警告、ニビル星の接近でポールシフトが始る



[PR]



2011年10月30日(Sun)
警告、ニビル星の接近でポールシフトが始る




 
警告、ニビル星の接近でポールシフトが始る

2011年11月13日頃、地球に最接近で大津波と大地震

       創造主(天主様)のメッセージ1


さて本日はいわゆるニビル星と言われている我々の太陽系の11番目の惑星で公転周2636年で太陽を一周しておる惑星の事ですが今年(2011年)の11月13日頃に地球に最接近します。現在は冥王星の少し遠方に位置しまして地球に近づいておりまして過去、地球上に最接近した場合に過去の天文データーを解析しましたところ約41回程地球はポールシフト(地軸の傾斜)を発生しております。この惑星に付いては貴方方、

地球人の噂ではアヌンナキの爬虫類人と関係があるとか言う者もおりますが超太古から我々の太陽系の惑星の一員で人間も住んでおります。天文学的には木星の1,49倍の
大きさで地球や金星と同じ材料の岩石等で出来ております。衛星も6個あり我々と同じ、つまり地球人と同じような人間が住んでいます。それで多くの者は爬虫類人がこの惑星を創ったとか災いの星とか言う者もいますが真実ではありません。さて実際的に

科学的に申し上げましょう。今年11月13日頃に地球に最接近しますと、このままでは地球上は約43度〜180度程の角度で地軸が一気に傾いてしまい最低でも約200m〜500m高位の巨大津波が陸地の沿岸や内陸部を襲う事となりますのでほとんど地球上の内陸部の人々の人命まで失わせる事になり実に地球人の95%程が巨大津波の為に失命する事となりますので我々、太陽系や銀河系の空軍の御協力を得て約4000機

程の宇宙母船を追加参加させる事となりました。勿論、地球のポールシフトを最小限に小さく被害を最小にする為のものです。現在、地球のポールシフト(人工的なもの)に参加している艦船は約5400機が参加しておりますが更に4000機程の艦船を追加して前述のように最小限度の地球上の被害で行われるようにと思っております。さて日本では西の空に月の大きさよりも二周りも大きく赤色の惑星が肉眼で今年11月13日

頃に目撃されると思いますが、この日、前後から本格的に地球のポールシフトが始る予定ですので地球上の海岸地帯の方々、海抜25m以下にお住まいの方々は海抜35m以上の地域に御避難して下さい。勿論1年分の食料や燃料を持参して車等で御避難して下さい。さて私共は貴方方の為に次のような提案を致します。まず、このいわゆるニビル星が肉眼で認識されましたら一目散で前述の安全地帯へ御避難を御願い致します。

地球上の核兵器は全体的には無力化されましたが原発に付いては現時点、我々の空軍等が無力化の作業をしておりますが世界中の電力会社等の原子力発電の関係者の方々にも
協力して頂き原発の停止や安全管理に最大限の協力を御願いしておきます。放射能により地球上に誰も人間が住めなくなる場合も想定されますので最善を尽くして下さい。

天主様  当サイトはリンクフリーです。


*ニビル星(金星名レファンドレス)太陽系11番目の惑星で楕円軌道をしている2636年周期で太陽を一周する。木星の1,49倍の質量で普通の惑星で赤色系をしている。衛星は6個、存在する。今迄地球に再接近した時は41回程、43度〜180度の角度で過去地球のポールシフトがあった*




「宇宙の歴史と大戦争終息状態と地球の今後」 

             
賢者様のメッセージ41


私ども金星に住う者達にとりましては現在は全く平和な文明の現状を取り戻す事が出来まして誠に軍関係者やその他の協力者の方々に感謝と誠のお礼を申し上げたいと思います。思い起こしますれば我々、賢者達は全く軍事や警備と言った分野には全く無頓着で今から思えば爬虫類人や同類人達の思いのままに殺戮の限りを尽くされて来ました。多くの者は地下深く誘拐され幽閉され殺人者(爬虫類人達)の為に吸血され絶命されて

