16宇宙人類、賢者(阿弥陀如来)のメッセージ



[PR]



2009年01月26日(Mon)
16宇宙人類、賢者(阿弥陀如来)のメッセージ


16宇宙人類、賢者(阿弥陀如来)のメッセージ   
宇宙人文明(金星)からのメッセージ。

地球の極地の移動に付いて賢者様 

さて我々の最近の新しいメッセージをお伝えしておこう貴方方は明日の事等眼中には無いだろうが実は大変な事が持ち上がっているのじゃが、この事は極地の移動に伴う零下40℃〜50℃の地帯の移動の問題なのだが、この事は何を意味するかと言うと北極の極寒の地域が移動する事は何億人が凍死すると言う事を意味しているのじゃが、世間の人々はのんびりしておって明日の事など、何処吹く風じゃが本当に大変なのじゃが、ハッキ

リと言おう北極の極寒の地帯が北大西洋を南下してイギリスとキューバの中間の地点まで移動するので、その時に数億人という人々の人命が失われるのじゃが我々としても、これ等の人命の損失を何とか食い止めなれればと考えている訳だが、貴方方は私達が前もって言っておかないと何も出来ないので言っておく訳なのだが西ヨーロッパの西岸の海岸地帯の人々は地球が振動をし始めたら東方へ移動をする事じゃが決して暴動や無作

法はしないようにする事じゃがまた北米大陸の人々は東岸地帯から西方や南方へ移動するべきだと思うが、これも暴動や無作法にならぬようにする事じゃ、もうひとつハッキリさせておこう地球の極地の移動の時期は2010年の4月の初め前後じゃが終わるまでに約3ヶ月程かかるじゃろう。前にも言ったが食料、水、燃料の準備を1年6ヶ月分位備蓄をする事じゃしかし貴方方は自分のエゴ心を取り除き自分の内部の魂(宇宙の意識)と一

体化させない限り貴方方の魂の命は消滅する運命だし、このまま何もしないでおれば流刑星行きは免れないので2009年7月末までに必死で中尾氏のブログ記事やGアダムスキー著の「生命の科学」「宇宙哲学」等で学習を怠らぬ事じゃ。  以上じゃ

「大厄に際して」賢者様
明日は明日の風が吹くとて貴方方の明日は無い、しかし私達は慈悲深いので何とか貴方方を助けたいと思っているので私達は必死じゃが貴方方は大して信じてもいない様なので改めて言っておこう貴方方は2009年の7月末まで宇宙的な学習を終了させておかないと流刑星行きになる。それと貴方方は2010年の4月の初めの頃より地球の極地の移動が始まるので全ての建物は倒れてしまうし日本の場合は西半分が沈没してしまうので

貴方方はよくよく準備をしておかないと大変な事になるぞ。まず食料、水、燃料そして沈没してしまう場所の住民は住まいの問題も出てくるので車の中やテントで暮らす事になるでな政府は無策じゃから個人で手当てをする事じゃが、その時期が来たら前もって西日本の住民は東日本へ移動しておく事が懸命じゃ、それから貴方方に言っておくが同じ日本人同士なのでお互いに助け合う事じゃ決して暴動や無作法な事はするではない。ましてや殺しあうような事は禁止じゃ

      以上じゃ

それでじゃが貴方方は明日をも知れない人々だがな私達は本当に貴方方の魂の命を助けたいと念願しているので本当の事を言おう貴方方は金星人達の援助を拒んでおるので私達が伝えたい事をマスコミが拒否している訳でな仕方が無く中尾氏のブログ等を使って伝えざるを得ないのが現状なのじゃ、それで、そうじゃこうしょう西日本の人々は中尾

氏のブログで東日本へ移動をする指示を私が出したら直ぐに移動を開始すると良かろう当然、地球の極地の移動の直前になるがな、まあ時期としては2010年の1月〜2月の移動が考えられるが・・一応、皆様方、日本の西日本のお住まいの方々は心ずも
りをされておくが宜しい。
       以上じゃ 

「暗黒の3日間」賢者様のメッセージ

明日は明日の風が吹くとて貴方方の明日は暗いぞ何故なら地球上が再び暗黒になるぞ。それはと言うと暗黒の三日間と言ってな26000年周期の終わりには毎回、起こる事じゃが地球上全体が三日間、真っ暗になるのじゃ、これは何故、起こるかというと地球の自転が止まって太陽光が入りにくくなる訳でな特別に天の父様の天罰が起こる訳では

無いので安心する事じゃがこの事が何時起こるかと言うと2010年の春先に、この事は発生するじゃろうが別に心配はいらないが地球上の者は信じない者が多いので前もって、この事を私が言っておく。この事が起こったら今迄の私が言っておった最後の審判や地球の極地の移動の事や日本の西日本の沈没等の発生を信じる事じゃ。
 以上じゃ 賢者様のメッセージ

明日は明日の風が吹くとて貴方方の明日は暗いしかし私達は貴方方に朗報を持ってまいりました。貴方方の地球はこのままでは極地の移動の際の地上にある毒ガスの多くが壊されてしまい現状のまま、推移すれば約8億5千万人の命が無くなる処でしたが、この程、上の方々の協議の結果これ等の毒ガス兵器の多くを無力化される事に決定しまた。それから中尾氏の御懸念されておられたコレラ、ペスト等の疾病も発生が上の方々の御協力で抑えられる事に決定したので御報告をしに参りました。
   以上です。 賢者様のメッセージ

「地軸の傾斜の時の原発問題について」
良いかな々、貴方方の明日は決して明るくは無いであろう何故かと言うと貴方方はほとんど何も準備をしていないからじゃが私達は貴方方、地球人の明日を非常に危惧しています。それで中尾氏も御指摘の極地の移動時の地球上の大津波の時の原発の問題が大きくクローズアップして来るのだが我々としてその問題を前々から危惧しておってな、ち

ゃんと手は打ってあるので原発が津波で破壊されても我々のスタッフが大挙して、この問題を処理してくれる事になっておるので世界中の原発の津波での破壊、及び放射能漏れは何も心配はいらないでな中尾氏や本気で地球の事を心配しておられる方々には朗報であります。この件は心配は無用じゃでな。
 以上じゃ   賢者様のメッセージ


宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中
人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「聖母マリアのメッセージ」ブログ、宇宙人文明、金星からのメッセージ

イエスキリスト、聖母マリア、賢者(阿弥陀仏)の各、師から著者、中尾達也に直接、連絡して頂いたメッセージを当ブログを通じて皆様にお伝えするもので地球史上で初めての内容の記事もあります。彼ら宇宙人文明の金星人達によりますと新約聖書の「最後の審判」が近未来に発生すると言明されています。新しい宇宙的な文明(御国)も近いようですので皆様方がエゴ、貪欲、利己主義、怒り等を取り除かれて心と宇宙の意識を一体化を実現して覚醒と進化されます事を念願しています。(宗教団体と無関係)

http://eien333.sublimeblog.net/

「スクープ火星に生命がいる」衛星画像ブログ

http://d.hatena.ne.jp/nakaotatsuya3/

映像は「*アポロ11号が月面で葉巻型宇宙母船と遭遇」
アポロ11号は月面で宇宙人達の葉巻型宇宙母船のアダムスキー型、小型機の離発着を目撃させられていた。又、宇宙人側に監視されていた。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2009年1月
       
26

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:220
昨日:386
累計:1,368,459