「地球文明と金星文明の違い」30聖母マリアのメッセージ



[PR]



2010年02月08日(Mon)
「地球文明と金星文明の違い」30聖母マリアのメッセージ


「地球文明と金星文明の違い」30聖母マリアのメッセージ

宇宙人文明(金星)からの宇宙人のメッセージ

「地球文明と金星文明の違い」聖母マリア様

私の子供イエス様が何時も言っておられます事は地球人達は自分自身の魂の意思というものを永い間の期間掛かって心が閉じ込めて来たが為に自身の進化を非常に遅らせて来ました。ですから私マリアと致しましては地球人の方々に御提案が御座います。それと申しますのは貴方方の場合は心の欲望の虜に毎日、左右されているのが実状で御座いますので、此れを取り除くには

心の静寂さと心の情態の正常さが求められます。つまり、あれも欲しい此れも欲しい等と言います事では欲望と言う虜になってしまいます。私達の金星の住民達と地球人達の決定的な違いは必要な物以外は欲しがらないと言う事と必要以上に物を集めますとその管理に手間暇が掛かってしまい生活を返って縛られてしまう事となりますので根本的に私達、金星人達と地球人達との

違いが此処に有りますし私達が大切にしていますものは愛(慈しみ)と奉仕と同情と言いますものを非常に大切にしています。何故かと申しますとこれ等は他人や他の生物達に対するものでこれ等を行いますれば同質のものが還ってくるという事がありますし、つまり良き事「他人から自分がして欲しいと思う事」を他人に行う場合は全てが良き結果を生み出す事になるからです

。この事は金星人全体の広がりがあり多くの者が自分達の精神的な支えになっております。そして私達の文明では貴方方の文明とは違いましてお金というもの通貨制度がありませんので各人は必要物は要るだけ手に入ります。欲の深い者は居ません。日々が毎日、必要なものは天の父様が御存知でありまして各人は感謝しつっ日々、食物や必要物を生活に生かして得ています。

私達、金星の社会に置きましては譬えゴミや粗大ゴミであっても有益に再処理を致しておりまして再び再生品として長く有用に使用しています。貴方方の生活では車や電化製品は精々10年単位で消耗品としてゴミにされますが私達は小型機(UFO)1機の製品の寿命は約1千年間程は持ちますし家電製品でありましても50年〜200年間は耐久年数がありますのでこれ等を無駄

に大量に製作する必要もありません。私達の文明と地球の文明の違いはこういった面にもありますし多くの工業製品や化学製品、農産物等を実に多くの機械化されたロボット等を使用していまして通常の金星人の一週間の労働時間は約二日〜三日程でありますので、その他は研究や趣味、家族等の慰安や他の惑星等への旅行等に費やされております。さて多く語る事がありますが本日はこれで失礼します。 聖母マリア様

「宇宙の意識を認識して生きる事」過去記事再録

太古の時代には自分の生命の根源に対する認識や気付くこと、つまり自分の内部の宇宙の意識(叡智、命、神、魂)を自分自身で意識して生活する事や、人間が元々、本来持っている宇宙のワンパワーや叡智等を自分のものにして、生命エネルギーや動力発生部と直結する事は非常に重要な、人間の進化向上の叡智の基準として尊重されました。

つまり自分を存続させている原因(宇宙の意識、叡智、命、神、魂)と結果(肉体や心、・目、耳、鼻、舌の細胞の意志)を知る事になります。至上なる叡智(創造主父)の生命の息は万物の創造物に化身し神の精気(宇宙の意識)として命ある存在(肉体や感覚器官・心)を生み出したのですし、生命体を維持し存続させる基盤であるのです。私達は自分自身のエゴ(貪欲や利

己主義や怒り等)を削り取り除き悪習慣や悪感情を捨て去りますと、それにより宇宙エネルギーや知識の流入が拡大強化されて来ます。そのエネルギーや叡智の強化は本来、創造主(父)の息子や娘として、万人に潜在して与えられており、人間の進化と共に生得のものとして付与され発露するものです。万人に本来、備わっている、生得の力、宇宙のワンパワーや、それらに付

