「ポールシフトの発生時期と対策」28聖母マリアのメッセージ



[PR]



2010年01月25日(Mon)
「ポールシフトの発生時期と対策」28聖母マリアのメッセージ



「ポールシフトの発生時期と対策」28聖母マリアのメッセージ
宇宙人文明(金星)からの宇宙人のメッセージ

「ポールシフトの発生時期と対策」聖母マリア様

さて私達、金星に住まう者にとりましては今日は本当に記念すべき良き日になりまた。賢者様や他の方々の御努力でやっと爬虫類人から金星が解放されました日になりまた。多くの方々の尊いお命の犠牲の上に成し遂げられました結果で御座いますので本当に嬉しく思っております。さて貴方方の地球上にお住まいの方々にとりましてはこれからが心底、反省の御気持ちを必要とされます時期となって参りました。私達、金星に

住まう者達にとりましても心の片隅に確りと刻んでおく必要があるものと認識しております。私達は明日にでも多くの者達を地球上に遣わして貴方方の多くの方々の地上に残られます方々の人選を行う事と成りましたので是非、多くの地球人の方々がこの空中携挙の人選に合格をされます事を願っております。さて私達は明日の地球上に発生するであろう事に非常に胸を痛めております。地球上の極地の移動は前にも述べましたが今年

の5月〜6月頃に発生を致しますが、その前兆現象としまして今年の冬の北極の寒冷地帯の極寒気温地帯の北半球各地への移動状態の前兆現象が始まったと申せましょう。米国、ヨーロッパ、中国、日本等でも寒気の南下が始まっているようです。前にも申し上げましたが北極の極地のー30度〜−40度の地帯の地球上の移動に付きましては北極より南下しましてキューバとイギリスの中間地点に移動を致しますが一直線に移動する

のではなく少しカーブを描いて地球の極地の移動が起こるようですので関係の各位様におかれましては、燃料等や何をおきましても食料の家庭での備蓄が欠かせません。この地球上の極地の移動時には地球上の殆んどの建物が崩壊を致しますので車の中やテント等の中での生活になりますので今から御準備を心ずもりして頂きたいと思います。その他には前にも述べましたがヨーロッパの西部地区、オーストラリアの西部、日本の

西日本地区等、多くの土地が沈没の憂き目に遭いますしその極地の移動によります振動での建物の崩壊や海岸地帯を襲います20m〜30mの大津波によります死傷者の増大があります。これ等の事は必ず発生を致しますので多くの方々の心ずもりと御準備をされます事を願っております。さて私達は今後、日本の方々のみならず地球上の方々から空中携挙によりまして今年3月〜4月頃に小型機によります救助を致しますので、その

対象者様におかれましてはテレパシー等であらかじめ日時や救助する場所等をメッセージや映像でお知らせ致す事になりますので心ずもりをして頂きたいと存じます。

 聖母マリア様


「汝、自分自身を知るには」過去記事再録

人間は創造主(父)の子供として創造主(父)に似せて創造をされました。それで創造主が無限で永遠で、あられますように我々は無限の進化の可能性と永遠の生命を得る、唯一の創造物で、あります。進化の途上においては、特殊能力(癒し、念写、予知、過去世透視、テレパシー等)を創造主の息子や娘として潜在し与えられていますが、これらの超能力は物欲やエゴ等がある内は与えられません。ましてや宇宙の啓示を与えられ

るように進化を、しようと思えば純粋な宇宙の意識とクリーニングされた綺麗な心との融合(溶け合う)が必要と、されます。私の心の意志ではなく創造主(父)の意志(
指示)の御心のままにという事で創造主(父)の印象や指示しか行わないと、いう意味です。万人の内奥に宇宙の意識(叡智、命、潜在意識、魂、神)が内在し、それは各人に豊かで親切で美しく、ささやき声や、閃き、衝動、警告、直感、アイデアー、映像等

の印象や指示で、人間の心を教え導いています。つまり日常の生活上の事柄から仕事や研究等の一切の事柄の内容等について創造主はアドバイスを人間、各人に内在する宇宙の意識を通じて教え導いています。貴方、方の喜怒哀楽や心の想念の話中状態を止めれば、これらの宇宙の意識の印象の指示は貴方の心に、良く伝わり、聞こえ、見えるのです。それらの知識は我々は今迄に教育で教えられて来ませんでした。これらは特別な

