「永遠の命」世界の夜明け/一覧

人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書

[PR]



2007年09月03日(Mon)▲ページの先頭へ
「宇宙の創造と物質の記憶」
「宇宙の創造と物質の記憶」

人間は太陽系や宇宙のあらゆる生命界を探求し理解する事は宇宙の叡智(創造主父)の最高表現としての人間の義務です。まず万物は宇宙空間のガス類から創造をされて来ました。各ガス類(元素)はお互いに化合したり液状化をしたり吸引と反発や極端な熱や冷気等を発生させます。それらはガス類という気体から各種の液体や固体に化合し組み合わせいかんで惑星等の形成と

なって来た訳です。つまり水や空気や岩石、植物類の種等を育んで創造形成されて来たのです。これらは「出生の法則」ですが太陽系が元の元素類のガスに戻って行く時は「崩壊の法則」と呼ばれています。それで宇宙の叡智の創造の平均化の法則で各惑星は同じ様な物質や元素で創造をされている事が理解出来ます。丁度、人間が数多くのマンションを建てるのに似ています。

一箇所の部屋だけに人間を住まわせて多くの部屋を空にする事は無いのです多くの惑星は大気や海や動植物、山河等の環境においては同様なのです。ですから多少の気圧の差は有していても人間は我々の太陽系のどの惑星においても住まう事が出来ます。ただ現時点では他の惑星の実態に付いてNASAやロシア宇宙局等が軍事機密の隠蔽政策で極秘にしているだけの事で隠されている秘密は明らかになります(衛星画像ブログ「他の惑星等に生命と文明がある」参照)

創造主(父)の創造の基本的なワンパワーの原因(父母性原理で青写真原図)は不変で変わる事はありませんが、それらの結果(自然界の万物、生あるもの)は、うつろい移り変わり姿を変え新しい生命にとって変わり無常なものです。これらは電磁波等の波動や速度、振動と波動等の法則によって支配され変化しながら更新されて生み出されています。宇宙の叡智(創造主)に

身体を委ねているものは、全てのものは絶えず永続する存在に出来る状態にあります。こうしたものは常時、高次な進化した表現の現われの状態に純化され自然界の万物に役立ち宇宙の目的を果たしています。永続するものは唯一、宇宙の意識と物質(原子、材料)であり、これらは動植物等の出生や生長等の活動や更新を通じて証明されています。人間の心(エゴ)が自己の

宇宙の意識をを離れて生活し行動したいと思い主張する時に消滅が、あります。人体内の細胞には無数の細胞があり、各細胞は無数の分子から成り立っています。遺伝や記憶等DNAの男性面と女性面(二重螺旋状)と使者RNAは過去と現在の全ての活動の記憶の型や未来の活動の為の記憶の型を運んでいます。これらの分子群の記憶は人間が行った進歩の記憶を運びますし、
他の物体に利用を、されていた時の物質の進歩の記憶をも運びます。それで触れる事によって物品の由来や性質等、誰の所有物なのかを透視(サイコメトリー)する事が出来ます。これらの小さな記憶分子群が全ての活動を記憶しています。これらの微小な記憶分子は実際に身体を維持育成して心を指導している宇宙の意識ですし存在している物、全てを「知る者」です。

それらの記憶分子群が全ての活動を記憶しているのです。これが真の宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)です。人間の心が、これらの叡智から恩恵を得ようとすれば自分の宇宙の意識で、もって全ての生命体(万物)を観察する事です。具体的には貴方が見ている相手を自分自身で、あるかのように意識的に感受し認識する事です。すると、その相手の記憶情報が引き出せます。

この事は心が正しく訓練されれば人間は大自然の宇宙の万物と交わり理解する事が出来ますし神秘や秘密も存在しなくなります。何故なら、これらの微小な記憶分子群(DNAやRNA)が、その生命体等の全ての活動を記憶しているからです。近隣の惑星の兄弟達は数千年も前から以上の知識を生活に生かして応用し知識を得て進化をしています。又、宇宙の法則においてはイエスが

言われています「明日の事を思い煩うな鳥は蒔く事も刈る事もしないのに父は彼らを養っていて下さる」と、これは宇宙の意識に対する又は自然界に対する強力な信頼が必要です。何故なら「命は食物に勝り貴方方の体は着物に勝るではないか」と言われています。これらの宇宙の法則は金星人が応用し進化をされています。日常生活においては万人が相互依存で助け合っていて

どの能力であっても真の平等であり、全ての人は必要で重要なのです。各人は直接又は間接的に奉仕する事で尊重されるのです。

「付記」
一般の方は宇宙人というと欧米系の映画、テレビ等の影響で奇異な姿をした人間を想像されますが、実際は地球上の街中を宇宙の兄弟姉妹が歩かれても地球人のどこかの国の住民だと思うでしょう。肉体や顔姿は全く我々と同じであるからです。ただ彼らはテレパシーや超能力等の達人ばかりで宇宙の叡智(創造主父)と大自然の万物や人間等の関係や宇宙の法則に

対する卓越した知識や認識と理解力を持っておられ地球人より遥かに進化をされています。我々の太陽系の12個の惑星(冥王星の外側に3個の惑星が存在する)の中では金星と土星が特に宇宙哲学や科学が又、人間的にも進化した文明に成っていますし戦争や犯罪、病気等はクリヤーされて、宇宙母船等で自由に宇宙旅行をされています。実際上の天国となっています。戦争という野蛮な行為が残っているのは残念ながら地球文明だけです。1960年代での太陽系の(12個の)惑星の総人口(地球を含む)は1440億人程です。

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「他の惑星等に生命と文明がある」衛星画像ブログ
http://nakaotatsuya3.spaces.live.com/

映像はソ連のべネラ9号の金星探査機の金星の地表写真で岩石がゴロゴロしている地球によく似ている自然の映像だ。1975年10月22日、金星探査機ベネラ9号(ソ連)は金星に軟着陸をして、金星のパノラマ写真を送り返して来ましたが、ソ連、金星探査計画の主任、ボリス、ネポクローノフは「今回の探査結果で金星が砂漠のようだと、いう米国側の仮説にお別れを、言う事が出来た」と表明した


2007年08月20日(Mon)▲ページの先頭へ
「宇宙の法則の応用法」
「宇宙の法則の応用法」

創造主(宇宙の叡智)は万人に生命力と宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)という経路を通じて叡智を与えていますが、人間の心(目、耳、鼻、舌の細胞の意志)は宇宙の法則に従って叡智を善用も出来ますし宇宙の法則を犯して悪用も出来ますが人間はこれらを利用する自由意志を与えられています。

例えば例ですが人間に当てはめますと最近は携帯電話が普及していますが携帯電話も電力(宇宙の意識と生命力)が与えられなければ通話、メール写真等の機能(心の機能、目、耳、鼻、舌)は作用しません。それと同じで人間は宇宙の意識の生命の息(空気エーテル)を吸ったり出したり、しなければ生命の表現を連続させる事は出来ませんし生き物には成り得ません。

大自然の生命界の全ての生き物は宇宙の意識という生命の息に頼っていてその各種の生命体があらゆる生物の形態を通じて現われる時、自然界は完成されたハーモニーを生み出し充分に生命の各分野を体現します。人間は自由意志を各人が持っており創造主(宇宙の叡智)の宇宙の法則の応用方法を知らねば成りません。これが人間の存在の目的でもあるのです。

人間は感覚器官(目、耳、鼻、舌の細胞の意志)を平等に統合しながら心をバランスよく訓練しなければなりません。見え、聞こえ、味、臭う世界の心の意志の替わりに宇宙の意識の指示である創造主の指示として、やって来る直感、閃き、衝動、ささやき声、警告、アイデアー、映像等の印象類の指示を応用する方法を人間の心は知って役立てなければならないのです。

調和ある生活を楽しみ宇宙の叡智(創造主)の意志を行おうとすれば、心の意志は宇宙の意識の各種の意志に従わなければならないのです。宇宙の意識の意志の表現は親切で豊かで美しく自らを押し付けないのですが一方エゴ心の意志は攻撃的で自己中心的で威張っていますし生活を通じて恐怖し多くの失敗や過失をします。大自然の生命界(万物)は宇宙の法則の意志によって自ら働いていますが人間の自由意志は宇宙の法則に反して働いています。人体内には二つの知性が内在します。心の指示と宇宙の意識の指示の印象類です。一つは肉体の機能を指示する宇宙的なものと、もう一つは肉体内に胃潰瘍や下痢等を発生させる心の対抗の指示や意志です。人間は長い時代を通じて創造主の各種の印象類の指示を認める事も無く又、

それらを知識として知る事も無く反神的になって生命の贈与者を信頼せず、恐怖という主人のもとで心の自由意志を極端に使っています。肉体の死を恐れるあまりに又、生命の諸法則の無理解により生活物資を集めようとするので又、金銭や資産を得ようとするので貪欲と利己主義が広まっているのですが、このままでは

地球人は貪欲や利己主義や恐怖心が続き、この文明を壊す癌になります。これらは全く自由意志の現われであり、お互いに敵対しているからです。現代文明は地球人がお互いに助け合い与え合い相互理解をし合い共存するか又はお互いに奪い合い敵対し合って滅亡するかを選ぶ時期に来ているのです。ですから戦争経済(兵器産業)や通貨制度を無くし分け与える相互奉仕の社会を創らねばならないのです。

私達の生命の贈与者、宇宙の意識(神)の意志や指示は長い期間、無視されて来たのに心は増長して来たのです。イエスは「貴方方は生ける神の宮だ」と言いましたが貴方方は「創造主(父)の宇宙の意識が具体化した者」なのです。ですから貴方の行う物事の教師としての宇宙の意識の各種の印象の指示を貴方の心に気付かせて全てを行いなさいと言う事です。

それには心がいつも内部の宇宙の意識と、その指示を信頼し生涯の伴侶とする必要があります。そして全体の宇宙の意識(他人の宇宙の意識等)とも一体になるのです。「汝、自分自身を知れ、そうすれば全てが理解出来るだろう」の意味が理解出来るでしょう。何故なら全知者である創造主(宇宙の叡智)と一体化をするからです。その時、予言、テレパシー、遠隔透視、念写等の超能力も

発露して来るからです。宇宙の法則の、男性と女性、+と−、陰と陽、主観と客観、1+1=3(雄+雌=子)等の法則の両面を組み合わせバランス(親和の法則)が保たれると現象は完全に表現されます。近隣の惑星人達は生物を見る時に外形だけを見ないで生命を通じて現われている宇宙の意識を見ているのです。それは大自然に住む、すべての生命体は創造主の意識的な

現われであるので、それらを尊ばれているのです。それは見ている相手の生物が自分自身であるかのように意識する事で体験が出来ます。人間が宇宙的な学習を学ぼうとするとき。最も不幸な事は心が短気であり又、心(エゴ)自身の意志を自分の教師であり生命の授与者である宇宙の意識の意志や指示の上位に置き支配権を真の貴方である宇宙の意識(神)に渡そうとしない事

に、あります。人間の犯す最大の間違いは、これなのです。ですから心の浮かれ騒ぎを静めて貴方の内部の宇宙の意識の各種の指示に対して心は聞き耳を立てて、それらを知り生活上で実践する必要があるのです。それが貴方に永遠の生命をもたらすのです。真の貴方は貴方の内部の宇宙の意識であるからです。

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「他の惑星等に生命と文明がある」衛星画像ブログhttp://nakaotatsuya3.spaces.live.com/「映像は火星の南極地方の川に水が流れている」

1971年5月米国、火星探査衛星、マリーナ9号の火星の南極地方の大河の河川の映像で水が流れている、珍しい衛星写真。火星には水がある証拠だ。


2007年08月07日(Tue)▲ページの先頭へ
「生命の探検」・・原因を知る事
「生命の探検」・・原因を知る事

創造主(父)を知るには、創造物(父)の被造物と、その目的を探求し調べる必要があります。それは宇宙の大自然の万物の中に現われています。それが至上なる叡智の具体的な現われであり表現で、あるからです。宇宙の全ての銀河系や惑星等(万物)は創造主(父)の「宇宙の意識の現われの法則」により体現された原因である至上なる叡智から現われた結果であります。

自然界は惑星の旋回や昼夜や四季、山河や海、太陽光や微風や雨等、そして、あらゆる動植物等の生物達、それらは宇宙の計画と宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)という原因から生まれでた結果であるのです。特に人間は宇宙起源の創造的父母性原理の現われで創造主(父)の息子や娘であるのですから万人に神が宇宙の意識として内在しているのです。

我々は眼で見える部分だけではなく、あらゆる生命体の原因(命そのもの)を見る練習をしなければ、なりません。貴方が他人や小動物や植物を見た時、貴方の内部の宇宙の意識の感覚は警戒的に、なって、その生物を見ます、すると内部に命があるとか、生命が躍動しているな、という感覚が貴方にやって来ます。それは貴方が、それらの生命体が自分自身で、あるかのように一体感を持ち意識を、すると生命体のあらゆる印象があなたに伝わるでしょ
う。
例えば樹木等を意識眼で見ますと樹木の樹液の流れる状態や根の張り具合等も知る事が出来ますし樹木の生命(原因)そのものを見ますと生育状態や健康状態等も理解する事が出来ます。それが具体的な原因である生命体の宇宙の意識を知る方法です。あらゆる自然界の生命体をこの様に感受する事によって原因と結果を見る事に成りますし、その時、父に直面して知る事になります。創造主の創造された被造物(万物)の目的を理解する事が出来ます。

人間は、かくも見事な宇宙の計画の大自然の世界に住まわして頂いている事に対して感謝するように、なるでしょう。人間の目は宇宙の自然界のうわっらの表面だけを見て来ましたが、大事な事は宇宙の意識は自然界の万物を作り出し創造をして来たという事実です。人間の心は言葉の言語で話していますが至上なる叡智(宇宙の意識)は無言の印象の言語で語りかけています

ですから物事を研究し知ろうとする場合に心と宇宙の意識と両方を用いるように、しなければ、なりません。貴方の内部の宇宙の意識は宇宙的な衝動の印象で語りかけているからです。最初の内は自分の中に二人の自分が内在し
て、それぞれが、あれこれと自分に指示したりするような気持ちがします。それは心の指示と内部の宇宙の意識の指示です。

これらの経験の過程で、どちらの指示が正しいのかも理解する事が出来ますが、これらを、あらゆる物事に応用されますと理解力は急速に増します。人間の目的は宇宙の叡智の無限の表現であります。社会は、あらゆる才能を持つ人々が相互依存で奉仕し合っています。宇宙の万物の存在の意味を理解し最低の物から最高の物に至るまでの全ての現象や事象を理解し学ぶ必要があります。

ですから人間は宇宙開発等を行い宇宙を知りたいと願望するのです。宇宙の意識とは万物の創造主(父)の生命力です。具体的な表現では周囲や物体に対する警戒や注意の状態を持つ事で、それはフイリング的、知覚状態です。宇宙の意識が貴方に伝える言語(印象の指示)は警告。アイデアー、直感、映像、衝動、閃き、ささやき声等で人間の言語と違い各種の無言の指示で

心に伝えられます。イエスは言われています。「見たり聞いたり、しないで信ずる者は幸いである、その者は天国に入るだろう」と、この天国とは原因の領域の事で宇宙の意識の永遠の生命の海を表わす為に使用された言葉です。宇宙の意識はあらゆる現象の原因であるからです。私達は自身の純粋さを現わす為に自身のエゴ(貪欲、利己主義、怒り、支配欲等)を削り取り除き

自身の本体をダイヤモンドのように、あらゆる光を反射するように進化しなければ、なりません。これらは容易な事では、ありませんが貴方が、これらを信念を持って貫き悪習慣や因習やエゴを取り除き心と魂(宇宙の意識)とドッキングされれば進化向上する事に、なりますし貴方の動力発生部(宇宙の意識でエンジン)を充分に認識して意識され生活し、日々、実行される時

、効果(テレパシー、予知、透視、前世の記憶等)が現われて来ますし、永遠の生命を、もたらします。貴方が車に乗ろうと仕事を行うにも信念を持たなければ、それらを行う事は出来ません。信念は全ての現象を起こす為の
基礎です。信念の無い人はハンドルやアクセルの無い車のようなものです。貴方の心が信念に頼る時、それは宇宙の意識の指導に頼る事になり、心と宇

宙の意識は一体化(融合)して働く事になります。人間は心(視覚、聴覚等)だけで生きていると進歩が無いのです。   どうか貴方の真の魂の命が蘇りますように・・

映像は月面の円形都市でガッセンデイクレータの衛星画像

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「月面や火星等に生命と文明がある」衛星画像ブログhttp://eien.noblog.net/


2007年07月26日(Thu)▲ページの先頭へ
「若々しい想念は若さと長寿をもたらす」
「若々しい想念は若さと長寿をもたらす」

宇宙の原理の一つに「人間は自分が思う通りの者になる」という原理があります。世間を見渡しますと50歳にもなると老け込んで65〜70歳位に見える人もいますが、又、90歳を越えているのも拘わらずに60歳にも見えない人もいますが、これは人間の想念感情というものは、その人の想念や感情(感情は想念の塊である事を忘れずに)が肉体に影響を与えており、丁度、彫刻家が像を刻むのに似ています

私は60歳になるので還暦で老人だと思い考えれば人体は、その様に表現をします。又、80歳になっても私は新しい分野に興味があり、創造的な仕事や奉仕活動等に精を出されている方は溌剌として60歳位にしか見えない人もいます。勿論、社会に対して愛(慈悲)と奉仕を実践しておられる方は、その分、寿命が長くなります(宇宙の法則の作用で)ですから、いつまでも若々しい溌剌とした創造的な想念を持たねば、ならない事が解かります。

