「再臨と新しい黄金の地球文明」29宇宙人類、賢者のメッセージ  



[PR]



2010年02月28日(Sun)
「再臨と新しい黄金の地球文明」29宇宙人類、賢者のメッセージ  


 「再臨と新しい黄金の地球文明」29宇宙人類、賢者のメッセージ  

宇宙人文明(金星)からのメッセージ、

「再臨と新しい黄金の地球文明」賢者様

久しぶりにメッセージを伝えさせて頂きます。恐らくこの記事がブログ記事で最後になると思います。さて私達、金星の住まう者達にとっては良く此処まで爬虫類人達の武力攻撃に耐えて多くの人々の人命をも省みずに新たな金星文明を構築されて来たものだと感慨ひとしきりといった所です。私達はおろか約3000以上にも及ぶ賢者会議の御メンバーの惑星文明においても約数十箇所の御メンバーの惑星文明が爬虫類人達の

武力攻撃に耐えて新しい元来の文明を築き挙げようと努力をしております。この事は宇宙の歴史上に置いても古代より綿々と爬虫類人達との確執が続いておりましたが、此処に来て全く我々にとっては喜ばしい進展を続けております。爬虫類人達の件はさて置き貴方方、地球人の方々の事で一言、申し上げておきますが最後の審判が2010年の7月に地球人の全人類の方々の身の上に起こる事と成ります。古代において現在の地球の

方々の祖先は他の惑星から地球上に連れて来られた犯罪人であって多くの太陽系から連れて来られた訳ですが当時でも現在でも同じ事ですが例え犯罪人であってもじゃ死刑には出来ない訳でして、この事は天主様(創造主)の宇宙の法則に背く事になります。多くの犯罪人達が多くの3000以上にも上る惑星から連れて来られた訳ですが当時でさえ我々は援助の手を差し伸べて来ましたが自称独裁的な人々は我々こそ最も優秀な惑星

から来た人間であると主張して侵略的な思想を持ち戦争の歴史を繰り返して来ました。多くの古代の似たような文明がある一定の段階に来ると戦争等の発生等で文明の終焉を繰り返して来ました。レムリアもアトランチスもスモール文明も似たような歴史を繰り返して文明の終焉をして来た訳ですが私達としましては今度こそ今の地球文明を第三次世界大戦の大惨禍から救い無事に多くの方々の人命を救い安全に他の惑星への移住を

済まして頂きたいと多くの賢者会議の御メンバーの方々の御考えやら天主様の強い御意志や御決意がありまして、いよいよ地球は最後の審判を向かえる事になりました。古代にはこの事は「天の父しか、この事は知る事は出来ない」と聖書にもありますが我々としましては3000以上にも上る賢者会議の惑星連盟の宇宙母船が大挙して地球上の上空を覆い尽くす程に滞空をしましてイエス様が言われましたように残留が出来ます方々

を除いては地球人は全員が流刑星へ送還される事になります。そして皆様方は流刑星へ行かれました時には日本の歴史では江戸時代のような牛車に頼る時代に暮らす事になりますし現在のようにGアダムスキー著の全集や中尾氏のHPやブログ記事等で宇宙的な学習
をする術を失う事によって進化の道から外れてしまい魂の失命に至る道を歩む事にもなりますので是非、宇宙的な学習に合格をされて、この地球上に残留を許可されました

方々は、この機会を逃されないように勇気を持って小型機(UFO)に乗船(空中携挙)をして頂きたいと思います。そしてじゃ地球上に残留されました方々は前にも述べましたが近隣の惑星群や多くの賢者会議の御メンバーの方々の御援助等も有りまして素晴らしい宇宙的な進化した新しい地球文明になりますので是非、合格されました方々はテレパシー(精神感応)で知らされましたら勇気を持って新しい地球上の文明を引き継いで

