5聖母マリア(高貴な宇宙人女性)のメッセージ the Virgin Mary message



[PR]



2008年12月01日(Mon)
5聖母マリア(高貴な宇宙人女性)のメッセージ the Virgin Mary message


5聖母マリア(高貴な宇宙人女性)のメッセージ the Virgin Mary message

宇宙人文明(金星)からのメッセージ
カテゴリー 聖母マリアのメッセージ 国際ニュース 永遠の命

「命の保障」 

私、聖母マリアとしましては貴方方の事を非常に心配しています。何故なら貴方方の命の絆がもう直ぐ切れてしまう事です。何の絆かと申しますと天の父(創造主)との絆の事です。貴方方が毎日の生活を放逸に暮らして来た
ツケが今来ようとしています。何故かと申しますと貴方方は今でもお金と資産を貴方方の主人にして生きているからです。何故そんなにお金を大切に

して貴方方の魂の命である内奥の貴方の命である神(宇宙の意識)の御意思や御意向というものを大切になさらないのか私達には解りません。何故、自分が盲目になるほどお金を欲しがるのかも理解が出来ません。全く貴方方は明日の命も知れないというのに私達には理解が出来ません本当に不思議に思っています。しかしもう今迄のような野放図な放逸な生活は許されませんよ

貴方方がこのままの生き方を変えないとすれば2009年の4月末日までに
貴方の運命は後戻りが出来ない事となりますので、よくよく考えて今日からの反省の日々と自分のエゴ(貪欲、利己主義、怒り等)を取り除く事に専念をして頂きたいと思います。よく賢者様やイエス様や中尾様の御意見やお考え方をよく理解されまして貴方の命の保障を得て頂きたいと思います。

時は迫っているのです。貴方の明日を築くのは貴方の努力とヤル気に掛かっていますので、どうか天の父の道を日々歩いて下さる事を願ってやみません。( )は中尾注          
            金星の母、聖母マリアより アーメン 
「人は神と富とに兼ね仕える事は出来ない」著者記事

聖母マリア様より中尾に「人は神と富とに兼ね仕える事は出来ない」とのイエス様の譬えを題名にした記事を書かれてはとの御要望がありましたので記載させて頂きます。

現代人の多くが人生や生き甲斐の全てを掛けて金銭や財産を求めて何故、渇望しているのでしょうか、その事はあまりにも自身の魂の命を永続させる事に対して急ブレーキを掛けているのです。明日の貴方の来世の命を失う事をも顧みずに自殺の道を盲目的に突進しています。イエスは言われたではありませんか「誰も二人の主人に兼ね仕える事は出来ない一方を憎んで他方を愛

し、或いは一方を親しんで他方を疎んじるからである貴方方は神と富とに兼ね仕える事は出来ない」と人間が金銭や資産等を心の主人にしている時に貴方自身の神である内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)は貴方の何処に居ればよいのでしょうか居場所が無くなるのです。貴方の宇宙の意識は貴方の命そのものであり創造主の分霊でもあり貴方の肉体や目、耳、鼻、舌の

細胞の意思である心の製作者でもあり過去世の記録係でもあるのです。ところが人間の心はあまりにお金、財産や誘惑物や生活物資を得る事に集中し過ぎていて拝金主義になり貴方の内部の賢明なる神、御自身でもある宇宙の意識の各種の印象や指示(直感、閃き、衝動、警告、ささやき声、魂の知覚、映像、アイデアー、信念等)を軽んじて無視して来た訳ですしその声に耳を

傾けようともしません。今こそ貴方の内部の賢明なる神(宇宙の意識)の内なる静かな声や指示を心を静寂にして、また話中にしないで十分に聞き耳を立てる時が来ているのです。貴方方は明日の命をも知れない癌患者と同じだからです。あまりにも生き方を知らず宇宙の法則を軽んじ、また貪欲と利己主義と怒りや支配欲、権力欲等に生きて来たからです。それらは「全体の為

