相互に尊敬し信頼し合うように指導する事が

必要です。貴方の教師としての宇宙の意識の各種の印象類や指示については特にそうです。心は宇宙の意識の指示に従う召使として結束すべきように創造されているのですから。私達は未加工のダイヤモンドの原石の様な者です。各種の悪習慣や利己主義、拝金主義、物質に対する執着、支配欲等、

多くの不純物やデコボコや苔を持っていますが自分の純粋さを見出すまでにはこれ等を削り取らなければなりませんが清雅に清廉に進化しようと思えば多くの苦痛に耐えながら自身を鍛えなければ成りません。エゴを取り除く道は容易ではありませんが、これには忍耐と反省という道を通らねばなりませ
ん。
イエスは「明日の事を思い煩うな」又「鳥は蒔く事も刈ることもしない

のに父は彼らを養っていて下さる」と言われていますが、普通人はどうしても明日のパンを得る事を考えてしまったり金銭の事を習慣的に考え思案してしまう傾向にありますが、これ等を実行しようと思えばこれは全体の宇宙の意識に対する強い信頼が必要になります。何故ならイエスは「命は食べ物に勝り、貴方の体は着物に勝るではないか」と言われているからです。簡単に説明すればたとえ餓死をしても

生命の転生の法則により他界し生まれ変われますという事ですから、だから「明日の事を思い煩うな」と言えるでしょう。これには自己の宇宙の意識に対する盲信とも言える信頼が必要です。人間(動物を含む)の内部には人体を創造し製作する叡智と知識が蔵されていて赤子の出生という事実で毎日、証明されています。人間の心が人体内部に内在する叡智に対して自らを

謙虚にしてプライドを捨てて学ぼうとすべきです。人体内部に存在する宇宙の意識は肉体や心を創造し自己の過去世をも記憶しており魂の命であり生命であり神であるからです。「自分自身を知れ、そうすれば全てがわかるであろう」と言う真理ほど偉大な真理はありません。妊娠している女性の心は自己の体内で胎児の創造が行われている事は知っていますが胎児を成長させて

いる叡智や知識や青写真原図は知ってはいません。この叡智は人間の心を超越したものです。人間の心は人体内で何が進行中なのか知りません。この事は心が自分よりも、もっと偉大な叡智(宇宙の意識)に従属している事が理解、出来ます。もし人間の心がこの偉大な叡智の指導や指示に心の意志を委ねるのなら叡智と等しくなる可能性を持っているのです。妊婦さんは時々、

自分の好まない食物を摂取するように宇宙の意識から印象の指示を受けますが、その食物を摂取しなければ不完全な子供が生まれたりします。そして母子共に苦労の人生を歩みます。自然界の動物達は妊娠中に夫婦間の営みを続ける事はありません。何故なら続ける事によって種を傷つける事になり不完全な子供が生まれたりするからです。もし貴方が宇宙の意識である神の意思

の指導によって学ばないのなら苦しい結果をもたらす貴方、自身の心の意志によって貴方に学ばせる事になります。ですから神には貴方の体験に責任はありません。ですから貴方の内部の宇宙の意識に対する強い信頼と確信を持たなければ、ならないのです。宇宙の意識の意志や指示を行う者は永遠に生きられるのですから。

・・下記のURLで近隣惑星の高貴な宇宙人達の緊急メッセージを掲載中・・
http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/a/10312603.html

宇宙哲学HP「永遠の生命」
人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「地球外生命と文明」他の惑星に宇宙人文明がある 衛星画像ブログ
http://eien3.meblog.biz/

映像は富山県のS氏の撮影されたUFO小型機の写真で5〜6機のUFOが見える
彼の御厚意により掲載させて頂きました。


2008年06月17日(Tue)▲ページの先頭へ
スクープ映像「月面の宇宙人達の建築物群の映像」
スクープ映像「月面の宇宙人達の建築物群の映像

        カテゴリー「月面映像 アポロ映像 衛星画像」

月面の探査衛星画像のクローズアップ映像だが月面に居住している宇宙人達の建築物群が写っているスクープ映像だ。

・・下記のURLで近隣惑星の高貴な宇宙人達の緊急メッセージを掲載中・・
http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/a/10312603.html

宇宙哲学HP「永遠の生命」
人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「地球外生命と文明」他の惑星に宇宙人文明がある 衛星画像ブログ
http://eien3.meblog.biz/



2008年06月02日(Mon)▲ページの先頭へ
生命の科学「宇宙的な人間とエゴ人間」
生命の科学「宇宙的な人間とエゴ人間」

             カテゴリー 生命の科学 ジョージアダムスキー

人間の肉体細胞には宇宙的細胞と異常な細胞があり、それぞれの意思を持っています。宇宙的細胞は万物の基本的なパワー(力)でありますが増殖によって二番目の細胞を生み出しますが、この細胞は元の細胞の子孫であり元の細胞の持つ能力の全てを持っています。それで二種類の人間が現われます。宇宙的な人間と物欲(又はエゴ)人間の二種類の人間です。物欲人間は、

ここから自分の想念を拡張し始め外来細胞を、はびこらして来ます。元の宇宙的細胞は穏やかな潜在的能力を思い出させる宇宙の意識(創造主の意志)の感じを常に思い出させていますが一方、物欲エゴ細胞は攻勢的な態度で自己中心的で威張っていて何事にも立腹します。それで本人の歪んだ想念や外来細胞の意志によって不快な表現をして多くの病気を引き起こしたりします

人間にとって大切な事は現在、自分が発生させている想念感情が、いかに宇宙の原理と異なっているかということで自分の内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の意志と、いかに心の意志が異なっているかを調べることです。想念観察等で自身のエゴを取り除き、何時も自分の宇宙の意識の各種の印象や指示(魂の知覚、直感、ささやき声、警告、閃き、映像、

アイデアー等)に自分の心が聞き耳を立てて注意を払っているかが大切なのです。そして心は各印象の指示に従う召使になるのです。そして、それを実行するのです。それが心が創造された目的であるからです。何故なら心は知る者ではなく過失ばかり犯しており心の意志だけで生きていては進化がないからです。万物や肉体や心を創造したのは宇宙の意識(魂)であります。

忘れてはならないのは各人は宇宙全体の生命体の宇宙の意識の中の単一細胞であり、私達がこの宇宙の意識と一体化すれば宇宙の知識に対して制限はなくなります。それには自身のプライド(自尊心)やエゴを捨て豊かで親切で美しい宇宙の意識の指示に従う必要がありますが人間が自分の足をこれ等の正道に乗せれば本人の肉体細胞は化学的な構成が変化しはじめて不快な

表現が無くなり苦痛や軽い病気等は消滅し始めたりします。何故なら本人は前のように心の意志の代わりに充分な生命力を使用し応用し始めるからですし肉体、全ては新しい生活を始めます。本人は心と言うジャングルから迷い出て人生で初めて宇宙の意識(創造主父)との親密さを感じて知識のドアーは開かれるでしょう。我々、地球人は過去からの習慣や因習に堕した

テープレコーダー型の人間になっていて習慣的細胞を持っていて羨望、恐怖、虚栄心、嫉妬、渇望、猜疑、物質への執着、憎悪等を発生させたりしていて人間を宇宙的な目的と一体化しようとする自身の成長を妨害しています。
それらの外来細胞は癌細胞と異なるものではありませんので繁殖させれば癌細胞と同様で全身を侵してしまうのです。エゴまるけの人やアル中患者や

買い物依存症等が、それらに当たると思います。ですから、これ等の異常な細胞を宇宙的な細胞に変化せしめるには宇宙的な細胞の助けを借りて心が化学的な変化を起こさねばなりません。これは煙草を禁煙するのとよく似ています。ニコチンに侵された細胞は禁煙するのを妨害し煙草を欲求し呻き声を上げるからですが心自体が湧き起こる不快感と立ち向かい不動の信念と決意

とを持って戦わなければ、これを成功させる事は出来ません。貴方が宇宙的に進化向上し心と自己の宇宙の意識との一体化をし真の生まれ変わりをして自己の魂の命を救いたいのであれば貪欲、利己主義、怒り、支配欲、物質への執着、憎悪、嫉妬等のエゴの肉体細胞の意志を取り除き、これ等の細胞の不快の念や呻き声と戦い勝たなければなりません。イエスも言われたでは

ありませんか「貴方の目が罪を犯すなら、それを抜き出して捨てなさい貴方の右の手が罪を犯させるのなら、それを切って捨てなさい」と、これ等は物欲細胞やエゴ細胞の心に付随する悪魔細胞の事を言われたのです。五体の一部分を失ってでも永遠の生命である心と宇宙の意識との一体化の道へ入りなさいと言われたのです。何故なら各人の魂の命の存続を大切なものとして

惜しむからです。私が物欲的(エゴ)な人々に早く悟らせたいと思うのは人間は金銭や資産(生活物資)等を厖大に持ったとしても人間が他界する時には、それらを来世、迄、持ち運べないという事を早く悟ってほしいからです。「人は二人の主人には仕えれない」のです。又、貪欲や利己主義は滅びの道でありますし、貴方の魂の命が転生の宇宙の法則によって消滅してからは

取り返す方法は無いからです。貴方が来世に持っていけるのは才能や宇宙的な記憶や信用等です。貴方が自分の魂の命を取るのか金銭や資産等を選ぶかです。二者選択の時なのです。「神(宇宙の意識)と富(金銭や資産等)とに兼ね仕えることは出来ない」からです。「狭い門から入れ滅びに至る門は大きく、その道は広い、そしてそこから入って行く者が多い、命に至る門は

狭くその道は細い、そしてそれを見出す者は少ない」のです。悪しき想念を捨てて良き宇宙的想念(愛(慈悲)奉仕、感謝、誠実、勇気、信念、謙虚、信頼、調和等)をいつも思うように想念感情を変化せしめるのです。何故なら想念は全ての言動の大元であるからです。すると悪魔が光明の天使に変わるでしょう。

・・下記のURLで近隣惑星の高貴な宇宙人達の緊急メッセージを掲載中・・http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/a/10312603.html

宇宙哲学HP「永遠の生命」
人間の進化向上の為の宇宙的な、生命、哲学の啓蒙書で、過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や宇宙船(UFO)が多数掲載されています、(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


「月面や火星等に生命と文明がある」衛星画像ブログhttp://eien.noblog.net/

映像は*アポロが撮影した月面上のピラミッド(複数)

アポロ15号の指令船が撮った月面の映像でハドリー渓谷に隣接するスコロータ渓谷一帯を撮影した画像で大小のピラミッド状物体が写っている。明らかに人工的物体である。


2008年05月19日(Mon)▲ページの先頭へ
スクープ映像、「金星人の宮殿風の建築物映像」
スクープ映像、「金星人の宮殿風の建築物映像」

金星人の宮殿風の建築物映像「スクープ映像」・・金星人の宮殿風の建築物映像金星の探査衛星画像のクローズアップ映像だが金星人の宮殿風の建築物が写っているスクープ衛星画像だ!

・・下記のURLで近隣惑星の高貴な宇宙人達の緊急メッセージを掲載中・・http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/a/10312603.html
宇宙哲学HP「永遠の生命」

人間の進化向上の為の宇宙的な、生命、哲学の啓蒙書で、過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や宇宙船(UFO)が多数掲載されています、(宗教団体と無関係)
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「他の惑星等に生命と文明がある」衛星画像ブログhttp://nakaotatsuya3.spaces.live.com/


2008年05月07日(Wed)▲ページの先頭へ
宇宙哲学「永遠に生きるには」


宇宙哲学、「永遠に生きるには

よく人間は永遠に転生するので思い煩う事は無い放逸に暮らせばそれで良いと言っている多くの書籍もありますがこれは間違っていて真実ではありません。イエスは言われています「私は誠の葡萄の木、私の父(創造主)は農夫である。私に繋がっている枝で実を結ばない者は、父が全て、これを取り除き実を結ぶ者はもっと豊かに実らせる為に手入れして、これを綺麗になさる

のである」と、この例え話の内容は生命の大海という創造物の全ては葡萄の木や枝のように宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)で繋がっている。そして、私に繋がっている枝で実を結ばない者は父が全て、これを取り除き」とは永遠の生命を得る可能性を示さない者は「15〜16回の転生で魂が消滅させられる」という宇宙の法則を示していて、貪欲、利己主義、怒り、憎悪、

拝金主義、支配欲等に生きる人々やエゴだけで生きている人々が、それに該当します。(現代人は15〜16回目の転生者が多い)勿論、殺すな、盗むな 姦淫するな等、十戒は当然守る事柄に入って来ます。又「実を結ぶ者は、もっと豊かに実らせる為に手入れして、これを綺麗になさるのである」と、この事は自分自身のエゴや貪欲、利己主義、怒り等を反省して心中の想念か

ら取り除き内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の各種の印象の指示(魂の知覚、直感、閃き、警告、ささやき声、映像、衝動等)の意志に心が従える状態に、なった人の事で自身の内部の神の意志が教え導く各種の意志や指示の通りに従える人は豊かに実を実らせる人の事であるのです。何故なら、その各種の印象類の意志は全知者である創造主(父)の意志であるから

です。貴方が行う事は、まず自身の内部の宇宙の意識の指示に聞き耳を立てる事から始まります。貴方が食事をしたいとか、トイレに行きたいとかの印象は無言の指示で心に伝えられますし、人間の言葉ではありません。人間の肉体内に宇宙の叡智が内在しる証拠は色々とありますが。例えば妊婦さんは子宮の内部で人体の創造が行われていますが、顔形や内蔵の形成等を指示