音楽や芸術や科学的発明の分野等、新しい物事に興味を持つ事や新鮮な想念感性は進歩であり若さでもあります。人間は「活動する想念」なのですから、特に新しい思想、宇宙的な思想は人体に影響を与えます。宇宙的な愛(慈悲)と奉仕に満ちた願望や又、あらゆる技能や芸術や科学的発明の分野等の希望を実現させる方法は、その願望を貴方の脳裡の中に完成してしまった映像を強く描く事によって実現します。

その時、貴方の能力や才能や現状に、ふさわしい願望であれば、直ぐに、又は少し年月を置いてから実現するでしょう。但し何百億円欲しい等という願望は成就しないでしょう。高度な文明を持つ金星人達は常に創造的新鮮さという見地で物事を思考しており長寿であり長く有益な生涯を過ごされています。彼らの寿命は約200〜800年位の長寿を有しているからです。

勿論、金星が雲で包まれている条件も考慮すべきですが(惑星が雲に包まれているとX線、ガンマー線、紫外線等の照射量が減少して人間の寿命が延びる旧約聖書によれば地球も雲に包まれていた時代はノアは950歳、セムは600歳以上の寿命でした)地球人は年齢という見地でものを考え数千年も続いた因習と習慣的思考で人生を支配されているから寿命が短いのです。

私達でも大正時代の古い衣服を着て若々しい気分には成りませんね。逆に新しい衣服は私達に若々しい感じを起こさせてくれます。これと同じ様に新鮮な創造的想念感性を絶えず持ち続けるなら貴方の肉体の表現も若々しくなるでしょう。悪い想念感情(憎悪、支配欲、貪欲、怒り、利己主義等)を持たずに良き宇宙的想念(慈悲、奉仕、感謝、勇気、信念、謙虚、信頼、誠実等)を持ち続ける事がいかに大切かが理解、出来るでしょう。

「人間は自分が思う通りの者になる」からです。人間の顔や体に美醜を刻むのは貴方の想念感情であるからです。人間の心がエゴに振り回されていれば、なおさらです。不和、分裂、非難等、心から命令を受けている細胞群が影響(胃潰瘍、下痢等)を受けるからです。しかし肉体の細胞の全てを宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)から来る命令に従わせる事は出来るのです。

この事は若々しさと長寿を得ようとする時にしなければ、成らない事です。人間が自由意志である心を与えられているのは、生活等の方法と人生の目的と義務を宇宙の意識(創造主)から学ぶかも知れないからです。人間は創造主(父)の息子や娘であり無限の進化の可能性が、あるからです。他の惑星人達は自身の心を宇宙の意識と一体化させ、各種の印象の指示(直感、閃き、映像、警告、ささやき声、衝動、アイデアー等)に委ねる事によって、

又、見ている相手が自分自身であるかのように、意識して感じる事によって「創造主(父)と一体に」なろうと表現して努力しています。イエスは言われています「自分の生命を捨てる者は永遠の生命を得るだろう」この意味は心中のエゴ(貪欲、利己主義、怒り、嫉妬、支配欲等)を捨てて、自己の内部の宇宙の意識の指示に委ねる者は永遠の生命を得るという意味です。

宇宙の意識は永遠であり万物の宇宙の意識の生命の海と一体で、あるからです。しかし、これには本人の大いなる決意と信念を必要とします。自己の利己的な自尊心を捨て去り、全てのものに直面しなければ、ならないからです放蕩息子が父の家に帰るようにするのです。人間の心を50%と宇宙の意識を50%、融合をさせ一体化しますが、心を捨ててしまっては、いけません。

発達進化する可能性があるからですが心は忠実な宇宙の意識と、その各種の印象や指示の召使で、なくてはなりません。その時「父と子は一体になります。貴方の家族や、生活物資や大自然の水、空気、太陽等に深い感謝の気持ちを持ちなさい。それらは皆、貴方と関わり合っており、創造主(父)からの賜物で、あり与えられているからです。水や空気が無かったら人間は生きられないからです。

ですから、日々、感謝の誠を持って生活しなさい。そうすれば非難、分裂、不和等の想念感情は貴方に近ずけません。 人は生き方を変えなければ進歩は有りません。

「映像は火星の南極地方の植物群の衛星画像」

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「月面や火星等に生命と文明がある」衛星画像ブログhttp://eien.noblog.net/


2007年07月11日(Wed)▲ページの先頭へ
「心だけで生きるべからず」
「心だけで生きるべからず」

心だけで生きる事の弊害の例を上げてみましょう。この事は爆弾発言だと思われる方も、あると思いますが真実なのです。私達は普通、毛虫を見た時に気持ちが悪いと言い嫌いますが人間の目(心は目、耳、鼻、舌の細胞の意志)は知る者ではないのです。毛虫は成長すると綺麗な蝶に、なりますと人間の目(心)は綺麗で可愛いと言います。更に蝶達は穀物や野菜や果物等の受粉の奉仕を行って生育を助けています、そして実を結びます。

蝶等の虫達は時々、葉等を食べますが、農家の方達は形が悪くなり売れないとか文句を言ったりして怒ります。しかし虫達が受粉の奉仕を行わなかったら人間や動物達は食料を得られなくなり死に絶えます。人間の心というものは原因や相互依存を理解する事なく、いい加減なものであり無知である事が解かります。虫達が創造された役割や宇宙家族という生命界の一員である事を理解し納得すべきです。

薬剤の散布等は通常は絶対に行わない事です。それらは異常に大量に発生しバランスが崩れた時のみに使用すべきです。原因と結果を同時に知るにはガーデニングの花や野菜等を育てて、おられる方は理解が早いかも知れません。例えばプランターに花が植えてあると、その花の姿の全体を一目、見て(宇宙の意識の眼で見る事)この花は水が足りないとか肥料が不足しているとかが解かります。その事は花の外形だけを見ているのではなく花の命、

そのものを見ているので、その事が、即、理解出来るのです。そして根の張り方が弱いとかも解かりますが土の中の根の成長具合まで、見透す事が出来ます。肉眼の目は土の中の根の張り具合までは、見えませんが宇宙の意識眼には、それが見えるのです。この事は樹木等でも同様です。貴方の目(視力)耳(聴力)鼻(臭覚)舌(味覚)等の細胞の意志(心の意志)は真の貴方である、内奥の宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)が主人で指令者である事を忘れては、なりません。ですから見えただけや聞こえただけ味、臭うだけで判断してはいけません。

目や耳等は伝達者に過ぎないからです。最近の社会の例等では振り込み詐欺等で騙される方が多いのですが、耳の細胞の意志(心)が騙される訳です。
これらの例で人間は心だけで生きている事が間違いで進歩が無い事が理解出来ると思います。貴方の内部の宇宙の意識の意志や指示で生活しておれば、
直感で、すぐ詐欺だという事は見破れますのに、心だけで生活をしていると進歩が無いのです。ですから心の喜怒哀楽や短気や激情を静めて意識的に

自身の宇宙の意識の指示に聞き耳を立てている生活をすべきなのです。貴方の宇宙の意識(神)の意志や指示による学習(直感、閃き、ささやき声、衝動、映像、警告、アイデアー等をよく聞いて行う事)の生活が必要なのです。宇宙の意識は全知者で命の大海であり、宇宙の万物の全てであるからです

人間の心は何もない状態から人体を作り出す事は不可能ですが、人体内部には人間を創り出す知識が内蔵されていて、それは妊娠と出産を通じて証明されています。ですから心は人体内部の叡智や知識から学ぶ為に心自体を謙虚にして各種の印象や指示等から教えてもらい、宇宙の意識に対して尊敬感を

持たねばなりませんし又、それが「自分自身を知れ、そうすれば全てが解かるだろう」という事になるのです。あらゆる創造物(動植物等)はこの法則に、よって支配されています。妊娠している女性は自己の体内で受胎が起こっている事は知っていますが、胎児を成長させている叡智や知識に付いては何も知りません。

この叡智は母親の心を超越したものです。心はもっと偉大な叡智に従属している事を明らかにしています。時々、妊婦が好まない食べ物(酸っぱい食物等)を摂取するように叡智から印象ずけられますが食べなければ不完全な子供が生まれたりします。そして人間の心は、このより高度な宇宙の叡智の各種の教育の指導に自身を委ねるのなら、宇宙の意識と同様に、なる可能性があるのです。

人間の心は死に対する恐怖心があり、それらは生命の転生の諸法則(当ブログの人間の転生と宇宙の法則の記事参照)の理解と信念の欠如によって引き起こされています。万人に宇宙の意識が内在していますが、宇宙の意識が無くなれば心は存在しなくなります。真の貴方は宇宙の意識であるからです。宇宙の意識は叡智であり神であり、貴方の心を各種の印象や指示で指導しています。人間の心は自己中心的で威張っていて何事にも立腹し世俗的ですが宇宙の意識は豊かで親切で宇宙的です。

ですから貴方の宇宙の意識(神)が貴方の心に何をするかではなく貴方の心が貴方の宇宙の意識に何をするかが問題です。宇宙の意識は長い期間を通じて無視されて来たからです。心は宇宙の意識の召使であり、協調し発達する為に創造をされたのです。イエスが言われた様に「人間は二人の主人には仕えれない」ので金銭や資産等を主人にするのではなく貴方の内部の宇宙の意識(神)や、その意志を主人に、しなければ心の発達や真の生まれ変わりは望めないからですし、心だけでは又、心と宇宙の意識が分離していては

過失の蓄積を繰り返すだけです。G,アダムスキー氏も言われています。人間の心は丁度バイオリンの4本の弦のようなもので、下品な音楽を奏でる事も出来るが正しく調弦して神々しい表現も出来ると、釈迦も言われています。「琴の弦は強からず弱からず、程々に張ると良き音色が出る」と心の表現も心と宇宙の意識との一体化(心と宇宙の意識は50%ずつで融合して心は取り除いてはいけない)も楽器の弦と同様で正しく調弦すべきですし人間の

内奥の宇宙の意識による印象や指示に心の意志が従い協力して生涯の伴侶として生きるのが人間の進化向上の細くて狭い永遠の生命への道を歩く事になります。自身のエゴ(貪欲、利己主義、怒り、差別、無知、支配欲等)を取り除き宇宙の意識の意志(各種の印象と愛と奉仕等)を行う者は誰でも永遠に生きられます

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「月面や火星等に生命と文明がある」衛星画像ブログhttp://eien.noblog.net/
「映像は月面の湖でツイオルコフスキークレータ」


2007年06月28日(Thu)▲ページの先頭へ
「愛と奉仕」
「愛と奉仕」
我々、地球人の愛は一般的に所有欲や独占欲や偏愛として表現され知られているものを愛と呼んでいますが愛とは尊敬や信頼、理解、慈しみ等を愛と言います。我々は創造主(父)が創造された大自然界から創造主(父)の愛と奉仕を学ぶべきです。太陽の光や熱や雨や空気等は大自然の全ての生物達に差別なく無料で与えられています。貧乏人や金持ちや悪者や善人にも平等に差別なく与えられています。我々、地球人は、このような創造主(父)のような愛や奉仕を万人や生物界に対して平等に差別なしに与えているでしょうか行為を行った後に報酬(金品)や名誉を望んだり、他の為に愛と奉仕をする事が楽しい、嬉しいとかと、いう気持ちで心を乱しています。

創造主(父)の愛と奉仕の象徴は太陽ですが、太陽光が人間や動植物の体を暖める時に暖かいか、気持ちが良いかと聞かれるでしょうか、それが義務だから行われているのです。我々が報酬や喜びの為ではない義務(当たり前の行為としての)としての愛と奉仕を行う時、他者の評判や愛による奉仕活動の規模の大小や種類は問題では、ありません。「自分を愛するように他人を愛しなさい」とイエスは言われましたが現在の地球人は「自分がして欲しいと思う事」を他人に実行しているでしょうか。人種差別や好き嫌いや社会的地位等で差別をしているのが現状で拝金主義の権化となっています。

本来、愛と奉仕は万人の福利の為に行われるのが本当です。全人類(宇宙人も含む)も全ての命ある生物達も万物は宇宙の叡智の現われで宇宙の意識の体現(宇宙の意識の現われの法則)です。万人や生物達に宇宙の叡智が内在し宇宙家族の一員として兄弟姉妹ですので、相互に関わり合っていますのでお互いに慈しみ愛し合い哀れみ、無償の義務(当たり前の行為としての)の奉仕を行うべきです。太陽は光や熱を生物達に与えてから金銭を要求するでしょうか、又、お金を持っていないので与えないと言うでしょうか。進化した惑星文明(金星等)に通過制度が無いのは理解出来るでしょう、以上の理由があるのです。金星に黄金が多量に産出したとしても、彼らは地球人のような価値を認めないでしょう。

創造主(父)の愛と奉仕は報いを求めない差別の無い平等な行為で義務で行われている無限の愛の奉仕なのです。ですから完全なのです。我々の地球人のような心を乱すような愛と奉仕では無いのです。全ての被造物、命ある生物が本来の慈悲(愛)に満ちた奉仕活動を万人や被造物に与える事によって自分を成長させている時に人間や命ある万物は宇宙の大自然で一体となっています。つまり、人間が大自然と一体になり愛と奉仕を義務(当たり前の行為としての)で与えるべきなのです。それが宇宙の偉大な創造活動に参加する事なのです。

太陽は創造主(父)の無限の愛(慈しみ、哀れみ)と奉仕の象徴です。我々、地球人もこの無限の愛と奉仕を目標に進化して行くべきです。昆虫や小動物達でさえ無償の義務としての愛と奉仕を自然界の法則を通じて奉仕しています。人間は創造主(父)の息子や娘ですから無限の進化の可能性がありますので、これらの愛(慈悲)と奉仕を実行、出来ない事はありません。人間は愛と奉仕を行う事で永遠に生きられるでしょう。

現代人は貪欲と利己主義に生きてお互いに敵対して滅びるか、それとも愛と奉仕に生きて分け与え助け合い文明が生き残るかを地球人自身が選択する時期なのです。しかし私達は心のエゴ(利己主義、猜疑、妬み、貪欲、差別、無知、等)を取り除き、自身の内部の宇宙の意識(神)と一体化(融合)して、愛(慈しみ、哀れみ)と奉仕に生きる者は、たとえ、この文明が、どうなろうとも宇宙の転生の法則により進化した惑星(複数)に転生しますので何も恐怖する事はありませんし、憂う事もありません。人間の進化は全く個人的なものですから、諦めないで頑張って永遠の生命の道を歩いて下さい。

大切な事は「人間は自分が思う通りの者になる」という宇宙的な原理がありますから、自己の想念観察を実行して、不和、貪欲、分裂、怒り、非難、利己主義、差別、自己の憐憫、嘲笑、恐怖等を自己の想念から取り除き宇宙的な想念、愛と奉仕、調和、許し、同情、理解、勇気、尊敬、思いやり、感謝、信仰等の想念を持ち続ける事が非常に大切になって来ますので日々の生活で生かして実践して頂きたいと思います。大切なのは日常に実践する事ですから。

(「宇宙の意識と心の融合」「永遠の生命」「過去世の記憶」等を得る為の学習の最良の教科書は「21世紀の生命の科学」G,アダムスキー著(中央アート出版)が、あります。この書は他の近隣惑星の進化した宇宙の兄弟から地球人の進化の為に伝えられた貴重な書籍です。各地の図書館にも蔵書があります。)

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「月面や火星等に生命と文明がある」衛星画像ブログhttp://eien.noblog.net/映像は
米国、NASAの火星探査衛星マーズ、グローバルサーベイヤーの火星の南極地帯、の近くの画像で火星の原生林の姿で木々が林立している。火星に生命がある証拠だ。火星の環境は地球に似ている。


2007年06月22日(Fri)▲ページの先頭へ
「月面裏の宇宙人達の建造物、映像」
「月面裏の宇宙人達の建造物、映像」

「カマボコ型の建物は円形都市にある宇宙母船の格納庫なのか、」
月の裏側でアポロが撮影したものだがガッセンデイクレータの内部映像でよく見ると左側にカマボコ型の建造物大小(複数)が見える。宇宙人達の葉巻型宇宙母船の格納庫なのか、道路も数本確認が出来て円形で都市のようだ。月面に宇宙人達が住んでいる証拠だ。右側の円形都市の中央部の構築物はどうもNASAが写真を修正したらしく隠蔽されたようだ。

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「月面や火星等に生命と文明がある」衛星画像ブログhttp://eien.noblog.net/
「お知らせ」
最近、日本での巨大地震と津波に付いての予言情報がありますので念の為、海岸地帯の方々は御注意をして下さい。残念ながら日本の地震発生の場所の特定は、されておりません、(9,11テロや新ローマ法王の選任やイラク、アフガン戦争やスペイン、マドリード地下鉄テロや神戸震災、鳥インフルエンザ発生等の予知を的中させています。90%位の的中確率と言われている。)

「未来からの警告」ジュセリーノ、ノーブレガ、ダ、ルース著、(たま出版)

「2007年もしくは2008年の7月13日に日本も巨大な地震の被害を受け、大勢の命が奪われます。この時、日本を襲う津波はスマトラ巨大地震を上回る高さ30mに達するという」 注、 この日には海岸地帯や地下街等には行かれぬように又、海岸地帯の方は震災直後に海抜が30m以上の高さの高台や山等へ5分間〜6分間以内で緊急避難される事を勧めます。この件は、あくまで自己責任と御判断で行って下さい。外れる場合も、あるかも知れませんが多くの方の人命が掛かっているので念の為にお知らせしました。




2007年06月14日(Thu)▲ページの先頭へ
「過去世の記憶と永遠の生命」
「過去世の記憶と永遠の生命」

イエスは言われています「死者に死者を葬らしめよ」この意味は棺を担いでいる人々も過去世の記憶を持っておらず、半分、死んでいるという意味です普通人の90%以上の人々は、自分の過去世の記憶を思い出すことが出来ません。この事は前世においても心と宇宙の意識(叡智、命、神、魂、潜在意識)との分離があって、心だけで生きていたからです。宇宙の意識は本人の過去世からの永続部分で過去世の記憶を保っているのです。

