6聖母マリア(高貴な宇宙人女性)のメッセージ the Virgin Mary message



[PR]



2008年12月06日(Sat)
6聖母マリア(高貴な宇宙人女性)のメッセージ the Virgin Mary message


6聖母マリア(高貴な宇宙人女性)のメッセージ the Virgin Mary message 宇宙人文明(金星)からのメッセージ
カテゴリー 聖母マリアのメッセージ 国際ニュース 永遠の命

「貴方の明日」    聖母マリア
明日の事を思い煩うなと申し上げますが貴方方の明日は非常に大変になります。何故かと申しますと地球は天体自体が身をくねらせて新しい軸を基準にして回り始めるからです。貴方方は何の準備も心掛けもしていませんのは私としても非常に心配をしています。貴方方の国は食料の心配が非常に大きいので私達としても何もしてあげられませんので各個人が自分達でこの事を

解決するより仕方がありません。多くの方々が食料の不足に悩ませられるでしょう。しかし多くの騒乱や犯罪に巻き込まれる前に心ある方々は自分の身の安全を考え食料、水、燃料等の確保が欠かせません。私達は貴方方の明日の身の安全を非常に心配をしています。それで私達としても貴方方の身の処し方を申し上げますと、まず地球が振動し始めたら日本の場合は特に海岸

地方の方は賢者様も言われていましたが奥地へ移動をして下さい。この事は冬に起きますので寒さを和らげるように防寒服や燃料も必要になります。そして日本人全体にこの事は及びますので覚悟が必要になります。多くの騒乱や犯罪をも引き起こす事になります。貴方方の命にも及びますのでくれぐれも気を付けられます様に、私達は本当に心配をしています。この事は

最後の審判にも繋がっていますので今後は中尾様や賢者様やイエス様のお話をよくお聞きになられてエゴを取り除き進化と天の父への道を歩いて下さいませ。

貴方方は何時までも寝ていては天主様の事を思って考えてみると天主様との御縁の絆が切れる事になり大変な事になりますよ。何時までも睡眠の寝椅子で寝ていてはいけません。貴方方は明日の命をも知れない癌患者と同じですので今後もよく学んで宇宙的な学習を続けられます事を願ってやみません。

貴方方の御命そのものの最終の期限が迫っています。何故なら、あまりに貪欲と利己主義とに生きられた為に天主様の宇宙の法則に背いているからです。「神と富とに兼ねて仕える事は出来ない」と教えられているにも係わらず貴方方はお金を主人にして生きて来たからです。それだから私達は天国(金星)から何時も貴方方の事を垣間見ていますが真に残念な事ですが仕方が

無いかも知れませんね。自分で蒔いた種は自分で刈り取る事になりますのでくれぐれも多くの方が賢者様やイエス様や中尾様の御意見をお聞きになりまして真摯に学ばれますように願っています。
          アーメン 金星の母 聖母マリア
「命の覚醒」著者記事

人間は宇宙の諸法則に従う事や宇宙の大自然の全体の生命である宇宙の魂(生命の海)に自分の生命である魂(宇宙の意識)を没入させ、融合させなければ貴方は全体の生命と一体化する事は出来ません。この事はイエスが言われた言葉「貴方が他人を傷つければそれは私を傷つける事になる」と、この事は全ての生命界は一体で繋がっていて同体であるからです。全ての生命は

葡萄の枝葉のように繋がっていて宇宙の生命という魂で全ては生かされているからです。さてイエスの言葉で「私に繋がっている枝で実を結ばない枝は農夫(創造主父)が来て全て取り除かれる」とありますが永遠の生命を得る可能性を示さない者は15〜16回の転生で魂の命を取り除かれる事を意味しています。はたして貴方は御自分の過去世の記憶をご存知でしょうか

自分の過去世を記憶しているのは実は貴方の魂である潜在意識(宇宙の意識)であるのですがほとんどの人々は自分の過去世を知りません。宇宙的な記憶を持たない人は全くゼロに等しい存在です。永遠の生命を得る事とは各人が自分の前世の記憶を思い出す事です。「永遠の生命を得るには」記事URL
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/8eiennoseimeiwoeruniha.html

また宇宙の生命の法則に従うとは、イエス様が言われていますが「自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎む者はそれを保って永遠の命に至るであろう」と、この事は貪欲、利己主義、拝金主義、等のエゴで生きている者は宇宙的な生命の永続性を得る為の全てのチャンスを失ってしまいますが自分のエゴを捨てて自身の内部の宇宙の魂(宇宙の意思)に

従う者は永続する命を得られるという事です。また「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただの一粒のままである、しかしもし死んだなら豊かに実を結ぶようになる」と、この事は人間の心はわがままな坊主のような存在ですが心は自身が内奥の魂(宇宙の意識)の各種の印象や指示等に従う召使である事を悟り、心自身の意見や意思を持たなくなり、それらに聞き耳を

立てておられるようになれば(支配権を意識に譲り渡せば)人間は死んだ事になり全知者(父)の意思に従う事になり豊かに実を結ぶ事になるのです。
「心と宇宙の意識の一体化」記事URL
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/7kokorotoutyuunoisikinoittutaika.html 
その時、人は生命の法則(生存の)に従う事になり進化の道である愛(慈しみ)と奉仕に生きる事に繋がって歩いて行きます。

私はこれ等の記事を御縁があって読まれておられます人々の全ての魂の命の存続を願っています。名も無い方々を必死で助けたいと念願していますので未来に希望と勇気を持って諦めないで進化して宇宙的な学習を学んで頂きたいと祈願しています。

皆様方の御質問や御意見や解らない事等の話し合いの掲示板を楽天のBBSで受け付けていますのでお気軽に御相談や御質問等をして下さい。
http://plaza.rakuten.co.jp/nakaotatsuya3/bbs/

「リンクのネットワークへの参加者を募集しています」中尾達也(著者)

賢者様の深い御思慮の地球人救済の為のリンクの輪、運動の参加者を求めています。当ブログに賛同して頂きブログ等をお持ちの方は当方への申し込みや手続きは一切無用ですので、お気軽にリンク付けをして頂ければ有難いと思います。貴方の愛と勇気が多くの方々の人命を救いますので宜しくお願いします。当ブログのどの記事をコピぺして使用してもOKです。

**人間の進化と生き残り運動への参加リンクの輪、協賛**

当サイト名「  」URL http:// と御記入して下さい。注、このブログのサイト名とURL」です。


宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/

「聖母マリア、イエスキリスト、賢者のメッセージ」 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログhttp://eien333.meblog.biz/

映像「*金星人達の都市のビル群が写っている」探査衛星画像

金星探査機の衛星画像のクローズアップ映像で中央の右側は金星の特徴のあるピラミッド映像だが何故かメキシコのチェチェンツアのピラミッドによく似ている不思議だ。問題は奥にある映像だがよく観察すると金星のビル群が写っている。金星人達の都市のビル群の風景であるこの映像に濃淡を付ければもっとよく見えるのだが・・


   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2008年12月
  6
     

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:337
昨日:952
累計:1,468,200