9イエスキリストのメッセージ the Jesus Christ message



[PR]



2009年02月06日(Fri)
9イエスキリストのメッセージ the Jesus Christ message


9イエスキリストのメッセージ the Jesus Christ message

宇宙人文明(金星)からのメッセージ  


「貴方方の命を保持するには」

貴方方は明日のお金の為に生活の維持の為に限りなくお金を主人にして生きていますが私達には全く理解が出来ません。何故なら私が2000年前に言った真理の言葉「明日の事を思い煩うな明日は明日自身が思い煩う」と言いました、この言葉の真理や「人は二人の主人には仕えれない」との宇宙の真理に反する事になるからです。現在の文明が如何にこの真理(宇宙の法則)

に反している事でしょう。ですから貴方方の文明自体がもう数年間で消滅するのですが貴方方はこの事すらも知らずに盲目になるまで金銭を追い求めている訳ですが、その事が解らないのですか? 全く自分自身の魂の延命まで食い物にして、また自分の命さえも食い物にしている一種のモンスターです。この事は宇宙の法則に反していますし私達には貴方方のこの行為は全く理

解が出来ません。ですから、このブログ記事を読まれている皆様方だけでも金銭や財産を主人にはして欲しくありませんので、この事を念頭に置かれまして生活を続行して頂きたいと存じます。さて貴方方に言っておく事があります。多くの惑星の賢者会議の結果、貴方方の学習の期限が2009年の7月末迄、延長されましたし地球の極地の移動の時期も2010年の4月初め


頃から3ヶ月間で終了しますし同年の7月にはいよいよ最後の審判が始まりますので悪人は一切地球上に住む事が許されなくなりますので皆様方におかれましては(ブログ記事を読まれている方々の事、注、悪人とは貪欲、利己主義者や拝金主義者の事を指す)必死で頑張って学習して頂きたいと念願していますので後で泣かない為にも命懸けで勉強して下さい。以上です。

   金星のイエスキリスト アーメン

私イエスが皆様方に言っておく事があります。皆様方が如何に年齢を重ねようとも貴方の為に食料を蓄えなければ生きては行けない事は事実ですし大切な事です。私達は毎日、貴方方、地球人の為に寝るのも惜しんで超多忙な時を過ごしています。このままでは地球人は極地の移動の時に何十億人の方々が死亡してしまう事は明白です。何故かと申しますと北極の移動に伴い

マイナス40度c前後の寒冷帯が人間の居住地帯を移動しますので本当に何億人という方々が立ち木の様に凍りつき絶命してしまいます。重ねて私イエスが断言しておきます。2010年の4月の初め頃(多少前後するかも知れない)から約3ヶ月位かかって北極と南極の極地の移動が起こりますので特に西ヨーロッパや北米大陸の東部に住んでいる人々は2010年の1月〜2

月までに安全な地帯へ避難するようにして下さい。この事は必ず起こりますので食料、水、燃料の確保と共に心していて下さい。私達は非常に貴方方、地球人の方々の命に関わる事ですから心配をしています。私達はマスコミとのパイプが有りませんので中尾様のブログをお借りして情報をお伝えしてい
ます。ですから欧米の方々も世界中の方々も心構えをお願い致します。

「極地の移動と学習の期限の変更について」 イエス様

さて本日は貴方方に言っておく事がありますがイマイチ様子が解らない人々もおられると思いますので説明をさせて頂きますと過去の私のメッセージで明日の貴方方の事で明日の事は解らないかもしれませんがのお断りでお話をさせて頂きました件で間違いのお話がありましたのでお詫び方々お知らせを致します。さて過去のメッセージで貴方方の宇宙哲学の学習期間や地球の地

軸の発生期日について修正をさせて頂きまして再確認とさせて頂きますと共にお詫びを申し上げます。さて皆様方の宇宙的な学習を学ぶ最終的な期日は2010年の3月に再延長の運びとなりました。この事は地球人の魂の命の生き残りの人数と地球人の残留者の数を大幅に増やす事と成るものです。それで心ある人々の一層の宇宙哲学または生命の科学的な学習を必死で頑張っ

てやって頂きたいと思います。それでこの再、期間の延長の為に新たに地球上で約10万人程の残留合格者が増える事が期待出来ますし命懸けで、これ等の学習をされている方々に我々としても手を差し伸べている訳ですし私達としましても誠に喜ばしく思っています。さて地球の極地の移動について新しく次のような決定がなされています貴方方の北半球の方々には朗報となり

ますが更に1ヶ月間、後に延ばされる決定がなされています。この事は最後の審判が遅らされる訳では無く、更に詳しく説明をしますと2010年の4月の初めから地球の極地の移動が起こる予定が同年の5月からに1ヶ月間送らされた訳でその移動の期間が5月初めから6月いっぱいに、つまり2ヶ月間で極地の移動が完了する事を意味していますので皆様にお知らせを致して

おきます。しかし地球の方々にとっては朗報になると思いますがくれぐれも
学習されます事をお忘れなく死ぬ物狂いで頑張ってやって下さい。私達は貴方方の守護者でありますので心ある方々の命の存続と魂の命の永続を願ってやみません。

「賢者様の追加の記事」

貴方方に言っておく事がある。明日は明日の風が吹くとて貴方方には朗報じゃさて今迄、宇宙的な学習の最終期限が2009年の7月迄であったのが2010年の3月末日までに延長されたのじゃ、このお陰で新たに約10万人の方々の地球上に残留される見込みとなった。それから地球の極地の移動が
1ヶ月間短縮されて2010年の5月初めから6月いっぱいと変更されまし

たので御報告させて頂きます。新しく地球上に残留される方々が増える運びになった事は本当に嬉しい事じゃが心ある人々で宇宙哲学や生命の科学、テレパシー等を学んで生き残り流刑星送りを阻止したい人は一生懸命、勉強する事じゃやれやれじゃ 以上です。 賢者様の記事

宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中
人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「聖母マリアのメッセージ」ブログ、宇宙人文明、金星からのメッセージ

イエスキリスト、聖母マリア、賢者(阿弥陀仏)の各、師から著者、中尾達也に直接、連絡して頂いたメッセージを当ブログを通じて皆様にお伝えするもので地球史上で初めての内容の記事もあります。彼ら宇宙人文明の金星人達によりますと新約聖書の「最後の審判」が近未来に発生すると言明されています。新しい宇宙的な文明(御国)も近いようですので皆様方がエゴ、貪欲、利己主義、怒り等を取り除かれて心と宇宙の意識を一体化を実現して覚醒と進化されます事を念願しています。(宗教団体と無関係)

http://eien333.sublimeblog.net/

「スクープ火星に生命がいる」 衛星画像ブログhttp://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/

スクープ映像「金星人達の集落と住宅群の衛星画像」

金星、探査衛星画像のクローズアップ映像ですが、よく観察して見ると、こ
のクローズアップ画面は金星の山里か、或いは丘陵地で中央上部の色の濃い
場所は林ように見える。矢印の場所は直線で橋のようで、その下部は細い川
のようだ。中央部等に家が点在するのが確認出来る。衛星画像を見慣れた人
には全く良く理解が出来る映像です。


   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2009年2月
6

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:32
昨日:361
累計:1,359,000