「聖書予言の実現」31聖母マリアのメッセージ



[PR]



2010年02月15日(Mon)
「聖書予言の実現」31聖母マリアのメッセージ



 「聖書予言の実現」31聖母マリアのメッセージ
宇宙人文明(金星)からの高貴な宇宙人のメッセージ

「聖書予言の実現」聖母マリア様

私、聖母マリアと致しましては貴方方地球人の方々の毎日の生活はまるでお金を集める為だけの人生と映っております。私達が2000年前にイエス様と共々に貴方方、地球人にお伝えを致しました事を多くの方々が全く守っておられないのが誠に残念至極に御座います。さて私達の金星の多くの者達が地球の最後の審判に合格されます方々の人選に着手を致しました。日本の

方々に付きましても多くの方々が合格ライン上に頭を出されつっありますが今一度、多くの方々の宇宙的な学習と実生活での行いと言ったものを実銭して頂きたいと思っております。貴方方の内でも多くの方々が今もっても小型機(UFO)による空中携挙等、ある訳が無い等と思っておられますが貴方方を私達がテレパシー精神感応でその時には何となく、或いは確実に心の耳や

目で空中携挙の場所へ導きますのでこの事を記憶に留めて置いて下さいませ。時には小型機の磁気エレベーターで上空へ上げられます方々もあると思いますが、その時は全く地球のエレベータと同じ事ですので只、立って乗船して頂きますようにお願い致しますし私達や他の惑星の賢者会議の御メンバーの方々の小型機が直接に地上に着地して貴方の選ばれた地上に残留、出来

ます方々を直接に乗船させる場合もありますので今から心して宇宙的な学習に磨きを掛けて頂きまして御準備をして頂きたく存じます。これからの地上の時代は聖書にも予告をされていますように「地上の全ての建物は倒壊のうきめに遭いますし天から星が落ち海が大波が轟く為に諸国民は逃げ惑う時」が到来しました。前にも申しましたが今年(2010年)の5月〜6月には

ポールシフトが発生してこの事が起こりますし、この直前の今年(2010年)の3月〜4月にはいよいよ空中携挙が始まります。貴方方は心してこの選ばれし人々に該当されますように心残りの無いように命の学習や宇宙の法則や宇宙哲学の研賛をして頂きたいと思います。いよいよ今年(2010年)の7月には最後の審判が発生致します。残りの全ての方々は遠くの流刑星

へ送還されます事と成ります。その時には私達の3000以上にも及びます賢者会議の惑星連盟の宇宙母船群が地上を覆い尽くす程の数で最後の審判を行いますので今から残されました時間を命懸けで学習をされます事を望みます。よくよく言っておきますが貪欲な者、利己主義者、拝金主義者、そして支配欲のある者は残念ながら、この地球上に残留する事が許されませんので

よくよく心して反省の日々を過ごして頂きまして根底より物事の考え方を変えて頂きたいと思います。 聖母マリア様

「人間は何故、生きるのか」過去記事再録

大自然の中に人間は何故に生きているのだろうか、G,アダムスキー氏は人間の目的と義務は愛(慈悲)と奉仕が人間の目的と義務であると遺稿の中で述べられました。まず我々が生かされている自然界を観察してみましょう。燦燦と降り注ぐ太陽の陽光や微風、綺麗な色とりどりの草花の香り、空を飛ぶ小鳥のさえずり打ち寄せる浜辺の波音、四季の移り変わり、果物や穀物の実り等、我々、人間

は、いかに創造主(父)の大自然の恵みの中で育まれており見事な宇宙の計画の中で生かされているのか・・しかも人間は創造主(父)の息子や娘として進化進級の学び舎(王宮、庭園)に住まわさせて頂いております。各太陽系の諸惑星の各教室には学習すべき科目や単位があり、私達、地球人は、まず自分の自我の克服(自分のエゴ怒り、貪欲、利己主義、等を取り除く事)や心と宇宙の意識(叡智、命、神、魂)の融合(一体化して溶け合う事)が第一の学習内容です。

