4イエスキリストのメッセージthe Jesus Christ message



[PR]



2008年11月21日(Fri)
4イエスキリストのメッセージthe Jesus Christ message


4イエスキリストのメッセージthe Jesus Christ message
        宇宙人文明(金星)からのメッセージ

カテゴリー イエスキリストのメッセージ 国際ニュース 永遠の命

「心のエゴの滅却と宇宙の意識との一体化」

*皆様方には失礼をしていました。私も色々と忙しいのですみません。さて賢者様からの御要望もあり次のメッセージを送ります。*

貴方方が進歩、出来ないのは自分の利益のみに働いてパンを得る事のみにあまりにも集中しているからです。心は全くそちらの方ばかり向いていて肝心な自分の内奥の魂つまり神の意見を心が感じない所に問題があります。その事に心が気が付くには如何したら良いのかというと心自体を空しくして自分という者の意見を持たない事に徹するのです。するとマリア様も言われ

たように心というものが静まってドブ川の水でも静かになると、つまり流れないと泥が沈殿して綺麗になるのと同様で少しは心が綺麗になり真水に近くなるのです。だから地球人の場合はとにかく心を騒がせずに静かに静寂にして話中にしない事です。すると、その時、貴方の心の興味が貴方の内部の宇宙の意識の各種の印象や指示というものに気付ける事になるのです。

宇宙の意識の指示や印象は微妙で静かな色々な表現で伝えて下さる訳です。それを心が見逃さない事であると言えます。その時に人間の心は、それらの印象を創造主の意見であると感じて協力する事を学ばねばなりません。貴方方、地球人はその事を心底、信じて言動する必要があるのです。その印象を疑うのは貴方を創造した父を疑う事になるのです。ですから中尾氏が何時も

言っている各種の印象や指示を信仰心を持って心は受け入れるべきなのです。そうでないと人間の進化は望めません。地球人の心はあまりに横柄でコントロールされていない悪たれ坊主と変わらないからです。ですから貴方は神を信じるように貴方の内部の静かな内なる者の声や印象をひざまずいて受け入れるべきです。何故なら貴方方は明日の命をも知れない人達だからです。

残された時間は2008年11月の初めから半年間と限られていますので魂の命が惜しくて生き残りたいのなら、また最後の審判で流人星へ行きたくなければ死ぬ物狂いでエゴを自身で取り除き貴方の宇宙の意識と、その意志と心と一体化しなければ貴方の明日は無いのです。本当に貴方方はラストチャンスになります。我々は数千年間も貴方達の為に努力し教えてきましたが、この程

創造主(父)御自身の御計らいでこの地球は新しく生まれ変わり素晴らしい文明(御国)となる事が決定されています。全くこの地球を受け継ぐ者はごく少数ですが素晴らしい文明となります。心ある者は頑張れとエールを送りたい。  
                  金星のイエスより アーメン


「リンクのネットワークへの参加者を募集しています」中尾達也(著者)

賢者様の深い御思慮の地球人救済の為のリンクの輪、運動の参加者を求めています。当ブログに賛同して頂きブログ等をお持ちの方は当方への申し込みや手続きは一切無用ですので、お気軽にリンク付けをして頂ければ有難いと思います。貴方の愛と勇気が多くの方々の人命を救いますので宜しくお願いします。当ブログのどの記事をコピぺして使用してもOKです。

**人間の進化と生き残り運動への参加リンクの輪、協賛**

当サイト名「  」URL http:// と御記入して下さい。注、このブログのサイト名とURL」です。

宇宙哲学「心と宇宙の意識(神)との一体化の重要な要訣」著者記事
           
イエスは言われています。「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただの一粒のままである。しかし死んだなら豊かに実を結ぶようになる。自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者は、それを保って永遠の命に到るであろう」と言われています。この事は人間の心の意志であるエゴ(自我)が自分の意志を自身の宇宙の意識(叡智、命、神、魂