御自分の過去世からの数々の記憶を思い出し永遠の生命を得たいと思うなら心のエゴ(貪欲、利己主義、怒り、支配欲、憎悪等)を取り除き宇宙の意識と融合して宇宙の意識の過去世の記録の部屋のドアーを開けてもらわねば、なりません。そうしなければ前世の記憶を思い出すことは不可能です。永遠の生命を得るには宇宙的な過去世の記憶を培養する事が基本になります。イエスは「私はこの世にいるが、この世から出たものではない」

又、弟子達の事も「彼らもこの世の者ではない」と言われています。彼らは他の惑星からの教化の為の転生者で、あったのです。イエスは御自分の宇宙の意識と心を融合をされていましたので御自分の過去世の記憶を保持されておられたのですし、弟子達の過去世も過去世のの透視で見抜かれていたのです。私達も自己の宇宙の意識(神)に対する強い信頼と確信を持たねば、なりませんし生涯の伴侶として共に暮らさねば、なりません。

心のエゴ(不和、分裂、非難、貪欲、利己主義等)を捨て去り、心の意志を空しくして、御自分の宇宙の意識の意志や指示(直感、映像、警告、閃き、衝動、アイデアー等)に委ねるのです。そして宇宙の意識眼で見る事です。(注意、警戒感を持って見る事)そして心は宇宙の意識の完全な召使になり発達進化して行くのです。そうすれば過去世の記録の書が貴方の脳裡の映像として思い出されるでしょう。ある時は寝室でうつら々している時等に脳裡の映像として蘇るでしょう。

この事はイエスが言われた「自分の生命を失う物は永遠の生命を見出すであろう」の意味です。この事は永遠の生命を得ようとする時や過去世のの記憶を得る時に重要な事柄です。私達は今生で初対面の人と会った時に何故か親密に感じたりする事が、ありますが、これらの印象は過去世の生涯での親しい親族や友人や知人等である場合が多く、又、旅行等で初めて行かれた場所なのに何故か以前から知っているような場所や建物等の記憶は真実の

過去世(宇宙的)の記憶です。それは貴方の魂や潜在意識(宇宙の意識)がその事を記憶しているからです。又、世界の民族音楽や衣装、建物等でも前世の記憶の映像の断片を思い出すことがあります。私は個人的に自分の過去世の生涯を約20回ほど、記憶を思い出しました。

さて他人の方の過去世を透視するには、その方の顔の細胞から発生し放たれている、各種の雰囲気の印象をフイリング的に自己の宇宙の意識眼で(警戒的に)見る事によって、過去世の情報を得ると、他人の過去世を透視したりカルマ等が自己の脳裡内の映像として理解が出来る場合が、あります。

一般的には過去世透視の対象者の皮膚の色が白色らしく見えたり、黒色に感じられる方は直前の前世が白人系や黒人系の方が多い様です。又、その方の目の色が青色らしく見えたりする方も白人系の前世の人が多い様です。中には他の惑星からの転生者の方々も、いらっしゃいます。これらの透視の練習は写真やテレビ等の顔の映像からでも過去世の透視は出来ます。

宇宙の意識は過去世や今生の生活の全ての行動の記録者であり、心が宇宙の意識に混合(融合)した時、その時、その宇宙的な過去世の記憶と共に永遠の生命を得る事になるのです。宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の印象や意志(衝動、ささやき声、警告、直感、閃き、映像、アイデアー等)を心は、へりくだって教習を受けて、それらを認識し日々、意識し続ける生活を行う事を肝に銘じることです。

そうすれば意識的に宇宙の意識を知り、心と融合(結婚)する事に成り、貴方の過去世の記憶を思い出し永遠の生命と共に黙示録に書かれているように記録の書(過去世の映像等)が自己の脳裡の映像として開かれるでしょう。
この事はライオンと子羊が仲良く横たわっている話で象徴されました。その時、貴方は過去世の生涯(複数)から何度もの生涯を間断なく連続して生きている事を悟るでしょう。

貴方のエゴが多いと過去世の記録の書の部屋のドアーは少ししか開かれず、チラリとしか過去世の生涯の映像を見る事が許されませんし、それらの映像を拝受する時は、神の面前で話を聞いている時のように何も恐れず、疑わず、謙虚な態度で臨まねば貴方の過去世の真実の実体を知る事は出来ませんが
注意すべき点は自宅等の土地や環境の空間に刻まれた、昔の人達の残留波動映像の記憶が間違って印象として入ってくる場合がありますので注意と区別
が必要となります。地球上での宇宙的な学習や体験を学ばれ進化向上された方は来世は次の学習を学ぶ為に金星や土星(複数)等の進化した高度な惑星文明に宇宙の転生の法則により転生されます。金星では愛(慈悲)と同情が教育科目になっています。

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「月面や火星等に生命と文明がある」衛星画像ブログhttp://eien.noblog.net/

映像はボイジャー2号が土星から遠ざかる時に下から土星を見上げた衛星画像




2007年06月08日(Fri)▲ページの先頭へ
「火星の人工的ドーム型の建築物」
「火星の人工的ドーム型の建築物」
火星の人工的ドーム型の建築物で米国のマーズ、パスファインダー計画で火星のシド二ア近くへ着陸したソジャーナの映像で最初に写されたドーム型建築物が3個写っている。驚愕の映像で人類がいる証拠だ。」その後にNASAの隠蔽政策の為に、このドーム型の建築物の映像は除去された。画像の操作だ。他の惑星等の真実を知らせる立場にあるNASAが米国民だけでなく全人類を盲目にしているのは犯罪だ。
下記のHP「永遠の生命」は人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月の生命、存在の衛星写真と宇宙船(UFO)が多数満載。宗教団体と無関係。
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「月面や火星等に生命と文明がある」衛星画像ブログhttp://eien.noblog.net/


2007年05月31日(Thu)▲ページの先頭へ
「宇宙家族と兄弟愛」
「宇宙家族と兄弟愛」

私達人類は何処で生まれようと、どんな人種で、有ろうと宇宙の父母性起源(創造主)の息子や娘である事に変わりはありません。ですから私達は巨大宇宙の全創造物の宇宙家族という全生命界の兄弟の一人として生きるべきでこの事は又、全生命の宇宙の原理や成り立ちを理解し学んでいく事になります。宇宙の叡智(創造主父)つまり創造的父性原理と物質(原子や分子や細胞等)の受容的な母性原理はあらゆる宇宙の創造物(万物の生命体)に表現され体現されています。


全ての創造物は人間から小鳥や砂粒(岩石)に至る迄、生命の息という呼吸をしているのですが、その生命の息は宇宙の意識(叡智、命、神、魂)で宇宙の叡智(創造主父)から受け取って与えられています。ですから全ての創造物(万物で全生物)は宇宙家族の一員である宇宙の生命界(自然界)では相互に兄弟として関わり合っている事が理解出来ると思います。私達やあらゆる生物が宇宙の叡智(創造主父)から受け継がれている父母性起源を表現し現わす為の限りない遺産を十分に豊かに表現し現わし尽くす事は宇宙の


全ての人類(黒人、白人、東洋人、宇宙人等)や全ての生物にとって生得権なのです。この生得権を私達はいつも認識して心に留めて生き生活するように努力すべきです。また、宇宙の家について理解したいと思い人生の限り(愛と奉仕等)を尽くして生きるという事や創造主(父)の子供で無限の進化の可能性があるという事を認識して人間の創造された目的をまっとうして人生を生きるべきです。イエスは言われています


「私は誠の葡萄の木、私の父は農夫である私に繋がっている枝で実を結ばない者は父が全てこれを取り除き実を結ぶ者はもっと豊かに実らせる為に手入れをして綺麗になさるのである」と、永遠の生命を得る可能性を示さない人は15〜16回の転生で魂が除去されるのですから・・私達は明日の食事や衣装や生活費等で毎日思い煩っていますが、これらの習慣的想念(見え、聞こえ、味、臭い)の世界に心の意志を縛り従属しようとしています。私達の心は宇宙の意識(神)とその意志(直感、閃き、映像、ささやき声、衝動等)との一体感をいつも持ち続けなければ、ならない事や宇宙の全ての


自然界の生物達への依存なくしては生きられない事を忘れずに生きなければ、なりません。宇宙の自然界の万物に対して等しく尊敬の念を抱いて生きるべきです。大自然の全ての生物や万物に対して感謝心や尊敬の念を持ち続けて生きる時、他人や他の生物に対する非難や分裂、不和、貪欲、身勝手という無駄なエネルギーや摩擦や時間等の浪費は無くなるでしょう。大自然界の万物は一体で分離は、なく全てが必要で相互に関わり合っているのです。


宇宙の全ての形の被造物(生命)は宇宙の叡智(宇宙起源)の現われであり体現である事を忘れないように又、全ての創造物に対して慈悲心と哀れみを持って接して自分がして欲しいと思う事をそれらに与えなければなりませんそして全ての生物と共存しなければなりません。全創造物(万物)は原因(創造主の父母性原理)の体現であるからです。ですから目に見える結果と見えない原因を同時に感受すべきです。イエスは弟子達に「貴方方は私を誰と言うか」と言いましたがペテロは「貴方こそ生ける神の子キリストです」


と言いましたがペテロはイエスの内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂)を知覚して(原因を見て)キリストですと言ったのです。ペテロはイエスの肉体を通じて現われいる原因である純化された宇宙の意識(父)を知り、それをキリストと呼んだのです。キリストとはキリスト意識という一種のタイトルです。進化した文明の金星人や土星人等はこのキリストに生きて進化進級して来たのです。私達は宇宙父母性起源の息子や娘として生得権を生きた証として人々に示す事も奉仕です。我々地球人も、これらの果実を人類全体が味わうべきですし先駆者は信念を貫いてこれらを生きて実証すべきです。

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログhttp://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/
映像はアダムスキー氏の撮られた写真で右上、宇宙母船の窓に宇宙人らしい影が見える、母船のフォースフイルドの磁気で外形がはっきり見えない、右下は宇宙母船から離発着するスカウトシップ小型機、左はアダムスキータイプの小型機で主に母船と地上を輸送するタイプの小型機。



2007年05月25日(Fri)▲ページの先頭へ
「土星の衛星タイタンに河川や市街地、防波堤等がある」
「土星の衛星タイタンに河川や市街地、防波堤等がある」
テーマ:惑星画像 探査衛星映像 太陽系映像
映像は2005年1月14日土星の衛星タイタンに降下した小型宇宙探査機ホイへンスの8キロm上空からの映像で左側に巨大な橋状の構造物や前の海岸近くに道路や市街地の地形、又、防波堤等や右側には川がある。映像は欧州宇宙機関。
詳細はHP「永遠の生命」で

下記のHP「永遠の生命」は人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月の生命、存在の衛星写真と宇宙船(UFO)が満載。宗教団体と無関係http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログ
http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/



2007年05月18日(Fri)▲ページの先頭へ
「無我の自己表現」
「無我の自己表現」
テーマ:永遠の命 宇宙哲学 アダムスキー
宇宙の全体の宇宙の意識(叡智、命、神、魂)との一体化(融合)を目指して自己が全体の宇宙の意識と一体化をした時に人間は宇宙のあらゆる波動(映像、想念、等の印象、予知、透視、テレパシー等)の印象を受信したり、宇宙の図書館の知識を学び吸収したりする事が出来ます。しかし人間は自己の利己主義や自己維持やエゴ等の、過度の自身に対する集中がある為に一個人を全体の宇宙の意識に一体化(融合)するのを阻害しています。

どうしたら一個人は自身の自己維持や利己主義という自我の集中から宇宙全体の宇宙の意識の海へ自己を開放が出来るでしょうか。まず人間は明日の事を思い煩いパンを得る為だけに生きている訳では、ありませんし、この地球世界に創造主(父)の息子や娘として学習に来ている事を悟るべきです。その為に生かされているのです。日常の雑多な衣、食、住の生活維持だけの為に生きているのでは、ありません。魂が餓えて糧を求めており宇宙の法則や原理を知り学習をしたがっているのです。

貴方が財産や資産を過大に得たとしても我々の肉体の寿命はせいぜい60〜90年位ですので、これ等は来世迄、持ち運べませんので自己のエゴを一時的に満足させているに過ぎませんし、それらは借り物に過ぎないからです。ですから、これらの事を認識して早く悟る事が賢明です。それらは、みな貴方から離れて行くからです。

私達が正しく自身の魂(宇宙の意識)と4つの感覚器官(「心」目、耳、鼻、舌の細胞の意志)との関係を理解して貴方の宇宙の意識が教師で主人であり、各種の印象の指令の発信者で、あり、心はその指令に協力してその従者で、ある事を認識し納得した上で、自然な調和のとれた無我のリラックスした気持ちの状態にある人は生き生きと活性化して、あらゆる波動を受信する事が出来ます。

それは各人の肉体の触覚の経路が敏感になり、それを促すのです。自己に対する激しい過度の集中を緩めて個人的な意志を使用する事ではなく、全体的な非個人的な奉仕の意志の方へ開放するのです。私達は利己的な考え方や短気や激情を取り除いて個我という思いを無くして宇宙の全体の非個人的な意志に変化する事です。

そうすれば私達の生活に多くの知恵や知識やエネルギーが流入して来るでしょうし人間は、それらの叡智や知識を日常の生活に全体への奉仕として表現が出来るのです。その時「私がなすのではなく創造主(父)が私を通じてなしたまう」事になるのです。何故なら、その時、人間は創造主の一経路として役立つからです。人間は、その叡智を現象の世界に流出させる為のものであるからです。そして愛(慈悲)と奉仕として生きられるでしょう。

万物は一体ですから気象の変化や小鳥のさえずり等の各種の印象やテレパシーや未来の予知や他の惑星等の遠隔透視等、貴方の内部の自然の発達によって、色々な超能力も発露して来るでしょうし、御自分の過去世を思い出したり、貴方が見ている相手を自分自身であると意識する事によって、他人の過去世透視等も出来るようになるでしょう。人間は創造主(父)の遺産を有しているからです。

無我の自己表現の分野では植物や小動物等の方が自然の法則そのものに導かれていますから、遥かに無我の自己表現を果たしていますが、人間は創造主の子供として心というものを与えられており、創造主の無限の進化と似姿を現わせる可能性を示せる唯一の創造物であるからです。心は宇宙の意識(神)の指示を受け成長し発達して、又は協力して進化する可能性が無限にあるからです。

貴方が自己の宇宙の意識の目で見る事によって遠隔盗聴や極小物体を見る顕微鏡的視野等、あらゆる超能力を潜在的に父の子供として有するからです。無我の自己表現は自我の意志を捨てた時に理解する事が出来ます。個人の利己主義を取り除きさえすれば宇宙の知識の宝庫からの情報も得られるでしょうし、

貴方の肉体内の細胞や触覚は万物からの宇宙語なる各種の印象を得られるでしょう。自己の自我の意思を捨てて無我になり、内奥の宇宙の意識(神)の意志の指示のままに全てを行う時(愛と奉仕等を)、「私は父と一体である」と言えるでしょう。そこには貴方、方が「長い間、追い求めたもの」父の子供としての至上なる叡智が内在し指示しているのです。それを実践すれば良いのです。そうすれば貴方、方の魂の目も開いて来るでしょう。
HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログ
http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/
映像は1963年5月15日マーキュリー7号の宇宙飛行士による宇宙空間でのUFO映像。


2007年05月05日(Sat)▲ページの先頭へ
「テレパシーの送受信」
「テレパシーの送受信」
まずテレパシーに対する関心と興味を持つ事から始まります。宇宙の全ての生命体(万物)は宇宙語という各種の言葉(テレパシー等)で情報交換をしています。想念波動は荷電微粒子でエネルギーを持っており、他の微粒子に圧力を加えて、鼓動と波動の法則で伝わって行くものです。想念波動は光のスパークのように全方向に進行し周囲の物体や空間に痕跡を残したり影響を与えたりしています。山野や海辺や植物や小動物等も各種の宇宙語(印象)で語り合っています。

人間の想念においては「類は類を呼ぶ」と言われる法則があり、低次な想念には低次な想念が同調して集まって来ます。又、同様なことが 高貴な宇宙的想念の持ち主に対しても高貴な想念が同調し集まって来ます。私達は、まず自分の感情や利己的欲望や目や耳や鼻、舌の細胞の意志(心の反応)等をコントロールする事を行い自身の肉体細胞も自然界の万物と同じ細胞や原子、分子から出来ており、印象類の交換が出来て万物と一体である事を悟る必要があります。

さてテレパシーの送信は実に簡単で送信したい相手の顔を脳裡に思い浮かべて、こちらの話したい言葉を想念で思念すれば良いのですが丁度、電話で話しをするように聞いて話してをゆっくりと送受信をしますが、同時に伝えたい相手に脳裡で描いた映像も送信や受信する事が出来ます。このテレパシーの送受信の練習は家族間や気のあった友人同士でゲームのように気楽に実験をされると良好な結果を得る事が出来ます。

良きテレパシーの受信者になるには自身の肉体の細胞の働きを理解する必要があります。人体の生命そのものの触覚の要素(細胞の原子)がテレパシー想念を受信出来る状態にしなければなりません。無我の自己表現を現わせるように自身に対する過剰な関心や集中を解き放ち、自己の想念を不和、分裂、非難、等や又、自己維持や保身等の緊張や恐怖状態から、自分の肉体内の細胞の働きを開放する必要があります。何故なら貴方の自我という強力な磁石に貴方の肉体細胞の意志が引き付けられて身動きが出来ない状態だからです。