している訳ではありませんが子宮内部で宇宙の意識という至上なる叡智が働いている証拠となります。それでは人間的に進化向上して永遠の生命が得られるように出来る方法があるのかと、まず自身の心中のエゴ想念や自我を取り除く方法は「想念観察方法」があり各人の一日中の想念感情をノートや手帳等に一日の終わりに記入して悪い想念感情(貪欲、利己主義、怒り、嫉妬

支配欲、憎悪等)を右側に記入して宇宙的な想念感情(慈悲、奉仕、感謝、誠実、勇気、正直、信念等)を左側に記入していきます。通常、一般の方は60〜70%位が自己保身や自己維持の想念やエゴ想念が多いのが実情ですが、諦めないで反省をして、これではいけないと思い良き想念感情だけを思うように切り替えて行きますと、やがてエゴは少なくなって行きます(感情

は想念の塊である事を忘れてはいけません)そして愛(慈悲)と奉仕や感謝の生活を実践して行きます。道路の清掃や花を植えたりする事も良いでしょうし生活困窮者を援助しても良いでしょう。大切な事は実行であるからですイエスの言葉「自分の命を愛する者は、それを失い、この世で自分の命を憎む者は、それを保って永遠の命に至るであろう」の意味は自分自身のエゴを

保とうとする者は永遠の生命に至る、全てのチャンスを失うけれども自分のエゴ(貪欲、利己主義、怒り等)を憎む者は自分の魂の命を保って永遠の生命に至るであろう、との意味です。「貴方が全世界を儲けたとしても宇宙の転生の法則により自分の魂を消滅させられて損したら何によって買い戻す事が出来ようか」ですから、まず自分のエゴを取り除く事が永遠に生きる者

には必要なのです。金銭や資産は永遠の生命のパスポートには成りません。それらは一過性のものですし、むしろ、それらを自分の主人にしやすいので充分に気を付けて自分の宇宙の意識を主人にすべきです。何故なら「神と富とに兼ね仕える事は出来ない」からです。見え、聞こえ、味、臭う世界の為に心の意志が大騒ぎしないで、喜怒哀楽や心の想念感情の話中の状態を

止めて静寂な調和の感じを保つ事は、宇宙の意識の意志を知る近道になります。何故なら内奥の小さな声の印象類(指示)等を感受しやすくなるからです。ある時は警告であったり、微かな、ささやき声や閃きの印象(意志)で、あったりするからです。釈迦も言っています「人間は自身をより良く調御
した時、得がたいものを得る」と宇宙の意識の意志(指示)を知る場合に

最初のうちは二人の人間が、それぞれ指示をしているような気持がします。心の指示と宇宙の意識の指示です。それで、どちらの指示に従ったら良いのか迷ったりしますが、何度も経験を積んでいますと、どちらの指示が正しいのかも理解が出来るようになります。人間の心はあれこれ考えたり推理をしたりしますが、これは心の意志です。宇宙の意識の感覚は知覚的で直感的な理解であるのです。

例えば金星人達等は他人や他の生物を見た時に、その相手を自分自身であるかのように意識して認識します、すると色々な情報が得られますが、その時に貴方は自分の宇宙の意識を使用しているのです。宇宙の意識は生命そのものであり生命力の知覚作用でもあるのです。
創造主(父)の愛(慈悲)と奉仕は太古から太陽に象徴されていますが、

太陽は全ての人間や生物に等しく平等に光と熱とエネルギーを与えて慈しんで義務で奉仕をしています。人間も、この様に愛(慈悲)と奉仕を全ての人間や生物に差別無く平等に報酬を求めず義務として与えるべきであり父のような愛と奉仕を実践出来るように進化すべきです。重要な事は心の意思を捨てて宇宙の意識の意志(魂の知覚、衝動、閃き、映像、警告、ささやき声、

直感、アイデアー等)をよく認識して言動する事です。そして心は宇宙の意識の召使になるのです。そうすれば「私の意志ではなく父(創造主)の意志が行われる」のです。心は過失ばかり繰り返したり無知ですので、それが嫌になり宇宙の意識の意志(指示)にいつも聞き耳を立てる状態になり、支配権を譲り渡して従うのが正しく賢明である事が、心自体、理解が出来、悟る

でしょう。その時人は永遠の生命(永遠の転生)の真の進化の途上にあるでしょうし、自分の過去世の記憶も蘇るでしょう

(宇宙哲学HP「永遠の生命」の「8永遠の生命を得るには」と「9過去世の透視と体験談」 http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/9kakosenotousitotaikendan.htmlを参照)

宇宙哲学HP「永遠の生命http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
・・下記のURLで近隣惑星の高貴な宇宙人達の緊急メッセージを掲載中・・http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/a/10312603.html

映像は数万ボルトのイオン化されたフォースフイルドの雲に包まれた葉巻型の宇宙母船の映像で聖書での記述の雲から声がしたという語句等はこの雲に包まれた宇宙船と地上の会見と会話であったという事実で2000年前のイエスの時代の地球文明の現地人では到底理解が出来ないので聖書で宇宙船の事を雲と表現をされていた。





2008年04月23日(Wed)▲ページの先頭へ
映像「火星人の映像なのか?」

映像「火星人の映像なのか?」

 

火星探査車(Spirit)からのスクープ映像
                         カテゴリー 火星映像 火星画像

火星の地表映像に火星人らしき映像物体をNASAが衛星画像で撮影した。米国航空宇宙局NASAが撮った衛星画像(Spirit)の火星の地表写真に人間のかたちに似ている物体らしきものが撮影されている事が発見されて欧米のネット関係者等で論争が起こっている。現在、NASAはコメントをしていない。

この人間型の衛星画像のクローズアップ映像は今のところ人間か或いは銅像類のようなものか、ハッキリとしないが米国NASA(米軍の監理下)は火星の空の色の青色を赤色系に変えたり火星の人面ピラミッドの衛星画像をぼかしたり、映像の偽造や変容等(最初の元の画像URL
http://eien.noblog.net/image/10075450.jpg)をしているので、また、この人間型映像の隠蔽や画像の工作変容をする可能性もある。

宇宙哲学HP「永遠の生命」
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「人間の目的と義務」投稿記事集http://d.hatena.ne.jp/eien3/



2008年04月09日(Wed)▲ページの先頭へ
(1)「アダムスキー氏の金星旅行記」・・抜粋
1)「アダムスキー氏の金星旅行記」・・抜粋              カテゴリー「金星 宇宙人 アダムスキー」

私はその日いつものようにブラザーズ(宇宙の兄弟)に会いましたが今度は直接に宇宙船(UFO)に乗り込みました。船内で会った人々の中で私が特に心を惹かれた12歳ないし14歳位の非常に美しい少女がいました。彼女はまるで私を知っているかのように私の方へ歩み寄って来ましたが、これは彼女が前世で私を知っていたからでした。彼女は前世から強い記憶を持ち運んでいて

私との会話で言葉少なに彼女自身が実は1954年に他界した私の妻のメリーの生まれ変わった姿である事を告げたのです。彼女には英語が困難なようでしたが、優れたテレパシーの力を持っており、私が彼女の言おうとする事を理解しているかどうかをはっきりと知る事が出来るようでした。かなり以前に、彼女が宇宙船で私に会いに連れて来られるかもしれないという

約束がブラザーズからされていたのですが、これはその約束の履行であった
訳です。まだ子供ですが容貌は大部分、私の生前の妻に似ています。私の心中には別に疑惑の影はありませんでしたが、確信したいと思って、かって二人で体験した事柄で私の記憶に強く残っている出来事を彼女が記憶している
かどうかと尋ね始めました。すると彼女は、地球の事や地球上での体験は

忘れたいので、その様な事は質問しないようにと私に頼みました。しかし私はどうしても確信したいと思いましたので、二人が結婚する前に共に楽しみ合ったある出来事について尋ねてみました。すると彼女はそれを覚えていたばかりではなく、それに関連した詳細な事柄を二、三語りました。これは一つの証明になりました。金星では幼少の頃にお互いに物事を教え合うのが

人々の習慣になっているようです。メリーは私達がほとんど知っていない宇宙の法則を沢山学んでいると言う事で、しかもその知識を同じ惑星の年下の子供達に伝えているという事でした。勿論、彼女は現在メリーという名前など持っていませんが、以上の記憶からして、彼女が私の妻であった当時に彼女を知っていた人々は確かにメリーだと言っています。

彼女が私と一緒に暮らしていた頃、宇宙の法則について私達が議論したり、彼女がそれを理解していないと私が思った事などをメリーは思い出しながら微笑するのでした。確かに彼女は私が感じていたよりも、遥かに深い理解力を持っていたのです。そして彼女の現在の生命の進化の為の基礎としてその理解力が役立っているのです。又、彼女はそれまで私が信じていなかった

けれども彼女の現在の生活が立証している物事等を語ってくれました。しかし、だからといって私を小気味よさそうに見ている様子はありません。むしろ彼女の言葉は簡潔で、しかも愛情に満ちていて、それがこんな幼い子供の口から出る事に私は驚いたのでした。(金星では子供の成長が地球よりも早く出生して数年後には地球人の10歳位の体格になると言う事です)

以上の体験はかってブラザーズが私に語ってくれた話の真実性、すなわち人間が死と呼ばれる過程を通過する際に、それは全く一軒の家から他の家へ移住するにすぎないという説明を立証しています。環境に取り巻かれたその新しい家は移住者がかって前世で生きていた当時に自分で準備した基礎と方法如何にかかっています。私はその事を永い間、信じていましたが、それを

証明してもらう必要がありました。それで私はメリーに前世でこちらの山(パロマー山)にいた当時に存在したある状態などについて尋ねてみました。
これも彼女は覚えていましたが、しかし彼女自身の目付きや、また現在の金星での生活を充分に何の束縛もなしに生きるために過去の生活を忘れさせてくれという彼女の願い等のため、私はそれ以上その問題を追及はしません

でしたが、ともかく確信しました。そこで彼女に写真を撮らせてくれと頼みましたら、彼女はこれも拒絶し写真というものは私の想念を彼女の方へ結びつける為の強力なヒモになるし、また私がその写真を誰かに見せるならば、その人の想念をも直接に彼女の方へ向かわせる事になるのだと説明しました私がこれまで何度も力説しましたように彼女も想念の力を説いていました。

この生まれ変わりの問題を語り合っていたあいだに、自殺者、戦死者、事故死した人、殺人による犠牲者などの運命についてメリーに尋ねてみました。すると人間は誰もがあるレッスンを学ぶ為と奉仕する為に生まれて来たのだと前置きしてから彼女は次のように述べました。「人間が何かの理由で進歩を中断された時、本人は元の目的を遂行する為に元のの惑星で生まれねば

なりません。人間は学ぶ必要のあるレッスン又はしなければならない奉仕から決して逃げ出すことは出来ません。恐怖、憎悪、復讐等の想念を持ち運んでいる多数の戦死者の場合は各自が元の惑星に生まれ変わります。すると今度は想念の力の為に本人が前世から持ち越した精神的態度と全く同じ状態のまま生まれて来ます。大抵の場合このような精神状態をもって生まれ出た

理由は本人にも周囲の人々にも理解されません。これは今日地球世界が直面している無数の青少年犯罪者を生み出す原因となる一大要素になると言えます。しかしそのレッスンは問題の青少年と戦死者に死亡を生じせしめた状態に責任のある戦争責任者との両方によって学ばれねばなりません。自殺者に付いてはこれも又、自ら放棄して逃げ出そうとした諸問題を解決する為に

本人は元の惑星で生まれ変わります。当然、今度は環境は異なるでしょう。
時としてこれは本人のためになる事があります。それは丁度ある教師について多くの困難な問題を抱えている子供が別な教師に付く事によって自分のレッスンをもっと容易に理解するようになり、自分の諸問題を容易に解決するようになるのと同じです。

映像は、アダムスキー氏が撮られた写真類で右上、宇宙母船の窓に宇宙人らしい影が見える母船のフォースフイルドの磁気で外形がハッキリ見えない、右下は宇宙母船から離発着するスカウトシップ小型機、左はアダムスキータイプのスカウトシップで主に母船と地上を輸送するタイプ小型機



(2)「アダムスキー氏の金星旅行記」・・抜粋
2)「アダムスキー氏の金星旅行記」・・抜粋             カテゴリー「金星 宇宙人 アダムスキー」

さて、このコンタクト旅行で数年前、私にされていた別な約束が実現しました。私は金星へ案内されて、そこへ着陸したのです。この巨大な輸送機は丁度、地球のヘリコブターのようにゆっくりと垂直に下降しました。やがて地面に接近して、それから頂上の平たい建物の方へ滑空して行ってその中で停止しました。船体の横腹に戸口が開いて、私達は建物の中へ入るのは米国

東部のある空港でアメリカンエアーラインズ社が乗客を降ろしている方法を思い出させました。米国内の他の航空会社はまだこんな設備をしていませんが乗客が風雨にさらさせないようにする為に、やはりこんな設備をする計画を立てている事を私は知っています。金星の空港は着陸する宇宙船(UFO)の為に当然広々とした地域から成り立っています。もっとも地球の空港の

ような滑走路を必要としませんが・。その建物の平たい頂上は小型機(UFO)の着陸に使用されます。私の見るところ、どうも三階目位と思われる所へ一同は宇宙船から降りて、地球のエスカレータに良く似た装置によって地階に到着しました。しかし建物の他の部分が何かに利用されている様子は見えなくする為にこのエスカレータは壁で囲まれていました。

その日は心地よい暖かい日で空気はかぐわしく澄んでいました。到着の前日に雨が降ったということでした。メリーと私はかなり小型の公共輸送機に乗り込みました。これは地球のタクシーの役目をするものです。しかし地球の乗り物と違って、これはそのままでどの方向にも動く事が出来ます。機体の中には一人掛けの座席が一列に並んでいます。各座席は台座の上に