等)に支配権を渡すことによって発生する恐怖を意味しているのではないでしょうか。またこの事はエゴ心(自我)、自体が無知で知る者ではないのに宇宙の意識を信頼しない事を意味します。「自分の生命を捨てる者は永遠の生命を得るだろう」この言葉の意味は心のエゴを取り除き心の意志や支配権を自分の内部に存在する宇宙の意識とその各種の印象や指示である神の意思

に委ねる者は永遠の生命に預かるという事です。宇宙の意識は永続する命で永遠であり自然界の万物の生命を支え育んでいるからです。ですから宇宙の意識が無くなれば死を意味します。人間が自分自身の内部に存在すると思い探している幸福は自らのエゴ心(自我)の精神や意志とを自己の内部の宇宙の意識とその各種の印象や指示の声の意思とを融合させて初めて見つかるの

です。人間は本当に長い間、宇宙の意識(神)の各種の意志を無知の為に無視して来ました。この事は自分の魂の命の消滅する危険性をも無視するものです。宇宙の意識は自然界の万物の生命体の意識の海と同体ですから一滴の水滴が海洋の広さを知ります。そして万物が生命(意識)であり一体である事を悟るでしょう。その時、自己の真の本体(新自我)を知る事に

なり嵐が吹いても動揺する事も無くなるでしょう。しかしこの事を行うには不動の信念と決意とを必要とします。自身の自我のプライドと利己的な自尊心を捨てて自己に持たされる新しい全てのものに直面しなければならないからです。宇宙の意識は裁きや、えこひいきや差別を知りません。宇宙の意識の海の中へエゴ心たる自身の自我を滅却させるには断固たる決心と信念が必

要となります。この事はイエスが言われたように心(自我)を新生させ新しく生まれ変わる事を意味しています。何故ならエゴ(自我)の自尊心とプライドが創造主(父)の宇宙の栄光の意志の中に生まれ変わりたいと願望する時に実際にはエゴ(自我)は支配権を宇宙の意識に返上して死ぬことになるからです。(肉体の死を意味しない)この事は海洋の水と一滴の水が一体化

する事によって海の大海の水と同化するからです。皆さんが多くの講座や教師や宗教を遍歴しようとも自我の自尊心やプライドを捨てて宇宙の叡智の意志の中に生まれ変わり心の意志の支配権を宇宙の意識とその印象や指示等の意志に譲り渡さなければ真の生まれ変わりにはなりません。そして自然界の生命体に内在する命そのものを意識眼で見るようにするのです。全ての

生命体は万物を通じて現われている創造主の生命であるからです。この真実の生き方をするには忍耐力と不動の信念や決意を必要とします。先駆者は岩盤の上に基礎を築くべきで強固に立って進化の道を歩くべきです。この事を実行すれば永遠の生命と真の幸福をもたらします。ですから貴方の強固な意志で貴方の心の自尊心とプライドを捨て、また人間は「二人の主人には

仕えれない」ので貴方の財産を心の主人にしない事、貴方の心(目、耳、鼻、舌の細胞の意志)の全ての精神と思いを使って貴方の内奥の宇宙の意識(神)とその各種の印象や指示の為に働き心の意志の全てを提供しなさい。自分の新自我(宇宙の意識、創造主父)を見出す為に、また貴方の内部の宇宙の意識と心を一体化(融合)する為に心の意志を生きたまま、そして心の

もてる全てを惜しみなく投げ出して犠牲にしなさい。そしてそれに対して心を生贄にするのです。宇宙の意識とその印象や指示に聞き耳を立てなさい。そしてその指示に心の意志の全てを任せて委ねるのです。自分の心の意志の全て(精神と思い)を尽くして自分の内部に存在する宇宙の意識父の為に犠牲としてそれを捧げるのです(緊張は不可、リラックスする事)。

人間の心は宇宙の意識の召使たる為に創造されたのです。決して心のエゴ(自我)の為に心自身だけに役立つ為に心が創造されたのではありません。貴方の内部の宇宙の意識とその各種の印象や指示(直感、ささやき声、閃き、警告、映像、魂の知覚、アイデアー、衝動、信念等)に聞き耳を立てて
知覚し理解し、それを行い言動するのです。大切なのは実行なのですから。