丁度、テレビのチャンネルが貴方の自我というチャンネルにしか同調しないように、成っているからです。自身の肉体内の細胞の緊張や恐怖状態からリラックスさせ、くつろぐ状態に、させるなら貴方の肉体内の細胞は外界の宇宙のあらゆる印象(テレパシー、透視、予知等)を受信する事が出来ます。2個の音叉がお互いに共鳴するように・・私は個人的に時々、上の方とテレパシーで話し合っています。各種の言語を覚える必要はなくテレパシーは全宇宙で使用が出来ます。宇宙語ですから。

テレパシー受信者たるには、まづ自身の想念観察を実行すると良いでしょう。自身の発生させている想念感情を第三者が客観的に見つめているように、よく見つめて一日の終わりに宇宙的(愛「慈悲」奉仕、感謝、誠実、信念、勇気、信頼等)な想念と非宇宙的(利己主義、怒り、憎悪、貪欲、非難等)な想念とを手帳やノートに左右に分けて記入集計をして低劣な想念を取り除き貴方の想念を高貴な宇宙的想念に切り替えて行く方法です。普通は貴方の本体という鏡はエゴや心や自我(嫉妬、憎悪、貪欲、不和、分裂、自己保身等)の。お決まりの習慣的想念の追求や話中状態になっています。

貴方の本体という鏡がこれらのエゴ心や自我という苔や曇りで、あらゆる波動(想念感情波、映像、音波等)が写らなくなっていますが、これらを取り除き宇宙的想念に純化されますと貴方の本体の鏡はあらゆる想念や映像や音波が写る綺麗な鏡になり全ての波動を受信する事が出来ます。そして心中の話中状態を止めるのです。すると外界や宇宙の万物からの各種の印象、テレパシー等がよく聞こえ見えるようになるでしょう。人間に対して1秒間に数10億個の荷電微粒子が攻撃をしている実態は驚異でもあります。

貴方の本体の鏡が綺麗に成る事は貴方の内部の宇宙の意識(神)の小さな、ささやき声や各種の印象の声(直感、閃き、警告、アイデアー、衝動等)や映像等も貴方の心が良く理解出来るようになることも意味しています。テレパシー受信で地球人の場合は、まず相手の方の顔の姿が自分の心という思考している場所(想念帯)に映像として写ります。
その後に相手の方の想念や感情が同じ場所に送信されて来ますが、その時だけでも話中を止めて、それらに関心を持たれる事が肝要です。外界からのテレパシー受信は人体の触覚の要素が想念を受信をして聴覚や視覚等に伝わります。決してこの事は第6感なるものでは、ありません。人間は4個の感覚器官(目、耳、鼻、舌)と触覚(宇宙の意識)を持っています。
テレパシー練習の最良の教科書は「21世紀の超能力開発法」G,アダムスキー著(旧テレパシー)中央アート出版がありますし各地の図書館にも蔵書があります。
映像は「月面上のピラミッド状の建物」でアポロ15号の指令船からハドリー渓谷に隣接するスコローター渓谷一帯を撮影した映像で大小のピラミッド状物体が写っている。
テレパシーについては「下記のHP永遠の生命で」
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
他の惑星の実体に付いては現在「火星人の住宅街の拡大映像」を掲載中です
「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログ
http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/


2007年04月22日(Sun)▲ページの先頭へ
「宇宙の意識と永遠の生命」


「宇宙の意識と永遠の生命」

テーマ:永遠の命 宇宙哲学 アダムスキー

宇宙の意識とは創造主(父)が叡智、力、形で創造をされた、全宇宙の万物(無数の銀河系や太陽系や全生物等)の創造物、全ての生命の基盤であります。宇宙の意識(叡智、命、神、魂)は肉眼には見えない力あるもので叡智であり、宇宙の万物の生命を支えていて、各種の形態物を通じて配分され体現しています。

宇宙の意識とは命そのもので創造物の住人でもあります。宇宙の意識とは宇宙の原子や分子や無機物や細胞等を一箇所に集め凝集させるパワーであり、生命ある万物の中に知覚や意識的な生気を発生させる叡智あるワンパワーで、それらを維持管理して成長させています。

生命ある全ての創造物は丁度、葡萄の木の枝葉のように宇宙の意識という生命の海(全包容的な意識)で繋がっています。聖書では聖霊と言われています。それは全ての生物の生長を促し永続させている力(動力発生部でエンジン)です。創造主は自分の姿に似せて、人間という創造物を叡智と力で形あるものとして創造されました。それらに創造主(父)が生命の息として人間や全生物に化身したので知覚的な意識体となり、神の精

気が宿って知性的な活動力を持つに至ったのです。これらの宇宙の一大家族としてのワンパワーは全宇宙的な活動力であり、全体的な宇宙の意識の体現です。ですからそれらに尊敬感を持たねばなりません宇宙家族の一員であるからです。それらは全生物の万物の魂であり宇宙の叡智(父)の父性原理と物質の受容的な母性原理の現われで一体で現われています。これらの原因と結果を同時に見るようにしなければ、なりません。人間

は創造主(父)の息子や娘として無限の進化の可能性を秘めているのです。宇宙の意識は人間の話す言語という言葉を話しませんが、各種の無言の印象や指示や想念や映像という形で人間の心を指導しています。人間の心はこの事を悟り、理解をしなければなりません。何故なら貴方の本体はこの宇宙の意識が真の貴方であるからです。貴方の肉体や心を創造したのは貴方の宇宙の意識(叡智、命、神、魂)であるからです。

宇宙の意識は心を教え導く為に警告、映像、閃き、ささやき声、衝動、アイデアー、直感等の各種の印象や指示で心を指導していますが、人間の音声の言葉では、ありません。時々、誰かが貴方に小さな声でささやいて話しているように聞こえる時も、ありますが、それは貴方の宇宙の意識が貴方の心に説明をしているのです。それらの指示や指導を拝領して学ぶ事を心は理解すべきです。人間の心は各種のエゴや悪習慣を取り除い

た後に後記のようにイエスが言われた様に宇宙の意識との一体化(融合)をして支配権を宇宙の意識の意志に渡さなければ進化進級には、なりません。宇宙の意識とは大自然の全ての生物に宿る命のパワーで、とくに人間の宇宙の叡智、神、潜在意識、人体の触覚の感覚等でもありますし、そのワンパワーは大自然の万物や肉体や心をも創造していますし、その感覚は直感的警戒的な知覚状態です。又、人体の宇宙的細胞の記憶分子で

DNAやRNAの知識や印象の働きです。ですから人間の心の意志を宇宙の意識の意志に譲り渡す事の重要性を認識しなければ、なりません。イエスは言われています、一粒の麦が地に落ちて、死ななければ、それはただの一粒のままである、しかし、もし死んだなら豊かに実を結ぶようになる」。この意味は人間は創造主の宇宙の意識の一粒の麦の種のような者で、何時までも種のままでは成長は無く、そのままですが、しかし貴方

の内奥の宇宙の意識という教師の教え導く、様々な印象類の学習の授業を受けて心は聡明に成長するうちに心は神の意志を言動し行うのが大事だと悟るように、なるものです。心は無知蒙昧だから、それが嫌になり、心の意志を捨てて離れようと思うようになるものです。何故なら宇宙の意識は全知者で宇宙の万物の全てであり命の大海であるからです。実際、人間の心の意志を宇宙の意識の意志に譲り渡す時、一粒の麦の種は発芽

して死ぬ事(肉体の死を意味しない)になりますが、その時が真の生まれ変わりで、種は発芽して日々、成長を始めるのです。そして創造主(父)の意志を日々、受け継ぐので創造主の息子や娘として、慈悲深く、清廉に礼儀正しく賢哲者として、テレパシー能力や前世の記憶や意識の旅行等の超能力等も発露しだして、永遠の生命に至るに値する立派な真人間に成長して豊かに美しい親切な実を結ぶ事になります。



下記のHP「永遠の生命」は人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学 の啓蒙書で火星 や月の生命、存在の衛星写真 と宇宙船 (UFO )が満載。宗教団体 と無関係

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
月面や火星等に生命と文明がある」

http://eien.noblog.net/
映像は1965年12月にジェミニ7号が地球上空で写した2機のUFO映像。


2007年04月08日(Sun)▲ページの先頭へ
「真理とは何か」
真理とは宇宙の銀河系や太陽系等の成長や崩壊等、又、宇宙の法則や原理やあらゆる生物(万物)の生命の息(宇宙の意識)の源泉の現われ等、この宇宙の無数の銀河系の全ての活動現象、そのものが真理であります。2000年前の昔、偉大なる導師が「我語る言葉こそ真理なり」と言われましたが、人々は理解する事なく真理を求め続けました。「自分自身を自由にする真理を与えよ」とあらゆる主義主張や議論が多くありますが、さしずめ、その人々に、とってはそれが真理であるのです。

地球上においても海辺の打ち寄せる波や微風や太陽の陽光、月の満ち欠けや四季の移り変わり、森羅万象等、それらも大自然の真理なのです。真理とは本来、悠久普遍の摂理が真理であって誰がみても真実の道理であると考察され認められるものです。川の水は上流に向かって流れませんし又、太陽が太陽系の中心から外れて、外宇宙へ移動する事もありませんのでこれらは真理では、ありません。

真理とは宇宙の万物の現われや活動の総計が真理であります。人間はこれ等の諸活動の原因(万物の宇宙の意識の表現)を認識して、宇宙の万物の現われの総計の活動に対して深い知識と熟慮が必要となります。それが宇宙の万物の原因と結果を理解し知る事になるからです。その時に人間は自由になれるでしょう。

あらゆる宇宙の生命(万物)は創造主(父)の体現であり一体です。生命体に表現されている「至上なる叡智者(父)」に対する、へりくだった謙虚な尊敬感と畏敬の念を我々の思想とし、又。創造主(父)の息子や娘として、万人の神性を促し表現して愛と奉仕を社会で実行する事が要求されます。これらは人間の進化の為の根幹の宇宙の法則として子供や孫達に伝え実行主義として教育して行くべきものです。

本来、自由とはお互いに責任の伴うものであり、宇宙の法則や原理に則った、ものが自由なのです。そして人間は真理という範疇において人間的進化進級をして行くものです。我々は進化の階段を一歩々、確実に、ゆっくりと登り成長し学習すべきです。私達が転生の法則に則り、どこの進化した惑星で生まれ変わろうとも永遠に学び続けなければなりません。それが人間の目的でもあるのです。一時的に停滞をする事が、あっても上方への進化こそ人間として進むべき正道です。

貴方の大切なものは魂の命であり貪欲、利己主義、怒り等は貴方の魂を殺す癌と同様です。誰もが来世に有形物は一切、持ち運べません。人間は創造主(父)の息子や娘なので大自然の多くの恵みや家族や生活物資等に深い感謝の気持ちを持って暮らす事が貴方の幸せと進化の第一歩です。日々感謝心を持って暮らされる人の所へは不和、分裂、非難等の想念感情は近ずく事が出来ません。

それらは皆、創造主(父)からの無限の愛の賜物で、あるからです。貴方(万人)の内部に宇宙の意識(叡智、命、神、魂)が宿り、日々貴方の心を各種の印象の指示(直感、映像、ささやき声、閃き、警告、アイデアー、衝動等)で教え導いていますが、貴方の宇宙の意識に強い信頼と確信を持ち、支配権を宇宙の意識に渡すならば貴方は永遠に生きられるでしょう。天の父が永遠であられますように、貴方も覚醒しチリの中から目を覚まして永遠に転生するでしょう。

貴方の宇宙の意識とは貴方が警戒感を持って、生物等を見る時に、その見られている相手が、自分自身であると感じて見る時、色々な情報が得られますが、その時、貴方は自分の宇宙の意識の感覚を使用しているのです。その時、貴方は自分の宇宙の意識を知る事になります。それが真の貴方です。具体的に御自分の宇宙の意識を簡単に認識する方法の一例として自分の身体を自分で平手で軽く叩いたり、摩ったりした時のフイリングを感じている自分が宇宙の意識の個人的な一部で、あるのです。

それは貴方の触覚そのものが宇宙の意識であるからです。又、例えば誰かが貴方を後方から見ているとします、すると貴方の肉体細胞の触覚の要素が誰かに見つめられているよと貴方の脳細胞に伝達をします。すると貴方は後方を振り返ったりします、その時警戒的に宇宙の意識を使用しているのです。これを自分で体験をされると実際の経験として良く理解が出来ます。目に見えないものこそ叡智であり力であるのです。それによって全ての生物が生きているのです。

当面、我々、地球人は自身のエゴ心(貪欲、利己主義、怒り等)の克服と心と宇宙の意識の一体化(融合)を実地して自身の身に付けて成長する事が最重要で一大事なレッスンです。我々の増長満の心の意志の支配権や主導権を宇宙の意識(神)の意志に譲り渡すならば宇宙の意識と共に歩き語る事になり進化進級の真理の狭くて細い永遠の命への道を歩くでしょう。

下記のHP「永遠の生命」は人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月の生命、存在の衛星写真と宇宙船(UFO)が多数、満載。宗教団体と無関係。
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
>「月面や火星等に生命と文明がある」ブログ

http://eien.noblog.net/
映像は火星のピラミッドとスフインクス映像でマーズパスファインダー計画で火星のシド二ア地区の近くに着陸したソジャーナの映像でツインピークと言う丘は火星のピラミッド(写真の後方の山状物)でその前(円形物)はスフインクスだ。










2007年03月25日(Sun)▲ページの先頭へ
「高貴な宇宙人女性(聖母マリア)からの緊急メッセージ」
愛と奉仕

 聖母マリア

我が子よ貴方、方は何時まで夢の中に、いるのでしょうか、何時になったら目覚めるのでしょうか、私達は数千年も前から貴方、方を暖かく見守ってまいりました。しかし、どうか目を覚まして欲しいのです。真に生きて起き上がって頂きたいのです。どうしたら、まっとうに生きて進化する事が出来るでしょうか。心だけで生きているから進歩が無いのです。

貴方の内部の天の父(創造主父)の御心(中尾達也、注、宇宙の意識の指示の事)の云われるままに、生きないから進歩が無いのです。私達は、いつも貴方、方の守護者で、ありますが、どうか目覚めて頂きたいのです。本当に貴方、方の命は風前の灯火なのですよ。その事にも気付いていないのです。

我が子よ、どうか、その事に気付いて、真に立ち直って欲しいのです。貴方、方の生涯は意味があって生きているのです。毎日を楽しく暮らせば、それで良い訳では、ありません。皆が学ぶべき事があって人生があるのです。

それは愛と奉仕です。それを行う為に生きているのであって、パンを得る為だけでは、ないのです。私達は数千年も前から貴方、方の為に働き奉仕を行って、まいりましたが、やはり限界があるのです。しかし私達は決して諦めた訳では、ありません。多くの方々は、少しずつですが魂の目が開けられつつあります。しかし、それは極、少数の方々に過ぎないのです。是非多くの方々が目覚められて、永遠の生命を得て頂きたいのです。このサイトの進化の言葉をよく記憶に留められて、進歩をして頂きたいのです。

永遠の生命への道を学ぶ機会はそんなに、いつもある訳では、ありません。貴方、方が貪欲、怒り、利己主義等を取り除かれて、父の御心を行われれば、
光明は近いのです。落胆したり、諦めずに日々頑張られますように、天の父への道を歩いて下さいませ、貴方、方に天の父の祝福がありますように・・。


下記のHP「永遠の生命」は人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月等の生命、存在の衛星写真と宇宙船(UFO)が多数満載。宗教団体と無関係。

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
>「スクープ火星に生命がいる」ブログ

http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/
映像は1979年のパイオニア探査機の金星の衛星写真、金星や土星には宇宙哲学、科学共に超高度に進化した文明がある。


2007年03月12日(Mon)▲ページの先頭へ
「近隣惑星の高貴な宇宙人達(聖母マリア、イエスキリスト、賢者,阿弥陀仏の緊急メッセージ集」


近隣惑星 の高貴な宇宙人女性(聖母マリア)からの緊急メッセージ
>

「愛の目覚め」


私達は長い年月、この地球 の為に援助を惜しみなく与えて、まいりましたが、それにも限界がある事が解かりました。このままで、行くと、この地球 は破滅の状態を表わす事となり、大きな惨禍が全世界を襲う事と成ります。私達は数千年もの前から、この地球 の発展の為に多くの時間と多くの手間、暇を重ねて、まいりましたが、それらも私達の限界があり御父(創造主)の御心の高邁さを知るに至り、心を煩わす日々で御座います。

この時代、これから地球 を襲うであろう惨禍を知るたびに、心安らかなる日は無く、誠に心痛の日々で御座います。御父の御計画を知るたびに、私達は未来の非常なる厳しさと未来の喜びとが未来の映像として見えて、まいりますが地上の多くの人々の惨禍を考え知るたびに涙の日々を重ねて、おります。

一刻も早く地球 の方々が同胞愛に目覚め自分を愛するように他人を愛され、他人の苦しみは自分の苦しみで、ある事を悟られて救助の手を差し延べて頂きたいのです。全ての人類は天の父の表われであり、同胞であり兄弟姉妹です。貧しい人々にも手を差し延べて明日の希望と人間らしさを与えて、あげて下さい。

このまま世界が進んで行けば、多くの人類は滅びの道へと盲目的に進まざるを得ません。私達も援助の手を差し延べて、おりますが、それにも限界があります。宇宙には御父の法則があり、その惑星 の住民は自分達の運命を自分達で決断する必要があります。つまり地球 人は自らの運命を自らで決めねば、ならない時が来ているのです。人類愛に全世界が目覚めてお互いに助け合って生きるか、又は、敵対してお互いが滅びるか、どちらかを選ぶ時期に来ているのです。

