イエスキリストの警告「再臨と面会、爬虫類人達の絶滅」35



[PR]



2011年02月07日(Mon)
イエスキリストの警告「再臨と面会、爬虫類人達の絶滅」35


イエスキリストの警告「再臨と面会、爬虫類人達の絶滅」35

宇宙人文明からのメッセージ

「再臨と面会、爬虫類人達の絶滅」イエス様

私達、金星に住まう者達にとりましては最近は好ましい状態になって来ております。多くの大都市や中小の都市におきましても最後の爬虫類人達の残党の処分が進んでおります。今後はある程度の期間をかけまして金星から爬虫類人のほんの少しの残党の殲滅の作業を行います。私達にとりましては本当に嬉しい待ちに待った時が訪れようとしています。今後も私達は肝に命じて

宇宙の歴史の汚点として子々孫々に至る迄歴史上でこの事を伝えて参り爬虫類人達を一人も残さないように全ての銀河系の宇宙人文明の総力を挙げて殲滅を致して行く所存であります。さて今後の貴方方、地球上の事を一言申し上げておきます。貴方方の地球上の政治、経済界等のトップの方方の殆んどはマリア様も申されましたように爬虫類人の化けた者達です。これ等の者達

が地球世界を第三次世界大戦に持って行くように画策を致しますので私達と致しましても第三次世界大戦には絶対にさせないように監視や努力を致して行く所存であります。さて今後は私達は貴方方、地球人で宇宙的な学習を学ばれましてある一定の水準以上の方々を今迄通り小型機によります空中携挙を続けております。これ等の空中携挙の日時、場所をテレパシーで呼ばれま

した方々は躊躇される事無く乗船して下さい。貴方方の内、多くの者が私達の宇宙母船内で私、イエスやマリア様と面会する事となります。その時、私達の本当の顔姿と逢う事となります。この事はそうですね約1年後位には実現すると思われます。多くの宇宙的な生命の学習をされます方々の励みになればと思い述べさせて頂きました。今後色々な私達の記事や地球上や宇宙の事等を中尾様等のブログ記事やHP「永遠の生命」等でお知らせ致しますので宜しく御願い致します。 イエス様


宇宙哲学「心と宇宙の意識(神)との一体化の重要な要訣」著者記事 
          
イエスは言われています。「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただの一粒のままである。しかし死んだなら豊かに実を結ぶようになる。自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者は、それを保って永遠の命に到るであろう」と言われています。この事は人間の心の意志であるエゴ(自我)が自分の意志を自身の宇宙の意識(叡智、命、神、魂

等)に支配権を渡すことによって発生する恐怖を意味しているのではないでしょうか。またこの事はエゴ心(自我)、自体が無知で知る者ではないのに宇宙の意識を信頼しない事を意味します「自分の生命を捨てる者は永遠の生命を得るだろう」この言葉の意味は心のエゴを取り除き心の意志や支配権を自分の内部に存在する宇宙の意識とその各種の印象や指示である神の意思

に委ねる者は永遠の生命に預かるという事です。宇宙の意識は永続する命で永遠であり自然界の万物の生命を支え育んでいるからです。ですから宇宙の意識が無くなれば死を意味します。人間が自分自身の内部に存在すると思い探している幸福は自らのエゴ心(自我)の精神や意志とを自己の内部の宇宙の意識とその各種の印象や指示の声の意思とを融合させて初めて見つかるの

です。人間は本当に長い間、宇宙の意識(神)の各種の意志を無知の為に無視して来ました。この事は自分の魂の命の消滅する危険性をも無視するものです。宇宙の意識は自然界の万物の生命体の意識の海と同体ですから一滴の水滴が海洋の広さを知ります。そして万物が生命(意識)であり一体である事を悟るでしょう。その時、自己の真の本体(新自我)を知る事に

なり嵐が吹いても動揺する事も無くなるでしょう。しかしこの事を行うには不動の信念と決意とを必要とします。自身の自我のプライドと利己的な自尊心を捨てて自己に持たされる新しい全てのものに直面しなければならないからです。宇宙の意識は裁きや、えこひいきや差別を知りません。宇宙の意識の海の中へエゴ心たる自身の自我を滅却させるには断固たる決心と信念が必

