10聖母マリア「貴方方の命を守る為に」



[PR]



2009年03月09日(Mon)
10聖母マリア「貴方方の命を守る為に」


10聖母マリア「貴方方の命を守る為に」

宇宙人文明(金星)からの高貴な宇宙人女性のメッセージ
        聖母マリアthe Virgin Mary message

「貴方方の命を守る為に」

さて貴方方の為に私達は自身の身を粉にするような毎日を過ごしています。貴方方の国、日本は大きな災害が続きざまに発生して参りますので今から各自が心の準備をしなければ後になって被害の大きさに涙する日々を暮らす事になります。それと言いますのは、まず今年(2009年)の夏から秋にかけて西日本の神戸〜三方五湖を進路とする巨大台風(風速70〜80m)の

大災害、発生ですし、またもう一つは同じ時期頃の同じく巨大な台風ですがこれは長崎地方を襲う事となります。この二つの巨大な台風によります死亡者数はゆうに200〜300万人程と見込まれますので、どうか西日本の方々はこれ等の台風情報には十分に警戒をされまして事前に安全地帯へ避難をされます事を望みます。さて話は変わりますが貴方方の国、日本は前にも述

べましたが大きな食糧難により大飢饉が襲う事となります。日本人の約45%の方々が餓死される予想が私達の分析者の分析結果ですし、この事は私達の未来の予知の映像からも確かな事でありますので皆様方には心して今年の6月〜7月に南太平洋の海底火山の大爆発や富士山の小噴火を確認されましたら、早速、各家庭で約一年半分の食料、水、燃料等の備蓄を重ねてお願

い申し上げます。私達の関係者による農協、農水省や農業関係機関様への働き掛けにも限度がありますし地球の極地の移動時や東海大地震(2009年9月17日)や巨大台風の沿岸地方の港の破壊を考えます時に貴方方は私が(聖母マリア様)言った事を悟るでしょうが、その時では遅すぎるのです、その他には今年の秋からの小麦や大豆の国際価格の高騰や大不況による購買

力の低下等を考えます時に各自が今年(2009年)の夏までに前記のものの備蓄を実行しなければ自分自身や御家族様の命を失う事となりますので重ねて申し上げます。

金星より愛を込めて 聖母マリア

「信念と真理」著者記事        

私達は現在、貪欲と利己主義とエゴ心のエゴに満ちた時代に生きています。過去の地球上で繰り返してきた多くの堕落した文明と大差の無い時代に生きています。金銭や資産等を得る為に血眼になって求めて渇望しています。そして多くの欲望とエゴで生きています。そして自尊心の虜になっています。人間が金銭や資産や自己のプライドの為に生きている時に貴方に命と肉体と

心を与えてきた貴方の内部の宇宙の意識(宇宙の叡智で命、神、魂)は居所が無くなるのです。貴方は永遠の生命である宇宙の意識を取るのか、それとも自身のエゴを高めて堕落するのかまたは失命するのか、現代は自身の魂が貞節であるかが試される時代です。イエスが言われたように「実を結ばない木は火の中に投げ入れて燃やされる」べきです。人間の心は多くの事象に

付いて豊富な知識に欠けているので多くの面で騙されやすくいい加減なものです。人間の心は今迄教育されてこなかったので宇宙の意識(至上なる叡智)を否定し無視する傾向があり心自体の感情爆発という発作的凶暴性を発生させています。その事は自己の宇宙の意識に対する自己抹殺に到るほどに挑戦する事になります。人間の自我(エゴ心)はあまりに自分の肉体の心に

夢中になっていて過激主義が世界中で暴れ回っています。ですから心のエゴとその意志をコントロールし良き想念の宿としなければならないのです。貴方が永遠に生きたいのならばです。普遍的な真実の道理は宇宙的な真理ですし宇宙の諸原理とともに根源的で、何処でもあらゆる状態の元でも真実なのです。それは全創造物を宇宙家族とし一体で被造物全体を等しく尊重し全体

