聖母マリアの伝言「イエスの再臨と黄金時代の予告」40



[PR]



2011年01月12日(Wed)
聖母マリアの伝言「イエスの再臨と黄金時代の予告」40


 聖母マリアの伝言「イエスの再臨と黄金時代の予告」40

宇宙人文明からの高貴な宇宙人のメッセージ

「イエスの再臨と黄金時代の予告」聖母マリア様

さて私達は今後、貴方方、地球人の為の方策を色々と準備をしております。それは次の通りで御座います。

1、貴方方の地球上の管理をする方々を此方から指名して各地区を管理させます。それ は警備の維持管理、貴方方の生活の為の維持管理の為の色々の計画を残された地球方々の人々と私達の指導者との合意の基で行う。  

2、貴方方の明日の希望の為の計画を確りと立てて貴方方の地球上の政府(代表者議)といったものを設立をする。

3、今後、地球上の警備の為の空軍、陸軍、海軍の創設を私達の太陽系の各惑星の代表者の方々と3000の賢者会議の代表者との管理下又は監視下において行う。

4、貴方方の新しい地球の文明の為の地球人の進化の為に私達の科学者、哲学者、色々な分野の方々が新しい地球に残留された方々の各分野の教育指導を行う。

5、貴方方の地球上の爬虫類人や混血爬虫類人の残存勢力の一掃を3000世界の賢者会議の軍隊の総力をもって一掃する。

6、貴方方、地球人の代表者からなる人々を私達の代表者が各地区を束ねて責任を持たせて食料や資源、生活物資等の平等な分配をする。

7、貴方方、残された地球人の者達の内、多くのものを新しく築き上げる文明の為に別の文明の他の惑星に視察旅行に参加させる。

8、さて私達の金星からは貴方方の新しい地球文明の代表者として私マリアとイエス様が東京に住まう事となります。私達は貴方方、地球人の進化の為に誠心誠意、努力を惜しまずに指導をさせて頂きます。

9、貴方方の内、色々な分野の芸術や文芸そして色々な才能を持たれる方々が新しい文明の芸術文化の代表を司る。

10貴方方の明日の地球文明を飛躍的に進化させる為に私達は今後共に地球上のあらゆる分野で協力体制を採らせて頂きます。 聖母マリア様


*爬虫類人や混血爬虫類人に付いての参考のサイト紹介*

「アリゾナ・ワイルダーが見た爬虫類人 その1」 

上記の文字をヤフーやグーグル検索で検索してトップページの1番〜8番クリックで爬虫類人の正体の詳細が判ります。かなりの爬虫類人の真相に近い情報が得られます。


レプティリアン 爬虫類人

http://blogclub.livedoor.biz/archives/51648927.html


デービッド・アイクの動画(注意、最初の映像でUFO小型機は金星のもので爬虫類人の小型機では無い)

http://ascensionnote.blog.shinobi.jp/Entry/7/


*UFO、宇宙人に付いての参考のサイト紹介*


なぜか日本では、報道されない『UFO』問題 その3 メキシコ(マヤ・アステカ)編 Vol.2

http://yaplog.jp/piropiro-777/archive/8


UFO - NASA STS-63

http://flatheat177.ning.com/video/ufo-nasa-sts63


NASAが隠していたUFO 映像

http://ufo.bijual.com/Entry/52/


クラリオン星人 顔写真集


http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E6%98%9F%E4%BA%BA


「想念観察と人間の進化」 著者、過去記事

G、アダムスキー氏が提唱されました、人間の進化の為の想念観察法は、御自分の一日中の想念の内容をノートや手帳等に左右に分けて記入して、チェックをしていくもので御自分の発生させている、想念や感情を客観的にもう一人の自分が確認チェックを行う事で、毎日の終りに良き宇宙的な想念や悪しき非宇宙的な想念が、どの程度の種類や内容で自身を支配していたのか知って、次第に優良な宇宙的想念に変化せしめるものです。

(感情は想念の塊で、ある事を忘れてはいけません)通常は約50%〜70%は貪欲、不和、怒り、分裂、利己主義、非難、自己保身等のエゴ(自我)想念が多いのが実情です。又、初心者の方は、最初、想念観察を行うと不安感を持たれます方もありますが、そのまま続けられても大丈夫です。心配は、要りません。

まず想念と人間の進化という基本的な枠組みから説明させて頂きますと、何故、自己の想念観察を行うかと、云う事は基本的に想念コントロールを行う為の想念を知る為のものであり、自己の想念や感情を自分でコントロールして、人間的進化を望む、からです。

自己の想念観察だけを行い、自分の想念の低劣さを知る、だけでは劣等感を持つだけで終わってしまいます。何の意味もありません。誰もが進化してイエスや釈迦のように進化をしたいと思う衝動や願いがあります(求道的な人は)。何故なら悪想念を思い続ければ殺人や強盗を行う事になってしまいます。これは人間は「自分が思う通りの者になる」という宇宙的な原理が働くからです。

悪感情や悪想念は暴走しやすいからです。ですから、自分の想念コントロールと心を系統的に使用する事が必要なのです。そして反省してエゴを取り除くことです。宇宙的な慈悲、感謝、勇気、信念、謙虚、忍耐、誠実等、色々な宇宙的想念を自分で思う事は自動的にその人を進化させます。何故なら想念は行動が伴うからです。それが想念の働きだからです。

さて想念観察と想念コントロールはテレパシー等の超能力の基礎に成ります。何故なら前記のようにして、エゴ(癌)想念を取り除き、心という衣を白くして、鏡のようにピカピカにして、よく写るようにしますと、心が静かで浮ついて波立って、いないので周囲の映像や光や波動(想念波や音波等)をよく、捕らえて、綺麗に写るように、成ります。つまりテレパシー等の受信状態が良くなる訳です。

それは又、貴方の内部の宇宙の意識(叡智、命、神)の印象類の直感、ささやき声、閃き、警告、映像等も貴方の心によく聞えて見える事を意味します。これで、お解かりの様に喜怒哀楽で浮ついている気持や悪想念や悪感情を取り除かないと、心の鏡に映像や光や波動(想念や音波)が綺麗に写らないことが理解出来ると思います。

釈迦も染物屋の喩えで云っています「真っ白な布は染めるときに綺麗に染めることが出来るが、汚れた布は何度、染めても綺麗には染める事は出来ない」と・・   短気な感情や激情に気を付けなさい。宇宙的な想念だけ思うように心がける様にする事です、まず第一歩は万物や万人に感謝の気持を持って暮らす事です。貴方の周囲の大自然も家も家族も全ては創造主(父)の体現の賜物で、あるからです。空気が無かったら5分位しか生きられません、水が無かったら数日の命です。よく認識される事です。

まず心中を静寂にして、あれこれ心配や気苦労等、考えない事と空しくするのです。心は知る者では、ありません。エゴの無いように、するのがベターで第一歩です。以上の事を実際に自分の身に付けるには、ある程度の期間が掛かります。

「付記」

対、地球救済計画の一環として「生命の科学」、「超能力開発法」、旧テレパシー、「宇宙哲学」等のアダムスキー全集の書籍は各地の図書館に蔵書として保存されていますし、中央アート出版からも出ています。


HP「永遠の生命」

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


「聖母マリアのメッセージ」ブログ

http://eibo.269g.net/?1288153916


「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

http://eien3.jugem.jp/


映像は「月面上を飛行する葉巻型宇宙母船」

アポロが月面上で撮影した2機の葉巻型宇宙母船映像で月面でアポロは宇宙人達に監視されていた。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2011年1月
           
12
         

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:735
昨日:556
累計:1,431,424