要となります。この事はイエスが言われたように心(自我)を新生させ新しく生まれ変わる事を意味しています。何故ならエゴ(自我)の自尊心とプライドが創造主(父)の宇宙の栄光の意志の中に生まれ変わりたいと願望する時に実際にはエゴ(自我)は支配権を宇宙の意識に返上して死ぬことになるからです。(肉体の死を意味しない)この事は海洋の水と一滴の水が一体化

する事によって海の大海の水と同化するからです。皆さんが多くの講座や教師や宗教を遍歴しようとも自我の自尊心やプライドを捨てて宇宙の叡智の意志の中に生まれ変わり心の意志の支配権を宇宙の意識とその印象や指示等の意志に譲り渡さなければ真の生まれ変わりにはなりません。そして自然界の生命体に内在する命そのものを意識眼で見るようにするのです。全ての

生命体は万物を通じて現われている創造主の生命であるからです。この真実の生き方をするには忍耐力と不動の信念や決意を必要とします。先駆者は岩盤の上に基礎を築くべきで強固に立って進化の道を歩くべきです。この事を実行すれば永遠の生命と真の幸福をもたらします。ですから貴方の強固な意志で貴方の心の自尊心とプライドを捨て、また人間は「二人の主人には

仕えれない」ので貴方の財産を心の主人にしない事、貴方の心(目、耳、鼻、舌の細胞の意志)の全ての精神と思いを使って貴方の内奥の宇宙の意識(神)とその各種の印象や指示の為に働き心の意志の全てを提供しなさい。自分の新自我(宇宙の意識、創造主父)を見出す為に、また貴方の内部の宇宙の意識と心を一体化(融合)する為に心の意志を生きたまま、そして心の

もてる全てを惜しみなく投げ出して犠牲にしなさい。そしてそれに対して心を生贄にするのです。宇宙の意識とその印象や指示に聞き耳を立てなさい。そしてその指示に心の意志の全てを任せて委ねるのです。自分の心の意志の全て(精神と思い)を尽くして自分の内部に存在する宇宙の意識父の為に犠牲としてそれを捧げるのです(緊張は不可、リラックスする事)。

人間の心は宇宙の意識の召使たる為に創造されたのです。決して心のエゴ(自我)の為に心自身だけに役立つ為に心が創造されたのではありません。貴方の内部の宇宙の意識とその各種の印象や指示(直感、ささやき声、閃き、警告、映像、魂の知覚、アイデアー、衝動、信念等)に聞き耳を立てて知覚し理解し、それを行い言動するのです。大切なのは実行なのですから。

その時「私は父と一体である」と言えるでしょう。この事が身に付き出来るようになったら少しずつでも自分の宇宙の意識と全体の宇宙の意識の自然界の生命の意識の海との一体化を行うように努力しなさい。その時、宇宙の創造物の全体の命と一体化が出来るでしょう、そして万物は一体である事が理解、出来るでしょう。被造物は創造主の体現であるのです。これ等を行う

以前に各人は心のエゴ(貪欲、利己主義、怒り等)を除去し全体への愛(慈悲)と慈しみと奉仕、感謝を行う事が前提となります。どうか皆様方の魂の命の永続性と永遠の生命がかかっていますので真摯に御尽力されます事を念願しています。最後の審判も近いと思われますので・・



宇宙哲学HP「永遠の生命」 

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

http://eien3.jugem.jp/


「覚醒」地球の夜明けと新しい文明ブログ、・・過去記事専用ブログ

https://iiiro.jp/blog/eien333/


「イエスキリストのメッセージ」ブログ    宇宙人文明,金星からのメッセージ

http://blog.qlep.com/blog.php/170389/


映像は「アポロの月面車上空を監視するUFO」

アポロ15号が月面車で作業中に上空で監視するUFO


   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2011年2月
   
7
         

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:457
昨日:502
累計:1,409,208