「最後の審判に際して」25イエスキリストのメッセージ



[PR]



2010年02月22日(Mon)
「最後の審判に際して」25イエスキリストのメッセージ


 「最後の審判に際して」25イエスキリストのメッセージ
宇宙人文明(金星)からのメッセージ

「最後の審判に際して」イエスキリスト様

私達は貴方方の事を疎んじている訳ではありませんが、色々な方々が私達の事を中傷されている方々もお見受け致しております。さて私達、金星に住まう者達にとりましては多くの方々の御努力もありまして真の平和を確立を致しました良き日となりました。さて貴方方、地球の方々にとりましては多くの方が流刑星へ送還される時期が刻々と迫って参りました。日本におきましても世界の方々にとりましても宇宙的な学習を学び

どうにかに選ばれます方々が合格ラインに到達しっつありますが多くの地球人の方々のこれ等の方々は今一度、生命の法則や宇宙的な学習と言ったものの勉強を引き続き学んで頂きまして合格を確かなものにして頂きたく存じます。現在、私達、金星の者達は多くの3000世界の惑星文明人達を爬虫類人達の軍事的脅威から助ける為に多くの努力をしております。これ等の事は地球上の方々に取りましては空絵事のように思われて

おりますが厳然とした事実で御座います。古代よりM2星の関係の爬虫類人達の軍事部門と私達、賢者会議の惑星連盟の惑星人達との綿々とした確執が続いておりましたが多くの方々の御協力もありまして彼らを殲滅させるべき方向へと向かっております。彼らは
トカゲの一種でありまして決して人間ではありません。聖母マリア様も言われましたように悪行の限りを尽くしております。例えば多くの金星人の殺人、吸血、要人の暗殺、

猛毒の食物への混入、幼児の誘拐と吸血、軍事関係者の催眠術による殺戮及び吸血行為、又、軍の乗っ取り等ありとあらゆる悪事を行っておりました。爬虫類人が地球上にも古くから地球人を奴隷として使用して来ました経緯があり地球人のDNAの二束化に依ります奴隷状態での超能力者への進化の妨害や通貨制度の実施によります精神、思想生活への妨害そしてマスコミ、TV,ラジオ等の爬虫類人達の独占状態による思想心情の管理

その他の多くの戦争での諸国民の殺戮や支配、税収による労働力の搾取等、地球上に措きましても多くの反社会的な行為を繰り返しております。

*爬虫類人間(レプティリアン)関係のブログ


target=_blank>http://jp.youtube.com/watch?v=tq1SgXlKl3U&feature=related


target=_blank>http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2008/03/post_f0c1.html
これ等の地球上の爬虫類人達によります悪辣な行為も最後の審判を最後に地球上でもこれ等の爬虫類人による悪辣な行為も終わり終止符を打つ事になります。さて私達、金星や他の賢者会議の惑星連盟の3000以上にも及びます組織では今後、地球上で行われます空中携挙をされる方々の人選をはじめ多くの準備に取り掛かっております。貴方方はいわゆるUFO小型機に乗船をされる事は初体験の方々が多くいらっしゃいますので、

よく御説明をさせて頂きますが私達と致しましてはこれ等の合格者の方々に前もってテレパシー精神感応(映像を含む)でもって集合場所や日時を予告させて頂きますので事前の心構えをして頂きたく存じます。さて私達は日々、多くの事柄や爬虫類人対策等に多忙を極めておりますが地球上の方々で地球に残留を希望されます方々は心して必死で合格ラインに到達をして頂きたいと存じます。さてさて重ねて申し上げますが空中携挙

の期間は2010年3月〜4月末で御座いますしポールシフト(極地の移動)は同年の5月〜6月末日ですし最後の審判は同年の7月に行われ貪欲な者、利己主義者、拝金主義者、支配欲の強い者、その他の犯罪者は強制送還になり流刑星へ送られる事になりますので心して宇宙的な学習にお励みして頂きたいと思います。イエス様

著者注意 *「DNAに付いて」
人類は元々DNAが12束、存在するのが普通であるが古代の爬虫類人達が地球人達の先祖を奴隷化する目的でDNAを2束化してしまった経緯がある。現在、地球人のいわゆる屑DNAと証する物が元のDNAの10束の残骸である。宇宙人達の万病治療機に現在の地球人が治療に掛かれば元の12束のDNAに戻り地球人も元来備わっていた超能力が得られると言われている。

