「創造主の最後の審判」



[PR]



2008年11月03日(Mon)
「創造主の最後の審判」

創造主の最後の審判

 7阿弥陀如来(高貴な宇宙人男性、賢者)の緊急、大警告
        宇宙人文明(金星)からのメッセージ

     カテゴリー 国際ニュース ニュース 永遠の命
悪人の最期

我が道のりは遠い、よいかな我々の道のりは遠くて近い明日は我が身じゃ、何れかには行かねばならぬ、よいかな貴方の明日は真っ赤な日なるぞ、それは何かと言うと空の色の事である。明日の空の色は虹色とは限らない明日の空の色は明るい。明日は明日の風が吹くとて明日は何が起こるか解からない。西の空の色を見ているがよい。茜色になったら要注意じゃ天が音を立てて

崩れ落ちるであろう。この事は何を意味するのか解かっているのか、26000年の夜明けじゃ、全く新しい時代の夜明けが来るのだ。悪者の明日は無く天の父(創造主)が用意された全く新しい御国の夜明けじゃ空を見るがよい全ての悪人は宇宙の果ての流人星へ連れて行かれる。残りは全く善人のみ、よいかな全ては天の父の御計画である。貴方方は泣き叫ぶがよい。反省の

色も無く人間的に進歩をしようともしない。全く人間としての気概も無く無駄な人生を送ったつけだ。嘆くがよい、貴方が人々が苦しんでいるのを無視して貯めた財産は全く無駄になるのだ、泣くが良い貴方の生き甲斐が全て無に帰する。貴方が頼りにして来た金銭は全く貴方を守らなくなる。只の紙屑になるのだ。無理も無い、貴方は紙を拠り所に生きて来たのだから。貴方を

生かして来た貴方の神である貴方の命は何処におればよいと言うのだ。今迄貴方の肉体を創造して生かさせてやって生きる人間として何度も転生させ、生まれ変わらせて来た甲斐が無いというものだ。天の父(創造主)も嘆いておられるのだ。貴方方の生き様を見ておられて泣いておられるのだ。これが我が子かと我が子の所作なのかと悲しんでおられるのだ。人間の内部からの

奥深い神の御意志(宇宙の意識の印象や指示の事)を長い間、無視して来たつけが廻っているのだ。泣くが良い無知の闇の中で苦しむがよい。全ては今迄の貴方の無策が原因なのだ。釈迦も言われたであろう。貪、瞋、痴、とな貪欲、怒り、愚痴(愚かさ)は人を滅ぼすと、知っておろうがイエスも言われたであろうが「自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を

憎む者はそれを保って永遠の命に到るであろう」と自分のエゴを保とうとする者の末路は哀れなものよ。明日の事を思い煩うな、明日は明日、自身が思い煩うとな。よいかな明日は明日の風が吹くとて貴方方の明日は暗くて無い。全く別の流刑星へ連れて行かれるのだ。本当に信じて本当に反省して心を入れ替えて貪欲、怒り、利己主義、支配欲、権力欲を取り除くのなら許して

やろう。残り、後、半年の内に心底、反省し、人としての生き方を変えて慈しみと全体への奉仕に生きるのなら許してやろう。本当に半年の期間の内にだ。これが最後通牒だ。以後は何を言っても許されない。悪人が改心する最期のラストチャンスだ。信じる者は行うとよい。信じない者は可哀相だが黄泉の世界へ行くのみだ。この地球が現在も昔の流刑星のまま存在しているの

だが、天の父(創造主)の新しい御配慮で、この地球は全く新しい宇宙的な時代を迎えるのだ。悪人は天の果ての厳しい流刑星へ行くがよい、泣くがよい悲しむがよい歯噛みをするがよい。仕方が無いのだ。天の父の御意志なのだ。そして多くの太陽系惑星の賢者会議の決定事項でもあるのだ。


(注)2中尾のアドバイス、エゴを取り除く想念観察の方法
下記に記載させて頂きましたので是非実行をして頂きたい。一般人の貪欲、利己主義、怒り等の想念を持っている人も悪人の仲間になりますので、心底、反省し自己の想念からエゴを無くすように念願します。HP「永遠の生命」の想念観察の記事を御参考にして、頑張って下さい。残された時間は後、
半年でしかないのです。
 