取り付けてあって、その為にどの方向にも回転する事が出来、真っ直ぐに座ったり後方に傾いたり、とにかく最も便利で座り心地のよい姿勢に座席を調節する事が出来ます。機体全体がガラス状のドームで覆われており、周囲を広く見渡せるようになっていますので、このため乗客は風、ゴミ、その他、天候の災いを受ける事はありません。地球人もこの種の材料の作り方を

知りさえしたら地球の各地でうまく利用出来るのにと私は思いました。この乗物は地上わずか数フィートの空間を滑空するのですが、必要ならば50フィート又はそれ以上に上昇するように作られる事もあります。私達はメリーの家へ直行して、そこで彼女は衣服を着替えたりし私は彼女の両親に会うことになっていましたので、私達の乗り物は地面近くを滑空していました。

私達は途中で繁華街の端を通りましたが、ここの大通りは広くて所々に造園工事の施された島々が作ってありました。建物は丁度、地球の都市のように大通りの両側に並んでいます。私が乗っているのと同じような小型機が道路に沿って動いているのが見られます。人々が広い歩道上を歩いていました。そこで私は思いました。我々は何処に生まれようとも生活は全く同じ

ようなものだと、しかし私が気ずいたのは、金星人は歩いていてもゆったりとしている事と、地球上の各都市で、これまで私が見てきた人々の顔よりも彼らの顔にはもっと楽しそうな表情を浮かべている事などです。さてメリーの家に到着すると彼女は運転者に待っていてくれと頼みました。彼女の家は繁華街から程遠からぬ所にありましたが、私の感じでは、その都市の端近く

でもあったようです。それは広々とした美しく造園された地域で囲まれた控えめな家でした。その家は地球でいうならば中流程度のものですが、金星にはそんな階層等有りません。誰にも役割があって、それに対して必要品を分け与えられるだけです。彼らの所有物には美しさがありますが、地球の少数の人によって楽しまれるような無駄な贅沢は見られません。彼女の両親は

きわめて快活な若い夫婦でした。メリーはその一人子です。近所の子供達が戸外で遊んでいてその家の内外で走ったりしていましたが、非常に良くしつけられているようで、おとなしくて他人に対して思いやりが深いようでした。以前にも聞かされていましたように、子供達はよその家にいても、まるで自分の両親の家にいるかのように感じているのです。これは大人の全てが

およそ子供というものを両親が誰であろうと、全て自分の子供とみなして、そのように扱っているからです。これ等の子供達はメリーの友達なのですが、その多くはメリーよりも年下なので、メリーから教えを受けています。一方、メリーは年上の人達から教えられているのです。私達は数分間だけ、ここに留まりましたが、その間メリーは愛らしい簡素な赤と白のプリントの

ドレスから、全体が純白のドレスに着替えました。両方とも簡単な作りで、ひだ飾りは無くすらりとして体にぴったり合っていました。その家から私とメリーは数棟の大きな科学研究建築物の立ち並んでいる構内へ案内されました。ここでもメリーは運転者に待っていてくれと頼みました。その構内の美しく造園された敷地で他の人々が私達の一行に加わりましたが、これは宇宙

船内に一緒にいた人々でした。一行は三つのビルデングを通り抜けましたが、その中で設備について説明がありました。ここの各教室における指導の殆んどは機械によって行われます。私は我々自身の脳の働きを理解出来ないのと同様に、これ等の機械の働きも理解出来ませんでした。そこではコードが差し込まれると解答が出てくるのです。ある教室等は1000人程の

学生を収容しているという事でした。彼らはテレビ型の機械装置で指導を受けています。質問には解答が与えられ、必要ならば詳細な説明も与えられます。これは機械を操作している人によってなされるものか、それとも機械が自動的に解答を与えるのか私には解かりません。あるビルデングの中には太陽系の模型が作られており、それは成長と崩壊とを示していました。又、

スクープ映像は「金星人達の街並とピラミッド風の構造物」金星、探査衛星画像のクローズアップ映像だが中央部には長方形の街並らしき建造物(複数)と手前にピラミッド風の構造物が見える文明が存在する証拠だ。



(3)「アダムスキー氏の金星旅行記」・・抜粋

(3)「アダムスキー氏の金星旅行記」・・抜粋       カテゴリー「金星 宇宙人 アダムスキー」

宇宙の近隣の太陽系に対する我々の太陽系の関係とその関係位置が模型で示
されていましたが宇宙の状態に対する私の概念があまりに乏しい為に、それ
を言葉で説明するのは到底不可能です。この地球と太陽系内の他の惑星群と
の関係に対する理解でさえもあまりに狭すぎるために私がそこで模型によっ
て表現された光景を見たままに説明する事はやはり出来ません。

私達の前途には確かにまだ進まねばならない長い道と多くの学ぶべき事柄が
存在しています。しかし私が知った事で説明が出来る事が一つあります。
それは地球人の太陽系の惑星順位の数え方は逆であるという事です。
つまり地球は太陽から三番目という事になっていますが、現在の発達状態や
知識等からみて実際には最後に位置するのです。何故なら宇宙的な意味に

おいて、一太陽系というものは一番外側の惑星が最低の段階にあり、
中心に近い惑星程進歩の程度が高くなるからです。ところが地球は第三番目に
位置するにもかかわらず、多くの戦争や個人のエゴの発達の為に地球人は
自らの進歩を低いままにしていたのですが、一方、地球を凌駕した惑星群は
地球人が数千年前に達成しているべきはずの業績を打ち立てて戦争やエゴと

いった制限を克服したのです。地球人はこれまで何度も知識を与えられてきて、
それは現在もなお地球に存在しているのですが、もっと実質的な安楽や喜びを
得さしめる優れた知識を得る事に関心がある人がほとんどいないため、
地球人は発達するかわりにかろうじて足踏みをしているのです。
別なビルデングの中で私は人体やその他の物の模型を見ました。これは最も

興味あるものでした。と言うのは細胞と細胞との関係、細胞と細胞から
成っている各器官、血液、一単位としての全身の働き、構造、脳と脳細胞の
関係と働き、脳細胞が人体各部に及ぼす影響などをそれが示しているからです。
ここでも又、私は他の面でこれまで考える事が出来た以上に、はっきりと
想念の力と想念の働きとを知る事が出来ました。そこで、私はテレパシーの

発達の必要性を何度も説いてきましたがここで再び同じ考えを強調したいと
思います。つまり、人間が自分自身の主人公になる事が出来るのは理解力を
伴った想念の応用とオープンマインド(寛容の心)の働きにおいてのみ可能に
なるという事です。金星上での私の滞在は約5時間に過ぎませんでしたが、
その間出来るだけあらゆる物を見ることに務め、目撃した物全てを記憶に

留めようと努力しました。その科学研究ビルデングの見学はあまりに早く
終わってしまいました。一緒に宇宙船まで帰ることになっていた他の人々に
付き添われと私とメリーは待っていた乗り物に入り間もなく再び空港に
帰りました。ここで少し興味ある事柄を述べましょう。ビルのあいだでなしに
別な場所を歩いていた時、私は疲労を感じました。この事を考えていたら、

これは私がメキシコ市へ行った時に感じるのと同じ状態である事に気ずき
ました。それで私がいた場所の金星の大気の圧力はメキシコ市程度の海抜に
見られる気圧に譬えてよいでしょう。場所によって呼吸の困難さが変わると
いう事はありませんでした。メリーの地球上の両親と彼女が特に好きで
あったある姉はメリーが死ぬよりもずっと以前に地球上の生涯を終えて

いました。前世でメリーはこの人々は金星で生きているのだと、よく口癖の
ように言っていましたので自然、私はメリーと語っている間もこの問題に
心が傾いていましたが、別に尋ねはしませんでした。すると宇宙船の中で
メリーはその問題を持ち出して次のように語ったのです。彼女の現在の
金星上の両親は前世の両親ではなく地球の両親は死後金星で生まれ変わって、

現在、住んでおり、彼女の家族の友達であるというのです。しかし、さほど
深い繋がりは無いという事でした。そこでメリーが充分気が付いているのは
両親というものは一人間が新しい肉体をもって生まれる為の入り口として
役立つにすぎないという事実です。この考えは彼女が地球にいた当時、彼女に
とっては全く承服しがたいものでした。何故なら両親と子供との絆を彼女は

極めて深く感じていたからです。また彼女の姉も金星に生まれ変わって
住んでいて地球の両親の生まれ変わりの人々よりも現在はもっと親しく
しているという事です。両親であった人々とはさほど親しくありません。
どうも兄弟、姉妹、兄妹の絆が他の血縁関係よりも、もっと親密に続く
ように思われます。最も二人の人間が右の関係のどれかにあるからといって、

必ずしも次の生涯で同じ惑星に生まれ変わる訳ではありません。地球の
メリーの家族は大家族だったのですが、兄弟姉妹の中で右の姉だけが現在、
金星に住んでいる唯一の人であるという事です。二人の妹は今も地球で生きて
います。私達の宇宙船(UFO)が地球へ帰る時船体の窓から外部を見るようにと
勧められました。宇宙船は電離層の外にあって、空間を動いている大小、

様々な破片が見えました。かなり大きい物もあります。これ等は地球から
打ち上げられて見失われた人工衛星の残骸だという事でした。それらは一般に
想像されているように軌道上を飛んでいるのではなく、まるで部屋の中で
日光を受けて動き回るホコリのようにさまよい動いているようでした。
こんな物もいずれは自然のガス状や極微の粒子に還元して宇宙の法則に

従って再生するのでしょう。私や貴方、方にはまだ多くの疑問が未解決の
まま残っています。私は金星旅行を体験して多くのレッスンを学んだ事を
感謝しています。これから先の宇宙旅行は、まだ約束されていません。
しかし人間が持つことの出来る最大の確信が私に与えられました。
つまり人間が地上の生命を終えて他界する時、神秘的ないわゆる霊界
というものには出くわさないという事実です。(霊界は存在しないの意)

詳細は新アダムスキー全集5、金星、土星探訪記、(旧UFOとアダムスキー)
Gアダムスキー著、中央出版社、又は各地の図書館にアダムスキー氏関係の全
集の蔵書があります。

宇宙哲学HP「永遠の生命」
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「他の惑星等に生命と文明がある」衛星画像ブログhttp://nakaotatsuya3.spaces.live.com/

スクープ映像は「金星人達の集落と住宅群の衛星画像」
金星、探査衛星画像のクローズアップ映像ですが、よく観察して見ると、こ
のクローズアップ画面は金星の山里か、或いは丘陵地で中央上部の色の濃い
場所は林ように見える。矢印の場所は直線で橋のようで、その下部は細い川
のようだ。中央部等に家が点在するのが確認出来る。衛星画像を見慣れた人
には全く良く理解が出来る映像です。


2008年03月31日(Mon)▲ページの先頭へ
「予知、透視等の開発方法」


「予知、透視等の開発方法」 カテゴリー「超能力、テレパシー」


予知、透視、テレパシー等の能力は各人の内部で働く知覚力や警戒的作用の働きであって、一般的に考えられて、いるように神秘的な超感覚力から出てくるものでは、ありません。これ等の能力は人体の触覚による知覚的な警戒作用です。未来の万物の青写真や設計図は電磁気的、又は波動的に描かれておりますので、これ等の設計図は宇宙から得る事は出来ます。

真実の透視の場合は個人的なエゴ(自我)は宇宙の因(生命の海)との無我の関係によって制御されなければ、なりません。つまり心の意志のコントロールが必要です(喜怒哀楽、貪欲、心の話中状態、自己維持等)宇宙や惑星内外で発生するであろう出来事(事件や事故、災害等)を予知又は透視をする場合の知識上の制限は各人のどれだけ太陽系や宇宙空間を広く意識するかと言う各人の意識的な制限の広

さと意識している無視の部分の制限によります。宇宙や各惑星には、あらゆる人間や生物が感情や想念、あるいは電磁波的なものを宇宙空間に攻勢的な運動や衝動や波動としてエネルギーを生み出し、丁度、光のスパークのように宇宙空間を進行しています。これ等の波動は空間を進行しますから宇宙内の波動と何時かは接触するものです。磁気的、電気的な放射線(人間の想念は荷電微粒子である)の、

この幾何学模様が森羅万象の原因であり設計図で未来の出来事なのです。人間は、これ等の波動や放射線を意識的に知覚し利用し理解する事が出来ます。宇宙には無数の生物(人間を含む)の想念感情の活動が行われています。想念波は一定のスピードの「正確の法則」によって宇宙空間の一定の点でお互いに接触するか、あるいは交差する事によって予言が出来るような結果を生み出します。自己の

関心や知覚を宇宙的な広い関心の状態に向ける事によって接触する、これ等の波動を意識的に確認する事によって、後に発生するであろう色々な結果を予言する事が出来るようになります(例えば色々な出来事等)。問題は各人が均整や調和等のとれた心を、いかに維持するかです。歴史上の偉大な偉人達(釈迦、アリストテレス、イエス、プラトン等)は調和や均整のとれた心と宇宙の意識との一体化を維持されておられ

ました。私達が肉体の細胞の働きや目、耳、鼻、舌等の感覚器官の意志(心の事)をコントロール制御して、宇宙の知識の流れに自身の心を解放する時、本物の予知、予言、透視、テレパシー等の全ての能力が自然に各人の内部で発露し発達して来ます。そして、これ等の知覚作用が展開する程、各人が成長した場合、私達は個人的な自己維持や

利己主義や欲望を超えて発達をしているでしょうし、その時の関心時は宇宙的な啓示にあるでしょう。肉体を構成している全ての細胞は、全ての想念感情に対して反応をします。肉体内に当たる触覚要素の想念感情波動は脳へ送られて意識的な知覚や理解に変えられますが、その波動の本当の受信作用は脳ではなく、肉体の神経原形質内

