25聖母マリアのメッセージ「爬虫類人の地球上での悪行に付いて」



[PR]



2009年12月26日(Sat)
25聖母マリアのメッセージ「爬虫類人の地球上での悪行に付いて」


25聖母マリアのメッセージ「爬虫類人の地球上での悪行に付いて」
宇宙人文明(金星)からの宇宙人のメッセージ

「爬虫類人の地球上での悪行に付いて」 聖母マリア

さて私達は毎日を慌ただしく過ごしております。過日もお知らせを致しましたが日本の明日は暗い日々が続くようです。失業者は多く街に溢れ巷には不況の為に多くの人々から溜め息が聞かれる日々が続きます。さて私達は新たに文明の再建を果たしました。多くの金星の知識人が爬虫類人の刃に倒されましたが彼らの思い通りにはさせません。全く私達の文明の支配権を握ろうと私達に襲い掛かってはおりまし

たが多くの者達の御努力によって平和が訪れる事になりました。これからの地球の方々の明日の事を考えるに当たり私達は新たな決意と哀れみとをもって事に当たらねばと思っております。さて日本の場合は株価は依然低迷を続けるでしょう。しかし多くの方々の新しい宇宙的な考え方の導入によりまして日本の平和や治安の維持は図られる事となるようです。私達は多くの日本の知識人の方々とコンタクトを取っ

ていますので一般人の方々の平和や生活の維持と言ったものは落ち着いたものとなっておりまして正直、ほっと一息付いているのが私達の偽らざる気持ちで御座います。さて私達は今後の地球の方々への思いをお伝えしたいと思います。貴方方は相変わらず明日の事に付いて思い煩っておられます方々が大半でありますが、この事は主に通貨制度による悪癖が原因と考えられます。貴方方の文明はお金が無く

ては食料も買えないと言うような馬鹿なシステムを構築されておられるからです。穀物や果物にしても魚介類にしても誰が育てて皆様方に提供しているのでしょうか。この事を考えただけでも現在の地球上の文明における爬虫類人の悪癖の悪さが判るでしょう。通貨制度を通じて地球世界の人々を支配しようとしているのです。私達は色々な理由により地球上のあらゆる裏側の悪の根源に存在して来た爬虫

類人達の悪辣な所業を今、明らかにします。最近の例ですと豚インフルエンザ菌の空中散布、 HIVの病原菌の流行元、鳥インフルエンザ菌の散布、アラスカの存在する「地震、気候兵器HAARP」の使用によるインドネシア(スマトラ沖)大地震と大津波や中国の四川省大地震、バングラディシュの台風被害等数え上げるとキリが無い程の悪行の数々です。今こそ私達もこの爬虫類人達の悪行を公

にする時期となって参りましたので発表をさせて頂く事になりましたが、しかし地球の方々の最後の審判2010年7月は確実に近ずいて参りましたので彼らの悪辣な行為の進展には屈せずに宇宙哲学的な学習を忘れないように日々の生活に生かして実践をされて頂きたいと思います。

「想念観察と人間の進化」 過去記事再録

G、アダムスキー氏が提唱されました、人間の進化の為の想念観察法は、御自分の一日中の想念の内容をノートや手帳等に左右に分けて記入して、チェックをしていくもので御自分の発生させている、想念や感情を客観的にもう一人の自分が確認チェックを行う事で、毎日の終りに良き宇宙的な想念や悪しき非宇宙的な想念が、どの程度の種類や内容で自身を支配していたのか知って、次第に優良な宇宙的想念に

変化せしめるものです。(感情は想念の塊で、ある事を忘れてはいけません)通常は約50%〜70%は貪欲、不和、怒り、分裂、利己主義、非難、自己保身等のエゴ(自我)想念が多いのが実情です。又、初心者の方は、最初、想念観察を行うと不安感を持たれます方もありますが、そのまま続けられても大丈夫です。心配は、要りません。まず想念と人間の進化という基本的な枠組みから説明させて頂きますと、何故、

自己の想念観察を行うかと、云う事は基本的に想念コントロールを行う為の想念を知る為のものであり、自己の想念や感情を自分でコントロールして、人間的進化を望む、からです。自己の想念観察だけを行い、自分の想念の低劣さを知る、だけでは劣等感を持つだけで終わってしまいます。何の意味もありません。誰もが進化してイエスや釈迦のように進化をしたいと思う衝動や願いがあります(求道的な人は)。何

故なら悪想念を思い続ければ殺人や強盗を行う事になってしまいます。これは人間は「自分が思う通りの者になる」という宇宙的な原理が働くからです。悪感情や悪想念は暴走しやすいからです。ですから、自分の想念コントロールと心を系統的に使用する事が必要なのです。そして反省してエゴを取り除くことです。宇宙的な慈悲、感謝、勇気、信念、謙虚、忍耐、誠実等、色々な宇宙的想念を自分で思う事は自動

的にその人を進化させます。何故なら想念は行動が伴うからです。それが想念の働きだからです。さて想念観察と想念コントロールはテレパシー等の超能力の基礎に成ります。何故なら前記のようにして、エゴ(癌)想念を取り除き、心という衣を白くして、鏡のようにピカピカにして、よく写るようにしますと、心が静かで浮ついて波立って、いないので周囲の映像や光や波動(想念波や音波等)をよく、捕らえて、綺麗に

写るように、成ります。つまりテレパシー等の受信状態が良くなる訳です。それは又、貴方の内部の宇宙の意識(叡智、命、神)の印象類の直感、ささやき声、閃き、警告、映像等も貴方の心によく聞えて見える事を意味します。これで、お解かりの様に喜怒哀楽で浮ついている気持や悪想念や悪感情を取り除かないと、心の鏡に映像や光や波動(想念や音波)が綺麗に写らないことが理解出来ると思います。釈迦も

染物屋の喩えで云っています「真っ白な布は染めるときに綺麗に染めることが出来るが、汚れた布は何度、染めても綺麗には染める事は出来ない」と・・短気な感情や激情に気を付けなさい。宇宙的な想念だけ思うように心がける様にする事です、まず第一歩は万物や万人に感謝の気持を持って暮らす事です。貴方の周囲の大自然も家も家族も全ては創造主(父)の体現の賜物で、あるからです。空気が無かったら5

分位しか生きられません、水が無かったら数日の命です。よく認識される事です。まず心中を静寂にして、あれこれ心配や気苦労等、考えない事と空しくするのです。心は知る者では、ありません。エゴの無いように、するのがベターで第一歩です。以上の事を実際に自分の身に付けるには、ある程度の年数が掛かります。

「付記」

対、地球救済計画の一環として「生命の科学」、「超能力開発法」、旧テレパシー、「宇宙哲学」等のアダムスキー全集の書籍は各地の図書館に蔵書として保存されていますし、中央アート出版からも出ています。

宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

過去記事集「宇宙哲学、人間の目的と義務」ブログhttp://blog.oricon.co.jp/eien3/

「聖母マリア、イエスキリスト、賢者のメッセージ」 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログ

http://eien333.meblog.biz/

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ
http://eien3.jugem.jp/

金星人の宮殿風の建築物映像「スクープ映像」・・金星人の宮殿風の建築物映像金星の探査衛星画像のクローズアップ映像だが金星人の宮殿風の建築物が写っているスクープ衛星画像だ!


   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2009年12月
   
26
   

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:345
昨日:481
累計:1,345,646