     *「地球のポールシフトに付いて」

地球のポールシフトに付いては現在の北極の位置がキューバとイギリスの中間地点に移動して固定化すると高貴な宇宙人達は言明しておられる。


「宇宙の意識の旅行と啓示」過去記事再録

宇宙の意識(叡智、命、神、魂)の旅行の能力を練習してみましょう。遠い場所の光景を居ながらにして見る能力を宇宙の意識の旅行あるいは遠隔透視と、いいます。まず貴方の近くの山河の風景を上空から見てみる練習を始めてみましょうまず貴方の近くの山河へ貴方(宇宙の意識)が行ってみる事にしましょう。まず貴方が行きたい近くの特定の山河の場所を思い浮かべ、行って見ます。貴方(宇宙の意識)がその場所を見下ろし

て居る所へ行くのです。すると、その山河の木々や岩や緑色の植物や川,等のハッキリした映像が見えて来ます(最初は3分間〜5分間位で止めたほうが良いと思われます。疲れると良好な結果が得られませんので)それは貴方(宇宙の意識)が、その場所へ移動
をして見たり聞いたりした事になります。また、ある時は自分が空を飛んで鳥のように移動をしたりして下界の道路や山林等を観察しながら通過して行くように感じる事が

あります。丁度、自分がグライダーで滑空をしているような気分に、なったりします。周囲の山並みや道路の光景にピントが合ってハッキリ見えます。それは貴方の宇宙の意
識が移動をして旅をしている事を意味します。この事は難しい事ではありません。実は誰でも多くの方が夢うつつ等の状態の中で体験をしている人が多いのです丁度テレビを見ている様なものです。これらの練習は自宅の別の部屋や隣近所を天井の上部の高さ

から見下ろして宇宙の意識を移動させて見る練習も良いでしょう。これらの能力は練習するほど、上達します。自動車学校で車の運転を路上学習するのと同様です。以上は宇宙の意識の旅行の能力ですが上達すれば外国や他の惑星の事も知る事が出来ますが、好奇心が強い程、良い結果が生まれますが、緊張するとダメでいずれも気楽に行う事す。
次は宇宙の意識の啓示の体験談を、お話してみましょう。今から約28年程の昔の

ある日の夜のことで私が就寝していると脳裡の映像の中で奇妙な画像を見たのです。6畳位の和室の畳の部屋で中央に布団が敷いてあり一人の人が布団の中で寝ている映像でしたが、しかし、その方の顔には白いハンカチが掛けられていたのです。そして、その映像の直後に私の耳に次の声が聞こえたのです。「この事は二日後に起こるぞ」と声がしたのです。私はその時は、この映像と声が何を意味するのか理解が出来ませんでした

が翌日になり町内の方がAさん宅のお爺さんが亡くなられたので明日の夕方に通夜が有りますので来て下さいとの連絡がありました昔は通夜も自宅で行われる事が多かったのですが、翌日の夕方にAさん宅へ通夜に参加をさせて頂いたのですが、何と二日前に自分が脳裡で見た映像と全く同じで6畳位の畳の部屋で布団にAさん宅のお爺さんが亡くなられて顔にハンカチを被せられて寝ておられたのです。私は内心「うーんこれは」と

絶句をしてしまいました。私の心は3日前にはこの様な事は知る由も無く全く、宇宙の意識からの啓示そのもので、有った訳です。この事は私の個人的な宇宙の意識からの啓示の一例の体験談として発表をさせて頂きました。これらは神秘主義、霊界通信やオカルト、占星術等とは関係がありません。宇宙の意識の働きの作用の一面なのです。

宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

イエスキリストのメッセージ、宇宙人文明(金星)からのメッセージブログ

http://eien333.iza.ne.jp/blog/

過去記事集「宇宙哲学、人間の目的と義務」ブログ

http://blog.oricon.co.jp/eien3/

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

http://eien3.jugem.jp/

映像はロドファー婦人が撮影されましたUFO小型機の映像。


   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2010年2月
 
22
           

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:6
昨日:361
累計:1,358,974