の触覚要素にかかっていて実際は肉体の原子核の生気であり魂なのです。予知、透視、テレパシー、盗聴等の能力が理解出来るのは、宇宙の諸法則が不変であるからで予言はテレパシーによる推論以外の何ものでも、ありません。各種の想念波動は非常な高速(光速より早い)で進行するので、完全な受信は感受と同時ですので

、受信能力者にとって予言がテレパシーだと認められる事はあまり無いのです。個人的な又は家族的な予知を感受が出来ても一般的、又は宇宙的な経路が閉ざされて、おられます方がいますが、それはその人の意識の認識の広さや制限による違いがあるのです。どちらにしても、見え聞こえするものに、

心が右往左往するのでは無く心を静かな池の波立っていない水面のようにして心が話中にならない事と、何時も自分の宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の各種の指示(直感、閃き、映像、ささやき声、警告、衝動、アイデアー等)に聞き耳を心が立てている状態が超能力の開発には必要な事ですし全体の宇宙の意識との一体化が必要です。

「付記」
超能力開発の最良の教科書は「21世紀の超能力開発法」旧「テレパシー」中央アート出版、Gアダムスキー著が、あります。又、近隣の惑星の高貴な宇宙人達から地球人の進化向上の為に伝えられた特別本「生命の科学」と「宇宙哲学」Gアダムスキー著、等も各地の図書館に蔵書があります。御一読を・・


宇宙哲学HP「永遠の生命」

人間の進化向上の為の宇宙的な、生命、哲学の啓蒙書で、過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、神)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、他の惑星等の生命存在の米国NASAの探査衛星写真等や宇宙船 (UFO)が多数掲載されています。宗教団体と無関係。
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログ
http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/

映像は「月の宇宙人達の建築物群の映像」
月面の探査衛星によるクローズアップ映像だが宇宙人達の建築物群が写っている驚愕の衛星画像だ。



2008年03月16日(Sun)▲ページの先頭へ
宇宙哲学「貴方の生命を認識して生きる事」

宇宙哲学「貴方の生命を認識して生きる事

宇宙の意識とは人間や大自然の全ての生物に宿る命のパワーで、宇宙の叡智、全知者、神、生命、潜在意識、人体の触覚の感覚、魂、でもありますし、そのワンパワーは、大自然の万物や心や肉体をも、創造しています。又その感覚は、直感的、警戒的な知覚状態です、又、人体の宇宙的細胞の記憶分子で、DNA(ディオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)の知識や印象の働きです。

貴方の内部に存在する宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)は日々、食べ物の消化、排泄、栄養素の抽出等で貴方の生命活動を維持しておりますし、貴方の心が夜、寝ていても、これ等の生命活動を続けています。貴方の心は夜中にこれ等の行為や作業に気ずかず全く宇宙の意識とは別物として生きています。つまり、貴方の心の意志と宇宙の意識の意志との分離がある訳です。

地球人は永い間、心の意志だけで生きて過失を繰り返して来ました。何故なら見え(目)聞こえ(耳)味、臭う(舌、鼻)の世界だけに従属されて来て、現われている現象や結果だけを見て、物事を裁いて来たからです。例えば毛虫を見ると気持ち悪いと言い、又、それが蝶になると可愛いと言います。そして農作物の葉を食べますと人は売り物にならないと言って怒ります。

しかし虫達が受粉作業の奉仕をしなかったら作物や穀物は実を結ばなくなり人間も動物も死に絶え果てます。虫達が創造された目的と役割を理解しないからです。人間は創造主(父)の息子や娘として創造されたのですから、全被造物の創造された目的を探求し理解する必要があります。それらは大自然の全ての創造物に「至上なる叡智」の現われとして具体的な体現として現わされています。

創造主(父)は宇宙の万物、全てに包容されて化身されています。創造物、全ては創造主の原因なる叡智から現わされた結果であるのです。ですから創造主は全ての万物に現わされていて化身をしているのです。我々、人間は創造主の最高表現として創造されて万物の因果関係を理解する力と生得権を与えられていますし、永遠の生命(永遠の転生)への可能性を秘めています。

人間の転生は約2〜3秒間(瞬時)で宇宙の意識の移動が行われます。通常は人間の胎児や新生児に魂が移行します。あらゆる人種や性別に転生をする可能性がありますが詳細は当ブログ記事「人間の転生と宇宙の法則」や宇宙哲学「永遠の生命」HPで・・

創造主は貴方に生命力(電力)を送り続けて、おられます。それらの知性とエネルギーは貴方の髪の毛から足の指先まで全身に配電されています。それで人間は、それらの生命力と知性の意志を認識して生きる必要があります。それらは貴方のエンジンであり叡智ある教師であるからです。心だけで生きているので進歩が無いのです。貴方の内部の叡智の意志と共に生きないから進歩が無いのです。

例えば食物が食べたいとかトイレに行きたいとか等の印象は貴方に無言の印象として与えられます。これ等の印象は人間の話す言葉ではありません。宇宙の意識は直感、ささやき声、閃き、衝動、警告、アイデアー、映像等で貴方の心に伝えられます。貴方の心は知る者では有りませんし過失ばかり繰り返して来ましたので、これ等の各印象に従い宇宙の意識の召使になる

必要があります。心の意志は強大でライオンのように吠えまくっていましたので、その意志を50%程、小さくして貴方の宇宙の意識の意志である創造主(父)の意志を50%培養して溶け合わせて、その意志に従う必要があります。その時「私がなすのではなく父がなしたまう」事になります。貴方が生物達を見た時、その内部に生命があるいう印象がやって来ます。

例えば貴方が他人を肉眼で見るとします、肉の目は相手の方の顔や服装を見るかも知れませんが、その人の生命までは見る事はしません。つまり外形だけを心は見ていますがその方の命を支えている原因である宇宙の意識までは見ませんが、もし貴方が、その相手の方を自分自身で、あるかのように意識して認識した場合、その方の生命力や履歴や想念感情までも感受して知識として知る事が出来ます。

その事は人間だけではなく、あらゆる生物や被造物に対しても、これと同じ事が出来ます。ですから創造主(父)の被造物、全ての原因を知って現われた結果を同時に知り理解する必要がありますし、それらの創造された目的を探求し理解する事です。大事な事は御自身の生命(命)そのものの動力発生部(エンジンと宇宙の意識の意志・直感や警告等)を認識して

意識して言動する生活が続けられる事が貴方の一生の一大事な事なのです。他の進化されました文明や哲学を持たれる我々の太陽系の宇宙人達は自分の内部の純粋な宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の意志(ささやき声や映像等)に心を委ね召使いになり一体化を実現させ生活や仕事等に生かす事によって進化向上をされて来ました。彼らブラザーズはそれをキリスト意識と言うタイトルで表現しています。

宇宙哲学 HP「永遠の生命」
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/

映像はスクープ映像「第10番目の惑星NOXのボイジャー映像」
ボイジャー1号は冥王星の外側を公転している太陽系の第10番目の惑星NOXを発見して撮影にも成功している。1993年8月2日、ボイジャー1号は10番目の惑星NOXの周回軌道に入って観測していて映像やデータを送り返していた。データによれば地球の2,3倍あり地球のような大気があり生物の存在も指摘をされているがこれ等の情報は現在もNASAによって隠蔽されている。元、NASAの職員による情報である。


2008年03月03日(Mon)▲ページの先頭へ
宇宙哲学「リラックスの効用」


宇宙哲学「リラックスの効用」 [ アダムスキー 宇宙哲学 ]


精神的、肉体的にリラックスする場合の安らぎを得る為の効用に付いては医学、心理学、スポーツ界等で広く認められていますが、実際、普通人の方は自身の肉体や精神をリラックスさせて、その恩恵に与かって、おられる方は少数です。リラックスはボーッとして何も考えたり不活動な状態ではなく又、緊張した状態でも、ありませんし過度に集中する事でもありません。

本当のリラックスは自分の仕事中等に見い出すことが出来ます。自然の法則は目的のある奉仕の行為を求めており、自分の仕事に夢中になっている人は宇宙のエネルギーの流出する開いた経路になっており、自由に流出するエネルギーに対する肉体の摩擦の抵抗を発生させる事を忘れています。ですから自分をその恩恵に対して自動的に開いているのです。

それはイエスの言葉「私の意志ではなく父の意志が行われるのだ」を表わしています。一般の方々は自己が自分自身の思考や意志によって、いつも束縛され制限をされているという事に気付いていません。緊張は全く自身のエゴの状態であり貪欲、利己主義、野心、恐怖、所有欲等の全てが肉体内(細胞等)に緊張した強情な状態を生み出しています。

頑固な人はリラックスを困難な事だと感じるでしようがリラックスは開放する事と無抵抗から成り立っており、仕事や新しい事柄への関心を失わない事です。利己的な儲けや利害ばかりに熱中している方々はそれらの状態を保つ事は出来ません。リラックス(弛緩)は昏睡や不活動ではない、又は心の真空状態や活動の中止ではない。肉体内の各細胞には無尽蔵に放出できる

エネルギーの生気が存在する。この中心の分子が緊張した状態に保たれている為にそれらはエネルギーの生気に対して摩擦や抵抗の働きをしている。だが、これ等の緊張状態が自身の肉体の心によって開放されると各細胞のエネルギーの生気は中心のエネルギーに対して受容的になり透過力の働きにより高振動化するのです

リラックスの状態になると人は無限の意識的エネルギーに対して受容的になり、柔軟になり生命とエネルギーを受け取ります。流入する宇宙のエネルギーに対して無抵抗の状態になっています。平安や調和の中にこそ摩擦や緊張の時よりも、もっと激しいリラックスした活動があるという事を一般人の方々が理解するのは難しいかも知れません。私達の生活に多くのリラックスや

エネルギーと知恵とをもたらすものは自我(エゴ)的な意志を行うのでは無く個人(自我)を非個人的な意志(宇宙の意志)の方へ開放する事です。私達は自己維持や利己主義等の言動や思考の障壁を取り除き無我の自己表現を表わせれば宇宙的なリラックスや生命、エネルギーの理解の大波に浸るようになれるでしょう。
自分の所有するものは一切がないし、他界する時は有形物は持って行けません。人間は愛(慈悲)と奉仕や感謝等を学ぶ為に生かされていて、今生は永遠の生命の中では一瞬のまばたきの間である事を悟る事もリラックスを得る近道に成るでしょう。どちらにしても心中のエゴ(貪欲、利己主義、怒り等)を自己の想念から取り除き、清らかな真水の様な心と宇宙の意識との

一体化が人間の一生の一大事です。宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)とその意志(直感、閃き、衝動、警告、映像、ささやき声、アイデアー等)を日々、貴方の心が認識する生活を送るべきです。

「付記」

我々の太陽系の他の進化した惑星(複数)の素晴らしい文明と
崇高に進化しておられる、気高い愛に満ちた人類の事や、G,ア
ダムスキー著の21世紀/「生命の科学」(他の進化した惑星人から         地球人に対して贈られた生命の知識の特別本)、「超能力開発
法」(旧、テレパシー)、21世紀の「宇宙哲学」等の書籍を、
専門的に又、職業的に詳しく学習されたい方は、全国の図書館に
蔵書として、保管されていますし、中央アート出版社より、新、

アダムスキー氏の全集が出版されていますので、御一読をお勧め
します、特に「第二惑星からの地球訪問者」(旧宇宙からの訪問
者)は、驚愕で圧巻の内容です。
読者の疑問や質問の多くは、Gアダムスキー全集に記載されて、
いますので、是非、一読して下さい。

宇宙哲学「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/

映像はバンデンバーグ氏の自由エネルギーモーターの映像。1952年12月13日午前9時10分頃、パロマガーデンズへ飛来した金星のUFOがアダムスキー氏宛てに投下したネガホルダーに記載されていた金星文字と図形、これは、他の惑星の宇宙船の推進原理を説明したもので、バーグ氏はこの文字と図形から自由エネルギーを使用するモーターを製作し記者会見し発表したのだが、直後に裏の連中に連れ去られて幽閉されてしまった。

40年以上も昔にあらゆる動力の動力源として、このモーターが世界に出ておれば現在のようにCO2で地球の温暖化で苦しむ事も無かろうにと思うと残念です。


2008年02月17日(Sun)▲ページの先頭へ
宇宙哲学「生命の意識の海との一体化」
宇宙哲学「生命の意識の海との一体化」

万人の内部に存在する創造主(父)の似姿である貴方の半身(宇宙の意識、叡智、命、神、魂等)を貴方の心が認めて、それと共に言動する必要があります。聖書には「偽りの神を持つな」と似姿とは宇宙の意識と全く同じ純粋な意識そのものであるからです。他人を惑わしトリコにするような死者の霊魂や霊媒は存在しません。貴方の肉体と心を創造したのは貴方の宇宙の意識

ですので心は両親(宇宙の意識)を探し出し一体化する義務があります。すると人間は生命の意識の海との一体化を感受し、あらゆる生命体と同一性を認識、出来るでしょう。個人的なエゴ心は宇宙の計画の中で自身の占める場所は有りませんが、個人々の宇宙の意識は、その場所を占める権利を有しているのです。一人の宇宙の意識は一滴の水滴のようなものです。

あらゆる生物達は生命として宇宙家族の一員として宇宙の意識を有していて、一滴の水(個人の意識)は万物の生命の意識の海へ同化し一体化します。丁度、一滴の水が海洋の水に吸収されるのと同様です。この事は「自身のエゴを捨てて永遠の生命を得る」とも言われています。例えば大きなハメ絵パズルの様なものの内の一片が個人の宇宙の意識のようなもので、各片は絵、