「映像は金星人達の街並とピラミッド」探査衛星画像のクローズアップ画像
** HP「永遠の生命」の高貴な宇宙人女性(聖母)からのメッセージより再録 **

「宇宙の全ての生命ある万人は、至上なる叡智の宇宙の意識の表現であり、貴方と全く同じ命で生かされており、貴方と全く同じ神のワンパワーが宿り
兄弟姉妹なのですから、どうか宇宙の万人に対して尊厳感を持ち相互に慈悲深く愛せますように。

宇宙の万人は貴方と同じ天の父(創造主)の生命の息で生きているのですから、どうか自分を愛するように、万人を慈しみ、お互いに愛せますように、 愛と奉仕が貴方がたの人生の生き甲斐になりますように・・」




「聖母マリア(高貴な宇宙人女性)のメッセージ」

「愛と奉仕」

我が子よ貴方、方は何時まで夢の中に、いるのでしょうか、何時になったら目覚めるのでしょうか、私達は数千年も前から貴方、方を暖かく見守ってまいりました。しかし、どうか目を覚まして欲しいのです。真に生きて起き上がって頂きたいのです。どうしたら、まっとうに生きて進化する事が出来るでしょうか。心だけで生きているから進歩が無いのです。

貴方の内部の天の父(創造主父)の御心(中尾達也、注、宇宙の意識の指示の事)の云われるままに、生きないから進歩が無いのです。私達は、いつも貴方、方の守護者で、ありますが、どうか目覚めて頂きたいのです。本当に貴方、方の命は風前の灯火なのですよ。その事にも気付いていないのです。

我が子よ、どうか、その事に気付いて、真に立ち直って欲しいのです。貴方、方の生涯は意味があって生きているのです。毎日を楽しく暮らせば、それで良い訳では、ありません。皆が学ぶべき事があって人生があるのです。

それは愛と奉仕です。それを行う為に生きているのであって、パンを得る為だけでは、ないのです。私達は数千年も前から貴方、方の為に働き奉仕を行って、まいりましたが、やはり限界があるのです。しかし私達は決して諦めた訳では、ありません。多くの方々は、少しずつですが魂の目が開けられつつあります。しかし、それは極、少数の方々に過ぎないのです。是非多くの方々が目覚められて、永遠の生命を得て頂きたいのです。このサイトhttp://nakaotatsuya3.noblog.net/の進化の言葉をよく記憶に留められて、進歩をして頂きたいのです。

永遠の生命への道を学ぶ機会はそんなに、いつもある訳では、ありません。貴方、方が貪欲、怒り、利己主義等を取り除かれて、父の御心を行われれば、
光明は近いのです。落胆したり、諦めずに日々頑張られますように、天の父への道を歩いて下さいませ、貴方、方に天の父の祝福がありますように・・。


映像は月面の宇宙人達の住宅街の映像。探査衛星画像のクローズアップ映像

「近隣惑星 の高貴な宇宙人男性(賢者,阿弥陀仏)からの緊急メッセージ」
(注釈)賢者、師は過去世で阿弥陀仏という名前で知られる高貴なお方です

「魂の命」
今、一番、貴方に大切なものは御自分の魂の命である。貴方の内奥の神でもある、宇宙の意識(叡智、命、神、魂)は心があまりに無知で我がままな為に、嘆き悲しんでいる。それは何故か、貴方の魂が求めているものを貴方の心が拒否をしており、無知蒙昧であるからだ。魂が餓えており大自然の法則や原理を知りたがっているのだ。ところが人間の心は見え聞こえ味臭う世界に従属して、縛られているのだ。いや傍若無人なのだ。

貴方の内部の魂である神は心を導く為に日々、警告、直感、映像、閃き、ささやき声等で教えているというのに、これらを心の意志は聞こうともしない、宇宙の法則の中では怒り、貪欲、愚かさ(愚痴)利己主義は貴方の魂を殺す法則であると云うのに。創造主(父)は愛と奉仕に生きよと言われておるのに、どれほどの人間が実行していると、言うのだ。

いや普通人は利に走り貪に走っているではないか。純金の延べ棒がトラックに何台分あろうが、土地が何町歩あろうが、貴方の魂の命が転生の宇宙の法則によって取り除かれたのなら、何によって買い戻せようか、よく考えるがよい。創造主(天の父)は数千年も昔から、利に走る者や貪欲に走る者は滅びの道であると言われているではないか、自分の心のエゴ(怒り、貪欲、利己主義、憎悪、嫉妬等)を取り除かずに永遠の命に入れると思うな。

貴方の貪欲、怒り、愚かさ、殺意、嫉妬、憎悪等が貴方の魂の命を滅するのだ。釈迦も貪欲、怒り、愚かさ(愚痴)は三毒と言われたで、あろうに。イエスも言われたであろうに、「自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者はそれを保って永遠の命に至る」と。エゴを保つ者の末路は哀れなものよ、初冬の木の枯葉のように散るのみである。今、真に反省し、心中から悪しき想念と感情と悪習慣を取り除くべし。

 数千年も昔から、言われておろうが、最後の審判(マタイ福音書25章後半)があると、その時が近ずいておるのだ。真に己の悪想念を断て、それが人間としての細くて狭い進化の真道なのだ。創造主(父)の息子や娘として生きたいのなら実行すべし。人間は学ぶ為に生かされているのだ。パンを得る為だけに生きるにあらず。



「近隣惑星 の高貴な宇宙人男性(賢者,阿弥陀仏)からの緊急メッセージ」
「生か死か」
人はどうして欲張るのか、鼻から吸う空気は毎日タダではないか、空から降る水(雨)もタダではないか、貴方が食べる食料は誰が育んで育てているのか、米も麦も野菜も果物も創造主、天の父が育てたのでは、ないのか、人間は何故それ程に貪欲なのか、他人の10倍も食事を取りたいのか、そんなに食べられる訳がないのだ。人は生きる為に食べるのだが、それにも限度があるのだ。

どうして他人の足を引っ張って欲深く生活物資を得ようとするのか。貴方が欲張れば他人に不足が起こるのだ。もっと人類全体の奉仕やバランスの事を考えなさい。空の鳥は蒔く事も刈り入れる事もしないのに天の父は彼らを養っていて下さるではないか。貴方は自分の衣装を取替え引き換え、着飾って、どうしょうと云うのだ。それより自分の明日の魂の命を考えてみるが良い自分だけが良く、欲深く満足するだけでは、どうにもならない事を考えてもみよ。

奪い合いの世界は滅びの世界である。創造主(父)の宇宙の法則に反しているからだ。万人に良くすれば報われるものだ。お互いに与え合う世界は豊かで美しいものだ。貴方、方の魂の命は風前の灯火である。何故なら自分さえ良ければ良いと・・・ 他人は死のうがどうなっても良い等と云う考え方では創造主(父)の御心には遥かに及ばない。どうして分け与えないのか。人間(万人)は創造主、天の父の息子や娘ではないか。お互いに尊敬感を持たないからお互いに大事に大切に、し合わないのだ。

どうして自分を愛するように他人を愛せないのか、人間は何処に住もうと、どんな人種であっても皆、創造主、天の父から出た者同士なのだ他人が苦しんでいても知らんふりをしている。貴方がその第三者になってみれば解かるのに、どうして同情する気持ちが涌かないのか、貴方、方は明日の命も解からないというのに、・・・これからの年月は宇宙的(愛、奉仕、感謝等)に生きて創造主(父)の子供として生きる人達と自分のエゴや貪欲さの為に滅びる人達の二極分化の年月になると思う。・・・願わくば多くの人が創造主(父)の御国(未来の新しい宇宙的文明の事)を引き継ぎ、宇宙的人間に進化向上をして欲しいものよ。




高貴な宇宙人男性(賢者,阿弥陀仏)からのメッセージ
テーマ:永遠の命 宇宙哲学 アダムスキー

「どうしたら心と宇宙の意識が一体化が出来るのか」
           **高貴な宇宙人男性(賢者,阿弥陀仏)からのメッセージ**

宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)とは生命体(万物)の魂であり住人でもある。宇宙の意識とは叡智ある実体で、種々の創造物を凝集させるワンパワーで宇宙的な力である。貴方方をも含めた生き物達は全てこの叡智ある力により現象せしめられた。これらは宇宙の「知る者」として永続させられていくもので永遠の創造の愛歌であり、宇宙の

メロデイでもある。これらの力は生きとし生きる者(創造主)から与えられ永遠の生命の宴の響きである。これ等は永久(とわ)の昔から引き続き発現し行われているし永遠に続くものである。宇宙の意識は万物や貴方の肉体や心(目、耳、鼻、舌)をも創造し又、貴方の前世を含む過去からの記録係でもあり、貴方の心を指導している教師でもある。

直感、閃き、ささやき声、警告、アイデアー、映像等で無知な心を無言の印象の指示として教えている。この印象や各種の指示は貴方の内部の神の指示である。別な表現の仕方をすると、一物体をチラリと見る時の警戒的な感覚でもある。それは貴方の体内の触覚の働きでもある。人間は、それに気付さえすれば良いのだ。

人間の心はエゴ(貪欲、利己主義、怒り等)の想念感情が強大なのでこれ等を取り除き、高貴な想念(愛=慈悲、奉仕、感謝、誠実、勇気等)を我が物にした上で、宇宙の意識と一体化(融合)しなければ人間的進化や真の生まれ変わりは望めないのだ。どうしたら一体化が出来るか、人間の心は無知蒙昧なので、それを心自体が悟り、いずれ心の

領域(意志)に住む事が嫌になる。それで心自身をいつも教え導いている宇宙の意識の意志に従い、宇宙の意識の領域に住みたいと思うようになる。そして、それらの宇宙の意識からの印象類や指示類に心が、何時も聞き耳を立てる状態になって来る。そして心自身が宇宙の意識の指示の言われるままに、召使に成るべきだと悟るようになる

そして心自体が自己の宇宙の意識と一心同体に成るのです。すると聖書の放蕩息子の物語のように、人間の心という放蕩息子が父(生命の海)の家に帰った事になり、人間としての目的を果すのです。


高貴な宇宙人男性(賢者,阿弥陀仏)のコメント

「心の用い方」

貴方の目、耳、鼻、舌の細胞の意志である心を静かに清らかな真水のようにすること何ものにも(貪欲、利己主義、緊張、自己維持等の想念)囚われない無我の状態を続ける・・すると貴方の肉体の細胞は今迄、自我(エゴ心)という強力な磁石の方を向いていたのだが本来の細胞の自由を取り戻すので

大自然界の生物達の各種の印象を捕らえ、それらと交信することが出来るようになる。そして、これと同じ事を貴方の全身の細胞にも意識して認識を与えると貴方の肉体は健康になり全く自由に本来のテレパシーや透視、予知等の能力を蘇らせることが出来るようになる。 ( )は中尾、注



5「阿弥陀如来(高貴な宇宙人、賢者)のメッセージ」
                宇宙人文明(金星)からのメッセージ

(注釈)賢者、師は過去世で阿弥陀仏という名前で知られる高貴なお方です

     カテゴリー 阿弥陀如来のメッセージ 永遠の生命 宇宙哲学
「命の法則」

明日の命の事を考えるな明日は明日の風が吹く、だから思い煩うな今日一日を精一杯生きなさい。明日は明日自身が思い煩うであろう。明日一陣の風が吹いたとしても、どうにでもなるではではないか貴方の真の命は頼りになるではないか。明日は明日自身が思い煩うではないか真の貴方は命そのものである。命への信仰が足りないから明日の事を思い煩うのである。命は恐怖を知らない命は貴方の全てである。命は貴方の全てを生かしている。何も思い煩う事はない。

今日、明日の命であったとしても命の灯火は次の灯火を見出している。新しい容器(転生での別の肉体の事)であり新しい人生の始まりである。だから命そのものに感謝をしなさい。貴方の見え、聞こえ、味、臭う心が考えても理解が出来ない事である。だから心と宇宙の意識の同体化が必要なのだ、よく考えるように心はほとんど何も知らない明日の大嵐の事も雷の事も一寸先の事も全く知らないのに貴方の命である内部の宇宙の命は貴方の心に前もって明日の事を映像(予知透視の啓示の映像の事)を伴って知らせて下さるのである。心は何も知らないのにだ。

命は何ものにも換え難いものであるのに人間の心は目先の欲望に囚われていて何も知らないのに、また知識と理解力が無いのに、また無知なのにだ。それなのに貴方の内部の命である父(宇宙の意識で叡智)は何時までも貴方の心がドッキング(融合)をしに来るのを待っているのだ。心が何時の日にか父と一体化してくれるのを首を長くして待っていてくれるのに人間の心は親不孝者なのだ。それらの知識も教育も理解力も無いからだ。人間の内部の宇宙の意識は心と一体化が出来るのを待っているのだが、それにも限界や限度というものがあるのだ。

聖書の「放蕩息子の物語」はその事を現わしているのだが恩寵の法則があって15〜16回の転生での生涯までに心は宇宙の意識(父)と一体化しなければならないのだ。どれ程の人がこの法則を理解していると言うのだゴールに向かっての進歩が無ければ、つまり「実を結ばない木は火に燃やされる」という宇宙の法則が存在するのだ。人間の魂の命は誰もが永遠ではないのだ「良き実を結ぶ木は父が、これを手入れされて」更に立派にされるのです。この事はイエスも言われたであろうに「自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者はそれを保って永遠の命に到るであろう」(注2記事説明)だから自分のエゴを保つ者の末路は哀れな者であるのです。

だから良き想念や思いや行いをするように全体の為の愛(慈しみ)、奉仕、感謝、寛容、信仰、信念、勇気、誠実等の徳を養って貪欲、利己主義、怒り、その他、諸々のエゴを心中から取り除かなくてはならないのです(注1関連記事URL)貴方方が新しい地球の住民(宇宙人達による最後の審判の後に近未来の新しい宇宙的な地球文明の住民という意味、注意3関連記事URL)として残りたいのならば、これ等を実行すべし天の父(創造主)の御決意は高邁で御決意は堅いのだ。
     
( )は中尾、(注意1)の関係記事、「想念観察の方法」URL
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/3sounenkansatsunohouhou.html 

(注意2)
この言葉の意味は、自分のエゴ心の意志を保とうとする者は、宇宙的な前世の記憶と永遠の生命を得る事を失ってしまうけれど、自分のエゴ心(自我)の意志を捨てて、それを憎み、人間の内奥の宇宙の意識の意志に任せる者は、過去世の宇宙的な記憶が蘇って思い出されて、永遠の生命が得られる、という意味です。

(注意3)悪人やエゴ人間(貪欲、利己主義、怒り等の)は宇宙の流刑星へ送還され地球に住む事が許されない。だから生き方を変えないと・・関連記事「新約聖書予言と最後の審判」URL
http://d.hatena.ne.jp/eien3/20070628


HP「永遠の生命」
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「宇宙人文明の衛星映像とUFO」http://eien3.jugem.jp/


映像は スクープ金星の川岸に建築物と植物群の映像
カテゴリー 惑星画像 金星画像 金星映像

「金星の探査衛星画像のクローズアップ映像だが、よく観察して画像を見ると手前に川が流れている。川の両岸あたりに植物群があり右側の川の向こう岸には灯台型の建築物が写っている。更に左側には優美な建物が数軒、建っていて周囲には林のような植物群が写っている。金星には高度な文明が存在する証拠になる探査衛星画像だ」
  

地球人類への大警告
        6宇宙人、賢者(阿弥陀仏)の大警告      
(注)賢者、師は過去世で阿弥陀如来という名前で知られる高貴なお方です
    
命への警告

我々は貴方に全てを託しているが明日は明日の風が吹く、明日の日は長い、思い煩うな、しかし明日の貴方の魂の命は長くはない。明日は明日の風が吹くとて貴方の命は風前の灯火なのだ。貴方は泣き叫ぶがよい。今迄の報いだ。天の父の法則によって裁かれるのだ。命の灯火は消えようとしている。貪欲、利己主義や諸々のエゴを取り除かなかった報いだ。天の父の法則に

背いた生活をしており報いは当然だ。貴方、方は泣き叫ぶがよい。反省の心も人間としての気概も無く暮らしてきた報いが今、来ようとしている。何故に反省しないのだ。貴方の魂の命が消えようとしているのに何もしようとはしないのだ。私の警告を無視するのは構わないが慈悲の気持ちから同情して言っているのに本当に貴方の魂の命は消えるのだ。何も残らない。天の父の

御意志は堅いのだ。悪人はこの世から消えるがよい。この世は、もうすぐ新しい花嫁が着飾って来るような新しく素晴らしい時代になるのだ。悪い者の未来は無く黄泉の世界に連れて行かれるのみだ。気の毒な事だが仕方ないだろう。悪の報いだ、貪欲も怒りも利己主義も拝金主義も、もう直ぐこの世から消えるであろう。だから考えるなら今の内だ、本当に考え直すなら許して

やろう、今なら天の道へ戻る最後のチャンスを与えよう。本当に悪人へのラストチャンスになる以後はどんな事を言っても後の祭りだ、本当に心のエゴを取り除き反省し生き方を変えるなら許してやろう。今、貴方の魂は消えかかっている。私達は貴方の魂の命を惜しんでいるのだ。だからどうか反省して心のエゴを取り除いて欲しいのだ。魂の命は何ものにも替え難いからだ。

我々は貴方に特別に憎しみを感じている訳でも無いし怒っている訳でも無いのだ。ただ創造主の法則というものがあって、それに逆らう事は出来ないのだ。時は迫っている。だから貴方方の命を惜しむのだ。どうか反省して心を入れ替えて貪欲や利己主義や所有欲、支配欲等を取り除いて欲しい。本当に時は満ちようとしているのだ。我々にも貴方方にして上げたい事には限界が