◇「想念観察の方法」
まず、手帳か、ノートに、一日の終わりに自分の想念と感情を思い出して右側のページには、非宇宙的な、悪想念を記入します。
 
最初の内は支配欲、権力欲、不和、分裂、非難、 猜疑、 利己主義、貪欲、怒り、愚かさ、憎悪、妬み、嘲笑、嫉み、差別、不信、自己の憐憫、拝金主義、理解力の欠如、嫉妬、物欲所有欲、傲慢、独占欲、無知、恐怖心、自己保身、反省の無さ等、驚く程の自分の悪想念の多さに自分ながら、落胆したり悲観したりします。感情も、想念の、塊ですので、本来、想念と同様ですし最初の内は一日の 70%以上は、非宇宙的な悪想念が多いのが実情です。

さて今度は、左側のぺージには、宇宙的な想念と感情を、記入します。

慈しみ、調和、許し、感謝、同情、信念、理解、分析、信頼、奉仕、誠実、謙遜、勇気、尊敬、謙虚、慈悲、信仰、思いやり、宇宙の兄弟愛、等を記入して行きます。初めの内は、一日間の約10%〜20%位の宇宙的な良き想念があれば、良い方です。

この想念観察は、自分の想念を客観的(第三者が見ているように )に観察する癖を付ける訳で、これを一定の期間続けますと、自身の悪想念の種類とパターンに気が付けます。これでは、いけないなと反省しますと次第に悪想念を、思わないように努力して来ますし手帳やノートに記入しなくても瞬時に想念の修正を行ったり出来るようになります。全ての行動は想念が大元になっていますので

この想念観察の方法は、非常に重要な事です。何故なら「人間は、自分自身が、思う通りの者になる」という宇宙的な原理が働くからです。自分の財産や自尊心を主人にしない事「人間は二人の主人に仕える事は出来ない」からです。自身の宇宙の意識(叡智、命、神、魂等)の居場所が無くなりますので謙虚にして実行されますように。参考記事URL「想念観察と人間の進化」
http://d.hatena.ne.jp/eien3/20070529

一般の方が宇宙の果ての鳥も通わぬ八丈島のような厳しい流刑星へ罪人として宇宙母船等で送還されるのは中尾としては見るに忍びないので、どうか心ある方々は心底、反省して御自分のエゴ心(貪欲、利己主義、怒り、拝金主義等)を取り除いて下さい。各自が自分の命運を今から6ヶ月以内

に決めなければ、ならないのですから。自己責任で想念観察を頑張って実行して、そして地球人として新しい宇宙的な文明(御国)の地上を引き継ぐ権利を獲得して頂きたいと念願しています。決して最後まで、諦めずに努力して下さい。各人の想念は記録用のUFOで調べられているのですから。

宇宙哲学HP「永遠の生命」

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ
http://eien3.jugem.jp/

「聖母マリア、イエスキリスト、賢者のメッセージ」 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログ

http://eien333.meblog.biz/

イエスキリスト、聖母マリア、賢者の各、師から著者、中尾達也に直接、連絡して頂いたメッセージを当ブログを通じて皆様にお伝えするもので地球史上で初めての内容の記事もあります。彼ら宇宙人文明の金星人達によりますと新約聖書の「最後の審判」が近未来に発生すると言明されています。新しい宇宙的な文明(御国)も近いようですので皆様方がエゴ、貪欲、利己主義、怒り等を取り除かれて心と宇宙の意識を一体化を実現して覚醒と進化されます事を念願しています

スクープ映像「金星の丘陵地の建築物群と林、映像」
金星探査機の金星のクローズアップ映像だがよく観察すると右側の矢印の付近に飛行機型の建造物が見える。右側の上部は丘陵地で斜面には坂道が数本、確認出来る。斜面の近くには植物群が写っている。更に左側の中央から下部に長方形の金星のビル群が確認出来る。衛星画像を見慣れた人にはよく解かる映像だ。



   


現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2008年11月
           
3
           

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:86
昨日:451
累計:1,398,593