全体としての感じを持つようになりますが一部分としての固体性は残っています。貴方と同じ生命である宇宙の意識は全ての生物(動植物達や万物等)にも存在しますので、生命の意識の海を知るようになると、それらとも同一化する場合もありますし、勿論、他人とも同一化し意識の生命の海を共有します。例えば貴方の親しい友人がいるとします。それでお互いに身近なので

いつも意識をし合っていますので意識の生命の海を共有するのでお互いの体調や気持を知る事も出来ます。私の体験談を話してみましょう。ある日、私は知り合いの家の現状はどうなっているのだろうと思い心を拡張して自分の宇宙の意識で、その家に行ってみました。すると老女と犬がその家の近くに、いる光景が意識眼に見えて来ました。私の宇宙の意識は上空3〜4mで

生命の意識の海と合流していましたので、老女と犬の宇宙の意識とも同一化をしていましたので、私の気持ちを犬にも伝える事が出来ると確信しました。確かに生命の意識の海を共有していたのです。そして、その光景は心のスクリーンでカラーでピントが合わされたテレビ映像を見ているようでした

又、別の体験談では今から20年位前の夜に自宅の寝床で寝ていますと自分が暗い穴の様な場所にいて外の土間のような映像をキョリョ々、見ている場面を体験したのです。又、そして茶色系のマダラ模様の蛇の映像を見たのです

翌日になり、裏の土間の所へ行くと昨夜、脳裡で見た蛇を発見したのです。私は蛇は嫌いですので見ていると妻が棒で追い払ってくれましたが家の床下に入ってしまったのです。よく考えると何と前夜、私の宇宙の意識と蛇の宇宙の意識と同化して共有状態であったのです。床下に蛇の穴とねぐらがあったようで、それで暗い穴の映像を見ていたようなのです。

以上、体験談を、お伝えましたが御自分の宇宙の意識の全体から自分の嫌いな生物や地上の万物や宇宙の惑星等、全てを排除してはいけません。宇宙全体を含む自然界はあらゆる生命、意識の海(動植物等)で、ハメ絵パズルに成っていて、

何処の一片が欠けても巨大なハメ絵は完成しないからですし、あらゆる生命界が無くては自然界は成り立たないからです。御自分の宇宙の意識から好き嫌いによって一部を取り去ってはダメなのですし万物を意識として認めるのです。以上の事は貴方が外国や月面や火星、金星等を自己の宇宙の意識眼で見てみたいと思い遠隔透視する時に同じ事が出来ます。貴方の心が自分の

宇宙の意識を見出して自然界の一部分になれるのです。貴方の宇宙の意識眼は外国や他の惑星の現状を知る事が出来ます。イエスは言われています「見ずして信じる者は幸いである」と肉眼は遠方は見えませんが意識眼にはそれが出来るのです。遠方の光景を遠隔透視する場合に前頭部の中にある心のスクリーン上に意識によってピントが合わされ映像が見えて来ます。

仏像に前額部分に宝石が付いていますが透視力を現わしています。我々は清らかな水のような澄んだ心と宇宙の意識を合体させ一体化させればイエスや釈迦と同じような超能力をも持てるのです。

宇宙哲学「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログhttp://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/

映像は「土星の衛星タイタンに河川や市街地、防波堤等がある」
2005年1月14日土星の衛星タイタンに降下した小型宇宙探査機ホイへンスの8キロm上空からの映像で左側に巨大な橋状の構造物や前の海岸近くに道路や市街地の地形、又、防波堤等や右側には川がある。映像は欧州宇宙機関。


2008年02月04日(Mon)▲ページの先頭へ
宇宙哲学「万物や万人に感謝」



宇宙哲学「万物や万人に感謝」

まず宇宙の実態について考えてみましょう。旋回する太陽系や銀河系、それらは絶妙なタイミングとあの引力という親和力の法則により、お互いを確かめながら一太陽系や銀河系を維持しております。それらの多くの太陽系、惑星には人類が数多く居住しており、生命の各教室の科目を学びながら進化の

階段を体験を通じて学習しています。人間は何処の惑星に住もうと日々、太陽は輝き四季はあり天から雨や雪が降り、微風が吹き、生物達の命の営みを支えています。どの惑星にも山河や空気や海や陸地があり、人間の衣食住の基本的な営みを創造主(父)が育み支えられておられます。我々人間は

「お金で生きているのです」と言う人もおられますが人間は水、空気、食料、太陽等によって生かされているのです。決してお金だけで生きている訳では有りませんお金は紙に成る時もあります。空気が無かったら4分間位で死にますし水が無かったら数日の命です。太陽の陽光が無かったらどうなるでしょうか・・

私達は有形、無形のもので創造主(父)の被造物(複数)で生かされているのです。ですから大自然の万物や創造主に感謝の生活をするのは創造主(父)の息子や娘として当然の事です。又、世の中の生活や社会、家族をよく見渡しますと色々な職業や才能等が万人に関わってお互いが相互の奉仕を

し合っている事が理解、出来ると思います。農業、漁業、医療、サービス業ライフラインの関係者、教育関係等、色々な業界の人々が相互の奉仕活動を行っているので一個人の社会生活が成り立っているのです。万人は必要なのです、家庭内での家族関係でも同様ですね。家族がお互いに助けあって奉仕をし合っているので生活が成り立っているのですが感謝心を忘れがちに

なります。人間は万物や万人に対する理解力を増すたびに大自然の見事な宮殿に住まわして頂いている事に対して創造主(父)に感謝するようになるでしょう。それら必要物の太陽の陽光や雨、空気は途切れる事無く我々人間に平等に与えられておりますし、陸の恵み、海の恵み(穀物、果実、野菜、魚介類等)も与えられています。それ以上に我々、人間は創造主(父)から命

を与えられています。この事にも感謝する事です。人間を含む被造物、全ては宇宙の一大家族として兄弟として宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の一部分として生命を分配されてます。それで創造主(父)の息子や娘としての人間はかくも見事な宇宙の計画の一部として生かされている事に深く感謝

する様に成るでしょう。家族や社会や会社の職場でも万人や万物に対して感謝心を持って生活をしていれば不和、非難、分裂、憎悪、不信等の悪い想念感情は近ずけなくなります。自然界の全てに感謝です。感謝心という感情は素晴らしい想念ですので、これ等を理解した上で御自身の身に付けて下さい

貴方の人生観が変わります。人間はパンを得る為だけに生きているのでは無く宇宙の法則や原理を学び自身のエゴ(貪欲、利己主義、憎悪等)を取り除き内奥の宇宙の意識の意志(直感、閃き、映像、ささやき声、衝動、警告、アイデアー等)に従う生活を日々行い愛(慈悲)と全体に対する奉仕と感謝

に生きて創造主(父)の息子や娘として立派に成長進化し永遠の生命を得る事が目的ですので、その事をいつも心に留めて生きる事を忘れぬ様に・・「自分で蒔いた種は善、悪、共に自分で刈り取らなければならない」のですから。


宇宙哲学「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログ
http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/



映像は「月面の湖ツイオルコフスキークレータ映像」

アポロの映像で月面の湖でツイオルコフスキークレータで直径が40キロm位でカラー写真では青緑色をしている。


2008年01月21日(Mon)▲ページの先頭へ
「宇宙哲学、人間の転生」
「宇宙哲学、人間の転生」

人間には誰にでも過去世が存在するのに何故90%以上の人達は自分の前世を思い出せないのか、それは心の意志だけで生きていて過去世からの記録係である人間の内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂、潜在意識等)と分離していて心が一体化していないので自分の過去世を思い出せないのです。人間の転生に付いては通常、人間の肉体から宇宙の意識が離れると妊娠中の胎児

や出産直後の新生児に、2〜3秒間で転生しますが、その間に霊界等という場所へは行きません。転生の法則において特殊な場合には主に子供の時に本人との魂との話し合いにより、別人の魂と入れ替わる場合もあります。時々、宇宙の平均化の転生の法則により、他の進化した惑星より地球にも転生され

ずば抜けた魂の持ち主の人が生まれたりしますが天才と言われたり又、IQの高い超能力を使用が出来る人もおられます。この宇宙は広大な学校教育の学年システムに、似ていて石器時代の原始人位のレベルや我々、地球人のレベルや金星や土星文明等のように発達した文明人等

、我々の理解を遥かに超えた文明まで幼稚園から大学までの文明や人間の進化のレベルがあります。人間の進化は全く個人的な、ものですから短期間で土星や金星等の大発達した惑星へ転生される人も、おられますが、人間の進化の基本は、まず自身の心のエゴ(貪欲、利己主義、怒り等)の撲滅をされて、心と自己の宇宙の意識との一体化をする事が進化の基本になります。

心のエゴ(憎悪、支配欲、嫉妬、不和、非難等)を心中から取り除くのは容易では、ありませんが、人間的に進化向上し高度な他の惑星(実際上の天国、複数)へ転生しようと願うならこれ等を自身で実践するしか、仕方ありません。そして各人の心のエゴの意志や指示ではなく、自身の内部から指示される、宇宙の意識の意志(直感、警告、アイデアー、閃き、映像、衝動、

ささやき声等)のままに言動をされる様に、なれば、一応、地球上の小学校は卒業をさせて頂けるものと思われますし、滅びの道である貪欲や利己主義等を取り除かれて愛(慈悲)と奉仕や感謝に生きられますのなら地球上を卒業され金星、土星等(戦争や病気や犯罪は無い実際上の天国)に来世は確実に転生されますし更に永遠の転生である永遠の生命が得られるレベル迄、進化向上する事が出来ます。

この事は貧しかろうと学歴が無かろうと問題ではありません。人間は東洋人や西洋人や黒人や宇宙人にも転生しますし男にも女にも転生をします。他の動物には転生しません、ボデイが合わないから、「人間の知識や理解力に応じた来世が各人に与えられる」という事実がありますし大切な事は「人間は自分自身が思う通りの者になる」という事や

「類は類を呼ぶ」という宇宙の法則があるという事で自身の想念を宇宙的な想念(慈悲、奉仕、感謝、信念、謙虚、誠実、勇気、調和等)で満たして生き生活をして行くという事に尽きると思います。想念の働きは物事を実現させますので立派な人間へと自動的に進化して行くからです。地球上の何処かにはまだ弓矢を持って生活している人々から科学者迄の生命の段階が

ありますが地球上だけにおいても色々の人種や国々を転生されて学びの経験や体験をされて上方への進化の階段を喘ぎながら登っておられますが、自殺や殺人や戦死は宇宙の転生の法則に反しますので落第で不可です(命の大切さを学び直す為に未開発地域や戦場等に転生をして命の大切さを学び直す)

「永遠の生命を得る可能性を示さない人は15〜16回の転生で魂が除去される」という宇宙の法則があります。聖書での「実を結ばない枝は父(創造主)が全て、これを取り除く」はこの法則に言及したものです。ある人は自分のカルマの清算や奉仕をしなければならない人や自分の才能の発見や嫉妬心や非難等の撲滅をしなければならない人や勇気や信仰を得て人生をまっとうする方も、おられます。

いずれにしても愛(慈悲)と奉仕と感謝に生きる事が貴方方の来世への展望へと繋がる事になります。来世は貴方の生き方、次第で決まります。又、宇宙哲学「永遠の生命」HPの「過去世の記憶を得るには」当ブログの過去記事「人間の転生と宇宙の法則」記事等でどうぞ、無知という暗黒の中で滅びないで永遠の転生(永遠の命)の進化の道を歩かれて下さい。万人は創造主(父)の息子や娘であるのですから・・

宇宙哲学「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「月面や火星等に生命や文明がある」衛星画像ブログhttp://eien.noblog.net/

映像は1998年米国のマーズグローバルサーベイヤー火星探査機の映像で火星の南極地方の植物群で森林地帯の写真。火星には水や空気がある証拠だ。


2008年01月07日(Mon)▲ページの先頭へ
宇宙哲学「真の生まれ変わり」
宇宙哲学「真の生まれ変わり」

イエスは言われました「貴方に言っておく誰でも新しく生まれなければ神の国を見る事は出来ない」とこの言葉の意味は宇宙の意識(叡智、命、神、魂)は万物を生じさせた原因で、あるので元の原因の世界に意識的に知覚して帰って行く事であります。つまり貴方の半身である、宇宙の因から生じた魂(宇宙の意識)は全包容的で非個人的な全体の宇宙の意識(生命)で

ありますので宇宙の万物(全生命海)と繋がっていて一体であるので、宇宙の因の状態へ意識的に帰って行く事です。人間は形ある世界の物質の現象の中で、目や耳、鼻、舌等に知覚が出来る世界だけに迷うように成ってしまい、視覚、聴覚、臭覚、味覚の世界の4つの感覚器官の指示(心の指示の事)に従うようになり、宇宙の広大な意識的な生命の世界を理解しなくなり心は

容易に魂(宇宙の意識)の指導を受け入れようと、しなくなったのです。
人間は全体の宇宙の叡智の無限の知覚力に生まれ変わる必要があります。
それは宇宙の広大な因の世界に付いての知覚力を広げてそれらを知る事です
心の意志や指示で生きて生活するのではなく、エゴ(貪欲、利己主義、怒り等)を取り除き心の意志や指示を捨てて、魂、宇宙の意識の意志や指示(直感、閃き、衝動、映像、ささやき声、警告、アイデアー等)で

生きて生活をして、生まれ変わりなさいとイエスは言われて、おられるのです。もっと端的に説明しますと、見え、聞こえ、味、臭う世界に従属されずに自身の魂の触覚の知覚の世界に生まれ変わりなさいという事です。この事は触覚の知覚を広げていくと宇宙の大自然の生命の海の広大な世界と一体に成れるという事です。貴方が自分の信念に従っている時、魂に従っているの