あるのだ。解かって欲しい、最後の審判は真近に迫っているのだ。真に反省して心を入れ替えて欲しい。別の流刑星へ行かねばならないのだ。我々は貴方の為に言うのだが貴方の魂の命を惜しんで嘆き悲しんでいる。どうにかして助けたいのだ。それには貴方方の努力と協力が必要なのだ。だから私達の言うとおりに努力して欲しい。よいかな明日は明日の風が吹くが心配しない

ように。明日の貴方の魂の命が非常に大切なので、次の通りに努力して欲しい、まず大自然の諸々の恵みに感謝をして暮らす事、次に貴方の肉体の創り主に感謝をする事、次に貴方の愛する周囲の人々に感謝をす事、次に貴方の命の創り主に感謝をする事、次に大自然界の宇宙を創られた創造主に感謝する事、愛(慈悲)と奉仕に生きる事、以上だが如何かな、そうすると

天の父も哀れみを乞うて下さるだろう。勿論、基本的には貴方の貪欲と利己主義や怒り等の諸々のエゴを取り除いて貴方の内部の宇宙の意識と心の一体化(融合)する事が基本なのだが「感謝の徳の法則」を述べてみたのだが実行が出来る人は行なってみるがよい。この法則はまだ地球上では知られていないのだが貴方方の魂の命が無くなるのを見るに見兼ねて伝えているのだ。

とにかく貪欲と利己主義と怒り等を心中から取り除いて欲しい。多くの地球人に生き残って欲しいのだ。残りの月日が少ないのだ急いで実行すべし、応援をしている、頑張れ。これ等の事を行うには、どうしたら良いのか考えてみる事だ。よくよく言っておくが貴方方の魂は風前の灯火なのだ。だから真剣に頑張る事だ。明日の命が欲しいのならばだ。死を望む人には何をか

言わんかやだが、しかし本当に心底、生き残りたいのならば私の「命の法則」の記事をよく読んで考えるのだ。また中尾氏の多くの永遠の生命の記事を参考にしても良いだろう。永遠の命を得る事は生半可な事では無い事は確かだが、無理も無い現在の宗教はまともな事は教えずに形骸化しているからだ。しかしこのサイトの言葉だけは宇宙の法則に沿っていて正しいので

学ぶ事だ。同じような事を述べていると思っても繰り返しは貴方の記憶の助けになるのだ。だから命懸けで学び頑張るように、貴方方は明日をも知れない癌患者とたいして変わらないからだ。でも我々としては貴方方の魂の命を助けたいし流刑星には送りたくないのだ。だから頑張って実践するように。

-中尾のアドバイス、エゴを取り除くコツ-

貪欲、利己主義、怒り等を心中から取り除くコツは、まず貴方が他界する時に持って行けるものは何かを、よく考える事です。貴方の財産であれ愛する家族や生活物資であれ貴方が他界する時は何も持って行けない事実を早く悟る事です。持って行けるものは宇宙的な記憶、才能、信用という無形のものでしか無いのです。つまり貴方のものは何も無いのです。貴方の肉体ですら

、他界する時には残していく訳です。つまり、我のものは何も無いのです(有るのは宇宙の意識にのみ)。愛する家族がいても他界する時は辛いですが別離が起こるのです。自分のものが本来、何も無い事を悟り、覚悟を決めれば、おのずと貪欲、利己主義、怒り等のエゴは消え去るでしょう。まず、この事を悟る事が早道なのです。どうか貴方の魂の命がかかっていますので真摯に御努力をして頂きたいと念願しています。


想念観察によるエゴの除去方法の関連記事」URL
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/3sounenkansatsunohouhou.html
心と宇宙の意識の一体化」の関連記事」URL
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/7kokorotoutyuunoisikinoittutaika.html

宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/

阿弥陀如来のメッセージ 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログ                
http://blog.kuruten.jp/eien333


映像は、アダムスキー氏が撮られた写真類で右上、宇宙母船の窓に宇宙人らしい影が見える母船のフォースフイルドの磁気で外形がハッキリ見えない、右下は宇宙母船から離発着するスカウトシップ小型機、左はアダムスキータイプのスカウトシップで主に母船と地上を輸送するタイプ小型機




「偉大な導師の宇宙人男性(イエスキリスト)からの新約聖書(一粒の麦の譬え話)の解説文」
>「一粒の麦が地に落ちて、死ななければ、それはただの一粒のままである、しかし、もし死んだなら豊かに実を結ぶようになる」。この意味は人間は創造主の宇宙の意識の一粒の麦の種のような者で、何時までも種のままでは成長は無く、そのままですが、しかし貴方の内奥の宇宙の意識という教師の教え導く、様々な印象類の学習の授業を受けて心は聡明に成長するうちに心は神の意志を言動し行うのが大事だと悟るように、なるものです。

心は無知蒙昧だから、それが嫌になり、心の意志を捨てて離れようと思うようになるものです。何故なら宇宙の意識は全知者で宇宙の万物の全てであり命の大海であるからです。実際、人間の心の意志を宇宙の意識の意志に譲り渡す時、一粒の麦の種は発芽して死ぬ事(肉体の死を意味しない)になりますが、その時が真の生まれ変わりで、種は発芽して日々、成長を始めるのです。

そして創造主(父)の意志を日々、受け継ぐので創造主の息子や娘として、慈悲深く、清廉に礼儀正しく賢哲者として、テレパシー能力や前世の記憶や意識の旅行等の超能力等も発露しだして、永遠の生命に至るに値する立派な真人間に成長して豊かに美しい親切な実を結ぶ事になります


「イエスキリスト(偉大な導師の宇宙人男性)のメッセージ」

「永遠の生命を生きるには」

 創造主から、与えられた生命の充実にたいする権利(永遠の生命や真の命)を得ようとしてどれだけの人々が、努力をしているでしょう。どうしたら自我を創造主の意思にゆだねる事が出来るでしようか、いつの時代も、この事を理解し実行し進級し転生する人は少数者です。***                           
 御自分のエゴ心(自我)の意志を、生きたまま、貴方に内在する宇宙の意識(神)にささげて、貴方の真自我を見出だす為の犠牲とするのです。そして心は宇宙の意識の意志の召使になるのです貴方に内在する、宇宙の意識(神)の意志の御心のままに、する
のです、エゴ心(自我)の意志では、なく、貴方に内在する創造主、父(宇宙の意識)の意志のままに、知覚や理解をして習得し言動するのです、その時、私は父と一体であるのです。
                             
心の全てを、貴方に内在する宇宙の意識(創造主、父)の意志にゆだねて召使になるのです。その時、宇宙の意識の大海(大宇宙の全ての生命と万物)の全体と一体になるからです。貴方は、宇宙の全体の命と結ばれ全体になるのです、そうすると、実際に貴方のエゴ心(自我)は死ぬ事になるのです。(肉体の死を意味しない)心は心自体のエゴの為に存在するのでは、ありません。我々は、新しい宇宙的な生命の理解を得る為には確固たる信念と決意を、持つ必要があります。***


偉大なる導師の金星人(オーソン師イエス)から中尾達也(著者)へのテレパシーによる私信」

「小さき者よ愛と奉仕と慈悲心を持って父の仕事を続けるように特に愛と勇気の気持ちを持って恐れずに現在の仕事を行うように多くの人々の魂は糧を求めて魂が飢えているのだから・貴方の存命中に最後の審判(中尾注マタイ福音書25章、後半)がくるのだから頑張って父の仕事を続けなさい」

2006年12月24日午前8時35分頃(クリスマスイブ)自宅にてオーソン師から
中尾に直接テレパシーによるメッセージを拝受させて頂きました。(  )は中尾、注


**「宇宙人女性にテレパシーで呼ばれて宇宙船(UFO)を目撃体験」**

2006年2月13日の午後5時頃、私は人間の進化や永遠の生命を習得して頂く為の書、「永遠の生命」のHPを打ち込み作業中に、宇宙人女性から「作業が終わりましたら○○川の河川敷の○○球場迄、来ませんか」とのテレパシーの想念と映像が私の想念帯に入って来ましたので午後5時25分頃に現地に車で行ってみました。下車後に四方の上空を見回していると又、「もう5分〜6分位待って下さい」との声があり、又、少し経過してから

「西空の太陽の方向を見ていなさい」との声が想念で入りましたので、伊吹山系の山並みを見ていたら、夕方の太陽と飛行機雲の短いのがありましたが。突然伊吹山上空に明るい発光体が現われて、私が「わー金星だ」と言ったら今度は約10秒位かけて、ゆっくり消えて、ゆきました。小型宇宙船を見学させて頂きましたので心の中で「有難う御座いました」と申し上げました。後で自宅で金星の位置を調べたら2月13日午後5時30分は西空には出ない時期でした。


 


下記のHP「永遠の生命」は人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学 の啓蒙書で火星 や月の生命、存在の衛星写真 と宇宙船 (UFO )が満載。宗教団体 と無関係
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「月面と火星等に生命と文明がある」
http://air.ap.teacup.com/nakaotatsuya3/


2007年03月02日(Fri)▲ページの先頭へ
「エゴ心の撲滅」
「エゴ心の撲滅」
テーマ:永遠の命 宇宙哲学 アダムスキー
エゴ心のエゴを取り除く道は容易では、ありません。自己の本体に、こびり付いているエゴは丁度、苔やペンキの汚れのように、こびり付いていて、エゴを取り除くのは容易ではありません。除去すれば貴方の本体は鏡のように全ての波動(映像、光、音、想念)を写す事が出来ます。そして貴方の過去からの悪想念や悪習慣という惰性(考え方や行為等)を撃破しなくては、なりません。

エゴ心のエゴの撲滅を譬えるならば、「アルコール中毒者やニコチン中毒者が酒や煙草を止めるようなもの」です。利己主義、貪欲、憎悪、嫉妬、支配欲、物欲、怒り等、又、不和、分裂、非難等の不快な感情や想念を抑え、通り越え、悪魔細胞の意志を柔軟な穏やかな宇宙的な細胞に変化せしめなければ、ならないからです。

アルコール中毒者やニコチン中毒者は舌(喉)や鼻の細胞が中毒になっていますから、不足すると酒や煙草を呻き声を出して要求します。そしてイライラします。中毒になっているので、断酒や禁煙をしなければ病気で体が破壊されますので、これらを止める必要がありますので、断固たる決意と信念を持って沸き起こる細胞の不快の念と戦わなければなりません。

悪魔細胞の意志は習慣(中毒細胞の意志)に支配をされていて容易に折れ合おうとはしません。忘れかかった頃に自己主張をしはじめて、古い習慣的な考えやサガを一方的に押し付けようとしますが、負けては、なりません。それがエゴ細胞の意志なのですから。・・我々はこの様な立場にあるのです。我々は、あまりに誘惑物(金銭、資産、女(男)、酒、大邸宅、宝石、新車、宝石等)が多過ぎて、これらの

多くの欲望に打ち勝つのは容易ではありません。人間の肉体の物欲細胞(目、や耳の細胞の意志も同様)がこれらを過大に欲しがるからです。そして入手が出来ないと不平、不満や怒る訳です。強欲ではなくて、小欲であるべきです。貴方が一時的に誘惑物の大邸宅や宝石や新車等を自分の所有物としたとしても、貴方が他界し肉体を脱ぎ去る時、それらは持ち運べません。ましてや我々は

たかが肉体の寿命は60〜90歳位です。前記の誘惑物を貴方の主人にしては、いけません。何故なら「人間は二人の主人に仕えれない」からです。真の貴方は御自分の内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂)である事を忘れては、いけません。貴方の肉体や四つの感覚器官(目、耳、鼻、舌の細胞の意志が心の意志や指示です)を創り、貴方の過去世を記憶したり又、超能力を表現しているのは

貴方の宇宙の意識に他なりません。ですから貴方の宇宙の意識が一番大切なのです。宇宙には永遠の生命を得る可能性を示さない人は15〜16回の転生で魂が除去されるという、宇宙の生命の法則があります。現在の地球人は、これに当てはまる人々が多いのです。何故なら御自分の過去世を思い出せる人は少ないからですし利己主義と貪欲に生きていて宇宙の意識を理解していないからです。

心と宇宙の意識との一体化(融合)の目安としては直感がよく当たる、又宇宙の意識の印象や指示が理解が出来る、そして自分の過去世の一部を思い出した等が一応の目安となります。とりあえず、これらのレベル迄、到達して欲しいのです。現在の邪悪な文明も、もう先は長くは無いかも知れませんが、最後まで慈悲深く耐え忍ぶ者は助かります。ですから貴方の心中のエゴを取り除き、

貴方の内部の宇宙の意識を神と認めて、その各種の印象に(警告、直感、ささやき声、映像、閃き、衝動、アイデア等)従う癖を付ける事を人間の心は学ばなければなりません。貴方の心が話し中の状態や喜怒哀楽の状態でなければ、それらの各種の印象や指示は、よく聞こえ、見えるものです。そして、それらに信頼と確信を持たねばなりません。

貴方が貴方の内部の宇宙の意識を取るのか、エゴや誘惑物を取るのか、二者選択です。イエスも言われていますように「人間は二人の主人には仕えれない」からです。万人に宇宙の意識が内在しており、貴方が御自分の内部に宿る宇宙の意識を神と認めて、それらの印象や指示に従うのか、又はエゴまみれに、なって貪欲や利己主義や誘惑物と共に滅びるか、どちらかを選び選択する時なのです。

是非、御自分のエゴを取り除き、沸き起こる、心の細胞の不快感や悪習慣と戦ってでも、御自分を純化して永遠の命へ入って進化進級の道を歩んで頂きたいのです。今なら間に合うからです。貴方の魂の命は宇宙の生命の法則によって除去されてからでは、取り返す方法は無いのですから。大宇宙の自然界には創造主(父)の宇宙の生命の法則が厳然と行使されているのですから・・。

是非、貴方の心の想念の思いを慈悲(愛)、奉仕、感謝、信念、同情、誠実、勇気、忍耐、信頼、謙虚等で満たして下さい。何故なら貴方の想念は貴方の全ての言動の大元になるからです。それが貴方を進化進級させるからです。それが想念の働きで作用であるからです。貴方の第二の死(肉体の死)は転生の法則に沿って行われ貴方が過去世の記憶が蘇ったとき、過去世から存続する命を

与えられていることに気ずくでしょう。第二の死は進化した惑星でも行われていますが、意識の移動の理解であるという事です。永遠の命とは御自分の過去世(複数)を思い出し心と宇宙の意識と一体化(融合)をして永遠に転生する事です。宇宙の意識の指示を行うものは誰でも永遠に生きられるのです。前述の事を行えばその時、貴方の本体は見事にエゴが削り取られダイヤモンドのように、あらゆる光を反射して純化しているでしょう。

(過去世を思い出す方法やテレパシーの受信方法はHP「永遠の生命」に記載されていますので、御熟読をして下さい。)皆様方が創造主(父)の似姿と栄光と永遠の命が得られて父の御加護が有ります様に。
HP「永遠の生命」
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
>「月面と火星等に生命と文明がある」ブログ
http://air.ap.teacup.com/nakaotatsuya3/
映像は土星の衛星のタイタンの映像で土星の衛星タイタンに降下した小型探査機カッシーニーの映像で山脈から河川が大河に流れる映像。


2007年02月22日(Thu)▲ページの先頭へ
「月の円形都市で文明がある」
米国NASAのアポロ15号が撮影した月面の円形都市(ガッセンデイクレータ)の驚愕の映像で道路が円形型で明らかに人工的な道路である。宇宙人が月面にいる証拠だ。

「スクープ火星に生命がある」ブログ

米国NASAや欧州宇宙機関等の宇宙探査衛星写真等の火星や月面等の生命と文明が存在の驚愕のスクープ映像を提供、月面や火星等に文明がある。http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/
詳細は下記のHP「永遠の生命」で

人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月の生命、存在の衛星写真とUFOが多数、満載。宗教団体と無関係

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「投稿記事集ブログ」

http://plaza.rakuten.co.jp/nakaotatsuya3/

皆様方の宇宙哲学に対する真摯で真面目な御質問や御意見を下記の
アドレス楽天ブログ「永遠の生命」のBBS掲示板でお待ちしています。

http://plaza.rakuten.co.jp/nakaotatsuya3/



2007年02月16日(Fri)▲ページの先頭へ
「新約聖書予言と最後の審判」
「新約聖書予言と最後の審判」
マタイ福音書24章「民は民に国は国に敵対して立ち上がるであろう。又あちこちに飢饉が、起こり、又地震があるであろう。しかし、全て、これらは生みの苦しみの初めである」と述べられています。つまり民族同士の敵対や国々の敵対等が起き大規模な地震(スマトラ沖地震や東海大地震等か)や食料不足が発生する。その後「預言者ダニエルによって言われた荒らす憎むべき者が聖なる場所に立つのを見たならば、

その時ユダヤ(イスラエル)にいる人々は山へ逃げよ、屋上に、居る者は家から物を取り出そうとして下に降りるな。その日には身重の女と乳飲み子を持つ女とは不幸である。貴方、方の逃げるのが冬、又は安息日に、ならない様に祈れ、その時には世の初めから現在に至るまで、かってなく今後もないような、大きな艱難(第三次世界大戦が発生するかも知れない)が起こるからである。」と述べられています。(どうもユダヤ(イスラエル)の都市等で発生するかも知れない核爆発の描写であるように思われるが不明)、「しかし、その時に起こる艱難の後に

たちまち、日は暗くなり、月はその光を放つことをやめ、星は空から落ち、天体(地球)は揺り動かされるであろう。(1958年の太陽の磁極の逆転に対応する南北極地の移動と思われる)その時、人の子(イエス)のしるしが天に現われるであろう。又、その時、地の全ての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とを、もって人の子(イエス=オーソン師)が天の雲(宇宙船UFO)に乗って来るのを人々は見るであろう。