参りました。我々の多くの同胞はこうして宇宙の長い歴史の中で約2万年〜3万年もの間、宇宙全体で我々、宇宙の元々の清く正しい宇宙的人間は抹殺をされ続けて参りましたが特に2年前、我々の銀河系はおろか48箇所の銀河系の宇宙文明星におきましても彼ら爬虫類人や同類人は全面宇宙戦争を仕掛けて参りましたが我々の同胞の清く正しい宇宙の友人達は一斉に立ち上がり彼らを殲滅する為に戦って参りました。その間、多く

の宇宙の一般人の方々や軍関係者等の多くの犠牲をものともせず戦って来ましたので現在は各惑星は殆んど爬虫類人や同類人は消滅しております。これからは本格的に地球の最善を尽くしたポールシフトと地球上に存在する爬虫類人文明の消滅と最後の審判が行われ進化されました誠に正しい清い方々を再度、空中携挙をさせて頂きますので頑張って宇宙的な学習にお励み下さい。

              金星の賢者様 
   

宇宙哲学HP「永遠の生命」 

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ

http://eien3.jugem.jp/


「永遠の命」世界の夜明け

http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/index.html


「イエスキリストのメッセージ」ブログ                
 宇宙人文明,からのメッセージ

http://blog.qlep.com/blog.php/170389/


NASAが隠していたUFO 映像


http://ufo.bijual.com/Entry/52/


クラリオン星人 顔写真集

http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%82%
AF%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E6%98%9F%E4%BA%BA



「アリゾナ・ワイルダーが見た爬虫類人」 

上記の文字をヤフーやグーグル検索で検索してトップページの1番〜8番クリックで爬虫類人の正体の詳細が判ります。かなりの爬虫類人の真相に近い情報が得られます。


映像は上から

「*火星人達の建造物映像(衛星画像のクローズアップ画像)」

「なだらかな山の頂に続く建築物 」

この建物も同じくなだらかな山の頂に伸びる建築物です。全く、こんなものがぞろぞろ出てくるんですからびっくりしてしまいます。もちろんNASAの発表のままではこの画像は見られません


「金星人達の集落と住宅群の衛星画像」

金星、探査衛星画像のクローズアップ映像ですが、よく観察して見ると、このクローズアップ画面は金星の山里か、或いは丘陵地で中央上部の色の濃い所は林ように見える。矢印の場所は直線で橋のようで、その下部は細い川のようだ。中央部等に家が点在するのが確認出来る。衛星画像を見慣れた人には全く良く理解が出来る映像です。


「火星の都市と池の映像」 

中央の池の左右に黒色の線が升目状に見える。これは道路だ。多くの火星人達の住宅がギッシリと確認出来る。上空2キロm位からの衛星画像のクローズアップ驚愕の映像だ。世界中の多くの人々に確認して見てほしい。


映像「土星上空を飛行する巨大葉巻型宇宙母船の映像」
         
提供写真 イタリア「ネクサス」誌、The Horizon、驚愕!火星都市画像1

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)当ブログはリンクフリー




カレンダ
2011年10月
           
30          

アーカイブ
1970年 (1)
1月 (1)
2006年 (38)
10月 (6)
11月 (25)
12月 (7)
2007年 (39)
1月 (4)
2月 (3)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (5)
11月 (4)
12月 (4)
2008年 (36)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (4)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (61)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (7)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (5)
12月 (5)
2010年 (36)
1月 (5)
2月 (5)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (4)
11月 (3)
12月 (5)
2011年 (35)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (4)
7月 (4)
10月 (1)
11月 (5)
12月 (2)
2012年 (11)
1月 (4)
2月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (17)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (1)
12月 (2)

アクセスカウンタ
今日:735
昨日:556
累計:1,431,424