です。心の意識と宇宙の意識を50%ずつ融合させる事を意味します。その時、貴方は真に生まれ変わった事になります。この事は御自分の魂(宇宙の意識)を意識的に知覚して意識する事になります。真の生まれ変わりは肉体の死を意味しません。それは心の意識と宇宙の意識(魂)の一体性を知覚させる時、第二の誕生(真の生まれ変わり)をした事になり、宇宙の因と

一体化する事になり、無限の知覚力を生み出す事になり、宇宙の大自然界を意識的に旅をしたりして、宇宙を知りだす事になります。その時、全ての生命(万物)と一体である事を悟り、見出すでしょう。

私の体験談ですがTV番組で中国の列車の旅、大紀行を見ていて中国の知らない駅の映像を見てこの駅の名前は何なのかと考えていると自分の内部から声でこの駅は「○○駅」です、いう啓示の駅名の声が聞こえる事がありました。それで、なるほどと思っていると、後で同番組の説明で同じ名前の駅名を聞かされて驚く場合があります。一応、無限の知覚力の一例として、お伝えしました。

以下は初心者の方の理解の為に人間の心と宇宙の意識の説明文を宇宙哲学「永遠の生命」から再録させて頂きます。

−用語解説ー
 「心とは」

 人間の普通の心で、いわゆる自我の事で、怒り、憎悪、貪欲、
 嫉妬、物欲、等を起こします。
 よく分析を、しますと、目、耳、鼻、舌、等の細胞の勝手な
 エゴ細胞の意志で、聖書では肉欲と訳されています。
 いわば、俗人の普通のエゴ心の事です。

 「宇宙の意識とは、」

 人間や大自然の全ての生物に宿る命のパワーで、宇宙の叡智、
 全知者、神、生命、潜在意識、人体の触覚の感覚、魂、でも、
 ありますし、そのワンパワーは、大自然の万物や心や肉体をも、
 創造しています。
 又、その感覚は、直感的、警戒的な知覚状態です、又、人体の
 宇宙的細胞の記憶分子で、DNA(ディオキシリボ核酸)とRNA
 (リボ核酸)の知識や印象の働きです。

映像は スクープ月面の宇宙人達の住宅街、映像」月面の探査衛星画像のクローズアップ映像だが、月面に居住している宇宙人達の住宅街が写っている、驚愕の映像だ。

宇宙哲学「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/


2007年12月26日(Wed)▲ページの先頭へ
スクープ映像「金星人達の集落と住宅群の衛星画像」
スクープ映像「金星人達の集落と住宅群の衛星画像

金星、探査衛星画像のクローズアップ映像ですが、よく観察して見ると、このクローズアップ画面は金星の山里か、或いは丘陵地で中央上部の色の濃い場所は林ように見える。矢印の場所は直線で橋のようで、その下部は細い川のようだ。中央部等に家が点在するのが確認出来る。衛星画像を見慣れた人には全く良く理解が出来る映像です。

宇宙哲学「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/


2007年12月17日(Mon)▲ページの先頭へ
宇宙哲学「人間の進化とエゴ心の克服」
宇宙哲学「人間の進化とエゴ心の克服」

人間は創造主(父)の息子や娘ですので創造主の宇宙の法則の応用法を知らねば成りません。この事が人間の存在の目的ですが自由意志をもって、その宇宙の法則の正しい又は誤った応用法を知ることになるでしょう。人間は感覚器官(目、耳、舌、鼻の細胞の意志で心の事)を調和ある状態に統合しながら自己のエゴ心の目、耳、鼻、舌の細胞の意志を訓練しなければ、

いけません。この事はバイオリンの4弦を正しく調弦して、素晴らしい音楽を奏でる事に似ていますが調弦しない人は、何時までも下品な音楽しか、奏でれないでしょう。人間にとって最重要な事は自分が毎日、発生させている想念感情が宇宙の原理と、いかに異なっているかという事を調べる事です。創造主(父)の原理や御意志は高邁さを求められて、おられるのです。

万人の内部に宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)が内在し日々、貴方の心を穏やかな意識の意志として豊かで親切で美しく導いています。貴方の心が喜怒哀楽や恐怖や緊張の状態でなければ、これ等の宇宙の意識の各種の印象や指示(直感、映像、閃き、ささやき声、警告、衝動、アイデアー等)として貴方の心に伝えられるでしょう。これ等の印象類は貴方の先祖や霊界からの

通信では、有りません。これらは貴方自身の内部の宇宙の意識から直接、貴方の心に伝えられ指導されるものです。「人間は自分が思う通りの者になる」という宇宙的な原理がありますので、貴方が、何時までも貪欲、利己主義、怒り、猜疑心、妬み、嘲笑、差別、不信、理解力の欠如、無知、恐怖心、傲慢、不和、非難等の想念感情の世界に従属していれば、何時までたっても

進化向上は望めません。それでも少しでも進化しようと思えば、これ等の想念感情を日々、想念観察して、これでは、いけないな反省をして良き宇宙的な想念感情を自らが持つように心がけねばなりません。貴方が愛(慈悲)奉仕、調和、感謝、許し、同情、理解、勇気、信仰、謙虚、思いやり等の想念感情を持てるようになれば貴方は自動的に進化向上する事になります想念は

あらゆる言動の大元であるからです。それが想念感情の働きで作用であるからです。エゴ心の克服は容易ではありません。習慣的な思考や感情が引き続き顔を出す場合が、あるからです。しかし貴方の本体というダイヤモンドの原石は自身のエゴを取り除くたびに苦痛を伴うかも知れませんが完全にエゴを克服した時、貴方の本体というダイヤモンドはあらゆる光を反射して、

創造主の息子や娘として完全な者に近ずく事が出来るのです。宇宙の叡智、創造的父性原理と物質の受容的母性原理は、あらゆる形態(命ある万物)に体現をしています。それらの生命の息は創造主(父)の「叡智」から、授かっています。ですから生あるものはお互いに関わり合っています。人間に受け継がれた限りない父の遺産を充分に豊かに表現して生きる

事は「生得権」です。他のあらゆる生命体に依存なくしては生きられない事を忘れずに暮らすべきです。ですから万物に尊敬の念を持つべきです。全ての生命ある形態物は自らの「宇宙起源」の表現なのですし全被造物は「原因」である父性母性原理の体現であるのです。原因と結果は同時に現われています。宇宙の意識とは生命(命)そのものであり、それは諸元素を形ある

状態に凝集させる力で、あり又、その形あるものの中に知覚と精気とを引き起こす知性ある力であります。全包容的な宇宙の意識の意識的な知覚は聖書の中で聖霊と述べられている、あの、すざましい力であります。それは創造物の中に力として宿っている住人で不断の活動によって形あるものを成長させ永続させていて、形ある物質的な形ある全てを存在させています。それで

人間のエゴ心(自我)は無知蒙昧で知る者では有りませんの自身の種々の
エゴを取り除いた上で又、心を清らかな真水の様に無色透明にして心と宇宙の意識を50%ずつ一体化させ融合させる必要があるのです。その時、貴方は超能力(予知、透視、テレパシー等)や啓示を知る事になります。何故なら万人は父の栄光と似姿を隠しているからです。

宇宙哲学「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「月面や火星等に生命と文明がある」衛星画像ブログ
http://eien.noblog.net/

スクープ映像「金星人の街の映像とピラミッド風の構造物」
金星、探査衛星画像のクローズアップ映像だが中央部には長方形の街並らしき建造物(複数)と手前にピラミッド風の構造物が見える。金星人が住んでいる証拠だと、思われる。これだけ多くの建造物が発見されたのは初めてです。G,アダムスキー氏の金星旅行記は真実だったのです。世紀の大発見!


2007年12月10日(Mon)▲ページの先頭へ
「スクープ火星の川の探査衛星映像」
「スクープ火星の川の探査衛星映像」

「火星の川、映像」


火星探査衛星画像の川(四箇所)の映像だが、水の流れが確認される映像だ

宇宙哲学「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「月面や火星等に生命と文明がある」衛星画像ブログhttp://eien.noblog.net/


2007年12月03日(Mon)▲ページの先頭へ
宇宙哲学「肉体細胞の通信」
宇宙哲学「肉体細胞の通信」

人体内の細胞は生命活動で各自の場所で集団的に特殊な使命を持って働いています。人間の心が一度、人体の細胞から各種の印象という通信を得る時には自然界や他の惑星等の生命体と通信(テレパシー)をする事が出来ます。人間の心が細胞の知識と接触する時、一個の細胞の送受信局と通信をすることに成りますが、心霊団体や霊媒はこの事を知らずに感受する印象メッセージを高級霊から来るものと思っていますが、これは間違いです。

この事は死者の霊が語っているのでは、ないのです。人体内には心が創造して来た物欲的な細胞群と宇宙的な細胞群の二種類が存在しています。貪欲や憎悪や猜疑心等を起こす、外来細胞があり、それらは習慣的な細胞として働いていて宇宙的に進化をしようとしている個人の進化成長を妨害しています。これ等は心によって創造されて来た外来細胞で癌細胞と同様なものです。

これ等の細胞の悪い意志(サガ)を宇宙的に正しく仕付けようとする時には性行の悪い動物を訓練する様に仕付けなければ容易に折れ合おうとはしませんので丁度、煙草や酒を断つ時のように信念を持って湧き起こる不快の念と戦わねばなりません。それでも宇宙的人間に進化しようと思えば、この事を達成させねばなりません。

これ等の悪魔細胞は他人との不快な感情等を発生させた時に心によって習慣的に培養されて来たもので憎悪や恐怖や嫉妬等を発生させていますが、これ等は癌細胞と同じで最終的に肉体内に広がって増殖してしまうのです。よく狂人の様になった霊媒がいますが、心によって霊的な指導者を求めて心によって創られた物欲的な外来細胞なので間違った情報を伝えます。異常な細胞は過去の誤った経験に基ずいて誤った知識を与えます。

心に付随しない宇宙的な細胞も心によって創造された細胞も両方共に増殖して生きています。これは「生き残りの法則」ですが悪魔細胞(物欲細胞)も仲間の細胞を創造しょうと努力し、いかなる干渉にも腹を立てますが一方、宇宙的な正常な細胞は不快の念を発したり干渉に対して抵抗しません。人間が進化向上をしようと思えば悪魔細胞の権力を奪わねばなりません。

それには自己の宇宙的細胞の助けを借りて悪魔細胞を従順に(想念観察を行い)させなければ、なりません。貴方が進化しようと思えば、この事を自身で実践しなければ他人はやってくれません。肉体細胞の通信は二種類あります。地球上で、よく知られるエゴ細胞(悪魔細胞)から来る貪欲、不和、不信、非難、分裂等の通信と一方、他方は高貴なフイリングを与える宇宙的な細胞からの通信です。

これ等は携帯電話の電波と同様で想念感情や映像として宇宙空間(地上を含む)を飛び交っています。貴方は、これ等のどれかを選ぶ権利を持っています。貴方が進化した惑星人達の様に高貴な映像や想念感情の通信を選び、その様に考え、生きれば、いずれその様な環境に生きる事に成りますが旧態以前の、お決まりの通信(悪い習慣的想念感情)を持ち続ければ、現在の環境に留まる事と成ります。

又、貴方の宇宙的細胞は海外や他の惑星等の情報通信を貴方の心に伝える事が出来ますし貴方の宇宙の意識は太陽系惑星等へ意識の旅行をする事が出来ます。貴方の宇宙の意識は宇宙の生命界の大海の一単位であるからです。心は拡張し広げる事によって、他の場所を見たり遠隔透視したり出来ます。最初は隣の部屋を天井の高さから

見てみる事から始めて徐々に遠方に広げると良いでしょう。心を空間に漂わせる練習をして別の場所を見てみたいと思う興味を持つ事が大切です。貴方がいる遠隔透視している別の場所に貴方は、いる事に成ります。

宇宙哲学「永遠の生命」
人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で人間の心と宇宙の意識との一体化を経て永遠の生命を習得する方法や火星や月面等の生命と文明、存在の衛星映像やUFOが多数満載。宗教団体と無関係。

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ
http://eien3.jugem.jp/

映像は「スクープ月面に湖があった」
月面探査機ルナオービター3号が月面で撮影した月面の湖でツイオルコフスキークレータで水が写っている。月に水があるのだ。


2007年11月26日(Mon)▲ページの先頭へ
スクープ「月面のドーム型、建造物と宇宙船 映像」
「月面のドーム型、建造物と宇宙船 映像」
  月面画像 月面映像


ハワード、メンジャーが月面へ宇宙船 で

観光旅行時の宇宙人達のドーム型建造物とアダムスキー

型の偵察円盤の映像で、この映像はハワードが写した

もので直径、約45m高さ15m位程。

 
宇宙哲学「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「人間の目的と義務」http://d.hatena.ne.jp/eien3/


2007年11月19日(Mon)▲ページの先頭へ
「宇宙哲学、人間の進化」
「宇宙哲学、人間の進化」

人間は何の目的の為に生きているのだろうか、お金を儲けて大邸宅に住んで社会的地位や名誉や資産を得れば、それで良いのだろうか?株式投資や不動産投資等をして金持ちに成れば、それで良いのだろうか?そんな物は永遠の生命へのパスポートに成りません。しかし、たかが人間は60年〜90年の寿命を経た後に貴方の来世は、どうなるのだろうか?