又、彼(イエス=オーソン師)は大いなるラッパの音と共に御使い(宇宙人)達を遣わして天の果て(太陽系、内外)から、果てに至るまで、四方から、その選民を呼び集めるであろう。(近隣の惑星人達のみならず、他の太陽系の多くの惑星の宇宙人達を含む数10万隻の宇宙母船やUFOが大挙して地球上に再臨をされるようで、偽キリスト、マートレイヤー等、問題にならない)・・・中略、マタイ福音書25章後半(最後の審判)「人の子(イエス=オーソン師)が栄光の中に全ての御使い(宇宙人)達を従えて来るとき、彼は栄光の座に着くであろう。そして、

全ての国民(地球人)をその前に集めて羊飼いが羊とヤギを分けるように(宇宙的な人間と非宇宙的エゴ人間の事)彼らを、より分け、羊を右にヤギを左に置くで、あろう。その時、王(イエス=オーソン師)は右にい

る人々に言うであろう。「私の父(創造主父)に祝福された人達よ、さあ世の初めから貴方、方の為に用意されている御国(近未来の新しい宇宙的地球文明の事)を受け継ぎなさい」中略「それから左に、いる人々にも言うであろう。

のろわれた者どもよ、私を離れて悪魔とその使い達との為に用意されている永遠の火に入ってしまえ」中略「そして彼らは永遠の刑罰を受け、正しい者は永遠の生命に入るであろう」と述べられています。マタイ福音書25章の後半については最後の審判がイエスや聖人、賢者達、宇宙人達により行われるものと思われますが、とにかく我々は今後さほど最後の審判まで、年月は残されていないと思われますので各人のエゴ心の撲滅に向かって、心という衣を白くクリーニングをする必要があります。利己主義や貪欲、憎悪、嫉妬、支配欲、強欲等は滅びの道で、ありますので

心のエゴの汚れを綺麗に、されますように切に願っています。勿論この事は他人はやってくれませんので自己責任で行うしか方法はありません。それには各人が自主的に想念観察を行い宇宙的想念(愛、慈悲、奉仕、感謝、信念、忍耐、勇気、誠実等)に切り替えて実践するより方法はありません。この想念観察の方法に付いては私のHP「永遠の生命」に詳細が述べられていますので、ご一読をされて下さい。

実は最後の審判については私は上の方から言われているのです。「貴方の(中尾達也の)存命中に最後の審判が起こると」・・・現在、私は2007年2月時点で63歳ですので、先の年月(肉体の寿命)は知れています。どうか皆様方の魂の命が、かかっておりますので、真摯に真面目にエゴ心のエゴを取り除く事に全力を尽くして頂きたいと念願しています。そして各人の宇宙の意識(叡智、命、神、魂)の印象や指示に従われて、心の意志を宇宙の意識(羊)の召使にして

心と宇宙の意識との一体化(融合)をされて発達、成長をして頂きたいのです。宇宙の意識は貴方、方、万人の教師であり神であるからです。ですから万人に対して尊厳感を持つべきです。オーソン師(過去世で釈迦、モーゼ、エリア、イエス等の過去世の持ち主で現在金星で生きておられる)とはアダムスキー全集の「第二惑星からの地球訪問者」旧、「宇宙からの訪問者」に出てくる、Gアダムスキー氏(過去世でヨハネ)が最初にデザートセンターで会見をされた進化された高貴な

宇宙人(金星人)でG,アダムスキー氏の友人の宇宙のブラザーズで、お二人の過去世は2000年前、エルサレムでのイエス(オーソン師)とヨハネ(アダムスキー氏)の師弟関係であったのです。イエスは復活後に宇宙船(UFO)の磁気エレベーターで上空へ吊り上げられて金星へ帰られたのです。そして再度、地球に公式に、おみえに(再臨)になるのです。その時に最後の審判が起こるのです。我々は何が発生しようとも恐れることはありません。貴方、方が心のエゴを取り除き、心と宇宙の意識(叡智、命、神、魂)と一体化(融合)をしていれば、

恐れや恐怖はありません。何が発生しても貴方、方の生命の知識や宇宙の法則の理解に応じた惑星に転生するからです。宇宙の意識に対する強い信頼と確信が皆様方を永遠の命に導いて下さるのです。恐れや恐怖心を持たれない事です。宇宙の意識の意志や指示を行う者は誰でも永遠に生きられます。 注意( )は中尾達也の注訳。

「付記」金星人、オーソン師やG,アダムスキー氏の肖像画や写真は当ブログ記事「汝、自分自身を知るには」の挿入写真で・・・米、カリホル二ア、デザートセンターでの金星人、オーソン師とG,アダムスキー氏とのコンタクト「第二惑星からの地球訪問者」や「生命の科学」「テレパシー」「宇宙哲学」、又、G,アダムスキー氏の金星旅行や土星で行われた惑星間会議等に付いての詳細は各地の図書館のアダムスキー関係の蔵書、又はアダムスキー全集(中央アート出版)で

HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「スクープ火星に生命がある」http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/
映像は2005年1月14日土星の衛星タイタンに降下した小型宇宙探査機ホイへンスの8キロm上空からの映像で水路や大地が写っている映像は欧州宇宙機関。


2007年02月06日(Tue)▲ページの先頭へ
「アポロ11号が月面で葉巻型宇宙母船と遭遇」
アポロ11号は月面で宇宙人 達の葉巻型宇宙母船のアダムスキー型、小型機の離発着を目撃させられていた。又、宇宙人 側に監視されていた。

詳細はHP「永遠の生命」で

人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月の生命、存在の衛星写真と宇宙船(UFO)が多数満載。宗教団体と無関係。

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
「スクープ火星に生命がある」
http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/


2007年01月26日(Fri)▲ページの先頭へ
「人間の進化と目的」
人生も最終のゴールラインが目前になると自分は何故、生きてきたのか、何の為に生きてきたのか?とふと思索がよぎる人々がいます。人生の目的も義務も人間的進化の目標も無く、世間という世の中のチリの中で睡眠の寝椅子で寝ている人々が多いのも事実です。それでは遅すぎるのです。人生には宇宙的な生命の法則や原理や創造主(父)の息子や娘として宇宙的な進化の生き方が存在する訳ですが、現代の多くの宗教団体は一般人を圧迫しているのが実情です。例えば他の教えに走れば地獄へ落ちるとか、異端的考え方というものです。

本来、宇宙には地獄は創造されていませんが、ガリレオの宗教裁判の当時は異端的(地動説)であったのです。さて人間の進化に焦点を当ててみましょう。まず心のエゴ(怒り、憎悪、利己主義、貪欲、支配欲、自己保身等)で考え言動する事を止めるのです。心とは目の細胞や耳の細胞、鼻、舌の細胞の意志や指示であるからです。目の細胞は新車や宝石を見た瞬間に、いいな自分も欲しいなと思います。これは目の物欲細胞のサガですし習慣的な思考であるのです。これらは

来世迄持ち運べません。耳の細胞は電話での振り込み詐欺や欲に絡んだ商品取引の勧誘等で簡単に騙されたりします。又、鼻や舌の細胞に付いてもアルコールやニコチン中毒者は鼻や舌の細胞の意志や指示が異常な習慣的な思考(中毒)になっている訳です。これは自分が楽しんでいる事を全て止める事を云っている訳ではありません。何事も中庸なら良いのです。心は習慣的な行動や思考に基図いてテープレコーダ型に作用しているに過ぎません。つまり心は知る者ではありませんので心というジャングルの中で道に迷っているのです。

心の悪想念や悪感情や悪習慣を是正をするのは容易ではありませんが、時々貴方の内部から良き方法や考えが心と云うジャングルの中で一条の光として宇宙の意識(叡智、命、神、魂)の指示として差し込むのですが、それが何を意味するもか理解をしません。丁度、人間は自動車学校の路上教習で車を運転している人と、よく似ています。万人の内部に宇宙の意識(教官)という教師が同乗をしていてくれて横断歩道に歩行者が歩いている時は一旦停車をするのだよと、

又、暴走運転や飲酒運転をしては、だめですよと、各種の無言の印象で貴方に教え導いています。これらの教官の印象や指示を無視すると、人生や社会では多くのトラブルや犯罪に発展をする訳です。貴方の教師(宇宙の意識、教官)は貴方の心にアイデアー、衝動、警告、閃き、映像、ささやき声、直感等で終日、心を教え導いています。貴方の心が喜怒哀楽や摩擦の状態ではなく、調和のとれた平安で静寂な状態で池の静かな水面のように波だっていなければ貴方の内部の宇宙に意識の声や指示が聞こえるでしょう。

それは創造主(父)の声や指示に他なりません。人間の肉声の声とは違うのです。ですから宇宙の意識の各種の印象や指示を知りそれに従う、癖を心は付けなければ、なりません。その声や印象や指示は丁度、子羊のようで親切で豊かで美しい指示であるのです。よく妊婦さんが酸っぱい食べ物を食べたいと思ったりする時の最初の指示の印象等も、これ等に当てはまります。妊婦さんが、その時、酸っぱい食べ物を食べなければ不完全な子供が生まれたりします。

まず心のエゴ(貪欲、怒り、利己主義、憎悪等)や自我の克服を行い創造主(父)の栄光と似姿を現わす為に心という衣を真っ白にクリーニングする必要があります。それには自分自身で行う「想念観察」という方法があり、一日の終わりに自分の想念をもう一人の自分が客観的に見つめてよく反省して貪欲、怒り、利己主義、支配欲、所有欲、等の想念を取り除き、宇宙的な慈悲(愛)、同情、奉仕、謙虚、信念、感謝、忍耐、勇気、誠実等の想念に切り替えるのです。それが貴方の進化の第一歩です。何故ならあらゆる行為は想念が原因で起動をするからです。

最初の内は一日中の想念の50〜70%は非宇宙的な自己保身や物欲的な想念や悪感情が多いようです。最初はこれらを手帳やノートに左右に分けて(宇宙的想念と非宇宙的想念)記入して比較される方法も良いでしょう。そして順次、良き想念に切り替えて行くのです。想念や感情の働きは物事を発生させる、あるいは願望や望みは同類の者を引き寄せたり、青写真原図の働きをします。それが想念や感情の作用であるからです。人間の想念は非常に大切なもので

「人間は自分が思う通りの者になる」という宇宙の法則が、あるからです。つまり悪魔にも天使にも、成れるのです。上方への人間的進化向上こそが正道です。G,アダムスキー氏も言明をされて、いましたが、人間の心は丁度バイオリンの四つの弦の様であると、心の表現を通じて下品な音楽の表現も奏でる事も出来るが上手な人の手にかかれば良く調弦して神々しい音楽も表現し奏でることが出来ますといわれています。いかに心を調弦をして見事なハーモニーを心が表現が出来るか、又、宇宙の意識の印象や栄光を現わせるのかどうかです。

人間の心は本来、宇宙の意識の意志を遂行する為の召使として創造をされていますので、心の領域で住むことを止めて宇宙の意識の領域で住む事を実地して行くように心が協力する事を学ばねば、なりません。そうすれば貴方の心は宇宙の意識(神)と一体化(融合)して過失は少なくなるでしょう。それが真の生まれ変わりで放蕩息子が父の家に帰る道でもあるのですし永遠の命の道を歩く事になります。

肉体や心を創造したのは宇宙の意識でありますし過去世からの前世の記録係でもあり全知者であるからです。そうすれば順次、透視、テレパシー、予知、前世の記憶の蘇り等の能力等も自然に貴方の内部から発露して来るでしょう。何故なら貴方の本体という鏡が綺麗になり全ての波動(映像、光、音、想念等)を写すからです。これが我々が学ばねば成らない学習で人間の進化進級の正道です。人間の価値はテレパシー等の超能力等で見られるだけです。

映像は月面のピラミッド状の物体と陸橋状物体」アポロ15号の指令船が写した映像で月面のハドリー渓谷一帯の画像で右側は三角形でピラミッド状の構築物で左側は塔のような物体と細長い陸橋のような物体がみえる。 明らかに人工的な構築物である。

詳細はHP「永遠の生命」で 更新中

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
ブログ「スクープ火星に生命がある」

http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/

http://nakaotatsuya3.seesaa.net/
 


2007年01月19日(Fri)▲ページの先頭へ
「スクープ月面に宇宙人達の建築物がある」
「スクープ月面に宇宙人達の建築物がある」
驚愕のスクープ、ルナオービター5号が月面のモスクワ の海、近くを撮影 したら宇宙人達の建築物(左側、多数の長方形 物体がそれ)が発見された。月世界に宇宙人の文明がある証拠だ。


「HP永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「スクープ火星に生命がある」ブログ 「高貴な宇宙人達の緊急メッセージ」

http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/ 「カテゴリー」 火星画像 月面画像 UFO


2007年01月13日(Sat)▲ページの先頭へ
「生か死か」阿弥陀仏(高貴な宇宙人男性、賢者)からのメッセージ
阿弥陀仏(高貴な宇宙人男性、賢者)からの緊急メッセージ

(注釈)賢者、師は過去世で阿弥陀仏という名前で知られる高貴なお方です

「生か死か」

人はどうして欲張るのか、鼻から吸う空気は毎日タダではないか、空から降る水(雨)もタダではないか、貴方が食べる食料は誰が育んで育てているのか、米も麦も野菜も果物も創造主、天の父が育てたのでは、ないのか、人間は何故それ程に貪欲なのか、他人の10倍も食事を取りたいのか、そんなに食べられる訳がないのだ。人は生きる為に食べるのだが、それにも限度があるのだ。

どうして他人の足を引っ張って欲深く生活物資を得ようとするのか。貴方が欲張れば他人に不足が起こるのだ。もっと人類全体の奉仕やバランスの事を考えなさい。空の鳥は蒔く事も刈り入れる事もしないのに天の父は彼らを養っていて下さるではないか。貴方は自分の衣装を取替え引き換え、着飾って、どうしょうと云うのだ。それより自分の明日の魂の命を考えてみるが良い。

自分だけが良く、欲深く満足するだけでは、どうにもならない事を考えてもみよ。
奪い合いの世界は滅びの世界である。創造主(父)の宇宙の法則に反しているからだ。万人に良くすれば報われるものだ。お互いに与え合う世界は豊かで美しいものだ。貴方、方の魂の命は風前の灯火である。何故なら自分さえ良ければ良いと・・・ 

他人は死のうがどうなっても良い等と云う考え方では創造主(父)の御心には遥かに及ばない。どうして分け与えないのか。人間(万人)は創造主、天の父の息子や娘ではないか。お互いに尊敬感を持たないからお互いに大事に大切に、し合わないのだ。どうして自分を愛するように他人を愛せないのか、人間は何処に

住もうと、どんな人種であっても皆、創造主、天の父から出た者同士なのだ。他人が苦しんでいても知らんふりをしている。貴方がその第三者になってみれば解かるのに、どうして同情する気持ちが涌かないのか、貴方、方は明日の命も解からないというのに、・・・これからの年月は宇宙的(愛、奉仕、感謝等)に生きて創造主(父)の子供として生きる人達と自分のエゴや貪欲さの為に滅びる人達の

二極分化の年月になると思う。・・・願わくば多くの人が創造主(父)の御国(未来の新しい宇宙的文明の事)を引き継ぎ、宇宙的人間に進化向上をして欲しいものよ。

下記のHP「永遠の生命」は人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月の生命、存在の衛星写真と宇宙船(UFO)が満載。宗教団体と無関係
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm映像はG,フェリエールが撮った宇宙母船と発進するUFO小型機の映像。


2007年01月12日(Fri)▲ページの先頭へ
「宇宙の意識の旅行と啓示」
宇宙の意識(叡智、命、神、魂)の旅行の能力を練習してみましょう。遠い場所の光景を居ながらにして見る能力を宇宙の意識の旅行あるいは遠隔透視と、いいます。まず貴方の近くの山河の風景を上空から見てみる練習を始めてみましょうまず貴方の近くの山河へ貴方(宇宙の意識)が行ってみる事にしましょう。まず貴方が行きたい近くの特定の山河の場所を思い浮かべ、行って見ます。

貴方(宇宙の意識)がその場所を見下ろして居る所へ行くのです。すると、その山河の木々や岩や緑色の植物や川,等のハッキリした映像が見えて来ます(最初は3分間〜5分間位で止めたほうが良いと思われます。疲れると良好な結果が得られませんので)それは貴方(宇宙の意識)が、その場所へ移動をして見たり聞いたりした事になります。

また、ある時は自分が空を飛んで鳥のように移動をしたりして下界の道路や山林等を観察しながら通過して行くように感じる事があります。丁度、自分がグライダーで滑空をしているような気分に、なったりします。周囲の山並みや道路の光景にピントが合ってハッキリ見えます。それは貴方の宇宙の意識が移動をして旅をしている事を意味します。この事は難しい事ではありません。

実は誰でも多くの方が夢うつつ等の状態の中で体験をしている人が多いのです丁度テレビを見ている様なものです。これらの練習は自宅の別の部屋や隣近所を天井の上部の高さから見下ろして宇宙の意識を移動させて見る練習も良いでしょう。これらの能力は練習するほど、上達します。自動車学校で車の運転を路上学習するのと同様です。

以上は宇宙の意識の旅行の能力ですが上達すれば外国や他の惑星の事も知る事が出来ますが、好奇心が強い程、良い結果が生まれますが、緊張するとダメでいずれも気楽に行う事です。

次は宇宙の意識の啓示の体験談を、お話してみましょう。今から約28年程の昔のある日の夜のことで私が就寝していると脳裡の映像の中で奇妙な画像を見たのです。6畳位の和室の畳の部屋で中央に布団が敷いてあり一人の人が布団の中で寝ている映像でしたが、しかし、その方の顔には白いハンカチが掛けられていたのです。