頂きたいと思います。勿論、通貨制度は無くなり万病治療機により病気も無くなりますし犯罪も無くなりますし全ての方々は平等で全く新しい黄金の宇宙的な文明になります。そして貴方方がまだ学んでいない進化した惑星の宇宙的な法則や原理や哲学を学習出来る事にもなりますので勇気を持って小型機に乗船をして下され。尚、地球の上空には我々の賢者会議の宇宙母船や小型機が地球上の警備や治安維持を行いますので

爬虫類側の艦船は接近が出来ませんので安全に乗船が出来ますので御安心して下さい。貴方方の内には私達の事を心から信じておられない方々もおられますが、それらの方々は当然、信じる事が出来ないので仕方が無かろうと思います。さて私達は明日にでも多
くの地球の方々を私達の小型機に合格されました立派な方々を乗船して頂こうと思っています。現在私達の金星では科学者や空軍関係者やそれぞれの要職に在ります者が

3000以上のも上ります賢者会議の惑星の文明人達を次々に爬虫類人達の手から救出を致しております。我々の太陽系においての殆んどの爬虫類人達は私達が殲滅を致しましたし地球上におきましても爬虫類人(レプテリアン)は一掃させましたので空中携挙(乗船)を躊躇っておられます方々は安心して御乗船をして頂きたいと思います。明日の地球の発展の為の宇宙的な学習やレッスンやそれぞれの各分野の方々の育成をも準備

をしております地球上での次世代の方々の為にも貴方の小型機への乗船が第一歩で始まりますので私達も貴方と同じ顔形や体を持っておりますので御安心して小型機へ乗船して下さい。

  金星の賢者様

(著者注意)*新しい黄金の地球文明と空中携挙(乗船する事)*

最新の情報によれば創造主様の特別な計らいで金星等では爬虫類人達は一掃されております。現在、地球上において金星の宇宙母船が約45機程、常駐しており地球人の政治、経済、軍事面等を監視しており第三次世界大戦に成らないように警護、警戒しています。地球上の北極、南極の急激な自転軸の傾斜を防止する為に太陽系の地球を除く11箇所の惑星人達からなる宇宙母船群が地球の両極でそれぞれ24隻程で守護していて

ポールシフトの発生時の2000m〜3000の高さの大津波の発生を抑えて最小限の被害に成るようにコントロールしていて我々、地球人全体が絶滅するのを防いでいてくれている。2010年の2月28日頃、の時点で地球上の爬虫類人達全員も一掃される。最新の情報では地球上に残留が許可される合格者を宇宙機(小型UFO)で空中携挙(乗船する事)する為に我々と同じ容姿の宇宙人達が先祖の出身惑星別の民族の人々を

救助する。民族別の元々の出身惑星の宇宙小型機が地球上に残留(合格者)される方々を空中携挙する為に現時点(2月末)で数多くの宇宙機や母船群が地球上空に来ている。その宇宙機の数は日増しに増加する乗船者は食事や寝室等も手当てがされる。尚、電子機器(カメラ、携帯等)は持ち込みしても使用不能になる。ですから地球上に残留が許可されて合格されておられる方々は恐れられる事は何もありませんので安心して

テレパシー(精神感応)で集合場所や日時を予告されておられる方々は小型宇宙機(UFO)での乗船を躊躇しないで乗船して頂きたい。貴方方の勇気と信念が貴方自身を助ける事となり貴方が新しい黄金の地球文明に住まう事となります。そして新しい地球文明が素晴らしい文明になるように創造の奉仕活動に参加して頂きたいと思います。