釈迦もイエスも言われているが人間は過去世や来世という、ものもあるのだが貴方は、それらの資産を来世迄、持って行けるのだろうか、貴方の肉体や魂は後、何年生きられるのか、否、貴方は自分の過去世の記憶を思い出しているのかイエスも言われている「死者に死者を葬らしめよ」と、これは棺を担ぐ人も宇宙的な前世の記憶を失っていて半分、死んでいると言う意味です。又「人は二人の主人には仕えれない」と、この事は人間は富と神(宇宙の意識)とに兼ね仕える事が出来ない事を言われています。人間が金銭や資産を主人にしている時、貴方の生命(神)である宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)は、何処におれば良いのでしょうか。人間は長い転生を繰り返して来て、心のエゴ(非難、憎悪、貪欲等)の意志だけで生きて来て貴方の内在する神である宇宙の意識の各種の印象や指示(直感、映像、閃き、アイデアー、警告、ささやき声等)に支配権を渡した時は決して、無かったのです。貴方の内部の宇宙の意識(魂)は貴方の肉体や心(目、耳、鼻、舌)を創造して来たのですし貴方の過去世をも記憶しているのです。人によっては人間は一生限りで肉体が死んでしまえば、それで終わりだという人もいますが、そうでは、ないのです。たまたま、その人が過去世から心だけで生きて来ており自分の前世を知らないから、そう言うだけの事で真実ではありません。

私達、人間は創造主(宇宙の叡智、父)の息子や娘として創造されました。それで人間は父の栄光と似姿を現わす為の無限の進化の可能性が有ります。丁度イエスが病人を癒されたり嵐を静められたりされたように・・  人間の進化の基本は、まず自分のエゴ(貪欲、利己主義、怒り、憎悪等)を取り除いた後に愛(慈悲)奉仕、感謝等を実践して貴方の心と宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)と一体化(心が50%と宇宙の意識が50%で)する事が基本に成ります。

貴方は誰で何処から来たのか、そして何処へ行こうとするのか貴方が過去世に子宮に孕まれた日から今生迄、貴方はどう生きていたのか記憶があり理解が出来ますか?それらは皆、貴方の内部の宇宙の意識(潜在意識)の過去世の記憶に残って記録されているのです。貴方の心が静寂でエゴ(貪欲、怒り、利己主義等)を取り除き宇宙の意識(全知者)の意志にまかせて前世の記憶を脳裡の映像で思い出したいと興味を持てば過去世の記録の書が明らかに成るでしょう。
 現在、私個人は約20回程の自分の過去世の記憶を思い出しています。 私達の目的は永遠に生きて転生し永遠の生命を得て創造主(父)の息子や娘として栄光を現わす過程に、あります。普通人は心の意志(知る者ではない)という領域に住んで自分の半身の宇宙の意識(知る者)の意志や領域を恋焦がれています。心のエゴ(貪欲、憎悪、利己主義、怒り、非難等)を取り除き心を空しくして支配権を宇宙の意識の意志や指示に渡すのです。するとイエスが言われた「私が、なすのでは、なく父が私を通じてなし賜う」事に成るのです。

すると悪魔が光明の天使に生まれ変わり真の生まれ変わりに成るでしょう。それが数千年も前から地球人に与えられた進化の基本です。そして愛(慈悲)と奉仕と感謝に生きるべきです。貴方の内部の宇宙の意識に対する強い信頼と確信が、やがて貴方を永遠の生命に導いて下さるのです。奪い合い敵対し貪欲と利己主義に生きれば、この文明は滅びますし分け与え助け合い「自分がして欲しい事を他人にする」ようになれば、この文明は宇宙的な黄金の創造主への時代へ移行出来ます。

宇宙哲学「永遠の生命」人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で人間の心と宇宙の意識との一体化を経て永遠の生命を習得する方法や火星や月面等の生命と文明、存在の衛星映像やUFOが多数満載。宗教団体と無関係。
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「月面や火星等に生命と文明がある」衛星画像ブログhttp://eien.noblog.net/
映像は「月面裏の宇宙人達の建造物、映像」
「カマボコ型の建物は円形都市にある宇宙母船の格納庫なのか、」月の裏側でアポロが撮影したものだがガッセンデイクレータの内部映像でよく見ると左側にカマボコ型の建造物大小(複数)が見える。宇宙人達の葉巻型宇宙母船の格納庫なのか、道路も数本確認が出来て円形で都市のようだ。月面に宇宙人達が住んでいる証拠だ。右側の円形都市の中央部の構築物はどうもNASAが写真を修正したらしく隠蔽されたようだ。


2007年11月12日(Mon)▲ページの先頭へ
スクープ「火星の街、映像」
「火星の街、映像」
火星探査衛星画像のクローズアップ映像だが火星の近代的な街の映像にしか見えない。宇宙哲学「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「人間の目的と義務」http://d.hatena.ne.jp/eien3/


2007年11月05日(Mon)▲ページの先頭へ
宇宙哲学「人間の進化と想念観察」
宇宙哲学「人間の進化と想念観察」

人間的に各人の想念を宇宙的な高貴な状態にせしめる方法にはGアダムスキー氏が提唱されました想念観察という方法が有ります。普通の方は一日間の想念の内容は利己的な想念や(貪欲、利己主義)や自己維持、又は他人に対する非難、裁き、怒り、恐怖、因習等の習慣的想念が多いのが実情です。

当然、人間の想念は「同類のものを引き寄せる」という宇宙的性質があって

同じような人間や環境を引き付ける原動力に、なっています。「これは人間は自分が思うとおりの者になる」という宇宙的な原理が働くからです。つまり、この原理の悪い面を前述の人達は利用していた訳ですが、一方、宇宙的な良い想念を自ら発生させて生活面や仕事等の奉仕の面で利用する事や進化をして行く事も出来る訳ですが、慈悲、奉仕、感謝、信念、信頼、許し、

誠実、調和、勇気、信仰等を積極的に自分の想念に取り入れる事も出来ます。そうした場合、貴方の周囲には良き人々が集まり良き環境に住まう事に

なって行きます。大切な事は実践ですから自分の身の回りから一つずつ愛(慈悲)と感謝と奉仕を行っていく事です。そうする事によって万人は宇宙の叡智の現われですので家庭内の不和や職場での良くない状態が改善されて

行くのです。例えば家庭等では家族内で感謝や調和の気持ちを持って生活していると知らぬまに相手の方にその想念が伝わって幸せな家庭に成りますし会社の職場等でも同様な事が言えます。「想念観察方法」は自分が一日の内に発生させる想念や感情を一日の終わりにノートや手帳に、左右に分けて

記入して反省していく方法で右側には「宇宙的な想念感情」を記入して行き

左側には「悪い非宇宙的な想念感情」を記入して行きます。そして毎日、反省して良き宇宙的な想念感情に変化せしめて行き、心の悪しき想念感情を無くして高貴な人間に進化向上を、していくのです。するとエゴ心の悪しき想念感情の世界から清廉な賢哲者に変化する事が出来ます。これは他人が貴方に替わって、行ってくれる訳では、ありませんので、一人々が自分自身で成

し遂げなければ人間的進化向上はありません。私達の本体の鏡には心のエゴの為の多くの曇りや苔が付いて鏡が写らなく見えなくなっています。貪欲や怒りはケチャップが鏡に付いたようなものです。利己主義や支配欲はペンキが鏡に付いたようなものです。憎悪や非難、不信、恐怖等は鏡にガムを付けたようなものです。それらは自身の内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂)

の各種の印象の指示や貴方のテレパシー能力や超能力等に蓋をしている様な
もので、貴方の本体の携帯電話を不通にしているようなものです。つまり
貴方の宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)からの伝達を心の鏡に対して不通にしているのです。自分のエゴを保とうとする者の末路は哀れなものです。
数千年も昔からイエスが言われています「自分の命を救おうと思う者は

それを失い、自分の命を失う者は、それを見出すであろう、たとえ人が全世界を儲けても自分の命を損したら何の得になろうか、又、人はどんな代価を払って、その命を買い戻す事が出来ようか」そして「富んでいる者が天国に入るのは難しいものである。また富んでいる者が神の国に入るよりはラクダが針の穴を通る方がもっとやさしい」と、この事は自分のエゴを保とうと

する者は永遠の生命を得る、全てのチャンスを失うけれども、自分のエゴを取り除き心の意志を自分の宇宙の意識の意志に委ねる者は永遠の生命を得るという意味です。又、人が全世界を自分の所有物としたとしてもエゴで暮らしていて、創造主の宇宙の転生の法則(永遠の生命を得る可能性を示さない者は15〜16回の転生で魂が除去される)によって自分の魂が除去された

ら、命を取り戻す事は永久に出来ないのです。又、金持ちや資産家は自分の宇宙の意識より金銭や資産を主人にしているので自分の宇宙の意識という天国(神の国)に入れないのです。その事は「人は二人の主人には仕えれない」からです。一方を尊び、もう一方を、疎んじるからです。貪欲や怒りや利己主義は滅びの道です。愛(慈悲)と奉仕の道は宇宙の叡智(創造主父)の

息子や娘への永遠の生命への道です。現在という時代は人間の魂が誠実かどうかを試練する時代なのです。人間のあれこれ考え推理する精神面は心の領域であり、一方、宇宙の意識は触覚的なもので知覚的なフイリングです。それこそ宇宙の意識です。少しずつでも他人の宇宙の意識と一体化して広げて宇宙の意識の海(葡萄の木の枝葉のように)と繋がって行くと万物と一体感

が持てて進化して行きます。それこそ貴方が求めていた貴方の半身で宇宙の意識です。

宇宙哲学「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログhttp://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/映像は「火星の人工的ドーム建築物」でマーズパスファインダー計画でシドニア近くに着陸したソジャーナの映像で最初に写されたドーム状の建築物が3個写っている。再公開後はこのドーム状の建築物は意図的に消された。隠蔽政策の為だ。   


2007年10月31日(Wed)▲ページの先頭へ
「スクープ月面の宇宙人達の住宅街、映像」
「スクープ月面の宇宙人達の住宅街、映像」

月面の探査衛星画像のクローズアップ映像だが、月面に居住している宇宙人達の住宅街が写っている、驚愕の映像だ。

             「カテゴリー」月面映像、月面画像、惑星映像

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


2007年10月24日(Wed)▲ページの先頭へ
「真の愛(慈悲)とは何か」

「真の愛(慈悲)とは何か」

愛とは、愛という感情は他人を自分の物にしたいと言う、独占的な所有欲や偏愛を愛と言うのだろうか、又、特定の人を所有したいと言う、単なる独占欲を愛と言うのだろうか。そして他人を縛り、我が物にしたいと思う感情は真の愛だろうか。否、真の愛とは尊敬や信頼や理解が真の愛であり、他人を所有したり縛ったりしない、慈悲(慈しむ)を真の愛という。愛は無私で無償で報いを求めない。金品や報酬を求める愛は偽者の愛である。

創造主(父)の創造された自然界の太陽や雨の働きを、よく観察して見ると無私の愛や奉仕を行っている事が理解出来る。例えば空から降ってくる雨は全ての生物に対して平等に差別なく雨を降らしている。春先の雨は、あらゆる生物を、いとおしむ様に包み込む様に時間をかけて、ゆっくり降って来ます。植物も小動物や昆虫達も恵みの雨で命の季節の到来を喜びます。

全ての生物達は、すくすくと育ち始めて生命は躍動を始めます。そして創造の奉仕活動に参加します。これ等は創造主(父)の無限の愛の一例です。実際、雨が降らなかったら砂漠のようになり地上の全ての生物は死に絶える事でしょう。

万人の父である創造主(宇宙の叡智)は全ての生物に対して雨や太陽の働き等を例に挙げてみても公正で平等で、えこひいきを、しなくて無償で、これ等に対して無限の愛と奉仕を与えて、おられます。我々、人間に対しても喉が渇くか水が欲しいかと聞かれるでしょうか、創造主(父)は、これらを前もって宇宙の計画で知っておられて愛と奉仕を義務で行って、おられるのです。

当たり前の行為として無限の愛として行われて、おられるのです。地球人の愛のような偏愛や他人を縛る、又は所有したい等と言う。又、報酬や金品を求める偽りの愛は真の愛では無いのですし創造主(父)の無限の愛と比べた場合に地球人の愛は単なる所有欲であって囲って、おきたい愛であって他人に対する尊厳感の無い偽りの愛ですし大自然の宇宙の法則からかけ離れた、

もので、有るのです。私達は真の愛を尊敬や信頼や理解や慈悲(慈しみ)を愛として理解し実践し又、真の愛は公正で平等で偏る事の無い無私で無償であって報いを求めない事を太陽や雨等の働きの大自然の中の宇宙の法則、から真の愛と奉仕を学ばねば、ならないのです。太陽の熱と光とエネルギーは全ての生物(動植物達)に等しく平等に与えられていて差別というものが、

有りません。貧しい者にも富める者にも善人にも悪人にも等しく与えられて偏る事が有りません。この様な創造主(父)の愛を私達、人間も創造主(父)の息子や娘として見習うべきですし空気に、おいても同様に無償で等しく報いを求める事無く与えられております。空気にしても、これらは企業や国が作った物では有りません。生きとし生けるものに無限の愛として

偏る事が無く創造主(父)の愛と奉仕として全ての生物に与えられているものです。大自然の万物が奉仕し合っている事に、対して感謝をすべきです。
イエスは言われています「天の父(創造主)は悪い者の上にも良い者の上にも太陽を、昇らせ正しい者にも正しくない者にも雨を降らして下さるからである。貴方、方が自分を愛する者を愛したからとて、何の報いがあろうか、

その様な事は取税人でも、するではないか天にいます貴方方の父(創造主)の子(息子や娘)と成る為に天の父が完全で、あられるように貴方方も完全な者に成りなさい」と、これ等の事を金星では「偏愛する事なく万人を平等とする事」と言う生活訓で守られています。(金星は元々、愛と同情が学習の教科ですが)万人は宇宙の叡智の体現で、あるからです。