そして、その映像の直後に私の耳に次の声が聞こえたのです。「この事は二日後に起こるぞ」と声がしたのです。私はその時は、この映像と声が何を意味するのか理解が出来ませんでしたが翌日になり町内の方がAさん宅のお爺さんが亡くなられたので明日の夕方に通夜が有りますので来て下さいとの連絡がありました

昔は通夜も自宅で行われる事が多かったのですが、翌日の夕方にAさん宅へ通夜に参加をさせて頂いたのですが、何と二日前に自分が脳裡で見た映像と全く同じで6畳位の畳の部屋で布団にAさん宅のお爺さんが亡くなられて顔にハンカチを被せられて寝ておられたのです。私は内心「うーんこれは」と絶句をしてしまいました。

私の心は3日前にはこの様な事は知る由も無く全く、宇宙の意識からの啓示そのもので、有った訳です。この事は私の個人的な宇宙の意識からの啓示の一例の体験談として発表をさせて頂きました。これらは神秘主義、霊界通信やオカルト、占星術等とは関係がありません。宇宙の意識の働きの作用の一面なのです。

下記のHP「永遠の生命」は人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月の生命、存在の衛星写真と宇宙船(UFO)が多数、満載。宗教団体と無関係。
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm映像は木星の赤道付近の高山地帯の衛星写真で惑星探査機カッシーニが搭載したレーダーマッバーを使って木星の赤道付近の山脈を撮影した映像でよく見ると氷河状のものや雪らしきものが写っているヒマラヤの山地によく似ている。


2006年12月29日(Fri)▲ページの先頭へ
「人間は何故、生きるのか」
大自然の中に人間は何故に生きているのだろうか、G,アダムスキー氏は人間の目的と義務は愛(慈悲)と奉仕が人間の目的と義務であると遺稿の中で述べられました。まず我々が生かされている自然界を観察してみましょう。燦燦と降り注ぐ太陽の陽光や微風、綺麗な色とりどりの草花の香り、空を飛ぶ小鳥のさえずり打ち寄せる浜辺の波音、四季の移り変わり、果物や穀物の実り等、我々、人間

は、いかに創造主(父)の大自然の恵みの中で育まれており見事な宇宙の計画の中で生かされているのか・・しかも人間は創造主(父)の息子や娘として進化進級の学び舎(王宮、庭園)に住まわさせて頂いております。各太陽系の諸惑星の各教室には学習すべき科目や単位があり、私達、地球人は、まず自分の自我の克服(自分のエゴ怒り、貪欲、利己主義、等を取り除く事)や心と宇宙の意識(叡智、命、神、魂)の融合(一体化して溶け合う事)が第一の学習内容です。

釈迦も言われていますように、貪欲、怒り、愚痴、(愚かさ)は三毒と云われていますように人間にとっては魂を殺す毒薬と同様になるからです。現代の我々は古代よりも、もっと多くの誘惑物と欲望の渦に巻き込まれて、おり本来の人間の生きる目的や義務といったものを忘れており盲目の状態と言っても過言では、ありません。私達はGアダムスキー氏が提唱されました想念観察を各人が自分の進化

の為に自主的に行い心中のエゴ(怒り、憎悪、支配欲、嫉妬等)をクリーニングするより方法はありません。その上で貴方の(万人)の内部に内在する宇宙の意識の印象や各種の指示や啓示を知り、生活上で指針として心が役立て協力する事を学ばねば、なりません。万人の内奥の宇宙の意識は各人に直感、衝動、警告、映像、アイデアー、ささやき声等で万人の心を教え導いています。貴方が自身の

自我に過度の集中をしているのを止めて貴方の心が調和や平安である時は、その神の声や印象は各人によく印象付けられるものです。つまり各種の印象や指示や啓示等です。例えば信号の無い交差点に車で来た時に音も光もしないのに無言の指示で徐行しないと危険だよと云う指示が貴方の心に印象付けられます。それで思わず車を減速すると子供が自転車で飛び出して来て無事故で助かった経験は多くの方がされていると思います。

時折、閃きや警告等で、こうすれば良いとか、これは危険だな、とか云う印象や指示や啓示が各人の内部の叡智から心に印象付けられます。それは万人に内在する宇宙の意識(叡智、命、神、魂)からの指導で指示であるのです。それは全知者(創造主、父)の声です。人間の心のエゴで考える事ばかりではなく心の領域で考え思う意志を宇宙の意識の領域の意志に譲り渡す必要があります。

どうしたら心は神に支配権を渡すでしょうか神(宇宙の意識)と富(金や資産)と兼ね仕える事は出来ないし、人は二人の主人には仕えれないのです。人間の心は聖書にも記述があるようにライオンのように吠えまくっているからです。

一方、宇宙の意識は子羊のように豊かで親切で美しく小さな各種の印象や指示や啓示で教え導いています。丁度、心という放蕩息子が見栄やプライドや身を持ち崩した生活を反省して父の(宇宙の意識)家に帰るようにするのです。

心は無知蒙昧で知る者ではなく全知者である宇宙の意識(神)の意志や指示に従うのは創造主(父)の息子や娘として当然の義務であり進化の階段を登る事になるからです。 宇宙の意識に対する強い信頼と確信が皆様方を永遠の命へと導いて下さるのです。我々は、まだ永遠に学ばねばなりません。我々は退化する為ではなく進化向上し学習する為に生きているのであって、パンを得る

為だけでは無く経験や学習を通じて父の栄光と似姿に進化出来るように頑張って生きているのです。我々は皆が地球という小学校の学年で同じ資格を得て学んでいます。 太陽は貧しい者にも富める者にも正しい者にも悪人にも等しく光や熱やエネルギーを与えています。

又全ての生物や万物に等しく偏る事無く光や熱やエネルギーを与えています。これは創造主(父)の愛の象徴です。そして偏る事のない奉仕であるのです。本来、我々も愛と奉仕を創造主(父)のように与えるのが本当であって所有欲、独占欲、偏愛という間違った愛の表現をしています。

我々、地球人も貪欲と利己主義を克服して全体への奉仕や博愛や真の意味の平等を我々は学習すべきです。我々、地球人は生き残り進化しょうと思えばまず

地球上の約10億人の文盲者や無数の餓死者を無くする事から始めなくては、ならないでしょう。まず地球上全体の軍事産業や軍事経済を全廃して、それらの失業者を宇宙産業へ従事させる事です。他の惑星への旅行と宇宙開発産業は

何世代もの人々の事業となるでしょう、そうすれば地球人類の全面核戦争や第三次世界大戦での人類の絶滅の回避や各種の資源や食料の平等な分配等の

スタートラインに立つ事に成るでしょう。我々の子供や孫達の、かけがえのない命と未来の良き生活の為や創造主(父)から万人に賜った大切な美しい大自然をそのまま子孫に受け継ぎたいものです。

第三次世界大戦を発生させない為にも我々は各国の経済界や政界や国際金融財閥等のトップの方々へ戦争反対や世界平和や資源や食料の平等な分配を願う手紙やメールを送る事から始めるべきですが、あくまでも非暴力で行うべきです。

下記のHP 「永遠の生命」は人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月の生命、存在の衛星写真と宇宙船(UFO)が多数、満載。宗教団体と無関係。

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm 映像はアポロ11号が写した月面上を飛行する2機の葉巻型宇宙母船が写る写真。



























2006年12月23日(Sat)▲ページの先頭へ
「月面上には近隣、惑星人達のUFO基地がある」
アポロ11号が月面上で近接撮影した巨大な葉巻型宇宙母船が飛行中の驚愕の映像。詳細は下記のHP「永遠の生命」で

人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月の生命、存在の衛星写真と宇宙船(UFO)が多数、満載。(更新中)宗教団体と無関係。

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


2006年12月18日(Mon)▲ページの先頭へ
「宇宙哲学、魂の命」 阿弥陀仏(高貴な宇宙人男性、賢者)からの緊急メッセージ
阿弥陀仏(高貴な宇宙人男性、賢者)からの緊急メッセージ

(注釈)賢者、師は過去世で阿弥陀仏という名前で知られる高貴なお方です

「宇宙哲学、魂の命」

今、一番、貴方に大切なものは御自分の魂の命である。貴方の内奥の神でもある、宇宙の意識(叡智、命、神、魂)は心があまりに無知で我がままな為に、嘆き悲しんでいる。それは何故か、貴方の魂が求めているものを貴方の心が拒否をしており、無知蒙昧であるからだ。魂が餓えており大自然の法則や原理を知りたがっているのだ。

ところが人間の心は見え聞こえ味臭う世界に従属して、縛られているのだ。いや傍若無人なのだ。貴方の内部の魂である神は心を導く為に日々、警告、直感、映像、閃き、ささやき声等で教えているというのに、これらを心の意志は聞こうともしない、宇宙の法則の中では怒り、貪欲、愚かさ(愚痴)利己主義は貴方の魂を殺す法則であると云うのに。

創造主(父)は愛と奉仕に生きよと言われておるのに、どれほどの人間が実行していると、言うのだ。いや普通人は利に走り貪に走っているではないか。純金の延べ棒がトラックに何台分あろうが、土地が何町歩あろうが、貴方の魂の命が転生の宇宙の法則によって取り除かれたのなら、何によって買い戻せようか、

よく考えるがよい。創造主(天の父)は数千年も昔から、利に走る者や貪欲に走る者は滅びの道であると言われているではないか、自分の心のエゴ(怒り、貪欲、利己主義、憎悪、嫉妬等)を取り除かずに永遠の命に入れると思うな。貴方の貪欲、怒り、愚かさ、殺意、嫉妬、憎悪等が貴方の魂の命を滅するのだ。

釈迦も貪欲、怒り、愚かさ(愚痴)は三毒と言われたで、あろうに。イエスも言われたであろうに、「自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者はそれを保って永遠の命に至る」と。エゴを保つ者の末路は哀れなものよ、初冬の木の枯葉のように散るのみである。

今、真に反省し、心中から悪しき想念と感情と悪習慣を取り除くべし。 数千年も昔から、言われておろうが、最後の審判(マタイ福音書25章後半)があると、その時が近ずいておるのだ。真に己の悪想念を断て、それが人間としての細くて狭い進化の真道なのだ。創造主(父)の息子や娘として生きたいのなら実行すべし。

人間は学ぶ為に生かされているのだ。パンを得る為だけに生きるにあらず。

下記のHP 「永遠の生命」は人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月の生命、存在の衛星写真と宇宙船(UFO)が満載。宗教団体と無関係。更新中

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm
映像はアポロ11号での映像で月面上で葉巻型宇宙母船から離発着する小型UFOでアダムスキータイプで3個の球形コンデンサーが見える。


2006年12月15日(Fri)▲ページの先頭へ
「宇宙の意識を認識して生きること」


太古の時代には自分の生命の根源に対する認識やきずくこと、つまり自分の内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂)を自分自身で意識して生活する事や、人間が元々、本来持っている宇宙のワンパワーや叡智等を自分のものにして、生命エネルギーや動力発生部と直結する事は非常に重要な、人間の進化向上の叡智の基準として尊重されました。

つまり自分を存続させている原因(宇宙の意識、叡智、命、神、魂)と結果(肉体や心、・目、耳、鼻、舌の細胞の意志)を知る事になります。至上なる叡智(創造主父)の生命の息は万物の創造物に化身し神の精気(宇宙の意識)として命ある存在(肉体や感覚器官・心)を生み出したのですし、

生命体を維持し存続させる基盤であるのです。私達は自分自身のエゴ(貪欲や利己主義や怒り等)を削り取り除き悪習慣や悪感情を捨て去りますと、それにより宇宙エネルギーや知識の流入が拡大強化されて来ます。そのエネルギーや叡智の強化は本来、創造主(父)の息子や娘として、万人に潜在して与えられており、人間の進化と共に生得の

ものとして付与され発露するものです。万人に本来、備わっている、生得の力、宇宙のワンパワーや、それらに付随する叡智からの指導(衝動、閃き、映像、直感、ささやき声、アイデアー、警告等)や、いわゆる超能力(透視、予知、テレパシー等)を自分自身で興味を持ち信頼し発達させ

努力を行い歩み自分自身の身につける事が出来れば成長し進化する事が出来ます。ですから精神的に進化成長をしようと願望するなら自己の心の意志を自分の宇宙の意識の中に没入させねば、ならないのです。

そして宇宙の意識と共に歩み語らなければならないのです。我々は今、この時、この時代に学習しなければ退化の道を歩く事に成ります。何故なら宇宙の万物や宇宙の意識は常に進化をしているからです。貴方の宇宙の意識を認識し信頼して生きる努力を惜しまない事です。それは全知者で生命の付与者で貴方の過去世の記憶の保持者であるからです

。宇宙の法則には人間は「自分が思う通りの者になる」という法則や「同質結集の法則」(同類が集まる)があり、自分で想い考える事や自分の脳裡の映像で描いて表現したり、そして願望等は貴方自身の運命や世界を創造して行く為の青写真の設計系図に、成りますので、清新で若々しい希望に満ちた宇宙的想念(慈悲、感謝、奉仕、信念、誠実、勇気等)を

持たなくては、清雅に純化し(混じり気の無い純粋なものにする事)進化進級する事は出来ません。身近な人々から発生されている。不和、分裂、非難やエゴ(怒り、憎悪、嫉妬等)の想念や感情にズルズルと引き込まれ無い事です。それで時々、進化された人達と話し合ったり、する事が大切に成って来ますが、その様な環境に無い時は犀(サイ)のように一人で信念を

持って進化の道を進まれる事です。宇宙の創造の統一された共通のワンパワーは全ての万物の宇宙の意識の創造物の中に存在して、宇宙の意識は宇宙に存在する太陽系や銀河系の万物の存在の全ての全体であり宇宙の意識と宇宙の万物の存在は原因と結果を同時に表現しており不可分のものです。ですから宇宙の万物は創造主の体現の表現なのです

宇宙の創造に伴う宇宙的な愛は生き物達(万物)の存在の源泉と成っており、最も基本的な宇宙的なワンパワーで生命の息という神の精気の脈打つ振動です。これは又、創造物全ての生命体を活気ずけるものです創造主(父)は父性原理ですし、大自然はふ卵器のように新しい命を生み出している母性原理であります。それらは一体で現象化をしています

。丁度、太陽が全ての生物に平等に光と熱を与え活気ずかせるエネルギー波動と同様で無限の無私の愛と奉仕です。太古から太陽は創造主の愛の象徴で、あるのです。地球人の愛は所有欲や独占欲や偏愛で、あって本当の愛では、ありません。愛とは信頼、尊敬、理解、や慈しむ、同情、可愛がる等を意味しています。我々は人類愛や全体への奉仕や博愛を学ぶべきです。地球文明はこの太陽系文明の中で一番遅れている戦争を克服していない貪欲と利己主義に凝り固まった人類文明であるから
です。


下記のHP「永遠の生命」は人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月の生命、存在の衛星写真と宇宙船(UFO)が多数、満載。宗教団体と無関係。
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「写真提供」米国NASA,ロシア宇宙局、中日新聞本社、平安書店、学研、徳間書店、ユニバース出版、国立天文台、欧州宇宙機構

映像は1969年アポロ12号が月面の「嵐の海」に着陸したアポロ宇宙飛行士の上空に現われたフォースフイルドの 雲に包まれたUFOの光と共に写った映像で左下の写真はUFO(小型機)が前方へ回り込んだ事を地面の光の反射が示している。アポロは月の住民の宇宙人達に監視をされている。 


2006年12月09日(Sat)▲ページの先頭へ
「人間の進化と自我の克服」
人間の心に巣食っている、エゴ心(癌)、それは利己主義、貪欲、憎悪、嫉妬、支配欲、怒り、物欲、不和、分裂、非難、妬み、恐怖等と数えると際限が無い程のエゴ(癌)ですが、これは皆、エゴ心の意志のなせる業で、これらの心のエゴを取り除くのは容易では、ありませんが、我々は創造主(父)の聖なる、息子や娘として、清雅に清廉に進化向上をしょうと思えば、まず自己の目立ったエゴから、

順次、取り除か無くては、なりませんが、まず一つの方法として自分が転生し他界する時は、今、現在、自分が持っている、あるいは、関わっているものは(家や資産や生活物資等)は一切が、来世に持ち運べない事を、よく理解して御自分が認識する事です。
貴方が来世に持っていけるのは宇宙的な記憶や才能や信用という、もので、有形物は一切が持ち運べません、ですから、これらを貴方の主人にしてはいけません。この事が理解が出来て納得が出来れば少なくとも、金銭や資産等に付いての貪欲というものは無くなってきます。

いくら美人の愛しい妻がいても立派な子供がいても、いずれは悲しいですが、死に別れなくては、なりません。これも辛い事ですけれども定めで真実です。肉体の死に対する正しい知識と認識が、あれば恐怖は、ありませんが、これらを理解すると、自分の所有物というものは、一切が無い事が解かります。御自分の、ものは各人の宇宙の意識(叡智、命、神)だけで、あって、万物は皆が借り物である事が理解出来ます、そして納得します。

すると金銭や資産が入手せずに不足していたので今迄、欲張ったり、怒ったり、非難したりする気持ちが安らいで、来ます。そして貪欲や利己主義や支配欲が無くなって、来るのです。ですから大切な事は、御自分の身に押し付けて考えてみて、早くその事を悟る事です。我の物は一切が無しです。皆が借り物であります。悟れば貪欲や支配欲や利己主義というものは無くなります。

生活に最低限のものが、あり、何事も程々で中庸なら良いのです。我々は自我(エゴ心)の克服が、まず最初の学習です。そして貴方に内在する宇宙の意識(叡智、命、神)が心を召使にして、使用して行くのです。 神は万人に内在し心を教え導いているからです。映像は月の湖でツイオルコフスキークレータ

下記のHP「永遠の生命」は人間の進化の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で火星や月の生命、存在の衛星写真が多数満載。

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全274件


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2017年7月
           
25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:224
昨日:386
累計:1,368,463