その時「私は父と一体である」と言えるでしょう。この事が身に付き出来るようになったら少しずつでも自分の宇宙の意識と全体の宇宙の意識の自然界の生命の意識の海との一体化を行うように努力しなさい。その時、宇宙の創造物の全体の命と一体化が出来るでしょう、そして万物は一体である事が理解、出来るでしょう。被造物は創造主の体現であるのです。これ等を行う

以前に各人は心のエゴ(貪欲、利己主義、怒り等)を除去し全体への愛(慈悲)と慈しみと奉仕、感謝を行う事が前提となります。どうか皆様方の魂の命の永続性と永遠の生命がかかっていますので真摯に御尽力されます事を念願しています。最後の審判も近いと思われますので・・

想念観察の関連記事、宇宙哲学HP「永遠の生命」のURL
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/3sounenkansatsunohouhou.html

「愛と奉仕」人間の目的と義務、投稿記事集ブログURL 
http://d.hatena.ne.jp/eien3/20070711 

−用語解説ー 「心とは」

人間の普通の心で、いわゆる自我の事で、怒り、憎悪、貪欲、嫉妬、物欲、等を起こします。よく分析を、しますと、目、耳、鼻、舌、等の細胞の勝手なエゴ細胞の意志で、聖書では肉欲と訳されています。いわば、俗人の普通のエゴ心の事です。

 「宇宙の意識とは、」
人間や大自然の全ての生物に宿る命のパワーで、宇宙の叡智、全知者、神、生命、潜在意識、人体の触覚の感覚、魂、でも、ありますし、そのワンパワーは、大自然の万物や心や肉体をも、創造しています。また、その感覚は、直感的、警戒的な知覚状態です、また、人体の宇宙的細胞の記憶分子で、DNA(ディオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)の知識や印象の働きです。

中尾の助言(アドバイス) 「進化と生存の方法」心の思いを見つめる
the Nakao advice the evolution survive way
悪い事を思わない 貪欲、怒り、利己主義、拝金主義、エゴ、支配欲自己保存等

善い事を思うこと 慈しみ、奉仕、感謝、誠実、信念、勇気、謙虚、信仰調和、忍耐等

主人にしてはいけないもの 貴方のお金、財産、自尊心、生活物資、家族等

主人にすべきもの 貴方の内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)とその各種の印象や指示等・・(直感、閃き、警告、映像,ささやき声、アイデアー、衝動、魂の知覚、信念)       
心と宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の一体化(結ばれる)をする事         
        心を静かにして心の話中を止める、そして内なる宇宙の意識とその印        象や指示に聞き耳を立てて聞いて、それを理解して、それらを神の意        思と信頼してそのまま行う。心は自分の内部の宇宙の意識の召使とし        て仕えること、すると両者は一体化(結ばれる)する。 
「聖母マリアのメッセージ」 
宇宙人文明(金星)からのthe Virgin Mary messageメッセージブログ
                        
イエスキリスト、聖母マリア、賢者の各、師から著者、中尾達也に直接、連絡して頂いたメッセージを当ブログを通じて皆様にお伝えするもので地球史上で初めての内容の記事もあります。彼ら宇宙人文明の金星人達によりますと新約聖書の「最後の審判」が近未来に発生すると言明されています。新しい宇宙的な文明(御国)も近いようですので皆様方がエゴ、貪欲、利己主義、怒り等を取り除かれて心と宇宙の意識を一体化を実現して覚醒と進化されます事を念願しています
http://eien333.sublimeblog.net/

宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ
http://eien3.jugem.jp/

映像「土星上空を飛行する巨大葉巻型宇宙母船の映像」
         イタリア「ネクサス」誌 提供写真

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2008年11月
           
21
           

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:343
昨日:952
累計:1,468,206