聖母マリアの警告「日本沈没、大地震、大津波の大災害」



[PR]



2011年06月20日(Mon)
聖母マリアの警告「日本沈没、大地震、大津波の大災害」


聖母マリアの警告「日本沈没、大地震、大津波の大災害」

ポールシフトと地球の振動、全建物の崩壊

                 聖母マリアのメッセージ48

さて私達は多くの地球上の国々の未来の予測といったものを皆様にお知らせ致しておきましょう。 
 
1、貴方方の国、日本は今後、多くの人達が大不況の為に職を失う方々が増える。 
 
2、貴方方の国、日本は明日の米や食料も入手する事が困難な方々が非常に多くなります。人間はお金があれば食料が買えると言う観念に囚われている方々が多すぎまして実際、お金で食料が買えなくなる。

3、貴方方の国、日本は西日本が沈没する時に多くの日本人の方々の失命者が実に日本人の約3割前後となる。

4、貴方方の国、日本は今後、地球の地軸の傾斜時の津波の為に実に日本人の約半数の方々が失命される。

5、貴方方の国、日本は海岸線に存在する多くの倉庫や石油施設、港等の施設が津波で全部、破壊される為に電気、ガス、水道等のライフラインが全部ストップする。

6、貴方方の国、日本は多くの爬虫類人の為政者が政治、経済、マスコミ等のトップにいるので私達の情報が国民にあまりにも伝わらない為に死亡者が多大になる。

7、地球世界では今後、大三次世界大戦に突っ走って行きますが地球の地軸の傾斜時の大地震、大津波、各地の沈没の為に中止せざるを得なくなる。

8、イギリス、ドイツ、米国、フランス等は爬虫類人の本拠地の国々なので非常に多くの人々の人災や天災によるカルマの清算があり関係者も失命の憂き目に遭う。

9、元々アヌンナキ銀河の出身者であるロスチャイルド、ロックフェラー家等の一族者に彼らが犯した大罪により彼らは永久に魂ごと失命し又。彼らの領地の国々は消失したり使用不能になる。

10、米国、イギリス、そしてドイツ、イタリア、ロシア、中国そして日本、彼ら等、大二次世界大戦の参加国等は、それぞれ国のカルマに応じた報いを受ける。

11、世界の地理的な変化ですが次の国々の沈没地帯が追加されました。ユーゴスラビアの西半分が沈没する。レバノンが3分の一沈没する。そして日本ですが五島列島の約半分が残る。そして台湾の西側の一部は沈没する。そしてフィリッピンの南のミンナダオ島の西側半分が沈没します。

12、キリスト教の聖地バチカンの現法王は爬虫類人の化けた者に付き処分されます。

13、地球の軍関係者の内で我々、宇宙人先進文明の艦船に抵抗する爬虫類人側に付く軍は徹底的に殲滅をします。  

14、明日の地球文明は今年(2011年)8月以後、約半年間かかって地軸の傾斜を終了する。その後、流刑星に送還される方々や爬虫類人や間の子の処分等が約1年間の内に行われる。

15、貴方方の内、多くの方々が上空の艦船に空中携挙される、今だに食料の準備もされない方や空中携挙の心の準備がされていない方々は心の準備をして頂く事。残された方々は全員が流刑星行きになります。

16、貴方方、地球上で空中携挙されます方々は予定では約210万人位ですが少しだけ空中携挙されます方々の基準が緩やかにされましたので約5万人〜10万人の方が増加される見込みです。

17、地球上の地軸の傾斜時の地球上の振動による大津波が発生した場合の対処の仕方ですが今年の8月になって全世界が震度2〜3位が発生した場合に前にも申しましたように安全地帯に一目散になり御避難をして頂きたい。