太古から太陽は創造主(父)の愛と奉仕の象徴であるのです。地球人もこれ等を生活訓として守るべきです。我々は宇宙の法則等を学び実践する為に生かされているのです。尚、現在でもイエス=(オーソン師の肖像画は当ブログの「汝、自分自身を知るには」の貼付写真で御確認を)は金星で生きておられ再臨の時には地球上に、お見えになるのです。御国(新しい宇宙的文明)は近いのです。諦めないでエゴを取り除きながら、ゆっくり、ゆったりと御自分の宇宙の意識と心を一体化されて確実に永遠の生命を得る進化の道を歩かれて下さい。

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログ
http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/
映像は「*アポロ11号が月面で葉巻型宇宙母船と遭遇」
アポロ11号は月面で宇宙人達の葉巻型宇宙母船のアダムスキー型、小型機の離発着を目撃させられていた。又、宇宙人側に監視されていた。


2007年10月11日(Thu)▲ページの先頭へ
「阿弥陀仏(高貴な宇宙人男性、賢者)からのメッセージ」
阿弥陀仏(高貴な宇宙人男性、賢者)からのメッセージ
     (注釈)賢者、師は過去世で阿弥陀仏という名前で知られる高貴なお方です

テーマ:永遠の命 宇宙哲学 アダムスキー

どうしたら心と宇宙の意識が一体化が出来るのか

            **高貴な宇宙人男性(賢者)からのメッセージ**

宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)とは生命体(万物)の魂であり住人でもある。宇宙の意識とは叡智ある実体で、種々の創造物を凝集させるワンパワーで宇宙的な力である。貴方方をも含めた生き物達は全てこの叡智ある力により現象せしめられた。これらは宇宙の「知る者」として永続させられていくもので永遠の創造の愛歌であり、宇宙の

メロデイでもある。これらの力は生きとし生きる者(創造主)から与えられ永遠の生命の宴の響きである。これ等は永久(とわ)の昔から引き続き発現し行われているし永遠に続くものである。宇宙の意識は万物や貴方の肉体や心(目、耳、鼻、舌)をも創造し又、貴方の前世を含む過去からの記録係でもあり、貴方の心を指導している教師でもある。

直感、閃き、ささやき声、警告、アイデアー、映像等で無知な心を無言の印象の指示として教えている。この印象や各種の指示は貴方の内部の神の指示である。別な表現の仕方をすると、一物体をチラリと見る時の警戒的な感覚でもある。それは貴方の体内の触覚の働きでもある。人間は、それに気付さえすれば良いのだ。

人間の心はエゴ(貪欲、利己主義、怒り等)の想念感情が強大なのでこれ等を取り除き、高貴な想念(愛=慈悲、奉仕、感謝、誠実、勇気等)を我が物にした上で、宇宙の意識と一体化(融合)しなければ人間的進化や真の生まれ変わりは望めないのだ。どうしたら一体化が出来るか、人間の心は無知蒙昧なので、それを心自体が悟り、いずれ心の

領域(意志)に住む事が嫌になる。それで心自身をいつも教え導いている宇宙の意識の意志に従い、宇宙の意識の領域に住みたいと思うようになる。そして、それらの宇宙の意識からの印象類や指示類に心が、何時も聞き耳を立てる状態になって来る。そして心自身が宇宙の意識の指示の言われるままに、召使に成るべきだと悟るようになる

そして心自体が自己の宇宙の意識と一心同体に成るのです。すると聖書の放蕩息子の物語のように、人間の心という放蕩息子が父(生命の海)の家に帰った事になり、人間としての目的を果すのです。

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「宇宙人文明の衛星映像とUFO」http://eien3.jugem.jp/

映像は、アダムスキー氏が撮られた写真類で右上、宇宙母船の窓に宇宙人らしい影が見える母船のフォースフイルドの磁気で外形がハッキリ見えない、右下は宇宙母船から離発着するスカウトシップ小型機、左はアダムスキータイプのスカウトシップで主に母船と地上を輸送するタイプ小型機


2007年10月08日(Mon)▲ページの先頭へ
「金星の街並とピラミッド風の構造物」
 「金星の街並とピラミッド風の構造物」

金星、探査衛星画像のクローズアップ映像だが中央部には長方形の街並らしき建造物(複数)と手前にピラミッド風の構造物が見える。

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

他の惑星等に生命と文明がある」衛星画像ブログ
http://nakaotatsuya3.spaces.live.com/ 
             金星映像 惑星画像


2007年10月01日(Mon)▲ページの先頭へ
「心と宇宙の意識の融和」
「心と宇宙の意識の融和」
テーマ:永遠の命 宇宙哲学 アダムスキー

現在ほど十戒を必要としている時は、有りません。世界を見る時、憎悪、不信、爆発的なコントロールされない感情等、貧困、貪欲、利己主義等から発生するテロや戦争等の狂気じみた感情に支配されている事を示しています。

これらは理性や他人に対する尊厳等の欠乏です。創造主(宇宙の叡智、父)の宇宙の法則は「他人からして欲しいと思う事を他人にせよ」であり、数百の戒律が有りますが、たった一戒しか必要としないのです。

「自分を尊敬して、もらいたいように他人を尊敬せよ」です。これが、この文明を救い得る戒律です。この文明が黄金の収穫を得られる、たった一つの宇宙の法則です。文明が生き残ろうとすれば食料と資源の平等な分配が必要なのです。創造主(宇宙の叡智、父)は一つの、コンピューターのようなコードシステムを持っており、肉体内のDNA,RNA等の細胞の構成単位の微小な各分子から成り立っております。各分子は過去と現在の活動の

全記憶を保っています。各細胞の各分子は相互に情報の交換をしており、新しい更新の状態にあります。各細胞の多くの分子は記憶を運んでおり記憶パターンを持っています。これらのコードシステムは宇宙の生命の基礎であります。人体内には無数の細胞からなる分子群のユニットがあり、それらが集結する時、多くの記憶の単位を持っているのです。それらは万人の肉体内の内部の知識の宝物の部屋なので、それを心が認識する必要があるのです。

どうしたら人間の心は自身の宇宙の意識(細胞の意識)に委ねる事が出来るでしょうか、ここが非常に大切ですが人間の細胞を構成している各分子群は意識的な知覚的な実体であり、精神的な実体では、ありません。つまり心のあれこれ考え、推理する精神的なものは宇宙の意識では、なく、それは、

あくまで心であります。人体内の宇宙的な細胞の意志、つまり各細胞の分子群の意識的実体(知覚的な感覚)に関する知識の探求者にならなければ、ならないのです。それらは宇宙の全ての生命体と繋がっており、一体で全包容的であり、通信をする事も出来るからです。万物は宇宙語という印象の言語で語り合っているからです。貴方の愛する人達の体の体調すらも、察知する

事が出来る場合もあります。簡単に説明しますと、貴方が食事がしたいとかトイレに行きたいとかの印象は貴方の肉体内の各種の無言の印象の指示で行われます。それは人間の言葉の言語ではありません。貴方の心が調和であり喜怒哀楽ではない時や静寂になった時に、自身の肉体の細胞の声に耳を傾けた時に細胞の話し声や印象(閃き、アイデーアー、直感、映像、ささやき声、衝動等)というものが解かって来るでしょう。それら全体が貴方の探し

求めていた宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)です。そして生命界全体の宇宙の意識と一体化して、繋がらなければ、ならないのです。そうする事によって多くの知識が得られるのです。真理を学ぼうとする各人は信念を持つ必要があります。信念を持たない人は本当の生命(命)や幸福を知る事は出来ません。宇宙の意識が真の貴方で人間でありますが心では無いのです。

宇宙の意識は心を含む宇宙の万物の創造物の父母(創造の父母性起源)であるのです。自分の意識を全体の意識と融合させるべきですが、この事は自身の自我(エゴ)を生贄に捧げて心がその創造主に対して召使になる必要があります。心は心自身の為に奉仕しては、いけませんし、又、進化しようと思えば少しずつでも自己の魂の宇宙の意識を宇宙の生命界の全体の魂(他人の魂等)の

中に溶け込ませる必要があります
。それは他の生命体(他人等)を自分自身であるかの様に意識し認識する事によって、なされます。他の惑星の兄弟姉妹達は、これらを実践されて進化をされて来たのです。

HP「永遠の生命http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログhttp://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/

*映像は金星のシンボルマーク。

「お知らせ」
ヤフー掲示板の「哲学、思想」の「西洋哲学」で「宇宙哲学を語り合おう」というスレを筆者が立ち上げました。皆様方の「宇宙哲学」「生命の科学」「テレパシー」等や近隣惑星の関連情報や人間の目的や義務等に対する真摯な御意見や御質問を、お待ちしています。御気軽にコメントを下さい。

「参考文献と写真提供」
           「参考文献」
 新約聖書、旧約聖書、新アダムスキー全集、著者Gアダムスキー
 訳、久保田八郎、中央アート出版 元、日本GAPニューズレター著者、久保田八郎(絶版)仏典、ムー、学研、徳間書店、たま出版、文久書林、その他

            「写真類」
 国立天文台、米国高空宇宙局NASA、平安書店空飛ぶ円盤200集
 空飛ぶ円盤と宇宙人200集、中日新聞本社刊、探査機から見た
 惑星、学研、ムー、「火星の謎と巨大彗星メノラ」、ユニバース
 出版社、徳間書店、欧州宇宙機関、その他、


2007年09月16日(Sun)▲ページの先頭へ
「信念と恐怖」
「信念と恐怖」

自然界の現象は陰と陽の性質を持っています。信念は陽であり一方、恐怖は陰の性質を持っています。恐怖と信念は丁度、階段の最下段と最上段のようなもので理解力が増すごとに上へと階段を上がって信念を増します。恐怖とは自分の生活や肉体等の安全と自己維持の不安や不備の状態によって生み出されます。普通人は自己維持を思うが為に生活の手段を世間や外界に物事を

頼っています。そして自分や家族の生活の手段としています。それらを認識する事によって恐怖という不安定の状態を表わしています。恐怖は愛と信頼の欠如ですし自己維持と自己中心の状態です。一方、信念は人間の非個人的な状態を現わしています。恐怖は肉体の死を恐れる事や宇宙の生命の転生の法則の無理解や無知から恐怖が起きます。つまり、衣、食、住の不足で肉体

の死を考え不安になる事です。一方、信念の発達は個人から非個人的な知覚力を拡張し成長する事で、例えば宇宙の転生の法則においては、*人間は肉体の死後、3秒位で人間の胎児や新生児に転生する。*人間は男にも女にも転生する、白人や東洋人や黒人や宇宙人にも転生する。*善業の者は良き場所へ悪業の者は悪しき場所へ生まれ変わる。*永遠の生命を得る可能性を示さない人は15回〜16回の転生で魂が除去される。

(当ブログの「人間の転生と宇宙の法則」記事参照〕等があります。宇宙の惑星は学校教育の各教室に似ていますから、地球上を卒業した者は別の教科を学ぶ為に他の金星や土星等の惑星に転生します。信念はこれらの法則を知る事や自身の内部の真の貴方である宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の永続性を確認する事にあります。それには自分の過去世の記憶を思い

出したり又、自身の内部の宇宙の意識に対する信頼や盲信が必要です。この事は自己を通じて現われている創造主(宇宙の叡智)を信頼する事に成ります。人間の信念の発達は万象の背後にある原因へ成長する事で小さな信念から大きな信念への知識を広めていく事で発達するのです。恐怖は未発達の信念で転生の法則や自己の宇宙の意識に対する知識や生命の宇宙の法則の

理解の不足から起きるものです。人間は宇宙の叡智から結果の世界(この地球上へ)生まれて来ましたが人間の心は宇宙の意識と分離していますし宇宙の因の記憶を失っているので真実の自分を知る為に自身を宇宙の意識と心を一体化させて過去世を思い出したり、宇宙の意識の意志や指示を知り行い再建をする過程にあります。そうする事によって金銭や資産や生活物資を含む

全てのものは借り物であり、来世まで、持ち運べない事を悟るに至り、結果の世界を知り、それらに対する、束縛から離れられる事によって自己維持や利己主義が消えます。貴方が来世へ持ち運べるものは才能や宇宙的な記憶や信用です。信念が確立されるのは、貴方の原因である宇宙の意識を知り、その知識や理解の認識と悟りを得る事によってです。

イルカや象等の動物に芸を、行なわせる調教師は自分の宇宙の意識と動物の宇宙の意識と一体感を持って、繋がっており自分に絶大な信念を持って芸を教えています。私達も犬に芸を教える時に調教師と同じ事を行う場合は自分の意識的な信念を使用している事になります。私達が各人の内部の宇宙の意識の各種の印象や指示(直感、閃き、衝動、映像、警告、アイデアー等)の

指導の力の方へ注意力を向け、心の意志を生贄に捧げるのならば十分に目覚めあらゆる生命体との一体感を持ち相互関係を感じるようになりますが、私達は、この内奥の力や指示に対して個人的なエゴを譲り渡した事は、これまでに決して無かったのです。

ですから人間が自然界の全叡智との全体との一体性に充分、気付き学ぶようになれば、信念は増えて恐怖は少なくなります。信念は自己との全体との一体化の結果で持てるものであって、それはより以上の知識と活動の確実性を学習し包含するように自身の意識的な知覚力を増す事です。信念とは宇宙の意識と悟りによりもたらすものです。信念を生み出す宇宙の因は万人の内奥に宇宙の意識としてあるので、気付くべきものです。

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「他の惑星等に生命と文明がある」http://nakaotatsuya3.spaces.live.com/

映像は「火星の人面ピラミッド画像」
米国の火星探査機バイキング1号の映像で画像は火星の人面ピラミッドで2,5キロm〜3キロm位で人間の顔そっくりだ。文明がある証拠だ。後になってNASAは画像をぼかした。隠蔽政策の為だ。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全274件


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2017年7月
           
25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:224
昨日:386
累計:1,368,463