「これからの地球の未来の予定」23聖母マリアのメッセージ過去記事再録

宇宙人文明(金星)からの高貴な宇宙人のメッセージ
「これからの地球の未来の予定」聖母マリア様

*この程、私達、金星に住まう者達の総意で決定されました色々の情報をここに記載をさせて頂きます。*


(1)貴方方、地球人の内で地球各地で責任者を決めて各地の治安維持や生活物資の 平等な分配をする。

(2)貴方方の代表者の内で多くの方々を金星での視察旅行へ招待し地球上での実生活で生かして頂き実現する。

(3)私達の生命の維持や健康の管理の医療機械の一般人への貸付を実地して地上から病気を一掃する。

(4)通貨制度の廃止に伴い地球上の農作物や魚介類、又は平等な文明の機器等の分配を行う。
 
(5)貴方方の習慣的な今迄の生活習慣を根本的に修正し直す為に一定期間の講習を地上の各地で行う。

(6)食料や生活物資の世界中への平等な分配が行われているのかを監視する役目の者を置く事やこれ等の物資を世界各地へ輸送する公正な機関を設置する。

(7)今迄の地球上での思想ではない全く新しい金星や土星等で使用されている宇宙哲学や宇宙の法則を地上に根ずかせる為の学習のレッスンを地球上の各地でTV,ラジオ等を使用して伝える。

(8)私達の金星人達の様な生活体験を新しい文明に実現させる為に各分野の技術スタッフを地球上のそれぞれの産業分野のトップに付け、最高度の科学技術を実生活で実現させる。

(9)貴方方の地上だけでは無く広大な海を食料の生産地に変える為に魚介類の育成養牧をする。

(10)他の惑星人達との交流を深める為に各地に広大な駐船広場と宿泊施設を作り宇宙の兄弟愛と友情を深める、また地球人もいずれ他の惑星や他の太陽系惑星への観光旅行への実践を行う。

     金星より愛を込めて 聖母マリア


27宇宙人類、賢者のメッセージ「新しい文明の良さ」過去記事再録 

 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、

「新しい文明の良さ」賢者様

貴方方の明日は非常に暗いとて良い事もあるぞ、それは何故かと言うと新しい文明になると文明自体の良さが反映されて日本は世界の見本や御手本の様な国となり聖母マリア様やイエスキリスト様の御意向が反映されて非常に輝かしい国となるであろう具体的に言うとじゃ交通機関は空飛ぶバスやタクシーが国内の交通手段となり、通信網はテレパシーやら一種のインターネットを利用した情報のやり取りに成るでな人々は労働時間も

短くなり、自分の時間も十分に使えるし何と言っても金銭が無くなるのでお金に囚われる事が無くなるし食料や生活物資も平等に分配をされるし病気という病気も一切が無くなりますでな皆様方は必死で宇宙的な哲学や生命の法則等を学んで地球上への残留者を目指して頑張る事じゃ。
     以上じゃ賢者様

宇宙哲学HP「永遠の生命」 

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

過去記事集「宇宙哲学、人間の目的と義務」ブログ

下記のサイトは生命の科学、テレパシー、宇宙哲学の学習目的の専用ブログで皆様方の覚醒や進化向上と、また心と宇宙の意識(命)との一体化や超能力等を促進させるもので自己の過去世を思い出したり新しい文明への残留者を目指す方々の指針となる啓蒙書です。

http://blog.oricon.co.jp/eien3/

「聖母マリア、イエスキリスト、賢者のメッセージ」 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログ

聖母マリア、イエスキリスト、賢者の各、師から著者、中尾達也に直接、連絡して頂いたメッセージを当ブログを通じて皆様にお伝えするもので地球史上で初めての内容の記事もあります。彼ら宇宙人文明の金星人達によりますと新約聖書の「最後の審判」が近未来に発生すると言明されています。新しい宇宙的な文明(御国)も近いようですので皆様方がエゴ、貪欲、利己主義、怒り等を取り除かれて心と宇宙の意識を一体化を実現して覚醒と進化されます事を念願しています。
(宗教団体と無関係)

http://eien333.meblog.biz/

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

米国NASAや欧州宇宙機関等の惑星探査衛星の映像による太陽系内惑星に宇宙人達の文明があり証拠となる火星や月面等の宇宙人達の建築物や住宅街、UFO,湖、植物群、ピラミッド、河川等の衛星映像を満載。

http://eien3.jugem.jp/

映像、「*アポロ11号が月面で葉巻型宇宙母船と遭遇」
アポロ11号は月面で宇宙人達の葉巻型宇宙母船のアダムスキー型、小型機の離発着を目撃させられていた。又、宇宙人側に監視されていた。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー


新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年2月
 
28            

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:1,158
昨日:612
累計:1,447,508