18、明日の貴方方の日本や地球の世界の方々の為に今一度、一年分の食料の備蓄と安全地帯の確保と御避難の心構えを御願いしておきます。

19、貴方方の日本人の方々に再度、申し上げておきます。日本や世界のマスコミは爬虫類人達のマスコミですので、これ等の情報は一切が伝わりませんので御承知おき下さい。

20、明日の貴方方の多くの方々が空中携挙される事を私達、イエス様、マリア、天主様方が願っておりますので今後、空中携挙されます時まで頑張って宇宙的な学習を御願いしておきます。
                   聖母マリア様


イエスキリストのメッセージ「永遠の生命を生きるには」過去記事再録


「偉大なる導師の宇宙人男性(イエスキリスト)金星からのメッセージ」  

「永遠の生命を生きるには」

創造主から、与えられた生命の充実にたいする権利(永遠の生命や真の命)を得ようとしてどれだけの人々が、努力をしているでしょう。どうしたら自我を創造主の意思にゆだねる事が出来るでしようか、いつの時代も、この事を理解し実行し進級し転生する人は少数者です。 *** 
     
御自分のエゴ心(自我)の意志を、生きたまま、貴方に内在する宇宙の意識(叡智、命、魂、神)にささげて、貴方の真自我を見出だす為の犠牲とするのです。そして心は宇宙の意識の意志の召使になるのです貴方に内在する宇宙の意識の意志の御心のままに、するのです、エゴ心(自我)の意志では、なく貴方に内在する創造主、父(宇宙の意識)の意志のままに、知覚や理解をして習得し言動するのです、その時、私は父と一体であるのです。

心の全てを、貴方に内在する宇宙の意識(創造主、父)の意志にゆだねて召使になるのです。その時、宇宙の意識の大海(大宇宙の全ての生命と万物)の全体と一体になるからです。貴方は、宇宙の全体の命と結ばれ全体になるのです、そうすると、実際に貴方のエゴ心(自我)は死ぬ事になるのです。(肉体の死を意味しない)心は心自体のエゴの為に存在するのでは、ありません。我々は、新しい宇宙的な生命の理解を得る為には確固たる信念と決意を、持つ必要があります。 ***


「偉大な導師の宇宙人男性(イエスキリスト)からの新約聖書(一粒の麦の譬え話)の解説文」


「一粒の麦が地に落ちて、死ななければ、それはただの一粒のままである、しかし、もし死んだなら豊かに実を結ぶようになる」。この意味は人間は創造主の宇宙の意識の一粒の麦の種のような者で、何時までも種のままでは成長は無く、そのままですが、しかし貴方の内奥の宇宙の意識という教師の教え導く、様々な印象類の学習の授業を受けて心は聡明に成長するうちに心は神の意志を言動し行うのが大事だと悟るように、なるものです。心は無知蒙昧だから、それが嫌になり、心の意志を捨てて離れようと思うようになるものです。

何故なら宇宙の意識は全知者で宇宙の万物の全てであり命の大海であるからです。実際、人間の心の意志を宇宙の意識の意志に譲り渡す時、一粒の麦の種は発芽して死ぬ事(肉体の死を意味しない)になりますが、その時が真の生まれ変わりで、種は発芽して日々、成長を始めるのです。そして創造主(父)の意志を日々、受け継ぐので創造主の息子や娘として、慈悲深く、清廉に礼儀正しく賢哲者として、テレパシー能力や前世の記憶や意識の旅行等の超能力等も発露しだして、永遠の生命に至るに値する立派な真人間に成長して豊かに美しい親切な実を結ぶ事になります。



宇宙哲学HP「永遠の生命」 

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


「UFOと宇宙人文明の惑星探査映像の真相」ブログ

http://wakuseitannsa.269g.net/


「聖母マリアのメッセージ」ブログ

http://eien333.meblog.biz/


「アセンション」 心の浄化と命への道ブログ

http://eien333.yoka-yoka.jp/


映像は上が月面の宇宙母船と小型機、 下は金星のビル群とピラミッド。



writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2011年6月
     
20
   

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:105
昨日:336
累計:1,324,040