に奉仕するもので一個人を偏愛しません。一方、表面だけの真理は個人のエゴを満足させる為に個人によって作られます。これは疑惑と不信を増す事になり個人が自分の目的の為に都合のよいように作った多くの神に付いても同様です。この事が宇宙の叡智(創造主父)の宇宙家族と創造物とを分裂させています。宇宙の意識は心が知っている恐怖を知りません。何故なら真理が

ある所には恐怖は無いからです。そして唯一の真理は宇宙の意識の中にあるのです。自分の個人の魂の意識を宇宙の全体の魂の中に溶け込ませ包容する必要があります。しかし積極的に自身の意識を全体の意識に喜んで一体化し融合させようとしている人がどれだけいるでしょうか、ごく小人数です。何故でしょうか、この事は宇宙の意識の命令(直感、魂の知覚、閃き、警告、

ささやき声、映像、アイデアー、啓示等)にたいして個人のエゴ(個性)を生きたまま生贄に捧げて召使として仕えなければならないですし、たえず心がそれらの宇宙の意識の指示に聞き耳を立てて、それらの命令を実践しなければならないからです。心は心自身の為に有り得るのではないのです。これ等を実行するには信念が必要です。信念がなければ真理は決して表れません

信念を持てない人は真実の命や真の幸福を知る事は出来ません。宇宙の意識が真の人間であり各人の心ではありません。宇宙の意識は身体や心を創造した宇宙の万物の父母です。肉体の心が自らの利益の為のみに働くのなら、それは創造主(至上なる叡智)に対抗している事になります。ですから信念とその意志のある所には真の道があります信念とは各人の生命が寄りかかって

いる宇宙の岩です。そして自我(エゴ)を包容し身体を支えている神性(宇宙の意識)は人種、教義、エゴ等の意見には左右されない信念によって生きています。もし心(エゴ)がこの信念に従って行動しなければ未来を持ちません。宇宙的な実を結ばせるのはこの種の信念です。イエスが言われたように実(仕事)によって信念のある人を見分けるからです。

「良い実を結ばない木はことごとく切られて火の中に投げ込まれる」と・・
生きる目的は宇宙的性質の実(心と宇宙の意識の一体化やエゴ心の克服等)を実らせる事です。宇宙の叡智(創造主父)は生命体の細胞に一個のコードシステムを持っていて細胞の構成単位の中に微小なDNAやRNAと呼ばれる青写真と設計図を持っていて各細胞は多くの分子から成り立っており記憶の型

(パターン)を持っています。これ等の細胞はお互いに知識を伝達しあっています。更に各細胞は無数の分子群から成り立っていて各自の活動の記憶を保っています。それで人体内には多数の記憶の単位を持っていて人間の知識の宝庫になっていますから人間の心は自身の宇宙の意識に心を委ねる時に多くの知識の恩恵にあずかる事が出来ます。細胞を構成している各分子は

意識的な知覚的な実体であり心のような推理する精神的な実体ではありません。ですから人間の自我(心)は意識的実体(宇宙的細胞)の知識と記憶から情報を得る事を学ばねばなりません。何事を行うにも主観と客観、陰と陽、+と−というバランスの法則(親和の法則)が必要です。DNAにも男性面と女性面からなっていますし生命体は男性と女性から成り立っていて

生命を作り出しているからです。電力でも+と−の組み合わせからエネルギーが得られます。自然界は1+1は3の法則が存在しています。宇宙人達は0という概念を持っていません1〜9の数字を使用しています。



宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

過去記事集「宇宙哲学、人間の目的と義務」ブログ

このサイトは生命の科学、テレパシー、宇宙哲学の学習目的の専用ブログで皆様方の覚醒や進化向上と、また心と宇宙の意識(命)との一体化や超能力等を促進させるもので自己の過去世を思い出したり新しい文明への残留者を目指す方々の指針となる啓蒙書です。

http://blog.oricon.co.jp/eien3/

「スクープ火星に生命がいる」 衛星画像ブログ
http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/

映像「火星の近代的な街の衛星画像」
火星探査衛星画像のクローズアップ映像だが火星の近代的な街の映像にしか見えない。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2009年3月
9
       

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:175
昨日:353
累計:1,378,420