随する叡智からの指導(衝動、閃き、映像、直感、ささやき声、アイデアー、警告等)や、いわゆる超能力(透視、予知、テレパシー等)を自分自身で興味を持ち信頼し発達させ努力を行い歩み自分自身の身につける事が出来れば成長し進化する事が出来ます。ですから精神的に進化成長をしようと願望するなら自己の心の意志を自分の宇宙の意識の中に没入させねば、ならない

のです。そして宇宙の意識と共に歩み語らなければならないのです。我々は今、この時、この時代に学習しなければ退化の道を歩く事に成ります。何故なら宇宙の万物や宇宙の意識は常に進化をしているからです。貴方の宇宙の意識を認識し信頼して生きる努力を惜しまない事です。それは全知者で生命の付与者で貴方の過去世の記憶の保持者であるからです。宇宙の法則には

人間は「自分が思う通りの者になる」という法則や「同質結集の法則」(同類が集まる)があり、自分で想い考える事や自分の脳裡の映像で描いて表現したり、そして願望等は貴方自身の運命や世界を創造して行く為の青写真の設計系図に、成りますので、清新で若々しい希望に満ちた宇宙的想念(慈悲、感謝、奉仕、信念、誠実、勇気等)を持たなくては、清雅に純化し

(混じり気の無い純粋なものにする事)進化進級する事は出来ません。身近な人々から発生されている。不和、分裂、非難やエゴ(怒り、憎悪、嫉妬等)の想念や感情にズルズルと引き込まれ無い事です。それで時々、進化された人達と話し合ったり、する事が大切に成って来ますが、その様な環境に無い時は犀(サイ)のように一人で信念を持って進化の道を進まれる事です。

宇宙の創造の統一された共通のワンパワーは全ての万物の宇宙の意識の創造物の中に存在して、宇宙の意識は宇宙に存在する太陽系や銀河系の万物の存在の全ての全体であり宇宙の意識と宇宙の万物の存在は原因と結果を同時に表現しており不可分のものです。ですから宇宙の万物は創造主の体現の表現なのです宇宙の創造に伴う宇宙的な愛は生き物達(万物)の存在の源泉と

成っており、最も基本的な宇宙的なワンパワーで生命の息という神の精気の脈打つ振動です。これは又、創造物全ての生命体を活気ずけるものです創造主(父)は父性原理ですし、大自然はふ卵器のように新しい命を生み出している母性原理であります。それらは一体で現象化をしています。丁度、太陽が全ての生物に平等に光と熱を与え活気ずかせるエネルギー波動と同様で

無限の無私の愛と奉仕です。太古から太陽は創造主の愛の象徴で、あるのです。地球人の愛は所有欲や独占欲や偏愛で、あって本当の愛では、ありません。愛とは信頼、尊敬、理解、や慈しむ、同情、可愛がる等を意味しています。我々は人類愛や全体への奉仕や博愛を学ぶべきです。地球文明はこの太陽系文明の中で一番遅れている戦争を克服していない貪欲と利己主義に凝り固まった人類文明であるからです。

宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中 http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

イエスキリストのメッセージ、宇宙人文明(金星)からのメッセージブログ
http://eien333.iza.ne.jp/blog/

過去記事集「宇宙哲学、人間の目的と義務」ブログ
http://blog.oricon.co.jp/eien3/

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/

映像は1969年アポロ12号が月面の「嵐の海」に着陸したアポロ宇宙飛行士の上空に現われたフォースフイルドの 雲に包まれたUFOの光と共に写った映像で左下の写真はUFO(小型機)が前方へ回り込んだ事を地面の光の反射が示している。アポロは月の住民の宇宙人達に監視をされている。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2010年2月
 
8
           

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:105
昨日:336
累計:1,324,040