古代の行、など(滝行、や五体投地)を必要としません。仕事中でも行えます。それには自分の心の意志を捨てて創造主の意志に捧げ、召使として自己の内奥の宇宙の意識の意志の中に没入すれば良いのです。そうすれば貴方は全知者(神)と融合(一体化し結ばれる事)するのです。それが貴方の内在する「天国」で「真の生まれ変わり」です。人間は真の自分の生命力の根源を毎日、認識し意識して頼りに生きる場合に、より増大

した、生命エネルギーパワーと万物の生命の海と一体化します。貴方がリラックスをしてバランスのとれた中庸の生活や生き方をすれば、自由な想念が流れ出す宇宙の図書館という知識が得られます。人間の心の知識と対比した時には息を飲むでしょう。比べ物にならないからです。超能力については創造主(父)から与えられた各人の様々な才能に違いがあるのと同様に透視能力に秀でた人や念写や念力に勝る人、又、癒し能力に

優秀な才能を持つ人、等、人間の顔が一人々異なるように強弱が、あります。貴方が宇宙の意識(宇宙的過去世の記憶の保持者)と心が融合(一体化)が出来たのか解からない、かも知れませんので申し上げますが、直感が良く当たったり、御自分の宇宙の意識の指示が理解が出来たり、過去世を思い出せたりしたら、その事が一応の融合状態の目安だと思って下さい。その時、貴方は初めて目覚めた事になります。世俗の凡夫と同じ

考え方や貪欲、利己主義、怒り、非難の言動では進歩は有りません。それらは滅びの道です。我々は自身のエゴを削り、取り除き苦痛や忍従を味わってでも進化しなければ成りません。その道は細くて狭い進化の正道です。心とは知る者では無く目や耳や舌、鼻の細胞の意志であって、四つの感覚器官の意志をバイオリンの四本の弦を調弦するように正しくハーモニーされて創造主(父)の子供らしく表現されねば、なりません。人間

は安アパートに住もうが大邸宅に住もうが関係ありません。それらは転生する時は、持って行けませんし、今生の一生は永遠の生命という無限の時間から観れば瞬きするほどの時間でも、ありません。それらは、うつろい、移り変わる仮の姿に過ぎません。それより、イエスも云われていますように「貴方が全世界を儲けても自分の命を損したら、どうして取り戻す事が出来ようか」と永遠の生命を得る可能性を示さない人は

15〜16回の転生で魂が除去されます。これは宇宙の法則です。ですから、自分自身
の魂の命である宇宙の意識という貴方の教師(至宝物)と共に歩かなければ、成らないのです。それが貴方の過去世から来世迄、永続する命なのですから。皆様方が創造主(父)の栄光と似姿が現れ進化進級され永遠の生命が得られますように・・

付記「生命の科学」ジョージ、アダムスキー著、中央アート出版(文久書林等)の書籍は進化した近隣の惑星のブラザーズから伝えられた地球人への進化の為の特別本です。各地の図書館に「宇宙からの訪問者」G,アダムスキー著と共に蔵書がありますので御一読をお勧めします。中尾


宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

イエスキリストのメッセージ、宇宙人文明(金星)からのメッセージブログ
http://eien333.iza.ne.jp/blog/

過去記事集「宇宙哲学、人間の目的と義務」ブログhttp://blog.oricon.co.jp/eien3/

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/


映像はG,アダムスキー氏とオーソン師

金星人オーソン師(仮名、肖像画)とG、アダムスキー氏は2000年前のローマ帝国時代(エルサレム)の過去世で師弟の関係でした。イエスの十字架の時に過去世のアダムスキー氏は最後まで十字架の下を離れなかった人でした。実際にはオーソン師の命を助けたのです。アダムスキー氏は水を葡萄酒に変えたりテレパシー能力や透視能力等を持っていて他人の過去世を見抜く能力もあり宇宙の兄弟と共にテレパシーで会話が出来る方でした。詳細はアダムスキー全集で参照。各地の図書館にアダムスキー関係の蔵書があります。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2010年1月
         
25
           

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:137
昨日:331
累計:1,333,670