釈迦も言われていますように、貪欲、怒り、愚痴、(愚かさ)は三毒と云われていますように人間にとっては魂を殺す毒薬と同様になるからです。現代の我々は古代よりも、もっと多くの誘惑物と欲望の渦に巻き込まれて、おり本来の人間の生きる目的や義務といったものを忘れており盲目の状態と言っても過言では、ありません。私達はGアダムスキー氏が提唱されました想念観察を各人が自分の進化

の為に自主的に行い心中のエゴ(怒り、憎悪、支配欲、嫉妬等)をクリーニングするより方法はありません。その上で貴方の(万人)の内部に内在する宇宙の意識の印象や各種の指示や啓示を知り、生活上で指針として心が役立て協力する事を学ばねば、なりません。万人の内奥の宇宙の意識は各人に直感、衝動、警告、映像、アイデアー、ささやき声等で万人の心を教え導いています。貴方が自身の

自我に過度の集中をしているのを止めて貴方の心が調和や平安である時は、その神の声や印象は各人によく印象付けられるものです。つまり各種の印象や指示や啓示等です。例えば信号の無い交差点に車で来た時に音も光もしないのに無言の指示で徐行しないと危険だよと云う指示が貴方の心に印象付けられます。それで思わず車を減速すると子供が自転車で飛び出して来て無事故で助かった経験は多くの方がされていると思います。

時折、閃きや警告等で、こうすれば良いとか、これは危険だな、とか云う印象や指示や啓示が各人の内部の叡智から心に印象付けられます。それは万人に内在する宇宙の意識(叡智、命、神、魂)からの指導で指示であるのです。それは全知者(創造主、父)の声です。人間の心のエゴで考える事ばかりではなく心の領域で考え思う意志を宇宙の意識の領域の意志に譲り渡す必要があります。

どうしたら心は神に支配権を渡すでしょうか神(宇宙の意識)と富(金や資産)と兼ね仕える事は出来ないし、人は二人の主人には仕えれないのです。人間の心は聖書にも記述があるようにライオンのように吠えまくっているからです。

一方、宇宙の意識は子羊のように豊かで親切で美しく小さな各種の印象や指示や啓示で教え導いています。丁度、心という放蕩息子が見栄やプライドや身を持ち崩した生活を反省して父の(宇宙の意識)家に帰るようにするのです。

心は無知蒙昧で知る者ではなく全知者である宇宙の意識(神)の意志や指示に従うのは創造主(父)の息子や娘として当然の義務であり進化の階段を登る事になるからです。 宇宙の意識に対する強い信頼と確信が皆様方を永遠の命へと導いて下さるのです。我々は、まだ永遠に学ばねばなりません。我々は退化する為ではなく進化向上し学習する為に生きているのであって、パンを得る

為だけでは無く経験や学習を通じて父の栄光と似姿に進化出来るように頑張って生きているのです。我々は皆が地球という小学校の学年で同じ資格を得て学んでいます。 太陽は貧しい者にも富める者にも正しい者にも悪人にも等しく光や熱やエネルギーを与えています。

又全ての生物や万物に等しく偏る事無く光や熱やエネルギーを与えています。これは創造主(父)の愛の象徴です。そして偏る事のない奉仕であるのです。本来、我々も愛と奉仕を創造主(父)のように与えるのが本当であって所有欲、独占欲、偏愛という間違った愛の表現をしています。

我々、地球人も貪欲と利己主義を克服して全体への奉仕や博愛や真の意味の平等を我々は学習すべきです。

宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中 http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

イエスキリストのメッセージ、宇宙人文明(金星)からのメッセージブログ
http://eien333.iza.ne.jp/blog/

過去記事集「宇宙哲学、人間の目的と義務」ブログhttp://blog.oricon.co.jp/eien3/

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログhttp://eien3.jugem.jp/

映像「土星上空を飛行する巨大葉巻型宇宙母船の映像」
         イタリア「ネクサス」誌 提供写真

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2010年2月
 
15
           

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:105
昨日:336
累計:1,324,040