の愛(慈しみ)と奉仕に生きよ」と言われた創造主の宇宙の法則に反しているからです。イエスは言われています。「人の心の中から悪い思いが出てくる不品行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、邪悪、欺き、好色、妬み、謗り、高慢、愚痴、これ等の悪は全て内部から出て来て人を汚すのである」とまた「自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者はそれを保って

永遠の命に至るであろう」とつまり自分の心の内のエゴの意思を愛し貪欲や利己主義等のエゴで生きている者は永遠の生命を得るチャンスを全て失ってしまうが、それらを憎みエゴ心で生きない者は永遠の生命を得るという意味です。どうですか現代人の大多数の人々がどれだけ創造主の宇宙の法則に反して生きているかが解りますか?それで自身の魂の命を本当に救いたいの

なら命懸けで想念観察等を行い悪想念を心中の思いから取り除かなくてはなりません。この事は他人がやってくれませんので必死で実行しなければ後が無いのです。貴方が毎日を生きんが為にお金や資産に執着して集中している事が逆に貴方の魂の寿命を短くしているのです。何故なら人間はお金や自己のプライドや自尊心を主人にして仕えていては貴方の内部の命である宇宙の

意識は居場所が無くなってしまい宇宙の法則に反しているからです。貴方が真に執着すべきものは貴方の神でもある内部の宇宙の意識とその印象と指示類であるのです。貴方の心は知る者ではありませんので心自体を空しくして自分の意見を持たないで何時もそれらに聞き耳を立てていて、それらに従う習慣が必要なのです。イエスは言われています「天国(宇宙の意識)は良い

真珠、一個を探している商人のようなものである高価な真珠一個を見出すと行って持ち物を皆売り払い、そしてこれを買うのである」とつまり貴方の財産の全てを売り払っても貴方の宇宙の意識は手中にする価値があると言われているのです。ですから貴方方に言いたい貴方は自分の全財産を貴方の主人にして滅びる方が良いのか或いは貴方の内部の宇宙の意識とその意思に従い

来世の転生権や永遠の生命への可能性を取るのかを貴方自身が選ばねばならない時期が来たのです。正に貴方は神と富とどちらを取るのか生なのか死なのかを選ばねばならないのです。時は正に満ちようとしています。新しい宇宙的な文明(御国)は真近なのです。後、数年の内に新しい時代が訪れます。最後にイエスの言葉を申し上げます。「富んでいる者が神の国(宇宙の意

識)に入るよりはラクダが針の穴を通る方がもっとやさしい」と・・是非多くの方がエゴを取り除き自身の宇宙の意識と心が一体化(融合)出来ますように・・


「リンクのネットワークへの参加者を募集しています」中尾達也(著者)

賢者様の深い御思慮の地球人救済の為のリンクの輪、運動の参加者を求めています。当ブログに賛同して頂きブログ等をお持ちの方は当方への申し込みや手続きは一切無用ですので、お気軽にリンク付けをして頂ければ有難いと思います。貴方の愛と勇気が多くの方々の人命を救いますので宜しくお願いします。当ブログのどの記事をコピぺして使用してもOKです。

**人間の進化と生き残り運動への参加リンクの輪、協賛**

当サイト名「  」URL http:// と御記入して下さい。注、このブログのサイト名とURL」です。



「イエスキリスト、のメッセージ」
宇宙人文明(金星)からのメッセージブログ          

http://eien333.iza.ne.jp/blog/

宇宙哲学HP「永遠の生命」
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/

映像は スクープ金星の川岸に建築物と植物群の映像

「金星の探査衛星画像のクローズアップ映像だが、よく観察して画像を見ると手前に川が流れている。川の両岸あたりに植物群があり右側の川の向こう岸には灯台型の建築物が写っている。更に左側には優美な建物が数軒、建っていて周囲には林のような植物群が写っている。金星には高度な文明が存在する証拠になる探査衛星画像だ」


   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2008年12月
  1
     

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:339
昨日:952
累計:1,468,202